2017/11/27 更新

写真a

大西 章博 (オオニシ アキヒロ)

OHNISHI Akihiro

准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    東京農業大学  農学研究科  生物環境調節学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(生物環境調節学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2004年06月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   有給副手  

  • 2004年07月
    -
    2005年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   嘱託有給副手  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   助手  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   助教  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   醸造学専攻   授業担当  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

  • 環境動態解析

  • 環境技術・環境負荷低減

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrogen fermentation using lactate as the sole carbon source: Solution for ‘blind spots’ in biofuel production

    Akihiro Ohnishi , Yuji Hasegawa , Shinko Abe , Yukiko Bando , Naoshi Fujimoto and Masaharu Suzuki

    RSC Advances: Royal Society of Chemistry   22 ( 2 ) 8332 - 8340   2012年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    バイオ燃料生産技術である水素発酵技術の盲点を整理し、これを解決する技術を提唱した。

    DOI

  • Community analysis of picocyanobacteria in an oligotrophic lake by cloning 16S rRNA gene and 16S rRNA gene amplicon sequencing

    FUJIMOTO Naoshi, MIZUNO Keigo, YOKOYAMA Tomoki, OHNISHI Akihiro, SUZUKI Masaharu, WATANABE Satoru, KOMATSU Kenji, SAKATA Yoichi, KISHIDA Naohiro, AKIBA Michihiro, MATSUKURA Satoko

    J Gen Appl Microbiol   61 ( 5 ) 171 - 176   2015年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    16Sr RNA遺伝子解析技術により、湖沼中のピコシアノバクテリアの微生物相を解析した。

  • Study of the distribution of Megasphaera micronuciformis in oral cavities of the Japanese by species-specific polymerase chain reaction (PCR) assay

    Ran Murayama, Shinko Abe, Yuji Hasegawa, Taku Inoue, Kenji Tanaka, Yukiko Bando, Kazumasa Tonooka, Naoshi Fujimoto, Masaharu Suzuki, Akihiro Ohnishi

    African Journal of Microbiology Research   7 ( 79 ) 5546 - 5549   2013年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Megasphaera micronuciformis を特異的に検出するための技術を確立し、その有効性について考察した。

    DOI

  • 分子生物学的手法による浄水場における濁度障害原因生物の解明

    藤本尚志,村田昌隆,大西章博,鈴木昌治,矢島修,岸田直裕,秋葉道宏

    水道協会雑誌   ( 944 ) 2 - 10   2013年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    浄水場における生物学的な濁度障害の原因となる生物を分子生物学的手法によって解析した。

  • A microbiological study of biohydrogen production from beer lees

    Yukiko Bando, Naoshi Fujimoto, Masaharu Suzuki, Akihiro Ohnishi

    International Journal of Hydrogen Energy   38 ( 7 ) 2709 - 2718   2013年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ビール醸造残渣の新たな技術として水素発酵法の適応を検討した。強力な水素発酵微生物を自然界から獲得し、水素発酵に拘わる微生物のメカニズムを解析し、重要な微生物を特定した。

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Microbial Factories

    Vipin Chandra Kalia, Akihiro Ohnishi, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 担当章は単著 )

    Springer India  2015年12月 ISBN: 978-81-322-2597-3

    微生物による最新の燃料および原料生産などのモノづくり(物質生産)および廃棄物処理技術などを解説した。
    B5判 全353頁
    編者:Vipin Chandra Kalia
    本人担当部分:「Megasphaera as Lactate- Utilizing Hydrogen-Producing Bacteria」を単著。
    担当頁:pp.47-71
    水素燃料生産システムの実現に寄与する新たな微生物の能力について解説した。

  • Hydrogen Production: Prospects and Processes

    Marc A Rosen, Patrick Moriarty, K Urbaniec, Stefania Specchia, Akihiro Ohnishi, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第11章を単著 )

    Nova Science Publishers   2012年06月 ISBN: 978-1-62100-285-7

    水素生産技術の概要と展望について解説した。
    B5判 全472頁
    編者:Damon Robert Honnery、 Patrick Moriarity
    本人担当部分:「Search and evaluation method of hydrogen fermentation microflora」を単著。
    担当頁: pp. 353-377
    微生物によるバイオ水素生産技術の特徴について概説し、有力な水素生産微生物群の獲得手法を解説した。また、廃棄物系バイオマスを原料とした場合の実験結果についても紹介した。

