2022/11/02 更新

写真b

日田 安寿美 (ヒダ アズミ)

HIDA Azumi

教授

職名

教授

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   医学系研究科   分子細胞生物学専攻   博士課程   修了

    1997年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2001年03月   東京大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   講師

    2007年04月 - 2013年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   准教授

    2013年04月 - 2018年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   教授

    2018年04月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会

    1993年04月 - 現在

  • 日本栄養士会

    1994年04月 - 現在

  • 日本栄養改善学会

    1994年04月 - 現在

  • 日本食育学会

    2007年04月 - 現在

  • 日本体力医学会

    2009年04月 - 現在

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 生理学

  • その他 / その他  / 保健栄養学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 健康増進のための栄養疫学

  • スポーツ栄養学

論文 【 表示 / 非表示

  • High adherence to the food pyramid’s recommendations avoids the risk of insufficient nutrient intake among farmers in peri-urban Kenya 査読あり 国際共著 国際誌

    Kishino M, Hida A, Hara K, Mungai DN, Opiyo RO, Matsuda H, Tada Y, I-Takata K, Irie K and Morimoto Y

    Nutrients   13   4470   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Association between sugar and starch intakes and type 2 diabetes risk in middle-aged adults in a prospective cohort study. 査読あり 国際誌

    Rieko Kanehara, Atsushi Goto, Norie Sawada, Tetsuya Mizoue, Mitsuhiko Noda, Azumi Hida, Motoki Iwasaki, Shoichiro Tsugane

    European Journal of Clinical Nutrition   online   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 食品摂取の多様性向上を目的とした10食品群の摂取チェック表『食べポチェック表』の効果に関する検討 査読あり

    秦 俊貴, 清野 諭, 遠峰 結衣, 横山 友里, 西 真理子, 成田 美紀, 日田 安寿美, 新開 省二, 北村 明彦

    日本公衆衛生雑誌   68 ( 7 )   477 - 492   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    <p><b>目的</b> 本研究の目的は,食品摂取の多様性を向上させるための10食品群の摂取チェック表(以下,食べポチェック表)について,使用した効果を明らかにする。</p><p><b>方法</b> 東京都大田区において実施した2016年と2018年の郵送調査に応答した65-84歳の8,635人を対象とした。2017年7月より大田区において,協力の得られたスーパーマーケットなどの機関に設置する等の方法で普及させた食べポチェック表について,2018年にチェック経験を尋ね,「習慣的にチェックしている」,「チェックしたことがある」と回答した者をチェック経験あり群に分類した。2016年の人口統計学的変数,社会経済的変数,身体的変数,医学的変数,生活習慣関連変数および食品摂取多様性スコア(DVS)の計37の共変量から傾向スコアを算出し,チェック経験あり群となし群の比を1:1としてマッチングし,2年間のDVSの変化をチェック経験あり群となし群各876人について二元配置分散分析を用いて比較した。また,2018年のDVS 3点以下および7点以上を従属変数として,チェック経験なし群に対するあり群の多変量調整済みオッズ比(OR)を多変量調整ロジスティック回帰分析にて算出した。</p><p><b>結果</b> 2018年に食べポチェック表のチェック経験があると回答した者の割合は11.9%であった。マッチング後のチェック経験あり群となし群のDVSの平均値±標準偏差は,2016年ではそれぞれ3.9±2.2点,3.9±2.3点,2018年ではそれぞれ4.5±2.4点,4.1±2.4点であり,チェック経験と時間による有意な交互作用が認められた(<i>P</i><0.001)。2018年でのチェック経験あり群となし群のDVS 3点以下割合は,それぞれ35.2%,43.8%であり,DVS 7点以上割合は,それぞれ21.7%,16.8%であった。チェック経験なし群に対するあり群の2018年のDVS 3点以下のOR(95%信頼区間)は0.68(0.56-0.83)であり,2018年のDVS 7点以上のOR(95%CI)は1.40(1.10-1.78)であった。</p><p><b>結論</b> 食べポチェック表の普及とその活用により,高齢者の食品摂取の多様性が向上した可能性が示された。ただし,チェック表を使用した場合でも,欠食や社会的孤立,社会参加がないこと,およびフレイル傾向がある場合は食品摂取の多様性は向上しにくいことが示唆された。</p>

