2022/08/27 更新

写真a

大西 章博 (オオニシ アキヒロ)

OHNISHI Akihiro

教授

職名

教授

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   農学研究科   生物環境調節学専攻   博士後期課程   修了

    2001年04月 - 2004年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生物環境調節学) ( 2004年03月   東京農業大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   有給副手

    2004年04月 - 2004年06月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   嘱託有給副手

    2004年07月 - 2005年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   助手

    2005年04月 - 2007年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   助教

    2007年04月 - 2012年03月

  • 東京農業大学   大学院農学研究科   醸造学専攻   授業担当

    2009年04月 - 現在

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • ファージ研究会

    2021年09月 - 現在

  • 日本醸造学会

    2015年 - 現在

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境動態解析

  • ナノテク・材料 / エネルギー化学

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 微生物生態解析

  • カカオ豆発酵

  • バクテリオファージセラピー

  • バクテリオファージ耐性機構の研究

  • Megasphaera

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Ribitol-Containing Wall Teichoic Acid of Tetragenococcus halophilus Is Targeted by Bacteriophage phiWJ7 as a Binding Receptor 査読あり

    Takura Wakinaka , Minenosuke Matsutani , Jun Watanabe , Yoshinobu Mogi , Masafumi Tokuoka , Akihiro Ohnishi

    Microbiology Spectrum   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1128/spectrum.00336-22

  • Biohydrogen production by mixed culture of Megasphaera elsdenii with lactic acid bacteria as Lactate-driven dark fermentation 査読あり

    Akihiro Ohnishi, Yuji Hasegawa, Naoshi Fujimoto, Masaharu Suzuki

    Bioresource Technology   126076   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.biortech.2021.126076

  • Comparative genomics of closely related Tetragenococcus halophilus strains elucidate the diversity and microevolution of CRISPR elements 査読あり

    Matsutani M, Wakinaka T, Watanabe J, Tokuoka M, Ohnishi A.

    Frontiers in Microbiology   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fmicb.2021.687985

  • Characteristics of Tepidimicrobium xylanilyticum as a lactate-utilising bacterium in polylactic acid decomposition during thermophilic anaerobic digestion 査読あり

    Hou-ChiaTseng, Naoshi Fujimoto, Akihiro Ohnishi

    Bioresource Technology Reports   12   100596   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.biteb.2020.100596

  • Biodegradability and methane fermentability of polylactic acid by thermophilic methane fermentation 査読あり

    Hou-Chia Tseng, Naoshi Fujimoto, Akihiro Ohnishi

    Bioresource Technology Reports   8   100327   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Microbial Factories:「Megasphaera as Lactate- Utilizing Hydrogen-Producing Bacteria」を単著

    Vipin Chandra Kalia, Akihiro Ohnishi, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 担当章は単著 )( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 担当章は単著)

    Springer  2016年  ( ISBN:978-81-322-2597-3

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    微生物による最新の燃料および原料生産などのモノづくり(物質生産)および廃棄物処理技術などを解説した。
    B5判 全353頁
    編者:Vipin Chandra Kalia
    本人担当部分:「Megasphaera as Lactate- Utilizing Hydrogen-Producing Bacteria」を単著。
    担当頁:pp.47-71
    水素燃料生産システムの実現に寄与する新たな微生物の能力について解説した。

  • Hydrogen Production: Prospects and Processes:「Search and evaluation method of hydrogen fermentation microflora」を単著

    Marc A Rosen, Patrick Moriarty, K Urbaniec, Stefania Specchia, Akihiro Ohnishi, 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第11章を単著)

    Nova Science Publishers   2012年06月  ( ISBN:978-1-62100-285-7

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    水素生産技術の概要と展望について解説した。
    B5判 全472頁
    編者:Damon Robert Honnery、 Patrick Moriarity
    本人担当部分:「Search and evaluation method of hydrogen fermentation microflora」を単著。
    担当頁: pp. 353-377
    微生物によるバイオ水素生産技術の特徴について概説し、有力な水素生産微生物群の獲得手法を解説した。また、廃棄物系バイオマスを原料とした場合の実験結果についても紹介した。

  • Changing Diversity in Changing Environment:第1章Examination and Comparison of Microbial Diversity in Field-Scale Sewage Sludge Composters を共著

    Akihiro Ohnishi, Akihiro Nagano, Naoshi Fujimoto, Masaharu Suzuki,他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章(p1-17)を共著)

