2017/08/02 更新

写真b

栗田 和弥 (クリタ カズヤ)

KURITA Kazuya

助教

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    東京農業大学  農学研究科  造園学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月
    -
    1991年03月

    ミシガン州立大学 (Michigan State University)   東京農業大学姉妹校留学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  修士(造園学)

  • 東京農業大学 -  学士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    東京農業大学   農学部造園学科   副手(有給)  

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    東京農業大学   農学部造園学科   助手  

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   造園科学科   助手  

  • 2002年04月
    -
    2014年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   講師  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   造園科学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

      特定非営利活動法人日本エコロジスト支援協会   副理事長

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1993年09月
    -
    継続中
     

    社団法人日本造園学会

  • 1993年09月
    -
    継続中
     

    国際造園家連盟 イフラ(IFLA)

  • 1994年09月
    -
    継続中
     

    日本レジャー・レクリエーション学会

  • 1994年12月
    -
    継続中
     

    日本緑化工学会

  • 1995年12月
    -
    継続中
     

    国際造園家連盟日本支部(イフラジャパン)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 36 years of multi-body collaborative restoration and management of alpine vegetation and footpaths at Makihatayama, Uonuma Renpo Prefectural Natural Park, Niigata, Japan

    Kurita, Kazuya and Kiyoshi Matsumoto

    1st Asia Parks Congress Proceednig     237   2013年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 都市近郊緑地における緑地管理団体の発足形態と活動の継続性に関する研究

    上田 早織, 栗田 和弥, 他

    レジャー・レクリエーション研究   ( 71 ) 3 - 18   2013年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    都市近郊緑地の中でも多摩丘陵のうち東京都町田市における緑地管理団体の発足形態と活動の継続性についてアンケート調査を主体として実施した。その結果、緑地管理活動初期における団体の組織化の目的および経年による目標達成のため、あるいは団体の構成員の新陳代謝が必要であることが検証された。

  • Management of protected areas in urban fringe area of Tama Hills, Tokyo, Japan

    Kurita, Kazuya

    The 6th International Conference of Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas (MMV6)     384 - 385   2012年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • Trend of nature trail and its management in Japan

    Kurita, Kazuya

    48th World Congress of International Federation of Landscape Architects (IFLA)     2011年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • 台湾国家公園におけるパークボランティアの現状と活動意識

    〓智益(Tu, Chi-i),下嶋聖,栗田和弥

    東京農業大学農学集報   55 ( 1 ) 73 - 81   2010年06月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   共著

    台湾における国家公園(国立公園)のパークボランティアの歴史および現状を把握・整理し,活動意識についてボランティアならびに管理処(管理事務所)職員に対して調査を行い,今後の必要性と需要を明らかにした。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • はかる つくる えがく そだてる -みどりの地域を育む地域環境科学がわかる本-

    麻生恵、阿部伸太、島田沢彦、川名太、國井洋一、武生雅明、矢部和弘、栗田和弥ほか (担当: 共著 , 担当範囲: えがく・そだてる -市民参加による高山植生の復元活動- )

    東京農業大学出版会  2015年07月 ISBN: 9784886944504

    地域環境科学部の全教員による、それぞれの専門分野における研究・教育の最新動向を解りやすく解説した。筆者は、自然公園における高山植生の復元や登山道整備に関する解説を行った。

  • 里山の自然とくらし 福島県鮫川村

    入江 彰昭,栗田 和弥,ほか (担当: 共編著 )

    東京農業大学出版会  2012年03月 ISBN: 9784886944047

    福島県鮫川村の自然と里山、生き物、人々の暮らしと文化、谷戸田農業、人々との交流、古老からの聞き書き他がまとめられている。が貴重だ。東京農業大学短期大学部生活科学研究所「田んぼ(谷戸田)プロジェクト研究」の成果を刊行。

  • 「造園力」で地球を庭に -里山を市民の手で守る農業型環境保全-

    近藤三雄,進士五十八,栗田和弥ほか,計96名 (担当: 共著 , 担当範囲: 156-157 )

    東京農業大学出版会  2009年03月

    過疎化・遊休化している里山における新しい保全方法としての市民参画・学生参加による「農業型環境保全」について福島県鮫川村の田園地帯,図師小野路歴史環境保全地域(東京都),七沢森林公園(神奈川県)雑木林ファンクラブを事例に論じた。

  • 環境修復の技術

    麻生恵・松本清・鈴木貢次郎 (担当: 共著 , 担当範囲: 117-131 )

    東京農業大学出版会  2007年07月

    高山植生の復元技術の開発
    -新潟県巻機山の雪田草原復元を事例として-

  • 1級造園施工管理技士試験

    荒井歩、萩原信弘、吉田哲夫、鈴木貢次郎、服部勉、阿部伸太、入江彰昭、水庭千鶴子 (担当: 共著 , 担当範囲: 193-196、 199-204 )

