2024/06/06 更新

写真b

平山 英毅 (ヒラヤマ ヒデタケ)

HIRAYAMA Hidetake

助教

職名

助教

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京情報大学   総合情報学部   環境情報学科   卒業

    2005年04月 - 2009年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京情報大学   大学院総合情報学研究科   総合情報学専攻   博士後期課程   修了

    2017年04月 - 2020年03月

  • 東京情報大学   大学院総合情報学研究科   総合情報学専攻   博士前期課程   修了

    2015年04月 - 2017年03月

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(総合情報学) ( 2020年   東京情報大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   地域環境科学部   生産環境工学科   助教

    2024年04月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学   環境リモートセンシング研究センター   協力研究員

    2024年04月 - 現在

  • 千葉大学   環境リモートセンシング研究センター   特任助教

    2021年04月 - 2024年03月

  • 東京情報大学   総合情報学部   非常勤講師

    2021年04月 - 2023年03月

  • 東京情報大学   研究員

    2020年04月 - 2024年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本砂漠学会

    2024年04月 - 現在

  • 日本地球惑星科学連合(JpGU)

    2023年01月 - 現在

  • 日本生態学会

    2020年10月 - 2022年03月

  • 日本写真測量学会

    2016年04月 - 現在

  • 日本景観生態学会

    2016年03月 - 現在

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境動態解析  / 空間情報を用いた植生クラス分類手法

  • 環境・農学 / 環境動態解析  / リモートセンシング・空間情報・地理情報システム

  • 情報通信 / 計算機システム  / 時空間情報の解析に向けた高性能システムの実装

論文 【 表示 / 非表示

  • 斜め視ステレオペア画像による位置特定手法〜UAVによる遠方広域撮影の提案と検証実験〜 査読あり

    平山 英毅, 梶原 康司, 渡辺 豊, 二谷 卓, 鵜飼 尚弘, 澤田 義人, 三橋 怜, 倉田 興治, 横山 誠二, 高山 誠一, 遠藤 貴宏, 杉山 真彦, 金子 隆之, 小栗 幹一, 本多 嘉明

    次世代移動体技術誌   5 ( 5 )   41 - 48   2024年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本UAS産業振興協議会  

    UAVを用いた斜め視撮影による地上物の位置特定を可能にする新しい解析手法を開発し、検証した研究である。このシステムは、UAVの撮影位置と姿勢を基に対象の正確な位置を特定し、位置や姿勢が不明な場合でも既知の位置情報を利用した推定が可能であることを明らかにした。

    DOI: 10.34590/tjam.5.5_41

  • Impact of restoration works and ecosystem considerations on vegetation recovery following the 2011 tsunami: a remote sensing approach 査読あり 国際誌

    Tomu Tahata , Mizuki Tomita , Hiroshi Kanno , Hidetake Hirayama , Yoshihiko Hirabuki , Keitarou Hara

    Proceedings of the 44nd ACRS (Asian Conference on Remote Sensing)   ACRS202307   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Comparisons of the crown NDVI and height growth of pines between the preserved and land elevation areas using UAV remote sensing 査読あり 国際誌

    Yamato Ogaki , Mizuki Tomita , Hidetake Hirayama , Yoshihiko Hirabuki

    Proceedings of the 44nd ACRS (Asian Conference on Remote Sensing)   ACRS202307   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 火山ガス噴気孔から放出される硫化水素ガスの濃度の異なる場所に置かれた高木性樹種(ブナ)の反応 査読あり

    菅野 洋,木村 啓,平山英毅,富田瑞樹,富田尚樹,岡田真秀

    日本地熱学会誌   45 ( 2 )   93 - 102   2023年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    火山ガス噴気孔から放出される硫化水素ガスの濃度が異なる場所に置かれたブナ苗木の生育状況を、葉と枝の目視観察およびマルチスペクトル画像から算出した植生指数(NDVI)によって確認した。噴気孔からの距離と濃度レベル、植生指数の距離との関係を明らかにした。

  • 衛星データを用いた植生分類に向けた深層学習の適用可能性の評価

    Ram C Sharma,平山 英毅,原慶太郎

    写真測量とリモートセンシング   61 ( 3 )   116 - 118   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機械学習のひとつである深層学習を用いた衛星植生分類の可能性検討として、八甲田を分類した結果を報告した。本研究では5つの隠れ層を用いたCNNを構築することで精度の良い分類が可能であることを示した。

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大津波と里浜の自然誌

    ( 範囲: 1章のコラム2)

    蕃山房  2021年04月  ( ISBN:978-4-9911802-0-0

     詳細を見る

    総ページ数:118   担当ページ:36-37   著書種別:一般書・啓蒙書

  • 津波が来た海辺 : よみがえる里浜の自然と暮らし(岡浩平・平吹喜彦 編)

    ( 範囲: 1章のコラム)

    東北学院大学学長室事務課  2020年02月 

     詳細を見る

    著書種別:一般書・啓蒙書

MISC 【 表示 / 非表示

  • Landscape restoration based on ecosystem services and historical recollections after the Great East Japan Earthquake

    Keitarou Hara, Mizuki Tomita, Hidetake Hirayama, Yoshihiko Hirabuki

    10th IALE World Congress. Abstract Book Online   P0136   2019年07月

  • Analysis of changes in forest habitat connectivity in the disaster damaged Sendai Bay area of northeast Japan

    Hidetake Hirayama, Mizuki Tomita, Keitarou Hara

    P0126   2019年07月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手優秀賞(令和5年度 第24回全国大会)

