2017/08/02 更新

写真b

大林 宏也 (オオバヤシ ヒロヤ)

OHBAYASHI Hiroya

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(林学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1991年03月

    東京農業大学   農学部林学科   副手(有給)  

  • 1991年04月
    -
    1997年03月

    東京農業大学   農学部林学科   助手  

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

    東京農業大学   農学部林学科   講師  

  • 1998年04月
    -
    2008年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   講師  

  • 1998年08月
    -
    1999年08月

    東京農業大学   依命留学   New Zealand Forest Research Institute Limitedへ(うち1999年7~8月は許可留学)  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 木質科学

論文 【 表示 / 非表示

  • カッター刃を利用した鉋による箸づくり -木材加工に関する教育効果-. (共著)

    金城せりか,桃井尊央,星野欣也,大林宏也,小林純

    木材工業   70 ( 5 ) 206 - 211   2015年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    安価で入手しやすいカッター替え刃を利用した箸づくり用鉋の考案・試作を行い,その作業性の評価をした。さらに,試作した鉋を用いた箸づくりの授業を中学校で実施し,授業前後でのアンケート調査からどのような教育効果があったのかを考察した。

  • 東京都奥多摩地域に生育する樹木の気候応答に関する樹木年輪年代学的解析(第2報).(共著)

    桃井 尊央, 大林 宏也, 栃木 紀郎, 小林 純, 故塩倉 高義

    木材学会誌   60 ( 1 ) 1 - 8   2014年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    東京都西多摩郡奥多摩町に生育する7樹種の樹木年輪指数(年輪幅指数:IWar,年輪内平均密度指数:IDar)と同町で観測された気候変数との関係を検討した。

    DOI

  • 竹Parallel Strand Lumber(PSL)の製造と強度特性(第2報)-接合部の影響-,(共著)

    チュウ・タン・ツォイ,大林宏也,桃井尊央,栃木紀郎,小林 純

    木材工業   68 ( 6 )   2013年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ひご状の竹を束ねて作製したParallel Strand Lumber(PSL)について,立て継ぎの接合部の影響を接合部の条件を変えて検討した。

  • 割くさびほぞ接合の引抜き抵抗機構.(共著)

    相馬智明,大林宏也,井上雅文,稲山正弘,安藤直人

    木材学会誌   59 ( 2 ) 81 - 89   2013年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    木材の接合において,割くさびほぞ接合の適用可否を検討した。とくに引抜き抵抗についての実験結果の評価と割くさびほぞ接合の引抜き抵抗機構の理論的考察を行った。

  • 撥水処理をした木材の水分特性(第2報)― 透湿性および木質壁の冬期における結露 ―

    李 哲鋒,桃井尊央,栃木紀郎,小林 純,大林宏也

    木材工業   68 ( 3 )   2013年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    撥水剤によって超撥水処理を施した木材の水分特性について,この木材で住宅の壁モデルを作製し,透湿性および木質壁の冬期における結露について検討した。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 図解知識ゼロからの林業入門

    市川隆,今井伸夫,上原巌,江口文陽,大林宏也ほか (担当: 分担執筆 )

    一般社団法人 家の光協会  2016年11月

  • 新版 森林総合科学用語辞典

    今冨裕樹,上原巌,大塚生美,大林宏也ほか (担当: 分担執筆 )

    東京農大出版会  2015年04月

  • 森林総合科学用語辞典

    関岡東生監修,上原巌,大林宏也他 (担当: 共著 , 担当範囲: 抽出不可能 )

    一般社団法人 東京農業大学出版会  2012年04月 ISBN: 978-4-88694-408-5

    森林総合科学科で学ぶ学生のための用語辞典

  • 木質の構造

    高部圭司,大林宏也 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章4 熱帯材の成長マーキングと成長輪構造 )

    文永堂出版  2011年04月 ISBN: 978-4-8300-4120-4

    木材の組織学特徴について

  • 生命と環境の科学

    江口文陽、檜垣宮都、大林宏也,渡辺泰雄、菊川忠裕、小松和代、平井浩文、山田哲雄、吉本博明 (担当: 共著 , 担当範囲: 21-26 )

    地人書館  1999年04月

    第1章 1.2 細胞の機能 生命と環境との関わりを応用科学の分野から説明するために、その基礎の1つとなる植物の細胞機能について記述したものである。
    江口文陽、檜垣宮都、渡辺泰雄編著
    担当部分:第1章第2項 B5版 全215頁

