2022/11/05 更新

写真b

横田 健治 (ヨコタ ケンジ)

YOKOTA Kenji

教授

職名

教授

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士後期課程   修了

    1996年04月 - 2000年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京農業大学   農学研究科   醸造学専攻   修士課程   修了

    1994年04月 - 1996年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月 - 2013年03月   カリフォルニア大学バークレー校 アメリカ合衆国   客員研究員

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2000年03月   東北大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   助手

    2001年04月 - 2007年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   助教

    2007年04月 - 2012年09月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   准教授

    2012年10月 - 2018年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   准教授

    2018年04月 - 2019年03月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   教授

    2019年04月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学大学院   農学研究科農芸化学専攻   日本学術振興会特別研究員

    2000年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

論文 【 表示 / 非表示

  • <i>Bacillus</i>属細菌を用いた植物病害生物防除における環状リポペプチドの機能

    横田 健治

    日本農薬学会誌   47 ( 2 )   124 - 125   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農薬学会  

    DOI: 10.1584/jpestics.w22-11

  • Insights on suppression of bacterial leaf spot by Bacillus cyclic lipopeptides via induced resistance in Arabidopsis thaliana 査読あり

    Carla Suzuki Altrão, Mana Kaneko, Shigeaki Shiina, Akinobu Kajikawa, Hirosuke Shinohara, Kenji Yokota

    Journal of General Plant Pathology   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We evaluated disease suppression by surfactin and iturin A against Pseudomonas syringae pv. maculicola MAFF 302783 in Arabidopsis thaliana and its mutants to gain insight into resistance pathways induced. Root treatments revealed that salicylic acid signaling via the isochorismate pathway was the major signaling pathway elicited by both cyclic lipopeptides. Disease suppression was negated after treatment with higher levels of surfactin or iturin A, and this negation of disease suppression was not associated with an antagonistic effect by induction of jasmonate signaling pathway in host plants.

    DOI: https://doi.org/10.1007/s10327-022-01062-9

  • Comparative study of disease suppression on various host plants by Bacillus cyclic lipopeptides 査読あり

    Carla Suzuki Altrão, Takuya Kawashima, Minami Ohbu, Shuhei Matsuura, Misaki Higuchi, Yusuke Yanai, Yuki Hase, Hirosuke Shinohara, Kenji Yokota

    Agricultural Sciences   13   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In biological controls using Bacillus spp., cyclic lipopeptides play a role as elicitors to induce disease resistance on various host plants. However, it is still unclear the specificity between cyclic lipopeptides and host plants to induce disease resistance. In this study, we aimed to clarify the specificity to induce disease resistance among cyclic lipopeptides on various host plants. Our data clearly showed both cyclic lipopeptides conferred disease suppression on most of host plants, but at different range of cyclic lipopeptide concen-tration. Our findings contribute to understanding the complex on the specificity of cy-clic lipopeptide derived induced disease resistance.

    DOI: https://doi.org/10.4236/as.2022.131001

  • Draft Genome Sequence of the Polychlorinated Biphenyl Degrader Comamonas testosteroni Strain YAZ2 Isolated from a Natural Landscape in the Tohoku Region of Japan 査読あり 国際誌

    Tomijiro Hara, Yumiko Takatsuka, Yuh Shiwa, Kenji Yokota

    Microbiology Resource Announcements   11 ( 1 )   e00806-21   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a draft genome sequence of Comamonas testosteroni strain YAZ2, a polychlorinated biphenyl (PCB) degrader that was isolated from a PCB-unpolluted
    environment. The assembled genome contains a single 5.4-Mb chromosome and an 87-kb plasmid. The bph gene cluster, which is involved in PCB degradation, was
    found on the chromosome.

