2020/12/28 更新

写真b

五條 満義 (ゴジョウ ミヨシ)

GOJO Miyoshi

准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

    東京農業大学  農学研究科  農業経済学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  農学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

    東京農業大学   農学部農業経済学科   講師  

  • 1998年04月
    -
    2003年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   食料環境経済学科   講師  

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   食料環境経済学科   助教授(現在は准教授に名称変更)  

  • 2006年09月
    -
    2007年09月

    東京農業大学   依命留学 中国農業大学経済管理学院訪問学者(国外依命留学制度に基づき1年間)  

  • 2007年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   食料環境経済学科   准教授  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 家族経営協定

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 都市農協の組織・事業特性に関する考案

    五條 満義

    東京農業大学大学院    1989年03月

    学位論文(その他)   単著

    農協の今日的な組織・事業をめぐる課題を明らかにする一環として、生活関連事業の現状やその推進主体に焦点をあてながら、神奈川県内における現地調査結果をふまえて考察を行った。
    (修士論文)

論文 【 表示 / 非表示

  • 家族経営内における契約行為と寄与分の関係性-家族経営協定について-

    五條満義

    家族〈社会と法〉NO.32 ( 発行:日本加除出版株式会社、編集:日本家族〈社会と法〉学会 )  32   64 - 74   2016年07月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    民法における寄与分規定を念頭に置きつつ、その観点から、家族経営協定の取組について検証を行い、特に家族経営協定が、家族農業経営における資産継承にもたらす効果等を、事例調査結果も踏まえて、実証的に考察した。この中で、家族経営協定が、相続をめぐる紛争の未然防止に有効である点などを明らかにした。

  • 家族経営協定における夫婦協定の今日的展開と課題

    五條 満義

    農村研究第94号 東京農業大学農業経済学会   1 ( 94 )   2002年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    家族経営協定締結数の中で、最も高い割合を占める夫婦協定に焦点をあて、その今日的な締結の特質や意義を検証するとともに、夫婦協定の締結事例の調査分析を通じて、わが国におけるパートナーシップ型農業経営の到達点を考察した。
    担当貢:97-108

  • 今日的な家族農業経営の確立対策に関する考察 法人化と家族経営協定の相互の関係を中心に

    五條 満義

    農村研究 第89号 東京農業大学農業経済学会   1 ( 89 )   1999年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    家族農業経営の発展方策を考察する一環として、法人化へのプロセスや法人化後の経営の内実の整備等に果たす家族経営協定の役割を中心に論述した。

  • 食糧法下における農地利用集積の現状と課題 水稲単作地帯・福井県鯖江市の事例を中心に

    五條 満義

    農村研究第87号 東京農業大学 農業経済学会   1 ( 87 )   1998年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    食糧法施行以後の稲作単作地帯における農地流動化の実態を明らかにするため、経営体の位置付け、農地貸借および農作業受委託の展開、小作料の動向等を主眼として、福井県鯖江市の事例分析を中心に考察を行った。

  • 家族経営協定の発展過程と今日的展開

    五條 満義

    農村研究第86号 東京農業大学 農業経済学会   1 ( 86 )   1998年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    わが国における家族協定や親子契約等の発展過程を年代を追って論述し、今日的な家族経営協定の位置付けを明らかにするとともに、広島県三和町において筆者が実施したアンケート調査や協定農家に対する実態調査を踏まえて、協定の今日的な展開について考察した。
    担当貢:35-44

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 女性が活躍する農業委員会

    五條満義  編著 (担当: 編者 )

    (一社)全国農業会議所  2016年10月

    2016年4月の改正農業委員会法施行に伴い、農業委員の選出方法も変更になることから、以前より農業農村分野の男女共同参画の重点課題となってきた、農業委員への女性登用の拡大に関しても、重要局面を迎えた。そこで、「第12回女性農業委員活動推進シンポジウム」で、コーディネーターを務めた五條が、このシンポジウムの討議の経過を編集・再構成し、女性が活躍する農業委員会の意義や改正法施行後の取組を示唆する啓発書に取りまとめた。

