2023/10/19 更新

写真b

田中 尚人 (タナカ ナオト)

Naoto Tanaka

教授

職名

教授

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士後期課程   修了

    1998年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士前期課程   修了

    1996年04月 - 1998年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農芸化学) ( 2001年03月   東京農業大学 )

  • 修士(農芸化学) ( 1998年03月   東京農業大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   副手

    2001年04月 - 2001年06月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   菌株保存室   講師

    2007年04月 - 2010年09月

  • 東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   講師

    2009年04月 - 2010年09月

  • 東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   准教授

    2010年10月 - 2013年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   准教授

    2010年10月 - 2015年03月

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 微生物

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization and genomic analysis of Fererhizobium litorale gen. nov., sp. nov., isolated from the sandy sediments of the Sea of Japan seashore. 査読あり 国際共著 国際誌

    Lyudmila Romanenko, Nadezhda Otstavnykh, Naoto Tanaka, Valeriya Kurilenko, Vasily Svetashev, Liudmila Tekutyeva, Valery Mikhailov, Marina Isaeva

    Microorganisms   11   2385   2023年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI journals  

    DOI: 10.3390/microorganisms11102385

  • Hyphal growth in Trichosporon asahii is accelerated by the addition of magnesium 査読あり 国際誌

    Keita Aoki, Kosuke Yamamoto, Moriya Ohkuma, Takashi Sugita, Naoto Tanaka, and Masako Takashima

    Microbiology Spectrum   2023年04月

     詳細を見る

  • Weizmannia acidilactici sp. nov., a lactic acid producing bacterium isolated from soils 査読あり 国際共著 国際誌

    Vasana Tolieng, Naoto Tanaka, Yuh Shiwa, Sitanan Thitiprasert, Pawina Kanchanasin, Wongsakorn Phongsopitanun, Auttaporn Booncharoen, Nuttha Thongchul, Somboon Tanasupawat

    Syst Appl Microbiol   46 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.syapm.2022.126389

  • Antagonism of Bacillus velezensis Isolate from Anaerobically Digested Dairy Slurry against Fusarium Wilt of Spinach 査読あり 国際誌

    Tomomi Sugiyama, Keiko T. Natsuaki, Naoto Tanaka, Yuh Shiwa, and Mami Irie

    Agronomy   12   1058   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/agronomy12051058

  • Characterization, Genome Analysis and Probiotic Properties of L-Lactic Acid Producing Enterococcus lactis FM11-1 査読あり 国際共著 国際誌

    Nuhwa R., Tanaka N., Shiwa Y., Fujita N., Sitdhipol J., Chaiyawan N., Savarajara A., Tanasupawat S.

    Current Applied Science and Technology   22 ( 5 )   1 - 15   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:King Mongkut's Instutute of Technology Ladkrabang  

    Strain FM11-1 was isolated from flowers of Solanum torvum that were collected in Nakhon Si Thammarat Province, Thailand and was characterized using a polyphasic approach as Gram-positive, facultatively anaerobic with short chains and catalase-negative cocci. This strain produced L-lactic acid from glucose and was closely related to Enterococcus durans NBRC 100479T, Enterococcus faecium NRIC 1145T, Enterococcus hirae ATCC 9790T, Enterococcus lactis LMG 25958T and Enterococcus ratti DSM 15687T (98.92-99.73 %) based on 16S rRNA gene sequence similarity. The draft genome of strain FM11-1 had 2,784,928 bp and contained 2,586 coding sequences, with a genomic G+C content of 38.07 mol%. Values of ANIb, ANIm and digital DNA-DNA hybridization (dDDH) between strain FM11-1 and the closest strain, E. lactis LMG 25958T were 97.23%, 98.30% and 83.7%, respectively. The predominant cellular fatty acids were C19:0 cyclo w8c and C16:0. This strain was identified as Enterococcus lactis using polyphasic characterization and genome analysis. Strain FM11-1 contained genes involved in carbohydrate fermentation and specialty genes of antibiotic resistance. This strain showed adhesion ability (0.43±0.11) on Caco-2 cells but had no cytotoxicity against Caco-2, HepG2 and Vero cells.

    DOI: 10.55003/cast.2022.05.22.012

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 微生物資源の整備と利活用の戦略

    田中尚人( 担当: 共著 ,  範囲: 東京農業大学の乳酸菌コレクション)

    (株)エヌ・ティー・エス  2023年09月  ( ISBN:978-4-86043-858-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:一般書・啓蒙書

    生物資源として、生きた研究材料として重要性が高まる中、研究の発展に寄与する微生物資源の利活用について解説している。また、微生物メタゲノム情報の解析や環境サンプルの直接研究により明らかになりつつ微生物の多様性・生態について記載している。


MISC 【 表示 / 非表示

  • 乳酸菌を分離するための基本 招待あり 査読あり

    田中尚人

    日本乳酸菌学会誌   30 ( 1 )   3 - 7   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ユーザーの求める機能性乳酸菌株のオンライン選抜システムの開発

    田中尚人,宮崎智,鈴木智典,冨田理,梶川揚申,内野昌孝,五十君靜信,岡田早苗

    日本微生物資源学会誌   33 ( 1 )   31 - 37   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • デルブレッキー菌は変な乳酸菌

    田中尚人

    生物工学会会誌   95 ( 4 )   207   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • これからのハラール研究

    阿部尚樹、内野昌孝、野口治子、田中尚人、岡大貴

    食品機械装置   2016年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ヒトの暮らしに貢献する乳酸菌 その3

    田中 尚人

    醤油の研究と技術   41 ( 5 )   317 - 320   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:一般財団法人日本醤油技術センター  

    乳酸菌の性質がヒトの生活にどのようにリンクしているか、代謝産物であればエコールやバニリンなどの酸化還元物質の影響、菌体であれば免疫調節作用が実際にどのように作用しているか概要を説明し、発酵については微生物間の生存競争のために必要な環境の酸性化が関わっているなどそれぞれ具体的な例を挙げながら微生物学的視点からの考察を加えて解説した。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 発酵食品由来微生物の分類学的研究

    2014年09月 - 2017年03月

    独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究  国内共同研究

     詳細を見る

    国内外発酵食品由来乳酸菌の系統分布の解析および新種提唱

  • 新規機能性乳酸菌資源開発の共同事業

    2011年08月 - 2014年03月

    独立行政法人製品評価技術基盤機構  国内共同研究  国内共同研究

     詳細を見る

    モンゴルの乳酸菌の分離及び系統解析による系統的分布と応用利用のための性状解析

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Stenotrophomonas maltophilia 基準株と biovar2 群の再分類のための比較ゲノム解析 国際会議

    小川 泰地、久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環境試料へのシデロフォア添加によるバイオフィルム形成および構成菌種の特性 国際会議

    久富 敦、志波 優、藤田 信之、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 比較ゲノムによる Cutaneotrichosporon cavernicola の交配型遺伝子座の解析 国際会議

    栢森 綺音、青木 敬太、志波 優、藤田 信之、杉田 隆、高島 昌子、田中 尚人

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生分解性プラスチックの河川微生物叢への影響 国際会議

    田中 尚人、門屋 亨介、石井 大輔、藤田 信之、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微生物群集解析による生分解性プラスチックの河川への影響 国際会議

    門屋 亨介、田中 尚人、藤田 信之、石井 大輔、田口 精一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本微生物資源学会   理事(会計)  

    2014年09月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本微生物資源学会   理事(編集副委員長)  

    2009年04月 - 2014年08月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本微生物系統分類研究会   理事(会計)  

    2008年01月 - 2015年03月