Updated on 2022/11/11

写真a

KEN IWATSUKI

Professor

Title

Professor

External Link

From Graduate School 【 display / non-display

  • The University of Tokyo   Graduate School, Division of Life Science   Doctor Course   Completed

    - 1999.03

      More details

    Country:Japan

Degree 【 display / non-display

  • 博士(農学) ( 1999.03   東京大学 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Applied Bio-Science   Department of Nutritional Science and Food Safety   Associate Professor

    2014.04 - 2020.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Applied Bio-Science   Department of Nutritional Science and Food Safety   Professor

    2020.04

Professional Memberships 【 display / non-display

  • うま味研究会

    2022.04

  • おいしさ研究部会

    2018.04

  • JAFI

    2018

  • 日本栄養・食糧学会

    2015.04

  • 日本分子生物学会

    2011.11

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Life Science / Applied molecular and cellular biology

  • Life Science / Animal production science

  • Environmental Science/Agriculture Science / Landscape science

  • Environmental Science/Agriculture Science / Environmental agriculture

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

display all >>

Research Interests 【 display / non-display

  • taste cell, stem cell, enteroendocrine cell

  • pancreas, regeneration

  • human taste

Papers 【 display / non-display

  • Vesicular nucleotide transporter is a molecular target of eicosapentaenoic acid for neuropathic and inflammatory pain treatment Reviewed

    Kato Y, Ohsugi K, Fukuno Y, Iwatsuki K, Harada Y, Miyaji T

    PNAS   119 ( 21 )   e212215811   2022.07

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Development of human gut organoids with resident tissue macrophages as a model of intestinal immune responses Reviewed

    14 ( 3 )   726 - 729   2022.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Ngn3-positive cells arise from pancreatic duct cells Reviewed

    Chiemi Kimura-Nakajima, Kousuke Sakaguchi, Yoshiko Hatano, Masahito Matsumoto, Yasushi Okazaki, Keisuke Tanaka, Yuichi Oishi, Kenji Kamimoto, Ken Iwatsuki

    International Journals of Molecular Sciences   22 ( 8548 )   2021.08

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3390/ijms22157921

  • Interleukin-4 promotes tuft cell differentiation and acetylcholine production in intestinal organoids of non-human primate Reviewed

    Akihiko Inaba, Ayane Arinaga, Keisuke Tanaka, Takaho Endo, Norihito Hayatsu, Yasushi Okazaki, Takumi Yamane, Yuichi Oishi, Hiroo Imai, Ken Iwatsuki

    International Journal of Molecular Sciences   22 ( 15 )   2021.07

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Up-regulation of gasdermin C in mouse small intestine is associated with lytic cell death in enterocytes in worm-induced type 2 immunity Reviewed

    Ranhui Xia, Julia Montague, Xiaoli Lin, Chanyi Lu, Weiwei Lei, Keisuke Tanaka, Yali V. Zhang, Xin Xu, Xin Zheng, Xuedong Zhou, Joseph F. Urban Jr, Ken Iwatsuki, Robert F. Margolskee, Ichiro Matsumoto, Marco Tizzano, Jiyao Li, Peihua Jiang

    PNAS   118 ( 30 )   2021.07

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • おいしさの科学とフードテック最前線 第3章 味細胞と消化管上皮細胞の培養系

    岩槻健、坂口恒介( Role: Contributor)

    シーエムシー出版  2022.08 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • うま味感受性細胞作出の試み

    岩槻健( Role: Contributor)

    日本味と匂学会  2017.08 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • おいしさの科学とビジネス展開の最前線 第3章 味細胞の発生・再生と培養

    岩槻健( Role: Contributor)

    シーエムシー出版  2017.07 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • The Sense of Taste (1)

    Iwatsuki K, Ichikawa R, Kitamura A, Uematsu A, Uneyama H, Torii K.( Role: Joint author ,  Chapter 14,“Purinergic Signaling in the Taste and Gut System” (pp217-228))

