2022/03/10 更新

写真b

矢島 新 (ヤジマ アラタ)

YAJIMA Arata

教授

ホームページ

https://yuukigousei.com/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    東京理科大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  修了

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    東京理科大学  理学研究科  化学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学 -  博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

    東京農業大学   生命科学部   分子生命化学科   教授  

  • 2017年04月
    -
    2018年09月

    東京農業大学   生命科学部   分子生命化学科   准教授  

  • 2009年10月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   醸造学専攻   准教授  

  • 2009年10月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   准教授  

  • 2003年04月
    -
    2009年09月

    東京農業大学   応用生物科学部   醸造科学科   講師  

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本農薬学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    American Chemical Society

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 特定化学物質等作業主任者

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 生物制御物質の合成研究

    矢島 新

      2000年03月

    学位論文(その他)   単著

    クマツヅラ科の植物の一種から単離されたグラム陽性菌に対する抗菌活性を有するセスキテルペン、担子菌の一種から単離された抗生物質であるincrustoporin、海綿の一種から単離されたプロテインキナーゼC阻害活性を有するpenazetidine A、イネの新規ジテルペンファイトアレキシンであるファイトカッサン類の4種の生物制御物質の合成と立体化学の決定を行った。
    A4版 全140頁

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and antifungal activity of the proposed structure of a volatile compound isolated from the edible mushroom Hypsizygus marmoreus

    Anh, N. T. N.; Miyaji, D.; Osaki-Oka, K.; Saito, T.; Ishihara, A.; Yajima, A.

    J. Pestcid. Sci.   47   17 - 21   2022年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ブナシメジの揮発性抗菌物質として報告されていたHTIの4種の立体異性体を合成し、抗菌活性を評価した。

    DOI

  • Practical synthesis of aromatic bisabolanes: Synthesis of 1,3,5-bisabolatrien-7-ol, peniciaculin A and B, and hydroxysydonic acid

    Yajima, A.; Shirakawa, I.; Shiotani, N.; Ueda, K.; Murakawa, H.; Saito, T.; Katsuta, R.; Ishigami, K.

    Tetrahedron   92   132253   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    芳香族ビサボラン型セスキテルペン類の効率的な合成法を開発し、1,3,5-bisabolatrien-7-ol、peniciaculin A and Bおよびhydroxysydonic acidのエナンチオ選択的合成を達成した。

    DOI

  • Identification of biosynthetic intermediates for the mating hormone α2 of the plant pathogen Phytophthora

    Ariyoshi, S.; Imazu, Y.; Ohguri, R.; Katsuta, R.; Yajima, A.; Shibata, T.; Ojika, M.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   85   1802 - 1808   2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    疫病菌の交配ホルモンα2の生合成中間体候補化合物を合成することで、生合成中間体の同定に成功した。

    DOI

  • Sulfoquinovosylglyceryl ether, a new group of ether lipids from lake ball-forming green alga Aegagropilopsis moravica (family Pithophoraceae)

    Oku, N.; Hasada, A.; Kimura, K.; Honoki, H.; Katsuta, R.; Yajima, A.; Nukada, T.; Ishigami, K.; Igarashi, Y.

    Chem. Asian J.   16   1493 - 1498   2021年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    タテヤママリモより新規エーテル型脂質であるSulfoquinovosylglyceryl etherを見いだし、その構造を決定した。

    DOI

  • Disproof of the proposed structures of bradyoxetin a putative Bradyrhizobium japonicum signaling molecule and HMCP, a putative Ralstonia solanacearum quorum-sensing molecule

    Yajima, A.; Katsuta, R.; Shimura, M.; Yoshihara, A.; Saito, T.; Ishigami, K.; Kai, K.

    J. Nat. Prod.   84   495 - 502   2021年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    根粒菌の信号物質とされていたbradyoxetinおよび青枯病菌のクオラムセンシング物質とされていたHMCPについて合成化学、計算化学を用いて構造決定に誤りがあることを指摘した。

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

    北原武, 石神健, 矢島新 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第2章から第7章pp10-96 )

    裳華房  2018年08月 ISBN: 978-4-7853-3425-3

    生物有機化学に関する総合的な教科書を執筆した。全14章中、炭水化物、脂肪酸と脂質、アミノ酸、ペプチド・タンパク質、酵素と反応、核酸、微量必須成分:ビタミン・ホルモンについて解説した
    B5版全197頁

  • マクマリー生物有機化学 有機化学編 原書8版

    菅原二三男, 倉持幸司 浪越通夫, 宮下和之, 矢島新 (担当: 共訳 , 担当範囲: 第4章pp130-159、第6章 pp182-217 )

