2022/09/02 更新

写真b

木原 高治 (キハラ コウジ)

KIHARA Koji

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    愛媛大学  法学研究科  法学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年08月
    -
    2003年08月

    フィリピン大学ロスバニオス校経済経営学部アグリビジネス経営学科   客員研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農業経済学)

  • 愛媛大学 -  法学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際バイオビジネス学科   教授  

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部国際バイオビジネス学科   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部生物企業情報学科   助教授  

  • 2003年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   国際バイオビジネス学専攻   授業担当  

  • 1998年04月
    -
    2003年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部生物企業情報学科   講師  

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本経済会計学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    食料・農業・農村経済学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

  • 民事法学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 醸造経営論

  • 企業論

  • 企業法

学位論文 【 表示 / 非表示

  • アグリビジネス経営の組織化・法人化における法制度上の問題点に関する基礎的研究

    木原 高治

    東京農業大学博士(農業経済学)学位論文    2002年10月

    学位論文(その他)   単著

    新基本法や農地法の改正を受けて、農業経営の複合アグリビジネス経営化を基礎にした企業化が進んでいるが、本研究では従前より研究される事のなかった企業法的な視点から、農業経営を中心としたアグリビジネス経営の組織化・法人化に関して、組織と法人制度に関する基礎理論研究とともに小規模株式会社と協同組合に関する具体的な問題を俎上に載せ、法制度上の問題点を論じた。

  • 「小規模株式会社における計算書類公開制度に関する研究」

    木原 高治

    愛媛大学大学院法学 研究科    1991年03月

    学位論文(その他)   単著

    小規模株式会社における計算書類公開制度について、外国法との比較を通して、わが商法の不備を指摘した。そして、会社制度の国際的統一化傾向の中で、いかに小規模であっても社員の有限責任制度が認められる物的会社は、計算書類を公開し、会社債権者等に対してその責任を果たす必要のあることを論じた。
    (法学修士・学位論文) A4版全頁数 105p

論文 【 表示 / 非表示

  • フィリピン会社法の基本構造と株式会社制度の特色

    木原高治

    経営学論集   82   190 - 191   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    フィリピン会社法と株式会社制度の基本構造を企業統治の視点から整理し、フィリピン独自の財閥型企業体制と法整備に対峙したエンフォースメント力の欠如を問題点として指摘した。

  • フィリピンにおける企業統治制度の概要と課題

    木原高治

    東京農業大学農学集報   57 ( 1 ) 25 - 40   2012年06月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    フィリピンの企業統治制度の概要について関連法制度の具体的内容の検討を通して行うとともに、その問題点について法学および経営学的な点から論じた。

  • フィリピンにおける企業支配構造と企業統治問題―財閥制度の検討を中心に―

    木原高治

    東京農業大学農学集報   57 ( 1 ) 41 - 56   2012年06月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    フィリピンにおける企業統治問題を、財閥制度を中心とした企業支配構造の面から実証的に分析するとともに、企業統治制度の持つ社会的な機能についても触れた。

  • 酒造業と地域社会のかかわり

    木原高治

    都市問題   103 ( 1 ) 80 - 87   2012年01月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    酒造業と地域社会の関係を事例を踏まえて検討し、地域社会における酒造業の存立意義を整理した。

  • いわゆる原始一人会社に関する一考察ーフィリピン会社法における発起人の員数及び資格要件に関する規定を手がかりにしてー

    木原高治

    東京農業大学農学集報   56 ( 2 ) 135 - 148   2011年09月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    原始一人会社に関する問題についてフィリピン会社法を手がかりに検討した。先進国では原始一人会社に関して寛容であるが、フィリピンでは外資導入との関係もあり慎重な規定が置かれているが、それは会社法原則からみた場合に至極当然のものであり、規制緩和化が続くわが国の会社法規制上においても非常に参考になるものである。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • バイオビジネス19 守りと攻めのベストバランス経営

    寺野梨香・木原高治 (担当: 共著 )

    清水書院  2022年03月

  • バイオビジネス15 地域企業による商品開発とブランド形成

    畑中勝守・新部昭夫・木原高治編 (担当: 編者 )

    世音社  2018年03月

  • バイオビジネス16 地域を担うリーディング企業の軌跡

    鈴村源太郎・山田崇裕・木原高治編著 (担当: 共著 )

    世音社  2018年03月

  • バイオビジネス14 海外のビジネス事情と課題

    畑中勝守・新部昭夫・木原高治編著 (担当: 共編者 , 担当範囲: 第1章 )