  • Changing Diversity in Changing Environment

    Akihiro Ohnishi, Akihiro Nagano, Naoshi Fujimoto, Masaharu Suzuki,他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章(p1-17)を共著 )

    InTech - Open Access Publisher  2011年11月 ISBN: ISBN 979-953-307-255

    自然界における環境の変化と生物多様性および構成生物種の変化に関する研究を取りまとめた。
    編者:Oscar Grillo and Gianfranco Venora
    B5判 全393頁
    本人担当部分:「Examination and comparison of microbial diversity in field-scale sewage sludge composters」を共著。
    地理的に500km離れた2つの下水汚泥コンポスト化システムにおける微生物多様性について解析し、その潜在的な共通要素について言及した。
    担当頁:第1章(pp. 1-17)を共著

  • Clostridia: Biotechnology, Medicinal Applications and Implications

    Claudia Guerrero-Barajas, Departamento de Bioprocesos, Unidad Profesional Interdisciplinaria de Biotecnología, Akihiro Ohnishi, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章を単著 )

    Nova Science Publishers   2011年12月 ISBN: 978-1-62100-806-4

    Clostridiaで代表的なClostridium属はグラム陽性、桿菌、胞子形成能を有する295種の微生物種で構成されている。Clostridiaのうち、近年の研究で特に人間活動に関連の深いグループについて解説した。
    B5判 
    編者:Steven V. Clinton and Michael F. Kelly
    本人担当部分:「Potential Use of Megasphaera Elsdenii as a Hydrogen Producer」を単著。
    Megasphaera属の微生物は糖類だけでなく、乳酸を消費する能力がある。これは現在のメタン発酵過程でも機能している。Megasphaera属を水素生産微生物として利用した場合の有効性について解説した。

  • バイオマスリファイナリー触媒技術の新展開

    市川勝, 中島田豊, 西尾尚道, 大西章博, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章第1節を単著 )

    シーエムシー出版  2011年08月 ISBN: 978-4-7813-0326-0

    バイオマスから水素を製造するための技術技術論とその動向について概説した。
    B5判 全298頁
    監修:市川勝
    本人担当部分「発酵法によるガス化技術 Megasphaera elsdenii による簡便な水素発酵システムの可能性」を単著。
    将来のバイオマスリファイナリー技術において微生物によるバイオ水素生産は重要な役割を担うと考えられる。水素を生産する微生物としてはこれまで取り上げられてこなかったMegasphaera属の菌種によつ特徴的な水素生産システムの可能性について紹介した。
    担当頁:pp. 107-118

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • カラダに潜む`小さなクルミのような巨大な球体'は何者か?

    大西章博

    生物工学会誌 ( 日本生物工学会誌 )  94 ( 8 ) 500 - 500   2016年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    Megasphaeraと呼ばれる嫌気性の微生物の生態と特徴について解説した。

  • 嫌われ者?Megasphaera属の細菌と水素発酵

    大西章博

    日本醸造協会誌 ( 日本醸造協会 )  110 ( 10 ) 696 - 704   2015年10月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

    偏性嫌気性微生物のMegasphaera属細菌について紹介した。あまり馴染のない微生物であるが、動物の消化管内、ビール醸造工程、臨床現場など、ヒトと密接な関係のありそうな微生物である。本報では当該微生物の知見を整理し、近年注目されている水素燃料の生産に寄与する能力についても解説した。

  • 水素発酵法の盲点

    大西章博

    再生と利用 ( 日本下水道協会 )  38 ( 144 ) 31 - 37   2014年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    Megasphaera属を利用した水素発酵システムの可能性について解説した。