    丸善出版  2018年01月 ISBN: 978-4-621-30241-5

    John McMurry著「Fundamentals of General, Organic, and Biological Chemistry (8th Edition)」における第4章「アルデヒドとケトン」および第6章「カルボン酸と誘導体」のカルボニル化合物の有機化学に関する部分、当該章の演習問題、解答の部分を翻訳した
    B5版全257頁

  • Sutudies in Natural Product Chemistry vol. 47

    Arata Yajima (担当: 単著 )

    Elsevier  2016年04月 ISBN: 978-0-444-63603-4

    微生物の信号物質であるアシルホモセリンラクトン類、 AI-2、CAI-1関連α-ヒドロキシケトン類, ComX フェロモン、diffusible signal factors (DSFs), diffusible extracellular factor (DF)、疫病菌交配ホルモンに関する単離構造決定、合成、などの化学と生合成、生物活性発現機構などの化学生物学の最近の進展を解説した。

  • マクマリー生物有機化学 有機化学編 第4版

    菅原二三男, 浪越通夫, 宮下和之, 矢島新 (担当: 共訳 , 担当範囲: 第5章、第6章 pp140-210 )

    丸善出版  2014年04月 ISBN: 978-4-621-08808-1

    John McMurry著「Fundamentals of General, Organic, and Biological Chemistry (7th Edition)」における第5章「アルデヒドとケトン」および第6章「カルボン酸と誘導体」のカルボニル化合物の有機化学に関する部分、当該章の演習問題、解答の部分を翻訳した
    B5版全210頁

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 天然テトラミン酸誘導体の全合成 構造の多様性と興味ある生物活性

    矢島新, 勝田亮, 額田恭郎

    化学と生物   55 ( 12 ) 795 - 797   2017年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    多様な構造を有するテトラミン酸類を合成する手法について、近年の研究の進展を解説した。ユニークな生物活性を有するテトラミン酸構造を有する化合物が数多く見いだされてきていることから,医薬,農薬への応用が期待される。

    DOI

  • Recent progress in the chemistry and chemical biology of microbial signaling molecules: quorum-sensing pheromones and microbial hormones

    Yajima, A.

    Tetrahedron Letters ( Elsevier )  55   2773 - 2780   2014年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    微生物の信号物質であるアシルホモセリンラクトン類、 AI-2、CAI-1関連α-ヒドロキシケトン類, ComX フェロモン、diffusible signal factors (DSFs), diffusible extracellular factor (DF)、疫病菌交配ホルモンに関する単離構造決定、合成、などの化学と生合成、生物活性発現機構などの化学生物学の最近の進展を解説した。

    DOI

  • Synthesis of microbial signaling molecules and their stereochemistry-activity relationships

    Arata Yajima

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry ( 日本農芸化学会 )  75 ( 8 ) 1418 - 1429   2011年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    微生物の信号物質であるアシルホモセリンラクトン類、 AI-2、CAI-1関連α-ヒドロキシケトン類, ComX フェロモン、diffusible signal factors (DSFs), diffusible extracellular factor (DF)、疫病菌交配ホルモンの合成研究や生合成、生物活性発現機構などの化学生物学的研究をはじめ、立体化学ー生物活性相関に着目しての最近の進展を解説した。

    DOI

  • 磁石でタンパク質を釣り上げる!

    矢島新

    月刊化学 ( 化学同人 )  65 ( 6 ) 63 - 64   2010年05月

    総説・解説(商業誌)   単著

    サリドマイドの催奇性の原因となる標的タンパク質を磁性ビーズを用いたアフィニティー精製により特定した研究について外接した。サリドマイドの標的タンパク質はセレブロンであり、セレブロンに結合しない化合物の設計により、催奇性のない次世代薬開発への応用が期待出来る

  • Synthesis and absolute configuration of hormone α1

    Arata Yajima, Yong Qin, Jianhua Qi

    Synform ( Thieme Chemisty )  ( 6 ) A71 - A72   2008年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    疫病菌Phytophthoraの交配ホルモンalpha1の不斉合成研究について解説した。alpha1は4つの不斉中心を有することから16種類の立体異性体が可能であるが、2つの不斉中心については改良Moscher法によって決定可能であった。そこで残る2つの不斉中心に関する4種の立体異性体を合成し、生物活性試験を行ったところ、ただ一つの立体異性体のみが生物活性を示したことから、天然物の絶対立体配置を決定した。

