2022/12/14 更新

写真b

田中 尚人 (タナカ ナオト)

Naoto Tanaka

教授

職名

教授

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士後期課程   修了

    1998年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士前期課程   修了

    1996年04月 - 1998年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農芸化学) ( 2001年03月   東京農業大学 )

  • 修士(農芸化学) ( 1998年03月   東京農業大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   副手

    2001年04月 - 2001年06月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   菌株保存室   講師

    2007年04月 - 2010年09月

  • 東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   講師

    2009年04月 - 2010年09月

  • 東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   准教授

    2010年10月 - 2013年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   准教授

    2010年10月 - 2015年03月

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 微生物

論文 【 表示 / 非表示

  • Antagonism of Bacillus velezensis Isolate from Anaerobically Digested Dairy Slurry against Fusarium Wilt of Spinach 査読あり

    Tomomi Sugiyama, Keiko T. Natsuaki, Naoto Tanaka, Yuh Shiwa, and Mami Irie

    Agronomy   12   1058   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/agronomy12051058

  • Identification and structural characterisation of a catecholate-type siderophore produced by Stenotrophomonas maltophilia K279a 査読あり 国際誌

    Atsushi Hisatomi, Yuh Shiwa, Nobuyuki Fujita, Hiroyuki Koshino, Naoto Tanaka

    Microbiology   167 ( 7 )   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/mic.0.001071

  • Transcriptome profile of carbon catabolite repression in an efficient l-(+)-lactic acid-producing bacterium Enterococcus mundtii QU25 grown in media with combinations of cellobiose, xylose, and glucose 査読あり 国際誌

    Yuh Shiwa, Haruko Fujiwara, Mao Numaguchi, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Keisuke Nabeta, Yu Kanesaki, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Naoto Tanaka, Nobuyuki Fujita, Hirofumi Yoshikawa, Kenji Sonomoto, Mariko Shimizu-Kadota

    PLOS ONE   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0242070

  • Rhizobium dioscoreae sp. nov., a plant growth-promoting bacterium isolated from yam (Dioscorea species) 査読あり 国際誌

    Michel Ouyabe1, Naoto Tanaka2, Yuh Shiwa, Nobuyuki Fujita, Hidehiko Kikuno, Pachakkil Babil1 and Hironobu Shiwachi

    Int. J. Syst. Evol. Microibol   70 ( 9 )   5054 - 5062   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology Society  

    <jats:p>This study investigated endophytic nitrogen-fixing bacteria isolated from two species of yam (water yam, <jats:italic>Dioscorea alata</jats:italic> L.; lesser yam, <jats:italic>Dioscorea esculenta</jats:italic> L.) grown in nutrient-poor alkaline soil conditions on Miyako Island, Okinawa, Japan. Two bacterial strains of the genus <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="genus">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1279" xlink:type="simple">Rhizobium</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic>, S-93<jats:sup>T</jats:sup> and S-62, were isolated. The phylogenetic tree, based on the almost-complete 16S rRNA gene sequences (1476 bp for each strain), placed them in a distinct clade, with <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.13566" xlink:type="simple">Rhizobium miluonense</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> CCBAU 41251<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1287" xlink:type="simple">Rhizobium hainanense</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> I66<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.13567" xlink:type="simple">Rhizobium multihospitium</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> HAMBI 2975<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.24765" xlink:type="simple">Rhizobium freirei</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> PRF 81<jats:sup>T</jats:sup> and <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1306" xlink:type="simple">Rhizobium tropici</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> CIAT 899<jats:sup>T</jats:sup> being their closest species. Their bacterial fatty acid profile, with major components of C<jats:sub>19 : 0</jats:sub> cyclo <jats:italic>ω</jats:italic>8<jats:italic>c</jats:italic> and summed feature 8, as well as other phenotypic characteristics and DNA G+C content (59.65 mol%) indicated that the novel strains belong to the genus <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="genus">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1279" xlink:type="simple">Rhizobium</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic>. Pairwise average nucleotide identity analyses separated the novel strains from their most closely related species with similarity values of 90.5, 88.9, 88.5, 84.5 and 84.4 % for <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.13567" xlink:type="simple">R. multihospitium</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> HAMBI 2975<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1306" xlink:type="simple">R. tropici</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> CIAT 899<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.1287" xlink:type="simple">R. hainanense</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> CCBAU 57015<jats:sup>T</jats:sup>, <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.13566" xlink:type="simple">R. miluonense</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> HAMBI 2971<jats:sup>T</jats:sup> and <jats:italic>
    <jats:named-content content-type="species">
    <jats:ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="http://doi.org/10.1601/nm.24765" xlink:type="simple">R. freirei</jats:ext-link>
    </jats:named-content>
    </jats:italic> PRF 81<jats:sup>T</jats:sup>, respectively; digital DNA–DNA hybridization values were in the range of 26–42 %. Considering the phenotypic characteristics as well as the genomic data, it is suggested that strains S-93<jats:sup>T</jats:sup> and S-62 represent a new species, for which the name <jats:italic>Rhizobium dioscoreae</jats:italic> is proposed. The type strain is S-93<jats:sup>T</jats:sup> (=NRIC 0988<jats:sup>T</jats:sup>=NBRC 114257<jats:sup>T</jats:sup>=DSM 110498<jats:sup>T</jats:sup>).</jats:p>