    彰国社  2007年05月

    1級造園施工管理技士試験に関し、特に自然公園や自然環境保全並びに景観法に関わる分野の法律の整理および試験例題の解説を行なった。

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • レジャー・レクリエーションの充実に寄与するオリンピック・レガシー -空間論・環境論の立場から-

    栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究   ( 60 ) 75 - 77   2008年03月

    総説・解説(その他)   単著

    オリンピックのレガシー,つまり空間・環境に関連するハードウェアについて,その施設や利用方法などについて,わが国における国際的イベントである国際博覧会と,そのテーマと共に歴史的な変遷を追い,2016年におけるオリンピック開催への期待を論じた。

  • 田んぼの多面的機能をさぐる-谷戸田の価値を探る-

    入江彰昭

    平成14年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告、東京農業大学     2003年10月

    総説・解説(その他)   共著

    「谷戸田の里山景観の特性について」および「鮫川村の都市と農村の地域交流活動について」平成14年度において調査あるいは活動した内容を報告した。谷戸田の里山景観の特性として、長く浅い谷戸がいくつも存在する地形を把握、分析した上で、地区の景観計画の策定の必要性について述べた。また都市と農村の地域交流活動については、都市住民としての学生を中心とした6回の活動を通して、都市住民としては伝統的な農作業体験や農村住民との交流を通じて農村地域への愛着の醸成がなされた。他方の農村住民にとっては、一般的には都市住民が訪れない場所に来ること、都市住民が農作業等に関心を示すことなどで、地域の持つポテンシャルの再評価に繋がり、決して経済性だけではない活性化への発端が確認された。さらに、活動としては3年目が終了したことの継続性による、都市と農村住民の交流の有効性が認められた。

  • 高山植生の復元システム開発に関する研究

    麻生恵

    平成14年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告、東京農業大学     2003年10月

    総説・解説(その他)   共著

    利用者別にみた山岳自然公園における自然環境保全に関する利用者の意識について、観光地として利用者が訪れる山岳(観光利用)および専ら登山での利用者が訪れる山岳(登山利用)において調査を中心に行った。その結果、観光利用者は、登山利用者と比較して、自然環境保全に対する関心は低いものの、保全活動に対する意識は高いことが明らかとなった。その反面、登山利用者は高年齢者層が多いために、登山活動そのもので時間および体力を消費するためにボランティア活動などへのゆとりが生まれない等の理由が考えられ、個人による植生復元活動への限界を示唆する結果となった。

  • 自然環境フィールドにおける遊びと活動と管理の展開

    栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究   ( 47 )   2002年03月

    総説・解説(その他)   単著

    自然環境を多面的なフィールドの場として捉え論じた。すなわち,歩きなどの「遊び」としての利用から,創造的あるいは環境保全を目的とした「活動」への発展・深化を通じて,利用者自らが「管理」を行っていくことの展開について,その必要性と現代的意義が求められていることを明らかにした。pp.60-61

  • 豪雪地渋海川流域の民家とその環境-新潟県中魚沼郡川西町仙田地区-

    麻生恵、植竹薫、加藤真希、宮澤智士、佐藤実、荒木裕子、小林聡美

    財団法人日本ナショナルトラスト     1999年03月

    総説・解説(その他)   共著

    新潟県渋海川中流域の仙田地区における河川・田園景 観、集落景観および自然環境の調査を行ない、地域の特 性を報告した。
    担当部分は第3章(仙田郷の環境・景観調査)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本レジャー・レクリエーション学会理事長賞(研究奨励賞 -ポスター発表部門-)

    2014年12月07日   日本レジャー・レクリエーション学会  

    受賞者:  風間 咲紀,中澤 里奈,山口 善貴,町田 怜子,栗田 和弥,麻生 恵

    石川県輪島市三井町における農村景観の変遷に関する研究

  • 第5回観光庁長官表彰

    2013年10月01日   観光庁  

    受賞者:  巻機山景観保全ボランティアーズ

  • 日本レジャー・レクリエーション学会理事長賞(研究奨励賞 -ポスター発表部門-)

    2012年11月18日   日本レジャー・レクリエーション学会  

    受賞者:  栗生 美紀,栗田 和弥

    愛知県弥富市におけるカワウによる景観被害の調査研究

  • 日本レジャー・レクリエーション学会会長賞(研究奨励賞 -ポスター発表部門-)

    2012年11月18日   日本レジャー・レクリエーション学会  

    受賞者:  弥政 麻佑子,栗田 和弥

    郵便局の風景印に表されている風景資産・文化資産に関する調査研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 山岳地における市民・利用者参加による自然環境保全管理に関する研究