    DOI: https://doi.org/10.1128/mra.00806-21

  • Insights into detoxification of tolaasins, the toxins behind mushroom bacterial blotch, by Microbacterium foliorum NBRC 103072T 査読あり 国際誌

    Shun Tomita, Akinobu Kajikawa, Shizunobu Igimi, Hirosuke Shinohara, Kenji Yokota

    PhytoFrontiers   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tolaasins are lipodepsipeptides secreted by Pseudomonas tolaasii, the causal agent of brown blotch disease of mushrooms, and are the toxins that cause the brown spots. We previously reported that Microbacterium foliorum NBRC 103072T is an effective tolaasin-detoxifying bacterium. In this study, we aimed to characterize the tolaasin-detoxification process of M. foliorum NBRC 103072T. The tolaasin-detoxification by M. foliorum NBRC 103072T was carried out by hydrolyzation of tolaasins at two specific sites in the peptide moiety of tolaasins by its cells, and the resulting fragments were released from bacterial cells. The tolaasin-hydrolyzing activity can be extracted by neutral detergent solution from M. foliorum NBRC 103072T cells. Moreover, tolaasin-adsorption to the bacterial cells occurred prior to hydrolyzation of tolaasins, which might contribute to the effective tolaasin-detoxification by M. foliorum NBRC 103072T. It is notable that the tolaasin-degradation process by M. foliorum NBRC 103072T is carried out by hydrolyzation at specific sites in the peptide moiety of lipopeptide by bacterial cells as a novel biological degradation process of cyclic lipopeptides.

    DOI: https://doi.org/10.1094/PHYTOFR-10-20-0024-R

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 土壌微生物学

    太田寛行,森﨑久雄,大塚重人,渡邉健史,鮫島玲子,中川達功,佐伯雄一,礒井俊行,横田健治,豊田剛己,村瀬 潤,浦嶋泰文,藤井一至,原田直樹,西澤智康,浅川 晋,竹腰 恵( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2018年08月  ( ISBN:978-4-254-43571-9

     詳細を見る

    総ページ数:208   担当ページ:80-87   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    植物生育促進根圏微生物について解説した。
    担当執筆分:8. 有用微生物3―植物生育促進根圏微生物―
    A5版

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/%E5%9C%9F%E5%A3%8C%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%9C%9F%E5%A3%8C%E5%AD%A6%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E8%B1%8A%E7%94%B0-%E5%89%9B%E5%B7%B1/dp/4254435711/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1535429658&sr=8-1&keywords=%E5%9C%9F%E5%A3%8C%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6

  • 里山の自然とくらし 福島県鮫川村

    入江 彰昭, 上地 由朗, 内田 均, 竹内 将俊, 舘 博, 安藤 達彦, 穂坂 賢, 高橋 悟, 渡邉 文雄, 川上 昭太郎, 栗田 和弥, 桝田 信彌, 伊藤 健, 入江 満美, 横田 健治( 担当: 共著 ,  範囲: p78-79、2頁)

    東京農業大学出版会  2013年03月  ( ISBN:978-4-88694

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    村内の田畑の土壌分析を行い、本地域の土壌の特性について解説した。四六判、P.112

  • Sustainable Farming Practices for Environmental Conservation

    Edited by Machito Mihara and Akimi Fujimoto( 担当: 共著 ,  範囲: 抽出不可能)

    Institute of Environment Rehabilitation and Conservation, Japan  2009年04月  ( ISBN:4-916174-08-9

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • Bacillus属細菌を用いた植物病害生物防除における環状リポペプチドの機能 招待あり

    横田 健治

    日本農薬学会誌   47 ( 2 )   124 - 125   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1584/jpestics.W22-11

  • きのこを褐変化させる毒素tolaasinを解毒する細菌 招待あり 査読あり

    横田健治・富田駿・篠原弘亮

    バイオサイエンスとインダストリー   79 ( 3 )   214 - 215   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 拮抗性Bacillus属細菌を利用した植物病害の生物防除 機能性物質とその防除メカニズムを中心に

    横田 健治

    土と微生物   66 ( 1 )   27 - 31   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:日本土壌微生物学会  