    InTech - Open Access Publisher  2011年11月  ( ISBN:ISBN 979-953-307-255

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    自然界における環境の変化と生物多様性および構成生物種の変化に関する研究を取りまとめた。
    編者:Oscar Grillo and Gianfranco Venora
    B5判 全393頁
    本人担当部分:「Examination and comparison of microbial diversity in field-scale sewage sludge composters」を共著。
    地理的に500km離れた2つの下水汚泥コンポスト化システムにおける微生物多様性について解析し、その潜在的な共通要素について言及した。
    担当頁:第1章(pp. 1-17)を共著

  • Clostridia: Biotechnology, Medicinal Applications and Implications:Potential use of Megasphaera Elsdenii as a hydrogen producerを単著

    Claudia Guerrero-Barajas, Departamento de Bioprocesos, Unidad Profesional Interdisciplinaria de Biotecnología, Akihiro Ohnishi, 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章を単著)

    Nova Biomedical:ISBN 10: 1621007618  2012年07月  ( ISBN:978-1-62100-806-4

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    Clostridiaで代表的なClostridium属はグラム陽性、桿菌、胞子形成能を有する295種の微生物種で構成されている。Clostridiaのうち、近年の研究で特に人間活動に関連の深いグループについて解説した。
    B5判 
    編者:Steven V. Clinton and Michael F. Kelly
    本人担当部分:「Potential Use of Megasphaera Elsdenii as a Hydrogen Producer」を単著。
    Megasphaera属の微生物は糖類だけでなく、乳酸を消費する能力がある。これは現在のメタン発酵過程でも機能している。Megasphaera属を水素生産微生物として利用した場合の有効性について解説した。

  • バイオマスリファイナリー触媒技術の新展開:「発酵法によるガス化技術 Megasphaera elsdenii による簡便な水素発酵システムの可能性」を単著

    市川勝, 中島田豊, 西尾尚道, 大西章博, 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章第1節を単著)

    シーエムシー出版  2011年08月  ( ISBN:978-4-7813-0326-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    バイオマスから水素を製造するための技術技術論とその動向について概説した。
    B5判 全298頁
    監修:市川勝
    本人担当部分「発酵法によるガス化技術 Megasphaera elsdenii による簡便な水素発酵システムの可能性」を単著。
    将来のバイオマスリファイナリー技術において微生物によるバイオ水素生産は重要な役割を担うと考えられる。水素を生産する微生物としてはこれまで取り上げられてこなかったMegasphaera属の菌種によつ特徴的な水素生産システムの可能性について紹介した。
    担当頁:pp. 107-118

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 連続式加熱滅菌装置による廃水の不活化について 招待あり

    田村英輔, 大森聖史, 中山欽司 , 大西章博

    日本機械学会環境工学総合シンポジウム講演論文集   29   191 - 194   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 環境装置 1)連続式加熱滅菌装置による廃水の不活化について

    田村英輔, 大西章博

    産業機械 (ISSN0558-4809 )   824   9 - 12   2019年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ビール粕から取る水素エネルギーは無臭か 招待あり

    大西章博

    TMS研究(Web)   2   15 - 18   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: http://www.tms-soc.jp/journal/2016_2/2016_2_02_Ohnishi.pdf

  • カラダに潜む`小さなクルミのような巨大な球体'は何者か? 招待あり

    大西章博

    生物工学会誌   94 ( 8 )   500 - 500   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本生物工学会誌  

    Megasphaeraと呼ばれる嫌気性の微生物の生態と特徴について解説した。

  • 嫌われ者?Megasphaera属の細菌と水素発酵(査読付) 招待あり 査読あり

    大西章博

    日本醸造協会誌(日本醸造協会・日本醸造学会)   110 ( 10 )   696 - 704   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本醸造協会  

    偏性嫌気性微生物のMegasphaera属細菌について紹介した。あまり馴染のない微生物であるが、動物の消化管内、ビール醸造工程、臨床現場など、ヒトと密接な関係のありそうな微生物である。本報では当該微生物の知見を整理し、近年注目されている水素燃料の生産に寄与する能力についても解説した。