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 第7回太平洋地域木材解剖学会議に出席して

    大林宏也,桃井尊央

    木材工業・社団法人日本木材加工技術協会   65 ( 3 )   2010年03月

    総説・解説(その他)   共著

    マレーシアのクアラルンプールで開催された第7回太平洋地域木材解剖学会議を報告した。

  • 再帰反射ビーズを用いたひずみ測定法の開発

    小林純,栃木紀郎,大林宏也

    平成18年度科学研究補助金(基盤研究(c))研究成果報告書     2007年05月

    総説・解説(その他)   共著

    再帰反射ビーズを用いたひずみ測定法を開発し,木材の変形挙動観察への応用を検討した。

  • 地域財利用促進システム開発事業成果報告書

    小林純,栃木紀郎,大林宏也ほか

    平成17年度林野庁補助事業報告書     2006年03月

    総説・解説(その他)   共著

    国産針葉樹中小径材(とくにスギ材)の付加価値を高めるための合板・LVL製造技術の開発の合理化を検討した。

  • 地域財利用促進システム開発事業成果報告書(林野庁補助事業)

    小林純,大林宏也

    平成16年林野庁補助事業報告書     2005年03月

    総説・解説(その他)   共著

    国産針葉樹中小径材(とくにスギ材)の付加価値を高めるための合板製造技術の開発を検討した。

  • 池之端七軒町遺跡出土木材の識別

    大林宏也、塩倉高義

    池之端七軒町遺跡(慶安寺跡)発掘調査報告書     1997年03月

    総説・解説(その他)   共著

    台東区池之端七軒町から出土した木材遺物の樹種識別をおこない、使用されていた樹種の特徴を記述した。
    担当部分:共同研究であるが、主に実施。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 福島の森林における放射性物質動態の調査研究

    上原 巌, 中村幸人, 江口文陽, 大林宏也, 橘 隆一, 瀬山智子

    日本きのこ学会 第16回大会  (東京農業大学,東京)  2012年09月  -  2012年09月  日本きのこ学会

    福島の森林における放射性物質動態を相馬市および南相馬市で調査を行っており,その途中経過を報告した。

  • 福島第一原子力発電所の事故での放射能汚染を回避するきのこ栽培

    江口文陽, 吉本博明*, 瀬山智子, 大林宏也, 飯島倫明

    日本きのこ学会 第16回大会  (東京農業大学,東京)  2012年09月  -  2012年09月  日本きのこ学会

    福島第一原子力発電所の事故での放射能汚染にきのこ栽培が直面しているが,これを回避する栽培方法についての検討結果を報告した。

  • カッター刃を使用した箸作り用鉋の開発 ―技術科教材研究―

    金城せりか,星野欣也,小林純,大林宏也,桃井尊央

    第62回日本木材学会大会研究発表要旨集 札幌(於:北海道大学)CD-ROM版(ISSN 1349-0532)  2012年03月  -  2012年03月 

    市販のカッター替刃式面取り鉋と、今回試作した鉋(試作鉋)を用いて、被験者にヒノキ材で箸を作製してもらった。その過程で採集した削りくずの量(切削量)と完成までの所要時間を測定し、試作鉋で箸作製を行うことで作業効率が上がるかを比較、検討した。その結果、試作鉋を用いて箸の作製をした場合において、切削量の増加や所要時間の短縮といった作業効率が向上する傾向が見られた。

  • 木質材料における接着層の観察

    齋藤哲朗,大林宏也,桃井尊央,瀬山智子,栃木紀郎,小林 純

    第62回日本木材学会大会研究発表要旨集 札幌(於:北海道大学)CD-ROM版(ISSN 1349-0532)  2012年03月  -  2012年03月 

    木質材料における接着層の顕微鏡観察では,蛍光物質を接着剤に添加し,共焦点レーザ顕微鏡などの特殊な顕微鏡で観察する方法が用いられている。しかしこの場合,接着剤の性状変化・蛍光物質の選択的吸着・接着剤内での蛍光物質の分散状況などの影響を考える必要がある。本報告では前大会に引き続き,接着剤に蛍光物質を添加せずに合板およびパーティクルボードを作製し,接着層を含む薄切片を蛍光顕微鏡で観察する方法と接着層付近を実体観察するときの光源を紫外線ランプとした方法を用い,これらの観察方法について検討した。

  • 再帰性反射ビーズを用いた木材の変形・測定(Ⅱ) -測定範囲の縦横比が測定結果に及ぼす影響-

    木村礼夫,田中由香,大林宏也,桃井尊央,栃木紀郎,小林 純

    第62回日本木材学会大会研究発表要旨集 札幌(於:北海道大学)CD-ROM版(ISSN 1349-0532)  2012年03月  -  2012年03月 

    全視野での変形あるいはひずみを観察するために,自反射タイプの再帰性反射ビーズを用いた新しい簡易な観察方法を考案した。再帰性反射ビーズを表面に塗布した物体(供試体)に負荷を与えながら実体顕微鏡とデジタルカメラを用いて表面を撮影し,供試体の変形に伴う一定面積内で再帰反射をしているビーズ面積の変化により荷重-変形関係を評価した。この際,一定面積の観察範囲の縦横比を変化させて,変形-ビーズ反射面積の関係について検討した。

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人日本木材加工技術協会 理事

    2016年06月
    -
    継続中

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 木材にかかわる事項について共同で取り組む

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 実験を通して木材を身近なものにしよう。