    Nova Science Publishers   2012.01 

     More details

    Language:English   Book type:Scholarly book

    E. J. Lynch & A. P. Petrov編 /プリン体が味細胞と味神経間の神経伝達物質出ある事を概説すると同時に、消化管内でも神経伝達物質として機能している可能性について記述した。また、プリン体の細胞内における蓄積と放出についても概説した。10.2 x 7.2inc全276ページ

  • The Sense of Taste (2)

    Ichikawa R, Iwatsuki K, Uneyama H.( Role: Joint author ,  Chapter 2, "Distinguishing the Taster Mouse from the Non-Taster Mouse" (pp21-27))

    Nova Science Publishers   2012.01 

     More details

    Language:English   Book type:Scholarly book

    E. J. Lynch & A. P. Petrov編/遺伝子組み換えマウスを導入する際に効率よく遺伝型を決定する必要がある。本概説では、味覚感受性の高いマウス種を感受性の低いものから分離する方法論を実際の事例を用いて分かり易く説明した。10.2 x 7.2 inch全276ページ

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 味蕾オルガノイド研究の最前線

    岩槻健

    医学のあゆみ   282 ( 6 )   726 - 732   2022.08

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 味覚センサーの進展

    岩槻健、坂口恒介、松井慎祐

    食品と容器   63 ( 7 )   450 - 457   2022.07

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 挑戦!霊長類の味覚を培養細胞で再現する Invited

    岩槻 健

    国立科学博物館発行 milsil   14 ( 6 )   12 - 14   2021.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • The Taste Organoid: A New Tool to Analyze Food Elements and Hazardous Substances

    116 ( 6 )   391 - 397   2021.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • Studies of tissue regeneration using organoids generated from intestine, taste and pancreas

    38 ( 10 )   217 - 223   2020.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 霊長類由来の味蕾オルガノイドの培養方法及び該味蕾オルガノイドを用いた呈味物質のスクリーニング方法

    岩槻健 他

     More details

    Application no:特願2017-007181(特許査定済み)  Date applied:2017.01

    Patent/Registration no:特許第6889467号  Date registered:2020.05  Date issued:2020.05

    Country of applicant:Domestic   Country of acquisition:Domestic

Honours, Awards and Prizes 【 display / non-display

  • 2020年BBB論文賞

    2021.02   日本農芸化学学会   Comparative analysis of enteroendocrine cells and their hormones between mouse intestinal organoids and native tissues

    Ohki, Junko; Sakashita, Akihiko; Aihara, Eitaro; Inaba, Akihiko; Uchiyama, Hironobu; Matsumoto, Masahito; Ninomiya, Yuzo; YAMANE, Takumi; OISHI, Yuichi; Iwatsuki, Ken

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 2020年度大会ポスター発表選出

    2019.12   日本農芸化学会   1細胞トランスクリプトーム解析によるマウス味細胞の分類

    岩槻健、早津徳人、岡崎康司、遠藤高帆、橋本浩介、金丸青里香、山根拓実、大石祐一

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 2020年度大会ポスター発表選出

    2019.12   日本農芸化学会   サル消化管オルガノイドを用いた霊長類特異的Tuft細胞機能の探索

    稲葉明彦、有永理峰、早津徳人、岡崎康司、遠藤高帆、今井啓雄、山根拓実、大石祐一、岩槻健

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 日本農芸化学会 2017度大会トピックス賞

    2017.04   日本農芸化学会   霊長類味蕾オルガノイド培養系の確立

    岩槻健、難波みつき、熊木竣佑、大木淳子、山根拓実、大石祐一、今井啓雄

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 日本農芸化学会 2018度大会トピックス賞

    2017.04   日本農芸化学会   新規霊長類消化管オルガノイド培養系の確立と機能解析

    熊木竣佑、稲葉明彦、木下和弥、斎藤万佐子、中村倫果、山根拓実、大石祐一、粟飯原永太郎、今井啓雄、岩槻健

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

display all >>

Scientific Research Funds Acquisition Results 【 display / non-display

  • 霊長類消化管オルガノイドを用いたホルモンと神経伝達物質の検出法の確立

    2022.04 - 2026.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    岩槻健

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • ヒト味蕾オルガノイドの作製と味覚センサーの性質決定

    2021.10 - 2025.03

    科学研究費補助金  AMED PRIME

    岩槻健

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 味細胞特殊イオンチャネルシナプスによる味覚神経伝達機構の全容解明