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 高蛋白質菜種ミールの製造方法

    栗本崇志, 大西章博

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-28962  出願日:2021年09月

    公開番号:特開2021-137001  公開日:2021年09月

    出願国:国内  

  • メガスファエラ(Megasphaera) 属菌種の検出用プライマー、メガスファエラ(Megasphaera) 属菌種の検出方法及び識別方法

    大西章博

     詳細を見る

    出願人:学校法人東京農業大学

    出願番号:特願2009-218822  出願日:2011年04月

    公開番号:2011-67101  公開日:2011年04月

    出願国:国内  

    Megasphaera 属菌種5種を迅速に検出及び個々を識別可能な技術を開発した。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 連続式加熱滅菌装置による廃水の不活化について 国際会議

    田村英輔 , 大森聖史, 中山欽司 , 大西章博

    日本機械学会環境工学総合シンポジウム講演論文集29th  2019年06月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年06月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 草木湖における微生物群集の鉛直分布

    清水千佳, 藤本尚志, 渡辺智, 大西章博, 鈴木昌治, 兼崎友, 石毛太一郎, 菊地英夫 , 岸田直裕, 秋葉道宏

    日本水環境学会年会  2016年03月  日本水環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    草木湖の微生物群集の鉛直分布について遺伝子解析技術に基づいて解析した。

  • 16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングによる浄水場処理工程水の微生物相の評価 国際会議

    渡邉英梨香, 藤本尚志, 渡辺智, 大西章博, 鈴木昌治, 兼崎友, 石毛太一郎, 菊地英夫 , 岸田直裕, 秋葉道宏

    16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングによる浄水場処理工程水の微生物相の評価   2016年03月  日本水環境学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシングにより浄水場処理工程水の微生物相を評価した。

  • 共培養法を適用したセルロース分解菌の探索

    北村俊貴, 大西章博, 藤本尚志, 鈴木昌治

    日本農芸化学会大会  2016年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年03月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    共培養法を適用した場合に高確率で集積されるセルロース分解菌の菌相について解析した。

  • PCR‐DGGE法による熟成チーズにおける乳酸菌の検出条件の検討

    松下紘士, 貝沼(岡本)章子, 大西章博, 小泉幸道, 石川森夫

    日本農芸化学会大会  2016年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年03月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    PCR‐DGGE法による熟成チーズにおける乳酸菌の検出条件について検討した

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • マルチメディア機器とアクティブラーニングを活用した授業方法

    2008年04月 - 現在

     詳細を見る

    東京農業大学応用生物科学部醸造科学科の教員として担当の「環境管理論」(専門科目、3年次配当、半期、選択2単位)において、視聴覚教育技術としてPowerPointやMindManagerなどを利用した教材を使用している。また、定期的に受講者は論述によって課題に対する結論を提出する。受講生の結論と思考原理を整理してフィードバックし、場合によってはディベート形式で議論に展開することで受講生の理解を促している。

  • 講義用補助教材

    2006年04月 - 現在

     詳細を見る

    東京農業大学応用生物科学部醸造科学科の教員として担当の「醸造環境学実験」(専門科目、2年次配当、後期、必修3単位)において使用している。JIS K 0102:2013 工場排水試験方法のうち、排水や水質の分析および管理技術を解釈するためのテキスト(約30頁)を作成し、各講義及び実験実習の予習と復習に活用できるようにしている。

  • 東京農業大学FD向上委員会による授業評価および学修時間アンケート

    2015年07月

     詳細を見る

    東京農業大学FD向上委員会による平成27年度前学期授業評価および学修時間アンケート結果において、当該教員が担当の「環境微生物学」は高い評価を得ており、学生の満足度が高い結果となっている。

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本水環境学会 会員No.205546   会員 No.205546  

    2001年03月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 鎌倉市生活環境整備審議会

    2011年09月 - 2021年04月

     詳細を見る

    鎌倉市における生活環境の整備を図り、近代都市としての健全な発展及び公衆衛生の向上に必要な改善を加えるための検討課題について審議する。

  • 厚木市再生可能エネルギー検討委員会

    2011年08月 - 2013年03月

     詳細を見る

    厚木市の再生可能エネルギー導入について審議する

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物の生物処理およびバイオ燃料生産過程における微生物相を解析し、新規微生物群の探索や応用技術の開発について研究している。現場サイドとの連携は必須であり、企業との共同研究を積極的に進めたいと考えている。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 厳しい練習や勉強でも、そして研究の場においても「自分に負けない」ための努力を。
    自分を信じて、夢に向かって頑張ってください。