    家の光協会  2016年03月 ISBN: 978-4-259-51862-2

    青果物流通企業の経営事例を取り上げ、その特色をイノベーション論を軸にして論じた。

  • バイオビジネス13 新世代日本的経営の確立に向けて

    大野雄太・平尾正之・木原高治著 (担当: 共著 )

    家の光協会  2015年03月

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • ブックレビュー 「図解でよくわかる発酵の基本」

    木原高治

    食農と環境   ( 26 ) 88 - 88   2020年11月

    書評,文献紹介等   単著

  • 「平成10酒造年度 関東信越地区清酒製造業賃金実態調査」

    木原 高治

    関信越清酒協議会発行     1999年11月

    総説・解説(その他)   単著

    平成10酒造年度における関信越地区の清酒製造業における酒造労務賃金データを分析し、調査結果を整理するとともに、今後の酒造労務並びに経営上の課題についてコメントを付した。

  • 「平成9酒造年度 関東信越地区清酒製造業賃金実態調査」

    木原 高治

    関信越清酒協議会発行     1998年11月

    総説・解説(その他)   単著

    平成9年度における関信越地区の清酒製造企業の酒造労務賃金データを分析し、調査結果を整理するとともに今後の酒造労務のあり方について若干のコメントを付した。 B5版全頁数 75p

  • 「平成8酒造年度 関東信越地区清酒製造業賃金実態調査」

    木原 高治

    関信越清酒協議会発行     1997年11月

    総説・解説(その他)   単著

    平成8年度における関信越地区の清酒製造企業の酒造労務賃金データを分析し、調査結果を整理するとともに今後の酒造労務のあり方について若干のコメントを付した。木原高治 B5版全頁数 75p

  • 「小規模株式会社の計算書類公開制度に関する一考察」

    木原 高治

    醸造研究平成8年版 (社団法人東京農業大学醸造振興会発行)     1997年05月

    総説・解説(その他)   単著

    これまでに発表した小規模株式会社の計算書類公開規制に関する論文の要約を取りまとめた。
    pp.23-26

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • フィリピン会社法の基本構造と株式会社制度の特色

    木原高治

    日本経営学会第85回大会  (甲南大学)  2011年09月  -  2011年09月  日本経営学会

    フィリピン会社法の基本構造と株式会社制度の特色について、企業法学及び経営学の地検を基礎にして、企業統治論の視点から整理した(『日本経営学会第85回大会報告要旨集』pp.239-243)。

  • 現代株式会社の新動向と課題をめぐって(その2)

    木原高治

    日本経営学会関東部会  (立教大学)  2010年12月  -  2010年12月  日本経営学会関東部会

    フィリピンにおける株式会社制度の概要およびコーポレートガバナンスの概要について、わが国との比較を通して報告した。

  • 地方における産業経済と企業経営

    木原高治

    日本経営学会第84回大会  (石巻専修大学)  2010年09月  -  2010年09月  日本経営学会

    清酒製造業の取り組みを事例にして、地域経済を支える地方企業の役割を明らかにした(『日本経営学会第84回大会報告要旨集』pp.87-90)。

  • 現代企業の基本構造に関する一考察-組織と法人制度の視点から-

    木原 高治

    日本経営分析学会第20回秋季大会予稿集(立教大学)  2004年09月  -  2004年09月 

    現代企業の基本構造を、組織の視点と法人制度の視点から、それぞれの持つ機能とその連関について主として経営学と法律学の視点から学際的に整理した。
    pp.13-18

  • フィリピン会社法の基本構造と計算書類公開制度

    木原 高治

    日本経営ディスクロージャー研究学会第1回大会(駒沢大学)  2001年12月  -  2001年12月 

    これまで十分に紹介されることのなかったフィリピン会社法の基本構造を解説するとともに、我が国の商法規定と比較して特徴的な計算書類公開制度について債権者保護の視点から論じた。

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
     
     

    日本協同組合学会   第41回大会実行委員長

  • 2021年09月
    -
    2022年09月

    食料・農業・農村経済学会   学会誌編集委員長

  • 2014年05月
    -
    継続中

    ビジネスクリエーター学会   評議員

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 企業法・企業論を中心とした基礎理論の研究を土台にして、産業活動、特に企業経営を支え、国民経済を豊かにするようにしていきたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 進学に際しては、偏差値などにこだわらず、自分のやりたいことができるかどうかで進学先を選んでください。また、高校時代の得意科目は進路決定の際の大きな要素となりますが、高校までは様々なことに広く興味を持っていることが大切だと思います。大学入学後は、自分で学び、自分で考え、自分で判断する能力を身につけてほしいと思います。