2020/06/02 更新

写真b

上原 巌 (ウエハラ イワオ)

UEHARA Iwao

教授

生年

1964年11月20日

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

03-5477-2268

研究室FAX

03-5477-2267

ホームページ

https://ameblo.jp/ueharaiwao/

プロフィール

1964年11月20日 長野県長野市 生まれ

主な研究対象:造林学、森林療法
特に放置林の再生、人工更新+天然更新 森林のアメニティ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年03月

    ミシガン州立大学   農学部   林学科   その他

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    東京農業大学   農学部   林学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    信州大学  農学研究科  森林科学専攻  修士課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    岐阜大学  連合農学研究科  生物環境科学専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年04月

    アメリカ・ミシガン州立大学農学部林学科   東京農業大学派米留学生

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   短期大学部   環境緑地学科   非常勤講師  

  • 2004年06月
    -
    2006年09月

    東京農業大学   非常勤講師  

  • 2006年10月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

      長野県立下高井農林高等学校   教諭

  • 1997年09月
    -
    1999年05月

      知的障害者更生施設「親愛の里松川」   ワーカー

  • 2000年10月
    -
    2001年03月

      知的障害者更生施設「緑の牧場学園」   療育指導員

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      長野県軽井沢町長倉地区児童館   館長

  • 2001年04月
    -
    2004年09月

      長野県立高等学校   佐久地区スクールカウンセラー

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本カウンセリング学会

  • 1999年02月
    -
    継続中
     

    アメリカ園芸療法協会(AHTA)

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    応用森林学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本森林保健学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 危険物取扱者(乙種)

  • 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

論文 【 表示 / 非表示

  • Student training at Okutama Practice Forest of Tokyo University of Agriculture

    Iwao UEHARA

    Chubu Forestry Research ( 中部森林学会 )  68   17 - 20   2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Abstract
    Department of Forest Science (former name: Forestry established in 1947) of Tokyo University of Agriculture (TUA) practices “Forest training” for freshman and sophomore students every year. 140 students annually attend on the training. Forest training on sophomore is consisted of silviculture curriculum and programs. The training is practiced by dividing three schedules (3 days 2 nights each) and groups (45 students each) during annual summer vacation. Students study every tree survey (tree height, diameter at breast height: DBH), canopy projection drawing, soil cross section drawing, tree identification, and thinning on the training days. Questionnaire results after practices showed the most impressive training for students was thinning and the most difficult training was tree identification. Male students tended to weak at calculation and female students tended to weak at forest walking on gender difference. Many students recognized their lack of physical strength and being insect weak.
    Keywords: silviculture, sophomore, thinning, tree identification

  • Distribution and crown shape changing of Lindera praecox under the artificial Cryptomeria japonica and Chamacyparis obtusa canopies

    Iwao UEHARA

    関東森林研究 ( 関東森林学会 )  71 ( 1 ) 53 - 56   2020年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Abstract:
    Lindera praecox is a woody plant of Camphoraceae, Lindera that has peculiar fragrance. It contains oily component and it has been used for firewood. Its fruit had made desk lamp oil, too. Natural distribution of Lindera praecox broads Honshu Island to Kyushu Island in Japan. It can grow on the floor and edge of artificial Criptmeria japonica and Chamaecyparis obtusa stands. However, the characteristic features of Lindera praecox under the canopies of Cryptomeria and Chamaecyparis stands has not been clear yet. Then, this study surveyed the condition of distribution, density, and tree shape variation of Lindera praecox under the canopies condition. The survey site was 50-year artificial Cryptomeria and Chamaecyparis stands located in 500 altitude in Kosuge village, Yamanashi Prefecture. The stand incline was approximately 25 degree. Lindera praecox formed second canopies under the canopies. Their crowns transformed their shape into two types that were vertical and horizontal direction. Their branches and leaves might develop stepped shape for light reception and corresponding the incline. These results suggested that the tree shape might be used as an indicator of the stand condition. It should keep Lindera praecox without cutting under the Cryptomeria and Chamaecyparis canopies at steep stands to prevent soil erosion.