  • 女性で活きる農業委員会

    五條 満義  編著 (担当: 共編者 )

    全国農業会議所  2010年12月

    農業委員への女性の登用の拡大に向けた取り組みと課題について、現場の実態を掘り下げ、男女共同参画の考え方に基づく農業農村の活性化を図るための討論の記録を集約した。

  • 家族経営協定最前線

    五條 満義 (担当: 単著 )

    全国農業会議所  2010年05月

    家族農業経営内の個人の地位確立や、経営の改善を目指した家族経営協定について、その基本的な考え方を論じた上で、13事例の現地取材を通じて、協定の多方面的な活用方法を紹介した。特にその中で、文書化の効果、エコ栽培、男女共同参画、農業経営の法人化等の視点に基づいて、協定の取り組みに関する今日的な意義を検証した。
     141ページ、B6判

  • 中国の大学と農村は今-中国農業大学依命留学記-

    五條 満義 (担当: 単著 )

    東京農大出版会  2008年03月

    中国農業大学に依命留学した本人が、その1年間の活動状況と研究成果を集約した。現地で担当した講義の経過を含め学内から見つめた大学事情と、北京市と瀋陽市の近郊等で行った現地調査・視察を踏まえた中国農村最前線レポートなどで構成している。
    四六判。全頁数:165

  • 食料環境経済学を学ぶ

    應和邦昭、他17名 (担当: 共著 , 担当範囲: 157-170 )

    筑波書房  2007年09月

    食料・農業・環境分野をめぐり経済学的視点から学ぶ者にとっての解説書。本人担当部分は、第13章「農政の展開過程と農業法」。
    A5判、全頁数:283。
    應和邦昭、他17名の東京農業大学食料環境経済学科の教職員による共著。 157-170

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 対話を活かす農業経営!家族経営協定の普及推進-農地利用の最適化を支える一環に-

    五條満義

    農業委員会業務必携2018年版   1 ( 85 ) 8 - 11   2018年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

    家族経営協定の特質を踏まえつつ、改正農業委員会法施行下におけるその普及推進をめぐる取組の意義を、農業委員向けに解説した。特に、わが国農村現場がどのように家族経営協定を受け止め・実施してきたのかを検証じた上で、認定農業者制度・農業者年金制度・経営資産継承等をめぐり、家族経営協定の効果的な活用方法等を論述した。

  • 農村コミュニティの再構築による地域活性化の先導-釜石市・藤井サヱ子さんの取リ組み

    五條満義

    農業普及   69 ( 6 ) 42 - 45   2017年06月

    総説・解説(その他)   単著

    遊休農地の活用から出発し、さらに農産物の直売.加工・農家レストラン等の取組へと発展し、震災復興活動にも尽力してきた、岩手県・釜石市の藤井サヱ子さんの取組について、その展開過程と意義を論述した。とりわけ、農村社会のコミュニティの再構築の実現とその地域活性化に与えた有効性に注目して論述した。

  • 第4次「男女共同参画基本計画」策定への議論を振り返る-農山漁村分野をめぐり私が強調したこと

    五條満義

    生活研究 ( (社)農山漁村女性生活活動支援協会 )  1 ( 60 )   2016年08月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    政府による第4次「男女共同参画基本計画」の策定過程において、その基本的考え方を取りまとめる専門調査会に、五條は゛専門委員として検討作業に参画した。そこでの議論の内容や自らが発言したことの趣旨、さらにその社会的な背景を論述した。特に、計画遂行時における目標設定の重要性や、農業委員等への女性登用の拡大、家族経営協定の普及推進等を主要論点に取り上げた。

