2022/06/25 更新

写真b

和田 健太 (ワダ ケンタ)

WADA Kenta

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    東京農業大学  生物産業学研究科  博士前期課程  修了

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

    東京農業大学  生物産業学研究科  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(生物産業学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2011年09月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   助教  

  • 2011年09月
    -
    2015年03月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   助教  

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   准教授  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    東京農業大学   生物産業学部   北方圏農学科   准教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生物産業学部   北方圏農学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験動物学

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • エミューの分子遺伝学的研究

  • 野生動物の痕跡物由来DNAを用いた分子生態学的研究

  • 疾患モデル動物の分子遺伝学的研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 「シカ科動物5種におけるミトコンドリアDNA全塩基配列の決定並びにシカ科動物間の分子系統学的研究 (博士論文)」

    和田 健太

    東京農業大学    2006年03月

    学位論文(その他)   単著

  • 「エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)のミトコンドリアDNA塩基配列の解析(修士論文)」

    和田 健太

    東京農業大学    2003年03月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular sexing of the Ezo mountain hare (Lepus timidus ainu) based on ZFX/ZFY genes and application for using feces-derived DNA

    Takahashi A, Kusano N, *Wada K

    Journal of Agricultural Science, Tokyo University of Agriculture   67 ( 1 ) 47 - 52   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development of 49 novel microsatellite markers from Next-generation sequencing data and a robust method for parentage tests in the emu (Dromaius novaehollandiae)

    Koshiishi Y, Uchiyama H, Okubo MM, Tanaka K, Kameyama Y, Hirayama H, *Wada K

    Gene   769   145238   2021年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development and characterization of ten novel microsatellite loci for the emu (Dromaius novaehollandiae) and genetic diversity of Japanese farm populations.

    Koshiishi Y, Murata-Okubo M, Fujisawa SI, Shimoi G, Hirayama H, Kameyama Y, Souma K, *Wada K

    Molecular Biology Reports   47   2521 - 2527   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mitochondrial DNA variations in Japanese farmed emu populations

    Koshiishi Y, Ukita M, Okubo MM, Fujisawa SI, Shimoi G, Hirayama H, Kameyama Y, Souma K, *Wada K

    The Journal of Veterinary Medical Science   82   731 - 734   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • c.753A>G genome editing of a Cdh23ahl allele delays age-related hearing loss and degeneration of cochlear hair cells in C57BL/6J mice.

    Yasuda SP, Seki Y, Suzuki S, Ohshiba Y, Hou X, Matsuoka K, Wada K, Shitara H, Miyasaka Y, Kikkawa Y

    Hearing Research   2020 Feb 18;389:107926. doi: 10.1016/j.heares.2020.107926. [Epub ahead of print]   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Practical Applications of Microsatellite Markers in Goat Breeding

    Seki Y, Wada K, Kikkawa Y (担当: 共著 )

    InTech  2016年 ISBN: ISBN 978-953-51-2798

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • Genetic modifiers of rodent animal models: the role in cataractogenesis.

    Wada K, Yasuda SP, Kikkawa Y

    Experimental Animals   68   397 - 406   2019年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • エミューの家畜化を目指した東京農業大学の取り組み

    和田健太

    グリーンテクノ情報   14 ( 2 ) 12 - 15   2018年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • ミトコンドリアゲノムに基づくニホンジカ(Cervus nippon)の分子系統

    和田健太・西堀正英・横濱道成

    動物遺伝育種研究 ( 動物遺伝育種学会 )  38   49 - 56   2010年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 網走市稲富エミューふれあい牧場におけるエミュー(Dromaius novaehollandiae)雌雄のDNA判定法適用の試み

    和田健太・小松仁美・東城さや香・後藤友作・横濱道成

    獣医畜産新報, 57 (9), 725-726. ( 文永堂出版株式会社 )    2004年

    総説・解説(商業誌)   共著

    網走市稲富のエミュー100個体の雌雄判別を行い、雌雄の体型差および性比を調査した。その結果、網走市稲富のエミューにおいては、メスの方が大型であり、性比は1:1であった。

特許等 【 表示 / 非表示

  • 乳癌の悪性度の評価方法ならびに該評価方法に用いるアレイおよびキット

    特願 2008-312740号 

    内野雅浩,小島弘子,和田健太,宇津木孝彦

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本実験動物学会 奨励賞

    2018年05月17日   公益社団法人日本実験動物学会   順遺伝学に基づく眼球疾患モデル動物の原因遺伝子の同定  

    受賞者:  和田健太

  • Award for The Most Excellent Paper

    2018年05月17日   Japanese Association for Laboratory Animal Science   A novel missense mutation of Mip causes semi-dominant cataracts in the Nat mouse  

    受賞者:  Takahashi G, Hasegawa S, Fukutomi Y, Harada C, Furugori M, Seki Y, Kikkawa Y, Wada K.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 内耳外有毛細胞の自発的再生機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  松岡邦枝

  • ラットモデルを用いたヒト小眼球症の不均一性に作用する遺伝的要因の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  和田健太

  • 多種疾患に関与するPhldb1ゲノム多型を標的とした新規モデルマウスの開発と応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  和田健太

  • 内耳外有毛細胞の形成と維持に関わる遺伝子の同定と機能解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  松岡邦枝

  • 採卵・顕微注入・移植を要しない、新しい遺伝子改変マウス作製法の開発と応用

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  大塚正人

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • NAKラットの小眼球症は神経網膜の欠失に起因し、それは遺伝的背景および母体効果によって修飾される

    草野奈央・許 亜美・鴻巣史織・原 菜摘・清水開斗・下井 岳・亀山祐一・吉川欣亮・和田健太

    第69回 日本実験動物学会総会  2022年05月  -  2022年05月 

  • マウスの被毛長および毛包形成に性差を引き起こすFgf5変異

    高橋 諒・高橋 剛・下井 岳・亀山祐一・佐藤正宏・大塚正人・和田健太

    第69回 日本実験動物学会総会  2022年05月  -  2022年05月 

  • エミュー脂肪組織における新規遺伝子、NELT1

    輿石雄一・大久保 倫子・相馬幸作・下井 岳・亀山祐一・平山博樹・和田健太

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月  -  2021年12月 

  • 水晶体におけるPHLDB1アイソフォームの存在

    落合弘光・渡部 桂・松島芳文・清末優子・吉川欣亮・和田健太

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月  -  2021年12月 

  • ゲノム編集による雄優性的長毛マウスの作製

    高橋 諒・高橋 剛・下井 岳・亀山祐一・佐藤正宏・大塚正人・ 和田健太

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月  -  2021年12月 

全件表示 >>

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 自然豊かなオホーツクで一緒に有意義な時間を過ごしましょう。