2017/08/02 更新

写真b

杉原 たまえ (スギハラ タマエ)

SUGIHARA Tamae

教授

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

03-5477-2400

ホームページ

http://nodaiweb.university.jp/seisakuken/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1986年03月

    千葉大学  園芸学研究科  園芸経済学専攻  修士課程  修了

  • 1986年04月
    -
    1991年03月

    千葉大学  自然科学研究科  生産科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学 -  学術博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    東京農業大学   農学部国際農業開発学科   講師  

  • 1998年04月
    -
    2002年09月

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際農業開発学科   講師  

  • 2002年10月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際農業開発学科   助教授  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際農業開発学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際農業開発学科   教授  

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 地域経済開発における家族制農業の推転過程―「慣習」と「経済」に関する試論的研究―(博士論文)

    杉原 たまえ

    千葉大学総合大学院自然科学研究科    1991年03月

    学位論文(その他)   単著

    地域経済開発に関する諸理論の検討と、ケニア・沖縄を事例とした地域開発に関する試論を提示した。
    全頁数:194p.

  • 「ケニアの小農発展における中農の果たした役割ー途上国発展論のための一試論ー(修士論文)」

    杉原 たまえ

    千葉大学大学院園芸学研究科    1986年03月

    学位論文(その他)   単著

    宗主国による植民地支配それ自体は農業の正常な発展のうえで、肯定されるべきものではないが、その存在を歴史的所与とした場合、植民地支配下の矛盾構造の中から中農層が創出されたことに関わって、新たな農法が展開されていったのであり、その積極面を評価した。つまりケニアの家族共同体が資本制部門によって温存・利用されながらも再編されるという共同体をベースとした周辺部での内生的発展が、入植中農層の創設によって、ケニア農業の一般中農および小農発展へと展開したその軌跡を論証した。
    全頁数:155p.

論文 【 表示 / 非表示

  • 共著:宮古島の「かふつ」における生存資源の栽培と利用

    杉原たまえ 新里孝吉司

    東京農業大学農学集報   55 ( 3 ) 227 - 233   2010年12月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   共著

  • サモアにおける海外への労働力移動と伝統的農村社会

    飯森文平 SeumanuGauna Wong 杉原 たまえ

    東京農業大学農業経済学会     2010年09月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   共著

    サモアの伝統的農村社会の構造と労働力移動および移民からの送金の実態を明らかにした。

  • 南西諸島の在来生物資源の商品化の過程と諸問題 ― 沖縄県国頭郡大宜味村におけるシークヮーサーを事例として―

    杉原 たまえ

    日本農村生活学会『農村生活研究』   53 ( 2 )   2010年03月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    「シークヮーサー」という沖縄における生物資源の商品化の過程と問題について調査に基づき取りまとめた。

  • 沖縄県名護市辺野古における米軍基地建設反対活動者の語り

    杉原 たまえ

    『村落社会研究』日本村落社会研究学会     2009年10月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    沖縄県名護市辺野古の海への米軍基地移設をめぐって、10年間以上にわたり建設反対活動を続けている地元住民たちがいる。彼らの活動の動機や経緯に関する「語り」についてまとめた。

  • ベトナムにおけるVAC システムの普及上の課題―メコンデルタの事例から―

    Tran Anh QUOC、杉原 たまえ

    日本農業普及学会     2009年06月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    調査結果から、VACシステムの現状を把握した上で、VACシステムの有効性・有用性について整理し、VACシステム導入・普及の制限要因についての問題整理をおこなった。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『我が国における食料自給率向上への提言』

    板垣啓四郎他 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章「食料自給率」の縁辺 )

    筑波書房  2011年03月 ISBN: 978-4-8119-0381-1

  • 『日本とアジアの農業集落-組織と機能-』

    大鎌邦雄、齋藤 仁、岩本純明、坂根 嘉弘、藤田幸一、坂下明彦、仲地宗俊、有本 寛、杉原 たまえ (担当: 共著 , 担当範囲: 249-279 )

    清文堂出版社  2009年11月

    「第8章「排除」と「包摂」の関係にみるハンセン病者と農村社会」(単著)において村落における障害者(ハンセン病者)の包摂と排除の論理について考察した。

  • 『沖永良部100の素顔』

    豊原秀和、先田光演、杉原たまえ、前利潔 他 (担当: 共著 )