    拮抗性Bacillus属細菌を利用した植物病害の生物防除について報告した。

    DOI: https://doi.org/10.18946/jssm.66.1_27

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 抗菌剤、農薬、微生物による植物病害の防除方法、および新規バチルス - サブティリス

    原 富次郎, 高塚 由美子, 杉村 祐哉, 横田 健治

     詳細を見る

    出願番号:WO2017150556A1  出願日:2017年02月

    特許番号/登録番号:WO2017150556A1  登録日:2017年09月  発行日:2017年09月

    出願国:国内   取得国:国内

  • 分生胞子増殖因子、分生胞子増殖因子を含む培地及び分生胞子増殖因子の製造方法

    横田 健治

     詳細を見る

    出願人:東京農業大学

    出願番号:特願2008-263233(P2008-263233)  出願日:2008年10月

    公開番号:特開2010-88380(P2010-88380A)  公開日:2010年04月

    出願国:国内  

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Oral Presenter

    2022年11月   ISSAAS-SEAPPRO Joint International Seminar and Congress 2022  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:インドネシア共和国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 病害土壌診断バイオマーカーの開発に向けたメタゲノム解析

    2016年09月 - 2019年08月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 地域資源活用型小規模持続的農業システムのためのアグロエコロジー研究

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • バチルス属菌由来の環状リポペプチドによるシロイヌナズナの病害抵抗性制御機構の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 黄色ブドウ球菌の血球崩壊毒素の三次元構造解析による膜孔形成機構の解明

    2000年04月 - 2001年03月

    科学研究費補助金  特別研究員推奨費

     詳細を見る

    黄色ブドウ球菌が生産する二成分性膜孔形成型毒素タンパク質γヘモリジンの構成分子LukF成分の赤血球細胞認識及び結合領域の解明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Bacillus属が分泌生産する新規抗菌性環状リポペプチドの構造解析と抗菌活性評価

    2020年04月 - 2021年03月

    京都大学エネルギー理工学研究所 

    横田 健治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Bacillus属が分泌生産する新規抗菌性環状リポペプチドの構造解析と抗菌活性評価

    2019年04月 - 2020年03月

    京都大学エネルギー理工学研究所 

    横田 健治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • インドネシアのマングローブ根圏から分離された各種拮抗性細菌の拮抗作用の解明

    2018年11月 - 2019年02月

    民間財団等 

    横田 健治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Bacillus属菌の抗菌性リポペプチド生産を誘導する大豆由来の生理活性物質に関する研究

    2010年05月 - 2011年04月

    民間財団等  タカノ農芸化学研究助成財団 若手研究者部門 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Microbacterium foliorum NBRC 103072Tによるtolaasin 解毒機構 -Tolaasin 加水分解酵素は菌体の界面 活性剤処理により可溶化する- 国際会議

    富田 駿, 梶川揚申, 五十君靜信, 篠原弘亮, 横田健治

    令和2 年度日本植物病理学会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年03月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparative Study of Surfactin Homologues on Antibacterial Activity 国際会議

    Takafumi Yoshida and Kenji Yokota

    ISSAAS 2019 International Congress & General Meeting 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Arthrobacter sp. Isolate Enhance Fusarium Soil-Borne Disease 国際会議

    Mana Adachi, Ryota Kataoka, Yusuke Yamamoto, Ryoko Kato, Kenji Yokota

    ISSAAS 2019 International Congress & General Meeting 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Analysis of the Inhibitory Effect of Bacterial Growth on Cabbage Leaves in Response to Treatment with Lipopeptides 国際会議

    Carla Suzuki Altrão, Yusuke Yanai, Hirosuke Shinohara, Kenji Yokota

    ISSAAS 2019 International Congress & General Meeting 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Susceptibility to Tolaasins on Tolaasin-Detoxyfying Microbacterium spp. 国際会議

    Shun Tomita, Hirosuke Shinohara, Kenji Yokota

    ISSAAS 2019 International Congress & General Meeting 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>