    Key word: under the canopies of Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa, Lindera praecox, distribution, characteristic features

  • Distribution of natural regenerated Lindera umbellata at artificial Chamaecyparis obtusa floor by several thinning rates

    Iwao UEHARA

    関東森林研究 ( 関東森林学会 )  70 ( 2 ) 157 - 160   2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Thinning cut facilitates natural regeneration of woody species on the forest floor.
    This research surveyed the natural regeneration of Lindera umbellata at the floor of artificial Chamaecyparis obtusa stand. It also aimed to reconsider how thinning rate have effects on the distribution of Lindera umbellata. The survey plots were 30%, 50%, 70% thinning, and control plot in a 50-year Chamaecyparis obtusa stand and each plot area was 400㎡. The average tree height of Chamaecyparis obtusa was 17.5m, the average DBH was 24cm, and the average crown height was over 6.5m.
    The results showed the appearance rate of Lindera umbellata seedlings was 1 to 3% of all seedlings except Chamaecyparis obtusa. Thinning rate and relative illumination and the tree height had correlation.
    These results suggested it has some possibility of forest floor cultivation of Lindera umbellata. There was no correlation between thinning rate and relative illumination and chlorophyll amount of the leaves of Lindera umbellata.

    Key-words: natural regeneration, floor vegetation, appearance rate, space dominant, SPAD

  • Antibacterial effects of pyroligneous acid of Larix kaempferi

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA

    森林保健研究 ( 日本森林保健学会 )  2   14 - 19   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Abstract:
    Pyloligneous acid (wood vinegar) is produced as by-product in the making of charcoal. It has been utilized as a soil improvement material, agricultural chemical, and deodorant. However, its antibacterial effects are not yet clear and each tree species has different antibacterial effects. Larix kaempferi is only one species which is an autogenous deciduous conifer in Japan. It has a strong aroma and it has been supposed that it has a strong allelopathy effect too. This study focused on the antibacterial effects of the pyloligneous acid of Larix kaempferi and we attempted some basic experiments. 1% and 0.1% solution of pyloligneous acid showed antibacterial effects (p<0.001, 0.01) against Escherichia coli. 1%, 0.1%, 0.01% solutions showed an effect against Staphylococcus aureus. These results suggest that pyloligneous acid of Larix kaempferi has certain antibacterial effects.  
    Key-words: Larix kaempferi, Pyloligneous acid, antibacterial effects

    要旨:
    木炭の製造過程で生じる木酢液(Pyloligneous acid, Wood vinegar)は,土壌改良材や農薬の代替液として,また消臭剤として用いられている。しかしながら,その抗菌作用については,いまだに諸説があり,樹種によってもその効果は様々である。カラマツ(Larix laempferi)は,日本に自生する唯一の落葉針葉樹であり,その芳香も強く,アレロパシー作用を有していることが推察されている。本研究では,そのカラマツの木酢液に着目し,その抗菌効果についての基礎的研究を行うことを目的とした。実験の結果,大腸菌に対する抗菌効果では,1%溶液(100倍希釈)の抗菌作用が強く認められ(p<0.001),次いで0.1%溶液(1000倍希釈)の抗菌作用が認められた(p<0.01)。黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用では,いずれの希釈液でも抗菌作用が認められた(1%溶液:p<0.001,0.1%,0.01%溶液:p<0.01)。これらの結果から,カラマツの木酢液には,1%溶液であれば,明確な抗菌作用が得られることが示された。

    キーワード:カラマツ,木酢液,抗菌効果


  • Natural distribution of Pterostyrax hispida under the tree canopies of artificial Larix leptolepis stand.

    Iwao UEHARA

    関東森林研究  ( 関東森林学会 )  68 ( 2 ) 217 - 220   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Pterostyrax hispida sometimes grows in colonies under the artificial Larix leotolepis stands in the Kanto districts or Central part of Japan. This study researched the natural distribution of Pterostyrax hispida at artificial Larix leptolepis stands in the 800 to 900 meters altitude in the Okutama Training Forest of Tokyo University of Agriculture. The Pterostyrax hispida colonies were often luxuriant under the Larix leptolepis tree canopies, but they were decreased under the Criptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa canopies. The growth of Pterostyrax colonies also showed proportion with the tree height difference between Pterostyrax and Larix, or growth of the tree canopies of Larix. Those conditions must be suitable for Pterostyrax growth, because the light condition were profitable for them. However, growing in colonies of Pterostyrax restrained the other woody plants under the tree canopies of Larix. At the clay soil stands, the average height of Pterostyrax was low and their colonies decreased, too. It also showed the Pterostyrax has possibility as an indicator of soil condition.