全件表示 >>

特許等 【 表示 / 非表示

  • 抗酸化活性を有する組成物の製造方法

    特願 2006-75571  特開 2006-265247 

    山崎雅夫, 松田友彦, 矢島新

    ササ又はタケの葉に含まれる抗酸化物質を探索したところ酢酸エチル可溶部から複数の抗酸化活性を有する化合物を得る方法を提供する。それらの構造はNMRスペクトル等の解析により明らかにするとともに、DPPHラジカル消去活性およびSOD様活性を測定した。

  • ルテオリン6-C-グルコシドの製造方法

    特願 2006-75574  特開 2006-265250 

    山崎雅夫, 松田友彦, 矢島新

    クマイザサSasa senanensisの葉に含まれる抗酸化物質を探索したところ酢酸エチル可溶部から3種のフラボノイドを単離した。それらの構造をNMRスペクトル等の解析により明らかにするとともに、DPPHラジカル消去活性およびSOD様活性を測定した結果luteolin 6-C-beta-D-glucosideが最も強い活性を示し、quercetinよりも強い活性を有することを明らかにした。

  • 新規フラボノイド化合物及びその製造方法並びにそれを有効成分とする抗酸化剤

    特願 2006-75573  特開 2006-265249 

    山崎雅夫, 松田友彦, 矢島新

    クマイザサSasa senanensisの葉に含まれる抗酸化物質を探索したところ酢酸エチル可溶部から3種のフラボノイドを単離した。それらの構造をNMRスペクトル等の解析により明らかにした。DPPHラジカル消去活性およびSOD様活性を測定した結果luteolin 6-C-beta-D-glucosideが最も強い活性を示し、quercetinよりも強い活性を有することを明らかにした。

  • トリシンの製造方法

    特願 2006-75572  特開 2006-265248 

    山崎雅夫, 松田友彦, 矢島新

    クマイザサSasa senanensisの葉に含まれる抗酸化物質を探索したところ酢酸エチル可溶部から3種のフラボノイドを単離した。それらの構造をNMRスペクトル等の解析により明らかにした。特に強い抗酸化活性を有するトリシンを得ることに成功し、ササ、タケなどの葉からトリシンを効率よく得る方法を開発した。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学奨励賞

    2010年03月   日本農芸化学会  

    受賞者:  矢島新

  • The 22nd Naito Conference Poster Award

    2008年09月    

    受賞者:  矢島 新

研究発表 【 表示 / 非表示

  • AD-mixを活用する光学活性アリルアルコール類の簡便な合成と天然物合成への応用

    矢島新, 浦尾翔太, 飯塚悠, 勝田亮, 額田恭郎

    日本農薬学会第42回大会 講演要旨集p109  (愛媛大学)  2017年03月  -  2017年03月 

    AD-mixを活用する光学活性アリルアルコール類の簡便な合成と天然物合成への応用について報告した

  • FE399の合成と立体化学に関する研究

    政田尚子, 勝田亮, 矢島新, 額田恭郎

    日本農芸化学会2017年度大会 講演要旨集 3C12p06  (京都女子大学)  2017年03月  -  2017年03月 

    FE399の合成と立体化学に関する研究について報告した

  • Oryzamide A及び類縁体の合成研究

    豊田麻実, 勝田亮, 矢島新, 額田恭郎

    日本農芸化学会2017年度大会 講演要旨集 3C12p05  (京都女子大学)  2017年03月  -  2017年03月 

    Oryzamide A及び類縁体の合成研究について報告した

  • 渦鞭毛藻から単離されたamphidinin類配糖体部位の合成研究

    曽根実奈美, 矢島新, 勝田亮, 額田恭郎

    日本農芸化学会2017年度大会  講演要旨集 3C12p04  (京都女子大学)  2017年03月  -  2017年03月 

    渦鞭毛藻から単離されたamphidinin類配糖体部位の合成研究について報告した

  • Ancorinoside類の合成研究

    大木千明, 矢島新, 勝田亮, 額田恭郎

    日本農芸化学会2017年度大会 講演要旨集 3C12p02  (京都女子大学)  2017年03月  -  2017年03月 

    Ancorinoside類の合成研究について報告した

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストティーチャー賞

    2019年06月    

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本農薬学会   日本農薬学会誌編集委員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    日本農芸化学会   関東支部幹事

  • 2013年04月
    -
    継続中

    日本農薬学会   農薬デザイン研究会常任委員

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    有機合成化学協会   有機合成化学協会誌編集委員

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 積極的に推進。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 化学って面白いよね!