    DOI: 10.1099/ijsem.0.004381

  • Response of Upland Rice (Oryza sativa L.) Inoculated with Non‐Native Plant Growth‐Promoting Bacteria 査読あり 国際誌

    Michel Ouyabe, Kenji Irie, Naoto Tanaka, Hidehiko Kikuno, Babil Pachakkil and Hironobu Shiwachi

    Agronomy   10 ( 6 )   903   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/agronomy10060903

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 乳酸菌を分離するための基本 招待あり 査読あり

    田中尚人

    日本乳酸菌学会誌   30 ( 1 )   3 - 7   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ユーザーの求める機能性乳酸菌株のオンライン選抜システムの開発

    田中尚人,宮崎智,鈴木智典,冨田理,梶川揚申,内野昌孝,五十君靜信,岡田早苗

    日本微生物資源学会誌   33 ( 1 )   31 - 37   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • デルブレッキー菌は変な乳酸菌

    田中尚人

    生物工学会会誌   95 ( 4 )   207   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • これからのハラール研究

    阿部尚樹、内野昌孝、野口治子、田中尚人、岡大貴

    食品機械装置   2016年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ヒトの暮らしに貢献する乳酸菌 その3

    田中 尚人

    醤油の研究と技術   41 ( 5 )   317 - 320   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:一般財団法人日本醤油技術センター  

    乳酸菌の性質がヒトの生活にどのようにリンクしているか、代謝産物であればエコールやバニリンなどの酸化還元物質の影響、菌体であれば免疫調節作用が実際にどのように作用しているか概要を説明し、発酵については微生物間の生存競争のために必要な環境の酸性化が関わっているなどそれぞれ具体的な例を挙げながら微生物学的視点からの考察を加えて解説した。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 発酵食品由来微生物の分類学的研究

    2014年09月 - 2017年03月

    独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究  国内共同研究

     詳細を見る

    国内外発酵食品由来乳酸菌の系統分布の解析および新種提唱

  • 新規機能性乳酸菌資源開発の共同事業

    2011年08月 - 2014年03月

    独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究  国内共同研究

     詳細を見る

    モンゴルの乳酸菌の分離及び系統解析による系統的分布と応用利用のための性状解析

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Stenotrophomonas maltophilia 基準株と biovar2 群の再分類のための比較ゲノム解析 国際会議

    小川 泰地、久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環境試料へのシデロフォア添加によるバイオフィルム形成および構成菌種の特性 国際会議

    久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 比較ゲノムによる Cutaneotrichosporon cavernicola の交配型遺伝子座の解析 国際会議

    栢森 綺音、青木 敬太、志波 優、藤田 信之、杉田 隆、高島 昌子、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生分解性プラスチックの河川微生物叢への影響 国際会議

    田中 尚人、門屋 亨介、石井 大輔、藤田 信之、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微生物群集解析による生分解性プラスチックの河川への影響 国際会議

    門屋 亨介、田中 尚人、藤田 信之、石井 大輔、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本微生物資源学会   理事(会計)  

    2014年09月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本微生物資源学会   理事(編集副委員長)  

    2009年04月 - 2014年08月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本微生物系統分類研究会   理事(会計)  

    2008年01月 - 2015年03月