    Keywords: Pterostyrax hispida, Larix leptolepis, colony, tree canopies, indicator

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 森林・林業のコロンブスの卵 -造林学研究室のティータイムー

    上原 巌 (担当: 単著 )

    理工図書  2020年03月 ISBN: 978-4-8446-0893-6

     森の仕事、木の仕事は、古来の人間のいとなみの一つである。しかしながら、その森林、樹木にまつわる仕事、林業は、21世紀初頭の現代の日本においては、不況であるといわれる。伐っても売れない、採算が合わない、林業は儲からないと言われるようになってから久しい。山村における高齢化、過疎化など問題もあいまって、とかく暗く、先行きの見えない話となることが多い。けれども、実際に森林、山林に出かけ、様々な視点からのアプローチに取り組んでいると、「こうやってみてはどうだろう?」という、コロンブスの卵的な発見に出会うことが時にある。そんなことから、本書のタイトルを、コロンブスの卵とした。
     本書は、それぞれが独立したテーマの章立てとなっているが、一貫した全体のテーマは、「身近な森林の尊さと可能性」である。
    森林、樹木をまずは畏敬し、その生命体をわたしたちの生活に活用する。かつてアイヌ民族が森の恵みを損なうことなく生活にとりいれ、持続し続けたように、われわれの身の丈に合った生産と収益がこれからも森のいとなみの肝要だと思っている。別の言い方をすれば、小規模であっても、持続性があり、可能性のある林業のあり方である。それには柔軟な発想と多様な視点、手法による挑戦が必要だ。
     そもそも森林は、木材生産以外でも、地域の宝であり、地域環境の要である。例えば、ドイツでは、木材生産と保健休養が共存する林業が展開されている。森林は生産の場であると同時に、休養の場にもなりうるのだ。誰も始めていないが、こんなふうにしたら、日本の森林、林業はもっと豊かにできるのでは? そんなことを常に考えながら、本書を書いた。

    ≪目次≫

    はじめに

    第1章 挿し木の新たな可能性 コロンブスの卵のような研究
    1-1.挿し木について
    1-2.造林学研究室における挿し木研究
    1-3.こんなことはどうだろうか? 様々な挿し木手法のこころみ
    こころみ その1 芳香水を施用した挿し木苗の養成
    こころみ その2 床土に木炭を施用した挿し木苗の養成
    こころみ その3 挿し床に木質チップを活用した挿し木苗の養成
    こころみ その4 挿し木の難しい樹種へのチャレンジ

    第2章 樹木の香りの研究
    2-1.森林浴、フィトンチッドという言葉の誕生
    2-2.“空気をきれいにする木”
      実験の方法
      実験の結果は?
      それでは、クスノキの香りでは?
      クスノキでの実験
      さらに他の樹種ではどうだろうか?
    2-3.樹木の香りの幅広い可能性
     
    第3章 身近な森林の研究
     3-1.間伐と林床の木本植物
     3-2.森林・樹木と数学
       樹形について
       ベクトル
       自己組織化
       行列:マトリックスを組む現代の森林科学
       多次元のマトリックスの可能性
       差の検定と相関係数
       造林学と数学
    林学と数学のロマン
    数学の思い出
     3-3.森林、樹木の病気
       長野県軽井沢町でコブシの落葉病
       長野市周辺における松枯れ被害の特徴
       長野県北部におけるナラ枯れ被害
     3-4.台風による風倒木の調査
       調査の方法
       現地調査の結果
       台風通過9月6日当日の状況の推察
       過去の軽井沢町での台風被害の状況
       風倒木処理後の植生
       今後の対策 
    3-5.福島での調査研究
      調査の方法
      森林の除染作業の可能性および今後の管理手法について
      現在の状況
      今後の展望
     3-6.カラマツとオオバアサガラ:樹木のコンパニオン・プランツ?
       コンパニオン・プランツ
       カラマツについて
       オオバアサガラについて
       東京農業大学・奥多摩演習林のカラマツ 

    第4章 大学における森林教育
     4-1.東京農業大学における林学、森林総合科学の教育
     4-2.農大における演習林実習の内容
     4-3.造林学研究室におけるゼミ実習
     4-4.ミシガン州立大学林学科での講義・実習
       ミシガン州立大学について
       MSUの林学科(Department of Forestry)
    MSU林学科の授業・実習について
       MSU 林学科その他
       ホストファミリーについて 