    若手研究(C)

    研究期間:  2004年  -  2006年03月 

    山岳地における市民・利用者参加による自然環境保全管理についてその変遷を明らかにした。行政(官)による保全管理は1966年(昭和41年)から群馬県尾瀬アヤメ平にて始まり、民間企業(産)によるものは1967年(昭和42年)から富山県立山有料道路に始まり、そして市民主導によるものは1977年(昭和52年)から新潟県巻機山から始まり、いずれも自然公園利用者(登山客、観光客)の増大あるいはその受け入れのための施設整備に伴う補修的な活動から展開が始まったことが明確になった。

  • NPO・市民参加による自然環境保全活動の実態と発展をふまえた環境管理計画への適用

    奨励研究(A)

    研究期間:  2000年  -  2002年03月 

    わが国の自然環境の保全管理には,自然公園等お自然保護区の計画を担う行政や,わが国特有の地域制による土地利用を採用するために発生する土地所有者の権利やその役割分担が曖昧である。しかし他方でNPOや市民参加による自然環境保全活動は盛んになりつつあるものの実態は明確化されていないため、関東地方における実態を明確化した。また今後の発展をふまえた環境管理計画への適用について検討した。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 多摩川河川流域におけるオープンスペースと建築景観の実態に関する調査研究

    提供機関:  民間財団等  多摩川およびその流域の環境浄化に関する基礎研究、応用研究、環境改善計画のための研究・活動助成

    研究期間: 2006年03月  -  2007年03月 

    多摩川河川流域において特に高層建築物や河川敷に比較的接近している建築物による眺望遮蔽の現状と河川の景観資源価値への影響ならびに住民意識について、広い河川敷を持つ中流域から下流域を中心とするオープンスペースと建築景観の実態に関する調査を実施した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 石川県輪島市三井町における農村景観の変遷に関する研究

    風間 咲紀,中澤 里奈,山口 善貴,町田 怜子,栗田 和弥,麻生 恵

    レジャー・レクリエーション研究 74  (埼玉県(立教大学))  2014年12月  -  2014年12月  日本レジャー・レクリエーション学会

  • 日本百名山における登山道整備や植生復元の活動およびその主体に関する基礎的研究

    栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究 74  (埼玉県(立教大学))  2014年12月  -  2014年12月  日本レジャー・レクリエーション学会

  • 新潟県角田山における植生荒廃地の把握および復元候補地の選定

    伊藤 竜太郎,栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究 70  (東京都(上智大学))  2012年11月  -  2012年11月  日本レジャー・レクリエーション学会

  • 江の島における歩く空間の利用に関する研究

    青木 慶司,栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究 70  (東京都(上智大学))  2012年11月  -  2012年11月  日本レジャー・レクリエーション学会

  • 伝説の生物を活かした地域おこしに関する研究 ―ツチノコ等の事例の比較による―

    森 芽衣,栗田 和弥

    レジャー・レクリエーション研究 70  (東京都(上智大学))  2012年11月  -  2012年11月  日本レジャー・レクリエーション学会

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第49回全国植樹祭に向けた群馬県立森林公園21世紀の森開設準備に対する群馬県知事感謝状

    1998年05月   群馬県  

    受賞者: 栗田 和弥

    第49回全国植樹祭に向けた群馬県立森林公園21世紀の森開設に関する指導

  • 財団法人日本ナショナルトラスト感謝状

    2009年04月   財団法人日本ナショナルトラスト  

    受賞者: 東京農業大学地域環境科学部造園科学科自然環境保全学研究室

    巻機山景観保全に関して30年間継続的に実施してきた研究・教育・実践活動に対して

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
    -
    2013年12月

    日本レジャー・レクリエーション学会   理事 (総務担当)

  • 2013年12月
    -
    2016年11月

    日本レジャー・レクリエーション学会   理事 (国際担当)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    社団法人日本建築学会   広報委員会委員

  • 2014年11月
    -
    2014年12月

    日本レジャー・レクリエーション学会   第44回学会大会委員会委員

  • 2015年04月
    -
    2016年06月

    国際造園家連盟日本支部(イフラジャパン)   常任理事

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 特定非営利活動法人みどりのゆび(本部:東京都町田市)

    2001年04月
    -
    継続中

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 自然風景地,自然公園区域,山岳地において,造園家(業)としての技術を活かすことがとても重要であり,実学の「知」と実践の「技」を融合して自然環境の保全にあたりたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 緑の環境が変化していくことを捉え,それを保全していくを出来るのは,人です。自然保護,自然環境の保全,人の賢明な利用方法について一緒に,現地を見て,考え,学び,研究をしていきませんか。