    2024年02月   自然環境復元学会   津波撹乱跡地における人為改変程度に着目した植物の潜在的分布域の変化

    田畠斗夢 , 富田瑞樹 , 平山英毅 , 菅野洋 , 平吹喜彦 , 原慶太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • Japan Drone & AAM Awards 2023 (ソフトウェア・アプリケーション部門 最優秀賞)

    2023年06月   一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)   バーチャル物見櫓

    平山英毅 , 梶原康司 , 渡辺 豊 , 二谷 卓 , 鵜飼尚弘 , 澤田義人 , 三橋 怜 , 倉田興治 , 横山誠二 , 高山誠一 , 遠藤貴宏 , 北村和之 , 勝間田崇幸 , 高木裕輔 , 金子隆之 , 小栗幹一 , 本多嘉明

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  • 若手優秀賞(令和4年度 第23回全国大会 )

    2023年02月   自然環境復元学会   津波攪乱跡地と盛土におけるクロマツの樹高と植生指数のUAVによる測定

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 優秀ポスター発表賞受賞

    2022年09月   ELR2022 日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会合同大会   地熱発電所冷却塔からの排出蒸気に含まれる硫化水素ガスによる植物影響に関する一考察 ~火山ガス噴気孔周辺でのブナの観察実験~

    木村 啓 , 菅野 洋 , 平山 英毅 , 富田 瑞樹 , 富田 尚樹 , 岡田 真秀

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 若手優秀賞(令和元年度 第20回全国大会)

    2020年02月   自然環境復元学会   高時空間分解能衛星画像を用いた尾瀬植生図作成手法の検討

    平山英毅, 富田瑞樹, 原慶太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 只見ユネスコエコパークおよび周辺域における生態系マップ作成

    2021年05月 - 2022年03月

    福島県南会津郡只見町  令和3年度「自然首都・只見」学術調査研究助成事業  

    平山英毅 , 原慶太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • GEDI と Landsat データに基づく森林地上バイオマスの推定

    LU XUECHENG・平山英毅・三橋怜・梶原康司・本多嘉明

    日本写真測量学会令和6年度年次学術講演会  2024年05月  日本写真測量学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年05月

    開催地:東京大学生産技術研究所  

    全球の森林を対象とした地上部バイオマス(AGB)の推定精度に重要である宇宙LiDARの観測の位置誤差の修正を最終目的とし、本研究では、位置誤差の検証に必要なAGB分布図の作成を進めた。UAV LiDARデータとLandsatデータを用いることで精度の高いAGB分布図を作成できることを示した。

  • 盛土区と津波攪乱跡区におけるクロマツの樹高成長にNDVI・土壌水分・隣接木との競争が与える影響

    大垣岳斗,富田瑞樹,平山英毅,平吹喜彦

    令和4年度 自然環境復元学会第24回全国大会  2024年02月  自然環境復元学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年02月

    開催地:日本大学(御茶ノ水)  

  • 宇宙LiDARデータの検証に向けた多方向UAV観測によるバイオマス計測手法の考案

    加藤亮大,平山英毅,三橋怜,梶原康司,本多嘉明

    令和4年度 自然環境復元学会第24回全国大会  2024年02月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年02月

  • 津波撹乱跡地における人為改変程度に着目した植物の潜在的分布域の変化

    田畠斗夢,富田瑞樹,平山英毅,菅野洋,平吹喜彦,原慶太郎

    令和4年度 自然環境復元学会第24回全国大会  2024年02月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年02月

  • 地上部バイオマス量の推定精度向上を目指した土地被覆図作成手法の開発

    森千春,三橋怜,平山英毅,梶原康司,本多嘉明

    日本写真測量学会令和5年度秋季学術講演会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システムa

    機関名:東京情報大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 本多・梶原ゼミ(学部・研究生・博士前期・後期)

    機関名:千葉大学

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  • 環境システム演習

    機関名:東京情報大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • コンピュータ概論

    機関名:東京情報大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • IT基礎技術論

    機関名:東京情報大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 環境省自然環境局生物多様性センター   環境省植生図の更新に向けた検討会委員  

    2024年06月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)   地球観測に関する科学アドバイザリ委員会分科会  

    2024年06月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 自然環境復元学会   理事 (広報情報分科会⻑・幹事)  

    2024年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 環境省自然環境局生物多様性センター   環境省植生図の更新及び衛星植生速報図作成に向けた作業部会委員  

    2023年07月 - 2024年03月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 自然環境復元学会   理事補佐(幹事・編集委員)  

    2020年04月 - 2023年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ドローンを活用した災害時活用実証実験

    役割:取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演

    国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所  2023年08月

  • 環境省植生図の更新及び衛星植生速報図作成に向けた作業部会

    役割:助言・指導, 情報提供, 調査担当

    環境省  2023年07月 - 2024年03月

メディア報道 【 表示 / 非表示

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第4次尾瀬総合学術調査団調査 協力員

    役割:学術調査立案・実施

    公益財団法人尾瀬保護財団  2017年07月 - 2020年12月

  • サイエンスサマーキャンプ

    ちばサイエンスの会・千葉大学CEReS本多・梶原研究室  ( 千葉県東金市内 研究開発用生態系基地 ) 2010年08月 - 2019年08月

     詳細を見る

    科学に興味を持っている小中学生に対するサイエンスキャンプ。
    SSCの活動は、3日間、自然の中で生活し、体験実験を通して「どうしてだろう?」、「なぜだろう?」と子供たちの科学的好奇心を育てることを目的にします。公開実験と食事や天体観測の行事は、「宇宙と私たちの命」をテーマにして計画を立てています。SSC終了後、残りの夏休み、ご家庭で「宇宙と私たちの命」のテーマについて考えて頂くきっかけになればと考えております。