    DOI: 10.11236/jph.20-125

    PubMed

    CiNii Articles

    researchmap

  • Breakfast before resistance exercise lessens urinary markers of muscle protein breakdown in young men: a crossover trial 査読あり 国際誌

    Yasuda J, Gomi T, Kotemori A, Yokoyama Y, Yoshizaki T, Hida A, Tada Y, Katsumata Y, Kawano Y

    Nutrition   83   1 - 7   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 女子高校生における便秘発現状況と生活習慣要因との関連 査読あり

    秦 俊貴, 杉本 真悠, 渡辺 愛梨沙, 三浦 里佳子, 柳瀬 彰良, 多田 由紀, 日田 安寿美, 佐藤 恭子, 川野 因

    日本食育学会誌   14 ( 2 )   89 - 99   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本食育学会  

    女子高校生における便秘発現状況と生活習慣要因との関連を検討し、便秘の発現には緊張-不安得点、朝食を毎日食べること、10 回以上噛むこと、食品摂取多様性得点が有意な関連因子となることを示した。

    DOI: 10.14986/shokuiku.14.89

    CiNii Articles

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 知る!わかる!身につく!公衆栄養学(第二版)

    逸見幾代(編著)、高橋東生、日田安寿美、犬伏知子、原島恵美子、野原潤子、田中弘之、今井久美子、伊藤龍生、横山佳子、辻本洋子( 担当: 単著)

    同文書院  2020年03月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 公衆栄養学 : 知る!わかる!身につく!!

    逸見 幾代, 高橋 東生, 日田 安寿美, 犬伏 知子, 原島 恵美子, 野原 潤子, 田中 弘之, 今井 久美子, 伊藤 龍生, 横山 佳子, 辻本 洋子( 担当: 分担執筆)

    同文書院  2020年  ( ISBN:9784810315004

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

  • コンパクト公衆栄養学 第3版

    梶本雅俊, 川野因, 石原淳子 編 石原淳子,梶本雅俊,久喜美知子,五関正江、佐野喜子、鈴木礼子、日田安寿美、他9名( 担当: 共著 ,  範囲: 2章BCD 健康・栄養問題の現状と課題 p15-29)

    朝倉書店  2016年04月  ( ISBN:978-4-254-61059-8

     詳細を見る

    担当ページ:15-29   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    食事・食生活・食環境の変化における現状と課題について示した。

  • 知る!わかる!身につく!公衆栄養学

    逸見幾代 編 日田安寿美,横山佳子,吉川賢太郎,野間義明,橋本加代,端井しげみ( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 p27-54)

    株式会社同文書院  2012年04月  ( ISBN:978-4-8103-1406-9

     詳細を見る

    担当ページ:27-54   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    わが国における公衆栄養学活動と近年における健康・栄養問題について示した。

  • 「栄養管理と生命科学シリーズ」公衆栄養の科学 -記入式ノートつき-

    大和田浩子,中山健夫 編 赤松利恵,泉谷和子,今枝奈保美,今中美栄,大和田浩子,金谷由希,日田安寿美,他13名 (多田由紀先生との共著)( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章 第7章 p150-163)

    理工図書株式会社  2012年04月  ( ISBN:978-4-8446-0790-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    公衆栄養学のマネジメント,アセスメントについて示した。

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Significance of checklists for improving the quality of studies of health enhancement interventions: Evidence grading and various study designs of epidemiological and clinical studies 招待あり 査読あり

    Kamioka H, Shiozawa N, Shiojima H, Hida A, Tada Y, Kawano Y

    Int J Sport Sci Phys Edu   2 ( 1 )   1 - 6   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ゴールデンハムスターのハーダー腺における分枝鎖脂肪酸の生合成の調節とアンドロジェン受容体の誘導