    東京農大出版会  2008年10月

    沖永良部島の歴史や人々の生活・文化について、島民参加型の執筆・構成により、住民の視線で著したもうひとつのガイドブック。副編集長として企画と編集を行うほか、執筆した。

  • 「沖縄宮古島100の素顔」

    共著者:豊原秀和、杉原 たまえ他 (担当: 共著 , 担当範囲: 担当頁:108 120 123 135 136 137 140 145 )

    東京農業大学出版会  2008年01月

    沖縄県宮古島の祭祀・食生活など農村の暮らしについて執筆した。
    全頁数:164頁

  • 「代替農業の推進」

    共著者:藤本彰三、杉原 たまえ他 (担当: 共著 , 担当範囲: 担当頁:19-42 )

    東京農大出版会  2006年12月

    日本における有機農業の展開過程を、消費者運動を軸にとりまとめた。
    担当部分(単著):第2章「日本の消費者運動と有機農業の展開」
    共著者:藤本彰三、松田藤四郎、杉原たまえ、岡部繭子、馬場正、井形雅代、新沼勝利、五嶋一寿、サエタン チャルームチャイ ニナ ノコン
    全頁数:182頁

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 世界旅情―オセアニア・ハワイ 

    杉原たまえ

    輸入食糧協議会報 ( 輸入食糧協議会 )  ( 728 ) 巻頭1 - 8   2014年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • 世界旅情―オセアニア・サモア(1)

    杉原たまえ

    輸入食糧協議会報 ( 輸入食糧協議会 )  ( 710 ) 巻頭1 - 8   2014年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • 世界旅情―オセアニア・フィジー共和国

    杉原たまえ

    輸入食糧協議会報 ( 輸入食糧協議会 )  ( 719 ) 巻頭1 - 8   2012年09月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 「サモア独立国における送金経済深化の現状と課題―伝統的互酬社会の存立構造―」

    杉原たまえ  飯森文平

    『SAEDAだより』 ( (社)海外農業教育・開発協会 )    2009年11月

    総説・解説(その他)   共著

    サモア国内からの労働力の排出・還流メカニズムと、伝統的社会の存立との関わりについて調査分析をおこなった。

  • 「新農法確立のための生物農薬などの新素材開発」

    藤本彰三、杉原 たまえ他

    学術フロンティア共同研究 ( 東京農業大学学術フロンティア共同研究推進センター )    2007年03月

    総説・解説(その他)   共著

    日本の有機農業の歴史的背景と現状および新潟県の学術フロンティア研究サイトにおける農業生産に関するアンケート調査結果についてとりまとめた。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • トンガ王国における食生活の変容と伝統的食料資源を活用した生活改善の可能性

    杉原たまえ、豊原秀和、石田裕、田島淳、野口智弘、岩本純明

    日本農村生活学会  2015年10月  -  2015年10月  日本農村生活学会

    トンガ王国における食生活の変容と、伝統的植物資源を活用した生活改善の可能性について、ブレッドフルーツを中心に分析を行った。

  • 南太平洋島嶼国における在来植物資源の有用性と新規利用開発-トンガ王国におけるブレッドフルーツの利用をめぐって-

    杉原たまえ 岩本純明

    日本国際地域開発学会 秋季大会  2014年11月  -  2014年11月 

  • 農業分野における障がい者就労の現況と就労支援の課題

    杉原たまえ、岩本純明

    日本農村生活学会個別報告  2014年09月  -  2014年09月 

  • 農業分野における障害者雇用・就農の普及によるソーシャルビジネスの確立と農村振興に関する研究

    杉原たまえ  岩本順明

    日本農業普及学会春季大会助成事業採択報告  2011年03月  -  2013年03月 

  • 農業分野における障害者雇用・就農の普及によるソーシャルビジネスの確立と農村振興に関する研究

    杉原たまえ  岩本順明

    日本農業普及学会春季大会助成事業採択報告  2011年03月  -  2013年03月 

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 農村開発(特に島嶼地域)に関して、行政や産業との連携を図って行きたいと思います。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 動機をもち、初心を忘れず、ひたむきに歩んでください。