2020/06/23 更新

写真a

石見 佳子 (イシミ ヨシコ)

ISHIMI Yoshiko

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 昭和大学 -  歯学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    東京農業大学   総合研究所   教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農生命科学研究所   教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1995年
    -
    継続中
     

    日本栄養・食糧学会

  • 1995年
    -
    継続中
     

    日本栄養改善学会

  • 1985年
    -
    継続中
     

    日本ビタミン学会

  • 1985年
    -
    継続中
     

    日本骨代謝学会

  • 2000年
    -
    継続中
     

    日本食物繊維学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • 食生活学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessment of safety and efficacy of pine bark extract in normal and ovariectomized mice.

    Kondo T, Ishimi Y, Takebayashi J, Tousen Y.

    J Food Sci   85   1956 - 1962   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 食品中の栄養成分検査の外部精度管理調査(2017-2018)

    竹林純、高坂典子、鈴木一平、中阪聡亮、平林尚之、石見佳子、梅垣敬三、千葉剛、渡辺卓穂

    日本食品衛生学雑誌   61 ( 2 ) 63 - 71   2020年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    食品の栄養成分の表示値の信頼性確保を目的に、食品表示法第8条に基づく食品の栄養成分に係る収去試験を実施できる登録検査機関を対象に、5項目の栄養成分及びビタミン・ミネラルの定量分析に係る技能試験を実施した。

    DOI

  • Activation of peroxisome proliferator-activated receptor gamma/small heterodimer partner pathway prevents high fat diet-induced obesity and hepatic steatosis in Sprague-Dawley rats fed soybean meal.

    Y Yamamoto, Y Ishimi, T Suzuki, K Kobayashi, J Inoue, Y Yamamoto

    J Nutr Biochem   75   1 - 7   2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Quality assessment of health foods containing licorice in Japanese market.

    Ishimi Y, Takebayashi J, Tousen Y, Yamauchi J, Fuchino Y, Kawano T, Inui T, Yoshimatsu Y, Kawahara N.

    Toxcol Rep   6   904 - 913   2019年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    日本の市場で販売されている植物由来成分を含む健康食品について、品質評価の方法を構築することを目的とし、「カンゾウ」を含む健康食品に含まれる、薬効成分、機能性成分を定量するとともに、植物の遺伝子鑑別を行った。また、in vitroで抗酸化活性、エストロゲン活性を評価するとともに、ラットを用いてカンゾウ摂取が肝臓のCYP活性、骨・脂質代謝に及ぼす影響を評価した。

    DOI

  • Anti-Osteoporotic Effect of Soy Isoflavones Intake on Low Bone Mineral Density Caused by Voluntary Exercise and Food Restriction in Mature Female Rats. 

    Yanaka K, Higuchi M, Ishimi Y. 

    J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 65(4):335-342, 2019   65 ( 4 ) 335 - 342   2019年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌―宿主のクロストークと食事要因 第7章大豆イソフラボン代謝産物エクオールと腸内細菌

    日本栄養・食糧学会監修 石見佳子、東泉裕子 (担当: 共著 )

    建帛社  2019年05月

  • すべての診療科で役立つ栄養学と食事・栄養療法

    曽根博仁監修、石見佳子 他共著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章「栄養指導に役立つツール」日本食品標準成分表、食事バランスガイド、日本人の食事摂取基準、食品交換表について解説した。 )

    羊土社  2019年

  • 食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序

    宮沢陽夫監修、石見佳子 他共著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第6章-4 「イソフラボンの吸収、代謝、作用機序」イソフラボンの生体内における吸収、代謝、各種生理作用の作用機序について執筆した。 )

    シーエムシー出版  2018年

  • 食品学総論第3版

    辻栄明、海老原清、渡辺浩幸、竹内弘幸編集、石見佳子 他共著著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)の内容と特徴」:日本食品標準成分表2015年版について解説した。 )

    講談社  2017年

  • 食と微生物の事典

    北本勝ひこ監修、石見佳子 他共著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章22 「女性ホルモン様物質を作る微生物」イソフラボンの代謝産物であるエクオールを産生する腸内細菌について執筆した。 )

    朝倉書店  2017年

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 日本人の食生活の現状と課題-国民健康・栄養調査の結果から

    石見佳子

    日本食生活学会誌   30 ( 2 ) 63 - 70   2019年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    平成29年の国民健康・栄養調査の結果を中心に、日本人の食生活の現状と課題について解説した。中高年男女の肥満、若年女性のやせ、高齢者のフレイルについて対策が必要であることが示がされた。

  • 骨の健康維持に着目した機能性宇宙食に関する研究

    石見佳子、松本雄宇、東泉裕子

    宇宙・医学・栄養学   1 ( 1 ) 92 - 97   2019年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    後肢非荷重モデルマウスを用いて、後肢大腿骨の骨量減少に対する食品成分の影響を評価したところ、大豆イソフラボンが有効であること、乳塩基性タンパク質(MBP)との併用により、相乗効果が認められることを明らかにした。共同研究者のデータと合わせて、宇宙飛行士の健康維持に役立つ機能性宇宙食セットを考案した。

  • 骨代謝に有用な生活習慣-栄養・運動・食品を中心に-

    石見佳子、東泉裕子

    BIO Clinica   34 ( 8 ) 67 - 73   2019年08月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    閉経後女性の骨代謝における食事と運動の併用効果の重要性について解説するとともに、植物由来成分を含む健康食品の有効性・安全性評価について解説した。

  • 骨代謝における食事と運動の有用性に関する研究

    石見佳子

    日本栄養・食糧学会誌   72 ( 2 ) 71 - 77   2019年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    骨代謝における食事と運動の効果について、1994年から2017年までの筆者の研究成果をとりまとめた。平成30年度日本栄養・食糧学会学会賞受賞総説。

  • 体重コントロールと食生活

    石見佳子

    肥満研究   25 ( 1 ) 12 - 20   2019年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    肥満予防における体重コントロールと食生活の関連について解説した。

全件表示 >>

特許等 【 表示 / 非表示

  • 飲食品組成物

    特願 特開2017-221130 

    長畑雄也、小林功、井上雅博、東泉裕子、石見佳子