    内島泰信、脊山洋右

    39   1997年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本脂質生化学研究会  

    ゴールデンハムスターのハーダー腺脂質組成には顕著な雌雄差がみられる。この違いは分岐鎖アシル-CoA脱水素酵素の活性の違いに起因する。この酵素はアンドロジェン依存的に活性化されることから、免疫組織化学解析を行ったところ、アンドロジェン受容体を介した応答であることが明らかとなった。

  • アンドロゲンのisovaleryl-CoA dehydrogenase 活性に及ぼす影響の非侵襲的測定

    内島泰信、脊山洋右

    38   1996年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本脂質生化学研究会  

    ゴールデンハムスターではハーダー腺の分泌脂質組成に雌雄差がみられる。雌では奇数のイソ型分岐鎖脂肪酸が多量に存在することから分岐鎖アミノ酸に着目し、[14C]ロイシンの投与実験を行った。雌では奇数の分岐鎖脂肪酸に、雄では直鎖脂肪酸にRIの取り込みがみられた。分岐鎖の分解に関わるイソバレリル-CoA脱水素酵素の活性はアンドロジェンにより誘導されることを明らかにした。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 減塩している若者の食塩摂取量と食習慣の傾向 国際会議

    日田安寿美、重富陽菜、多田由紀、川野因

    第71回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年05月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • The relationship among hemoglobin level, body mass index, and diet in high school students 国際会議

    Hida A, Yoshizaki T, Sunami A, Yokoyama Y, Tada Y, Kawano Y

    17th International Congress of Dietetics Granada Spain 2016  2016年09月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年09月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Relationship between bone density and lifestyle factors among community-dwelling elderly: the Kosuge cross-sectional study 国際会議

    Azumi Hida, Keiko Mori, Takashi Kinoshita, Shinji Miyoshi, Takahiro Yoshizaki, Ayaka Sunami, Yuri, Yokoyama, Nobue Nagasawa, Hiroharu Kamioka, Yuki Tada, Yukari Kawano

    International Congress of Dietetics  2012年09月  International Congress of Dietetics

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年09月 - 2102年09月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sydney  

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 公衆栄養学

    機関名:東京農業大学

  • 公衆栄養学実習

    機関名:東京農業大学

  • 栄養教育実習

    機関名:東京農業大学

  • 食育コース

    機関名:東京農業大学応用生物科学部

  • 保健栄養学特論

    機関名:東京農業大学大学院

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 全国栄養士養成施設協会表彰

    2020年11月   全国栄養士養成施設協会  

    受賞者: 日田 安寿美

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会   関東支部会参与  

    2021年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本食育学会   事務局長、常務理事  

    2019年06月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本食育学会   常務理事  

    2017年06月 - 2019年05月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本栄養士会   東京都栄養士会,教育・研究部会,役員  

    2010年04月 - 2012年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第60回全国大学保健管理研究集会 教育講演

    役割:講師

    全国大学保健管理協会  第60回全国大学保健管理研究集会  神奈川県民ホール  2022年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 学術団体

    種別:講演会

    大学生の肥満とやせに関する最近の傾向と、彼らに対する食育、および最近の知見について解説した。

  • 所沢市保健センター特別講演

    役割:講師

    所沢市保健センター  健康講座  2022年03月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 府中市保健計画・食育推進計画推進協議会 副委員長

    役割:パネル司会・セッションチェア等, 監修

    府中市  2022年04月 - 現在

  • 世田谷区食育推進会議委員

    世田谷区  2021年04月 - 現在

  • 西多摩圏域 栄養・食生活ネットワーク会議委員長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    東京都西多摩保健所生活環境安全課  2020年04月 - 現在

  • 世田谷区地域の食環境づくり推進部会委員(2022年から議長)

    世田谷区健康推進課  2019年04月 - 現在

  • 世田谷区砧地域健康づくり推進連絡会 委員

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    世田谷区砧総合支所保健福祉センター健康づくり課  2019年04月 - 現在

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 大いに進めるべきと考えます。得られた結果は社会の財産として還元し,基礎分野,応用分野ともに大いに活用すべきと思います。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 時代のニーズをいち早く捉え,各課題に積極的に取り組む姿勢が大切です。