Updated on 2022/08/18

写真a

SASAKI Yutaka

Professor

Title

Professor

Laboratory Address

東京都世田谷区桜丘1-1-1

External Link

From Graduate School 【 display / non-display

  • The University of Tokyo   Doctor Course   Completed

    1996.04 - 1999.03

      More details

    Country:Japan

  • Kyushu Institute of Technology   Graduate School, Division of Information Engineering   Master Course   Completed

    1994.04 - 1996.03

      More details

    Country:Japan

Degree 【 display / non-display

  • 博士(農学) ( 1999.03   東京大学 )

  • 修士(情報工学) ( 1996.03   九州工業大学 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Bioproduction and Environment Engineering   Lecturer

    2006.10 - 2013.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Bioproduction and Environment Engineering   Associate Professor

    2013.04 - 2016.09

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Bioproduction and Environment Engineering   Professor

    2016.10

Research Interests 【 display / non-display

  • スマート農業

  • 昆虫代替タンパク質

  • アグリテック

  • フードテック

  • 野生鳥獣対策

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Construction of Cricket Ecology Grasp AI System for Smart Mass Production Reviewed

    Daichi Akiyama and Yutaka Sasaki

    31 ( 2 )   59 - 64   2022.07

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3173/air.31.59

  • Measures for Stimulating Interest in Agriculture and Agricultural Revitalization Using Japanese Subculture Strategy, Yaowarashi Reviewed

    Yutaka Sasaki, Hiroyuki Inoue, Akane Osonoi, Mizuki Watanabe

    Agricultural Information research   23 ( 2 )   123 - 131   2014.07

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3173/air.23.123

  • Development of Development of Computer Vision System to Extract Kansei Information from Facial Expressions Reviewed

    Yutaka Sasaki, Mayu Emmi and Yasuyuki Takahashi

    Agricultural Information research   23 ( 2 )   114 - 122   2014.07

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3173/air.23.114

  • Development of Motion Control Using Kinect Sensor as Kansei Communication Interface Reviewed

    Yutaka Sasaki, Sakae Shibusawa and Hanako Negishi

    Agricultural Information research   22 ( 4 )   228 - 235   2013.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3173/air.22.228

  • Building of Computer Vision System to Extract Kansei Information from Facial Expressions Reviewed

    Y. Sasaki, M. Emmi and H. Negishi

    EFITA-WCCA-CIGR Conference 2013   2013.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • コオロギの食品および飼料原料としての利用における安全確保のための生産ガイドライン(コオロギ生産ガイドライン)

    飯島明宏,生田和正,内山昭一,小倉淳,梶栗隆弘,串間充崇,櫻井 蓮,佐々木豊,鈴木丈詞,田中公浩,濵田隆徳,林智彦,藤谷泰裕,松井崇,松本由樹,眞鍋 昇,三橋亮太,由良敬,渡邉崇人( Role: Joint author)

    昆虫ビジネス研究開発プラットフォ―ム  2022.07 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • スマート農業 農業・農村のイノベーションとサスティナビリティ

    農業情報学会編( Role: Joint author)

    農林統計出版  2014.08 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • 食と農と資源

    中村好男・豊田裕道 他( Role: Joint author)

    共立出版  2010.10 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Textbook, survey, introduction

    生産環境に対するアプローチの一つとして感性工学に関することを紹介した.

Misc 【 display / non-display

  • 「高度植物診断と農薬による環境負荷予測技術をコアとした共生型生産支援システムの構築」に関する研究

    佐々木 豊

    文部科学省在外研究員報告書   2005.09

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    農薬散布による環境汚染や人への健康被害の低減を目的に、EUにおいて主食である冬小麦を対象とした野外での自動診断手法の検討を行った。
    pp.38-43

  • 科学研究費補助金研究成果報告書 圃場面に落下する農薬を低減した防除機の開発(課題番号 1456210)

    鈴木正肚、中野和弘

    平成14年度~平成16年度科学研究費補助金   2005.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    従来の農薬散布機では不要な農薬散布を行ってしまい、環境や人への悪影響が危惧されていた。本研究では、圃場に散布される不要な農薬を回収する防除装置の開発を行った。