    2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    樽野陽幸

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 細胞外物質による化学感覚機能機構の解明と、高機能性センサー開発への展開

    2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    佐藤幸治

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • シングルセル解析による霊長類味覚受容機構の解明

    2019.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    岩槻健

      More details

    Authorship:Principal investigator 

display all >>

Other External Funds 【 display / non-display

  • 霊長類消化器における栄養素と危険物の化学受容機構の解明

    2021.07 - 2022.06

    公益財団法人三島海雲記念財団 

    岩槻 健

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 新規サル消化管オルガノイドを用いた食品添加物が消化管上皮に与える影響の解析

    2019.04 - 2021.03

    日本食品化学研究振興財団 

    岩槻健

      More details

    Grant type:Competitive

  • 新規霊長類オルガノイドを用いた消化管センサー細胞の解析

    2019.04 - 2020.09

    浦上食品・食文化振興財団 

    岩槻健

      More details

    Grant type:Competitive

  • 日本米由来の機能成分が味蕾機能に及ぼす影響の解析

    2018.10 - 2019.09

    公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 

    岩槻健

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • うま味嗜好性モデル動物を用いたうま味臨界期の探索

    2015.04 - 2016.03

    うま味研究 

    岩槻健

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

Presentations 【 display / non-display

  • 味覚受容による生体応答〜オルガノイドを用いた評価 Invited

    岩槻 健

    第18回日本食品免疫学会学術大会(JAFI 2022)  2022.11  日本食品免疫学会

     More details

    Event date: 2022.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京  

    近年、消化管上皮には口腔内の味細胞と性質が似た“味細胞様細胞”が2種類存在し、それぞれが化学センサーとして機能していることが明らかとなっている。味細胞様細胞の一方は、甘味受容体を発現しグルコースなどに応答しホルモンを分泌する内分泌細胞であり、もう一方は、異物を認識し排除する機能を有するtuft細胞であることが知られている。
    Tuft細胞は小腸、胃、大腸などの消化管以外にも、消化管の付属器官である膵臓や胆嚢、そして呼吸器にも存在することが分かっている。興味深いことに、tuft細胞は味覚受容に必要な甘味・うま味受容体や苦味受容体、そして受容体以下のシグナル伝達分子であるGNAT3やTRPM5などを発現している。しかしながら、各組織における特異的リガンドや、組織特異的な機能については分かっていないことが多い。そこで、消化管やその付属器官からオルガノイドを作製し、tuft細胞の組織特異的な生体防御機能について調べることを目的とした。
    味細胞や味細胞様細胞を研究する上で留意するべき点は、動物種によって味覚受容体の種類や特異性が異なることである。ヒトとげっ歯類では苦味受容体の数が大きく異なることや、アミノ酸に対する受容体の特異性が異なることが報告されている。このことから、我々はヒトとより近い味覚受容システムを有するサルをモデル動物として研究を進めたいと考え、ニホンザルから各種オルガノイドを作製し解析している。
    本講演では、消化管および膵管オルガノイドを用いたtuft細胞の化学受容研究が、霊長類の生体防御研究にどのように結びつくかを、これまでの研究を紐解きながら解説した。