    第5章 希望の萌芽:各地での市民による森林活動、ワークショップ
    5-1.放置林の活用
     5-2.福岡県八女市でのワークショップ
       森林整備作業場での工夫
     5-3.長野県筑北村でのワークショップ
       筑北村における森林整備のプログラム
       端材の利用
     5-4.長野県伊那市での森林活動
       伊那市のカラマツ林
       カラマツについて
       清澄なカラマツ林の空気の指標:ウメノキゴケ科
       林床の香りの樹木:クロモジ
       「伊那谷カラマツ」ブランドの創出
       カラマツの木酢液の抗菌作用
       カラマツ林での冬季の森林散策
       血圧、脈拍数、ストレス値の変化
       身近な山林での森林散策路モデルの設置
     5-5.東京都青梅市での市民講座
     5-6.世田谷区での区民講座

    第6章 むすびに
       紀元前の林業と現代の林業
       多様性豊かな森林と多彩なアプローチ
       日本の森林・林業の未来像は?
       コロンブスの卵
       森林の究極の課題はその森林の美に集約される 

    あとがき 謝辞

    引用文献
    さくいん

  • 温泉・森林浴と健康 -自然の癒しから未病予防医学へー

    森本兼曩、阿岸祐幸、金山ひとみ、早坂信哉、李 卿、上原 巌、上岡洋晴、小笠原真澄、森山俊男、倉林均、河野透、岡田真平、内田實、鏡森定信、牧野直樹、牧野博明、西村典芳、 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章 地域の森林を活用した健康づくり(77~88頁) )

    大修館書店  2019年10月 ISBN: 978-4-469-26873-7

    第5章 地域の森林を活用した健康づくり(77~88頁)を担当執筆した。

    内容は、下記の通り。

    1.自然・森林に対する今日の「癒し」イメージの流行
    2.森林を活用した保健休養の現状
     ①福祉分野での事例 
     ②医療分野での事例
     ③心理分野での事例
    3.地域の森林を住民の活動、休養の場とした新たなコミュニティ形成の可能性
    4.今後の課題

  • 森林アメニティ学 (中国語版)

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章、第2章、第3章、第4章、第5章、第7章、第8章、第10章、第12章の計9章を担当 )

    科学出版社  2019年05月

    「森林アメニティ学」(2017年 朝倉書店)の中国語版。

    第1章 森林アメニティ学とは? (1-16頁)
    第2章 地域福祉における森林保健活動 (17-41頁)
    第3章 カウンセリング、心理分野における森林の活用 (42-61頁)
    第4章 森林の医療利用 (62-82頁)
    第5章 薬用樹木と樹木のヒーリング文化 (83-99頁)
    第7章 海外における森林の保健休養の事例 (120-133頁)
    第8章 森の幼稚園 (134-146頁)
    第10章 森林と芸術 (175-183頁)
    第12章 森林のアメニティ分野における課題と展望 (205-216頁)
    を担当・執筆した。

  • 森林アメニティ学(韓国語版)

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1、2、3、4、5、7、8、10、12章 )

    全南大学出版会  2019年02月 ISBN: 987-89-6849-617-2

    2017年に出版された「森林アメニティ学」(朝倉書店)の韓国語版。

  • 造林学フィールドノート

    上原 巌 (担当: 単著 )

    コロナ社  2018年03月 ISBN: 978-4-339-05258-9

    森林科学を学ぶ手引書。現在の日本の森林や林業の状況を踏まえた具体的かつ実践的にまとめた。また、随所にコラムをちりばめ,研究の助けとなるノートとしての特性も持たせた。

    1. 樹木のおもな特性 ―樹木の生長,生理,生態の特徴―
    1.1 「樹木」とはなにか
    1.2 樹木の歴史
    1.3 樹木と人間の共通点
    1.4 樹木の種類
    1.5 樹木の生長の特性
    1.6 樹木の耐陰性
    1.7 温度,季節変化の影響
    1.8 休眠
    1.9 紅葉・黄葉・落葉
    1.10 樹木の根系
    1.11 菌類との共生
    1.12 その他の根の形状
    1.13 繁殖
    1.14 樹木のストレス診断
    1.15 アレロパシーとフィトンチッド
    1.16 樹木にまつわるその他の研究トピックス
    引用・参考文献

    2. 森林環境
    2.1 森林とは
    2.2 森林の種類
    2.3 森林を形成する因子
    2.4 森林の変化予測:四次元スケールでの手法
    2.5 森林・林分構造のモデル解析アプローチ
    2.6 「健全な森林」の林学的意義
    2.7 身近な樹木の観察
    2.8 森林・林地に出かける
    2.9 森林の中に入ってみる
    2.10 森林の有機物生産
    2.11 森林の意義
    引用・参考文献

