2022/04/29 更新

写真b

田中 尚人 (タナカ ナオト)

Naoto Tanaka

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    東京農業大学  農学研究科  農芸化学専攻  博士後期課程  修了

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    東京農業大学  農学研究科  農芸化学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農芸化学)

  • 東京農業大学 -  修士(農芸化学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生命科学部   分子微生物学科   教授  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   醸造学専攻   教授  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   教授  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   教授  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   准教授  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 微生物

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 「Arthrobacter 属細菌のcystites形成について (博士論文)」

    田中 尚人

    東京農業大学    2001年03月

    学位論文(その他)   単著

    Arthrobacter ureafaciens NRIC 0157 が栄養的ストレスに加えて、テトラサイクリンなどタンパク合成阻害抗生物質によっても cystites を形成する現象を明らかにした。そして、通常の細胞と cystites の状態の細胞構造を電子顕微鏡観察および成分分析により比較したところ、細胞壁成分のペプチドグリカン合成が遅延することで細胞壁が薄くなり細胞内容物の物理的圧力に耐えられず膨らんだ異常細胞であることが推定された。
    系統的に cystites を形成するのは Arthrobacter 属の中でも A. globiformis group に含まれる種のみで、他属においてもそのような形成は見られない。また、形成条件の栄養ストレスはかなり生育に厳しい条件である。
    しかし、形成条件で分離を行うと、cystites 形成能を有する Arthrobacter 属細菌が高頻度で得られることも報告した。

  • 「Arthrobacter 属細菌のcystites形成に関する研究 (修士論文)」

    田中 尚人

    東京農業大学    1998年03月

    学位論文(その他)   単著

    Arthrobacter 属細菌は生活環で多型性を示すが、長期培養などにより偶発的に数倍の大きさの細胞の cystites といわれる状態になることが知られていた。本研究では窒素源とミネラルのアンバランスによる栄養的ストレスがその cystites 形成を誘導することを明らかにし、形成率を100%にすることを可能とした。また、本属の中でも細胞壁ペプチドグリカン組成が A3αタイプのみが形成し、進化系統的関係を反映した現象であることを明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Antagonism of Bacillus velezensis Isolate from Anaerobically Digested Dairy Slurry against Fusarium Wilt of Spinach

    Tomomi Sugiyama, Keiko T. Natsuaki, Naoto Tanaka, Yuh Shiwa, and Mami Irie

    Agronomy   12   1058   2022年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Identification and structural characterisation of a catecholate-type siderophore produced by Stenotrophomonas maltophilia K279a

    Atsushi Hisatomi, Yuh Shiwa, Nobuyuki Fujita, Hiroyuki Koshino, Naoto Tanaka

    Microbiology   167 ( 7 )   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Transcriptome profile of carbon catabolite repression in an efficient l-(+)-lactic acid-producing bacterium Enterococcus mundtii QU25 grown in media with combinations of cellobiose, xylose, and glucose

    Yuh Shiwa, Haruko Fujiwara, Mao Numaguchi, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Keisuke Nabeta, Yu Kanesaki, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Naoto Tanaka, Nobuyuki Fujita, Hirofumi Yoshikawa, Kenji Sonomoto, Mariko Shimizu-Kadota

    PLOS ONE     2020年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Rhizobium dioscoreae sp. nov., a plant growth-promoting bacterium isolated from yam (Dioscorea species)

    Michel Ouyabe1, Naoto Tanaka2, Yuh Shiwa, Nobuyuki Fujita, Hidehiko Kikuno, Pachakkil Babil1 and Hironobu Shiwachi

    Int. J. Syst. Evol. Microibol   70 ( 9 ) 5054 - 5062   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Response of Upland Rice (Oryza sativa L.) Inoculated with Non‐Native Plant Growth‐Promoting Bacteria

    Michel Ouyabe, Kenji Irie, Naoto Tanaka, Hidehiko Kikuno, Babil Pachakkil and Hironobu Shiwachi

    Agronomy   10 ( 6 ) 903   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 乳酸菌を分離するための基本

    田中尚人

    日本乳酸菌学会誌   30 ( 1 ) 3 - 7   2019年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ユーザーの求める機能性乳酸菌株のオンライン選抜システムの開発

    田中尚人,宮崎智,鈴木智典,冨田理,梶川揚申,内野昌孝,五十君靜信,岡田早苗

    日本微生物資源学会誌   33 ( 1 ) 31 - 37   2017年06月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著

  • デルブレッキー菌は変な乳酸菌

    田中尚人

    生物工学会会誌   95 ( 4 ) 207   2017年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • これからのハラール研究

    阿部尚樹、内野昌孝、野口治子、田中尚人、岡大貴

    食品機械装置     2016年05月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ヒトの暮らしに貢献する乳酸菌 その3

    田中 尚人

    醤油の研究と技術 ( 一般財団法人日本醤油技術センター )  41 ( 5 ) 317 - 320   2015年09月

    総説・解説(商業誌)   単著

    乳酸菌の性質がヒトの生活にどのようにリンクしているか、代謝産物であればエコールやバニリンなどの酸化還元物質の影響、菌体であれば免疫調節作用が実際にどのように作用しているか概要を説明し、発酵については微生物間の生存競争のために必要な環境の酸性化が関わっているなどそれぞれ具体的な例を挙げながら微生物学的視点からの考察を加えて解説した。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 発酵食品由来微生物の分類学的研究

    提供機関:  独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究

    研究期間:  2014年09月  -  2017年03月 

    国内外発酵食品由来乳酸菌の系統分布の解析および新種提唱

  • 新規機能性乳酸菌資源開発の共同事業

    提供機関:  独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究

    研究期間:  2011年08月  -  2014年03月 

    モンゴルの乳酸菌の分離及び系統解析による系統的分布と応用利用のための性状解析

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Stenotrophomonas maltophilia 基準株と biovar2 群の再分類のための比較ゲノム解析

    小川 泰地、久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月  -  2022年03月 

  • 環境試料へのシデロフォア添加によるバイオフィルム形成および構成菌種の特性

    久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月  -  2022年03月 

  • 比較ゲノムによる Cutaneotrichosporon cavernicola の交配型遺伝子座の解析

    栢森 綺音、青木 敬太、志波 優、藤田 信之、杉田 隆、高島 昌子、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月  -  2022年03月 

  • 生分解性プラスチックの河川微生物叢への影響

    田中 尚人、門屋 亨介、石井 大輔、藤田 信之、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月  -  2019年03月 

  • 微生物群集解析による生分解性プラスチックの河川への影響

    門屋 亨介、田中 尚人、藤田 信之、石井 大輔、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月  -  2019年03月 

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    継続中

    日本微生物資源学会   理事(会計)

  • 2009年04月
    -
    2014年08月

    日本微生物資源学会   理事(編集副委員長)

  • 2008年01月
    -
    2015年03月

    日本微生物系統分類研究会   理事(会計)