  • コンポスト化技術のブラックボックスに迫る

    大西 章博

    公共投資ジャーナル (   )  98   2004年12月

    総説・解説(その他)   単著

    有機物を堆肥化するためのコンポスト化技術についてこれまで不明な点の多かった微生物メカニズムについて研究成果を紹介した。分子生物学的手法,FISH法,PCR-DGGE法など研究手法について述べ,これらを駆使した研究事例について解説した。コンポスト化工程における微生物相の多様性や動態を迅速かつ正確な把握が可能となり,微生物メカニズムの全貌が解明されると期待される。

  • 生ごみリサイクルのゆくえ コンポスト化過程における,微生物メカニズムの解明に向けて

    大西 章博

    月刊廃棄物 (   )  30 ( 9 ) 72 - 77   2004年09月

    総説・解説(その他)   単著

    有機性廃棄物を原料としてコンポスト化する主役を担うには微生物であるが,その実態についてはいまだ不明な点が多い。ここでは有機物分解を担う微生物メカニズムを解明するための技術について紹介した。メカニズムの解明は困難であるが,研究対象はコンポスト中の微生物生態系の特徴の解明,遺伝子技術を用いた微生物相の解析方法が含まれる。研究事例として,バッチ式堆積発酵型のコンポスト化システムの微生物相解析として,分子生物学的手法や培養法による好熱性細菌群集の分離同定および機能解析の概要について解説した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ビール粕から取る水素エネルギーは無臭か

    大西章博

    ビール粕から取る水素エネルギーは無臭か  (川崎市)  2016年09月  -  2016年09月  TMS研究会

    ビールの醸造残渣から微生物によって生成される水素燃料とその中間代謝産物について解説した。

  • 草木湖における微生物群集の鉛直分布

    清水千佳, 藤本尚志, 渡辺智, 大西章博, 鈴木昌治, 兼崎友, 石毛太一郎, 菊地英夫 , 岸田直裕, 秋葉道宏

    日本水環境学会年会  2016年03月  -  2016年03月  日本水環境学会

    草木湖の微生物群集の鉛直分布について遺伝子解析技術に基づいて解析した。

  • 16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングによる浄水場処理工程水の微生物相の評価

    渡邉英梨香, 藤本尚志, 渡辺智, 大西章博, 鈴木昌治, 兼崎友, 石毛太一郎, 菊地英夫 , 岸田直裕, 秋葉道宏

    16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングによる浄水場処理工程水の微生物相の評価   2016年03月  -  2016年03月  日本水環境学会年会

    16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングにより浄水場処理工程水の微生物相を評価した。

  • 共培養法を適用したセルロース分解菌の探索

    北村俊貴, 大西章博, 藤本尚志, 鈴木昌治

    日本農芸化学会大会  2016年03月  -  2016年03月  日本農芸化学会

    共培養法を適用した場合に高確率で集積されるセルロース分解菌の菌相について解析した。

  • PCR‐DGGE法による熟成チーズにおける乳酸菌の検出条件の検討

    松下紘士, 貝沼(岡本)章子, 大西章博, 小泉幸道, 石川森夫

    日本農芸化学会大会  2016年03月  -  2016年03月  日本農芸化学会

    PCR‐DGGE法による熟成チーズにおける乳酸菌の検出条件について検討した

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    マルチメディア機器とアクティブラーニングを活用した授業方法

  • 2006年04月
    -
    継続中

    講義用補助教材

  • 2015年07月
     
     

    東京農業大学FD向上委員会による授業評価および学修時間アンケート

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月
    -
    継続中

    日本水環境学会 会員No.205546   会員 No.205546

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 鎌倉市生活環境整備審議会

    2011年09月
    -
    継続中

    鎌倉市における生活環境の整備を図り、近代都市としての健全な発展及び公衆衛生の向上に必要な改善を加えるための検討課題について審議する。

  • 厚木市再生可能エネルギー検討委員会

    2011年08月
    -
    2013年03月

    厚木市の再生可能エネルギー導入について審議する

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物の生物処理およびバイオ燃料生産過程における微生物相を解析し、新規微生物群の探索や応用技術の開発について研究している。現場サイドとの連携は必須であり、企業との共同研究を積極的に進めたいと考えている。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 厳しい練習や勉強でも、そして研究の場においても「自分に負けない」ための努力を。
    自分を信じて、夢に向かって頑張ってください。