  • 消化器オルガノイドを用いた科学感覚研究 Invited

    岩槻 健

    第6回感覚フロンティア研究シンポジウム  2022.10  感覚フロンティア研究会

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:大阪大学  

  • オルガノイド培養による味細胞様細胞の研究 Invited

    岩槻 健

    日本栄養・食糧学会 北海道支部シンポジウム  2022.10  日本栄養・食糧学会 北海道支部

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:札幌  

    我々は、消化管およびその付属器に、味覚受容体や味覚受容関連分子を発現する味細胞様細胞が存在することを着目し、進化の過程で消化管に存在していた栄養素や危険物質に対するセンサー細胞が各臓器に配置されたと仮説を立て研究している。これまでに、内胚葉由来組織には2種類の味細胞様細胞が存在することが知られている。1つは消化管や膵臓に存在する内分泌細胞で、甘味受容体やグルコーストランスポーターを発現し、甘味物質に応答する。もう一方はTuft細胞と呼ばれ、消化管や気管において寄生虫や異物の侵入を察知してそれらの除去に働くことが知られている。いずれの味細胞様細胞も存在比率が低く、センサー細胞としての機能解析は始まったばかりである。我々は、霊長類であるサルから消化管および膵管オルガノイドを作製し、Tuft細胞への分化誘導系を構築し、細胞分化の際にどのような変化が起こるかを免疫組織化学染色およびトランスクリプトーム解析により調べている。これまで、小腸においてTuft細胞がアセチルコリン合成酵素(CHAT)を発現し、アセチルコリンを分泌することで抗菌ペプチドが分泌される可能性を示唆してきた。また、サル膵臓オルガノイドをTuft細胞へ分化誘導した後、どのような化学物質に反応するのか探索中である。今回の講演では、これら我々の取り組みと研究の展望を紹介した。

  • Generation and characterization of endoderm-derived chemosensory cells from non-human primates Invited International conference

    岩槻 健

    International Symposium on Affective Science and Engineering 2022  2022.03 

     More details

    Event date: 2022.03

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 霊長類消化管オルガノイド単層培養系の構築とヒト菌体成分に対する応答の解析 International conference

    有永 理峰, 稲葉 明彦, 田中 啓介, 今井 啓雄, 山根 拓実, 大石 祐一, 岩槻 健

    日本農芸化学会2022年度大会  2022.03 

     More details

    Event date: 2022.03

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 細胞機能学

    Institution:Tokyo University of Agriculture

  • 細胞生物学

    Institution:Tokyo University of Agriculture

  • 生体高分子学

    Institution:Tokyo University of Agriculture

  • 解剖生理学実験

    Institution:Tokyo University of Agriculture

  • 分子細胞生物学(大学院向け)

    Institution:Tokyo University of Agriculture

display all >>

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本味と匂学会   学術広報委員会・委員長  

    2021.04   

  • 日本栄養・食糧学会   関東支部会 庶務幹事  

    2020.04 - 2022.03   

      More details

    Committee type:Academic society

  • うま味研究会   理事  

    2022.04   

  •   Steering committee  

    2018.09   

  • 日本味と匂学会   評議委員  

    2010.01   

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 筑波大学非常勤講師

    Role(s): Lecturer

    2022.07

  • NHK あさいち取材協力、情報提供

    Role(s): Filming support

    NHK  あさイチ  2021.07

  • 感覚研究コンソーシアム/第一回味覚WG

    Role(s): Guest, Panelist

    感覚研究コンソーシアム  2021.05

  • NHK あさいち取材協力、情報提供

    Role(s): Filming support, Official expert

    NHK  NHK あさいち  2021.03

  • NHK BSプレミアム「ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」取材協力

    Role(s): Filming support, Official expert

    NHK  2020.10

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 東京FM出演 TV or radio program

    東京FM  2022.02

  • NHK Eテレ「思考ガチャ」 出演 TV or radio program

    NHK  2021.07

Basic stance of industry-university cooperation 【 display / non-display

  • I aim to collaborate with companies who are interested in my research about taste and abdominal sensation. I would like to share our knowledge with other researchers to contribute to both academia as well as industry. I will also try to protect our intellectual properties to be utilized in the bio-venture companies.

Attractiveness of Research 【 display / non-display

  • 研究の魅力は、これまで先人たちが築いてきた歴史の上に、自分自身の歴史を刻み込めることです。誰も行ったことのない道を進まなければならないので、研究は孤独で地味なものです。しかし、自分が開拓した道が正しければ、その後誰かがきっと同じ道を歩きさらに素晴らしい世界を発見するでしょう。そいうものが研究だと思います。