  • 女性農業委員登用の現状と課題

    五條満義

    全国農業新聞 ( 全国農業会議所 )  1   3 - 3   2015年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    農業委員への女性登用の現状を踏まえつつ、女性登用の推進が農業振興にも果たす意義を論じ、男女共同参画の視点に立った今後の関連する取り組みの展開方向をまとめた。

  • 経営と暮らしに活かそう 家族経営協定

    五條 満義

    農業者年金広報誌「のうねん」にて連載(2009年7月までに8回) ( (株)農林水産広報センター )  1   2008年05月

    総説・解説(その他)   単著

    家族経営協定の先進事例に注目し現地取材を通じて各協定農家の実践する農業経営の特徴・協定内容の変遷過程・協定に基づく経営および生活への効果等を明らかにしている。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 都市農業の多面的価値と展望-生消連携と農地保全を考える

    五條満義  [招待有り]

    2018年度地域農林経済学会大会・地域シンポジウム  (東京農義大学・横井講堂)  2018年10月  -  2018年10月  地域農林経済学会

    主に生産緑地で展開される都市農業に焦点をあて、特に、都市農業振興基本法制定(2015年)以後の新しい情勢を踏まえつつ、生産者と消費者の連携を含む、都市農業をめぐる取組の多面的に価値と、今後の都市農地保全に向けた課題等を、学会大会の地域シンポジウムで討議し、五條は、全体のコーディネート・解題報告・取りまとめの総括を行った。

  • 書評・小久保武著よみがえれ心豊かな農協運動 について

    五條 満義

    第23回日本協同組合学会大会・文献会評会(於:明治大学・都内)  2003年11月  -  2003年11月 

    学会の文献合評会において、小久保武氏の著書である『よみがえれ心豊かな農協運動』を取り上げ、同書協同組合主義の神髄の解明に力を注いでいる点などに注目し、書評を報告した。

  • 家族経営協定と農家生活

    五條 満義

    第26回東北農村研究会(於:福島県福島市内)  1998年09月  -  1998年09月 

    「家族経営協定と農家生活」をテーマとしたシンポジュウムの討議を深めるため、コーディネーターとして、協定の理念と現状を中心に解題をおこなった。

  • 家族経営協定の今日的展開に関する研究

    五條 満義

    第46回日本農村生活研究大会(於:東京農業大学)  1998年09月  -  1998年09月 

    家族経営協定の今日的な特性と課題を明らかにするため、これまでの発展過程、契約内容、普及方法等、現地事例を踏まえて多角的視点から考察を行った。

  • 家族経営協定に関する今日的意義と課題

    五條 満義

    1997年度日本農業経済学会大会(於:東北大学)  1997年04月  -  1997年04月 

    将来にわたる日本農業の担い手像を検討する一環として、家族農業経営の発展方策について考察するものとした。このため、家族農業経営において、経営の個人の地位確立経営管理の近代化を目指した家族経営協定の取り組みを取り上げた。特に、現下の農政展開や各地の実践事例をふまえながら、家族経営協定の今日的な意義と課題を報告した。

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 内閣府男女共同参画会議専門委員(3度目の就任)

    内閣府 

    2014年11月
    -
    2015年12月

    政府による男女共同参画基本計画・第4次案の基本的な考え方を作成する作業。

  • 農山漁村女性活躍表彰審査委員

    農山漁村男女共同参画推進協議会 

    2017年06月
    -
    継続中

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • わが国の農政の在り方について、理論的・実証的に究明する。特に、農業の担い手の育成・農地の有効利用・農業支援組織の機能強化等の課題を取り上げ、農村調査をベースに研究活動を進める。
     学生さん達に対しては、「農村現場で意見交換のできる情熱と能力を養おう」と訴えている。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 食料環境経済学科に入って学習・研究することは、これからの経済社会に必要な新しい価値観の構築にも密接に関係しており、使命感の持てる内容であると考えます。食料・農業・環境・地域といった視点から、社会で実際に起きている様々な現象の持つ意味について、ぜひ一緒に考案・探究して行きましょう。