  • 新潟大学・横越町共同研究2003年度報告書

    鈴木正肚、吉田寛之、古嶋晋也、中原成祐

    新潟大学・横越町共同研究2003年度報告書   2004.02

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    農業資産情報(土地、人、農業機械など)の流動化を支援することを中核とした地域営農支援システムを,横越町(現新潟市)との産額連携として構築した。2003年度の成果として、GISデータベースの構築を行った。

  • 地域交流サテライト実習の情報化支援‐2001~2002年度の取り組み‐

    佐々木 豊

    新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター年報   2   2003.03

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    地域交流サテライト実習とは、地域の農林業に関する実地見学・体験をし、学習意欲の向上を目指す実習である。これに対して、Webサイトを用いた学習支援を行い、報告した。
    pp.9-15

  • マシンビジョンによる枝豆の知的選別機の開発

    佐々木 豊

    園芸振興松島財団平成11年度助成による研究成果要約   2002.03

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    マシンビジョンを用いた枝豆の等級選別機の開発を行った。
    pp.10-14

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Tale of Yaowarashi 001

    2013.07

Other research activities 【 display / non-display

  • 昆虫イノベーションセミナー 〜日本昆虫ビジネス・研究最前線!〜

    2022.06

     More details

    昆虫食品クロステックコンソーシアム「NeoAxis 」主催として,6月23~24日"昆虫"をキーワードに,国内の企業や研究者によるビジネスや研究の最新情報として,「昆虫イノベーションセミナー 〜日本昆虫ビジネス・研究最前線!〜」をオンラインで開催した.

Honours, Awards and Prizes 【 display / non-display

  • 農業情報学会フェロー

    2020.05   農業情報学会  

     More details

    Country:Japan

Scientific Research Funds Acquisition Results 【 display / non-display

  • 農業用ヒューマンセンシング及び自動農作業・労働負担記録システムの開発

    2015.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

Past of Cooperative Research 【 display / non-display

  • 昆虫の飼育システムの研究

    2022.04 - 2024.03

    国立大学法人電気通信大学(佐藤 証 教授)  国内共同研究  Cooperative Research within Japan

    佐々木 豊

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

Presentations 【 display / non-display

  • 食品ロスを活用した昆虫生産システムの開発-Self-selectionによる飼料設計の検討- International conference

    秋山大知,出野 翔,Thanakorn Kaewplik,黒須 毅,西野智哉,高橋大地,佐々木 豊

    2022.09 

     More details

    Event date: 2022.09

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Cricketコンテナファームアグリシステムの開発 -セントラル幼体生産手法の検討- International conference

    出野 翔,池口大介,西野智哉,秋山大知,Thanakorn Kaewplik,高橋大地,佐々木 豊

    2022.09 

     More details

    Event date: 2022.09

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Cricketコンテナファームアグリシステムの開発 -コンセプトとコンテナファームについて- International conference

    西野智哉,池口大介,秋山大知,出野 翔,Thanakorn Kaewplik,高橋大地,佐々木 豊

    2022.09 

     More details

    Event date: 2022.09

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Development of insect production system utilizing food loss - Examination of AI cricket ecology grasp system - International conference

    Thanakorn Kaewplik, Daichi Akiyama, Kakeru Ideno, Tomoya Nishino, Daichi Takahashi, Yutaka Sasaki

    2022.09 

     More details

    Event date: 2022.09

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 食品ロスを活用した昆虫生産システムの開発-IoTセンサーを活用したコオロギ生態データの収集ー International conference

    秋山大知,佐藤 証, Thanakorn Kaewplik,黒須 毅,出野 翔, 西野智哉,高橋大地,佐々木 豊

    2022.09 

     More details

    Event date: 2022.09

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 昆虫食品クロステックコンソーシアム ネオアクシス

    2021.09

Basic stance of industry-university cooperation 【 display / non-display

  • 食品ロスを活用し,代替タンパク質としての昆虫生産及び食品開発などに力を入れており,共同研究や受託研究などを積極的に行っています.

Attractiveness of Research 【 display / non-display

  • AIやロボティクスを中心とするスマート農業を基本に,アグリテック・フードテックを行っています.特にフードロスを活用して代替タンパク質として昆虫生産及び食文化や市場形成にチャレンジしています.

    他大学研究室や多くの企業と連携を行っており,オープンイノベーション人材育成を重視しています.
    意欲のある方は是非ご相談下さい.