2021/07/14 更新

写真a

五十君 靜信 (イギミ シズノブ)

IGIMI Sizunobu

教授

職名

教授

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士 ( 1989年03月   東京大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   教授

    2016年04月 - 2018年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   教授

    2018年04月 - 現在

論文 【 表示 / 非表示

  • Draft Genome Sequences of Non-H 2 S-Producing Strains of Salmonella enterica Serovars Infantis, Enteritidis, Berta, and Kiambu in Japan. 査読あり

    Asakura H, Sakata J, Yamamoto S, Igimi S.

    Microbiol Resour Announc. (2020)   9 ( 30 )   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PCR-based screening, isolation, and partial characterization of motile lactobacilli from various animal feces. 査読あり 国際誌

    Suzuki S, Fujita K, Maeno S, Shiwa Y, Endo A, Yokota K, Igimi S, Kajikawa A.

    BMC Microbiol. (2020)   20 ( 1 )   142   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Adsorption of Tolaasins, the Toxins Behind Mushroom Bacterial Blotch, by Microbacterium spp. is Insufficient for Its Detoxification. 査読あり 国際誌

    Tomita S, Hirayasu A, Kajikawa A, Igimi S, Shinohara H, Yokota K.

    Curr Microbiol. (2020)   77 ( 6 )   910 - 917   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NADH peroxidase plays a crucial role in consuming H2O2 in Lactobacillus casei IGM394. 査読あり

    Naraki S, Igimi S, Sasaki Y.

    Biosci Microbiota Food Health. (2020)   39 ( 2 )   45 - 56   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Adsorption of tolaasins, the toxins behind mushroom bacterial blotch, by Microbacterium spp. is insufficient for its detoxification. 査読あり

    Tomita S, Hirayasu A, Kajikawa A, Igimi S, Shinohara H, Yokota K.

    Current Microbiology (2020)   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>