    3. 森林土壌
    3.1 土壌の定義
    3.2 森林土壌
    3.3 森林土壌の性質
    3.4 土壌の生成
    3.5 土壌呼吸
    3.6 リターの分解
    3.7 土壌生物
    3.8 土壌動物
    3.9 土壌微生物
    3.10 土壌の堆積様式と土壌断面
    3.11 菌根菌
    3.12 土壌養分
    3.13 森林土壌の物質循環
    引用・参考文献

    4. 育苗
    4.1 実生苗の育成
     4.1.1 種子
     4.1.2 苗畑
     4.1.3 よい苗木の条件
     4.1.4 育苗容器
    4.2 挿し木苗の育成
     4.2.1 挿し木の長所と短所
     4.2.2 挿し木の容易な樹種と困難な樹種
     4.2.3 挿し木の種類
     4.2.4 挿し木の実際
     4.2.5 挿し木苗育苗上の課題
    4.3 その他の無性繁殖
    引用・参考文献

    5. 造林学とは
    5.1 造林とはなにか
    5.2 「造林学」とはなにか
    5.3 造林学の意義
    5.4 造林の特質
    5.5 造林・育林の成果モデル
    5.6 造林の方法:更新
    5.7 人工更新:人工造林
     5.7.1 人工林の林木の健全な生長
     5.7.2 造林樹種の選び方
     5.7.3 地拵え
     5.7.4 苗木の植栽
     5.7.5 植栽時の留意点
     5.7.6 コンテナ苗
     5.7.7 人工更新,人工造林の課題
    5.8 天然更新
     5.8.1 天然更新の種類
     5.8.2 天然更新における課題
    引用・参考文献

    6. 森林保育
    6.1 下刈り
    6.2 ツル切り
    6.3 枝打ち
    6.4 除伐
    6.5 間伐
     6.5.1 諸外国における間伐の意義の相違
     6.5.2 欧米諸国における樹型級
     6.5.3 寺崎の樹型級編成に至るまでの経緯
     6.5.4 間伐種の分類
     6.5.5 寺崎の樹型級のモデルとなった浅間山国有林の現況
     6.5.6 寺崎の樹型級における問題点
    引用・参考文献

    7. その他の造林の方法
    7.1 広葉樹造林
     7.1.1 広葉樹の特徴
     7.1.2 広葉樹の樹形
     7.1.3 日本における広葉樹造林
     7.1.4 広葉樹造林の種類と目的
    7.2 省力造林
     7.2.1 省力造林の試験例
    7.3 ゾーニング
    7.4 複層林施業
    7.5 林分施業法
    7.6 森林美学
    引用・参考文献

    8. 新たな造林の手法
    8.1 “多様な森づくり”のニーズと模索
    8.2 人工更新+天然更新+遷移→針広混交林&複層林
    8.3 天然更新の樹木の持つ可能性
    8.4 天然更新の今後
    8.5 日本における造林学の課題
    引用・参考文献

    付録 森林・樹木と数学
    A.樹の形:樹形
    B.森林と数学
    C.「古典造林学」から「現代造林学」へ
    D.まとめ

    引用・参考文献
    索引




全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 森林林業振興助成事業 令和元年度 成果報告書 森林を活用した障害者・高齢者の保健休養及びレクリエーションの今後の展開方向に関する実証的調査事業

    上原 巌

    森林林業振興助成事業 令和元年度 成果報告書 ( 日本森林林業振興会 )  1   1 - 57   2020年06月

    会議報告等   単著

    2020年度 事業報告 要旨

     21世紀を迎えた今日、障害者を含むすべての人々が同等に生活し活動する社会を目指す「ノーマライゼーション:normalization」の理念に基づき、障害等の有無にかかわらず、誰もがその人格と個性を尊重し、支え合う「共生社会」の実現が求められている。
     このような社会背景の中、2020年(令和2年)に身体障害者(肢体不自由(上肢・下肢および欠損、麻痺)、脳性麻痺、視覚障害、知的障害)を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会であるパラリンピックが東京で開催されることとなった。1998年(平成10年)の長野パラリンピック冬季大会の際にも同様の現象がみられたが、同大会の開催を契機に一般の障害者スポーツへの関心が再び急速に高まっている。この機運を障害者全体への理解へと繋げ、さらにノーマライゼーションの普及、定着をはかっていくことも、今回の東京パラリンピックの開催趣旨、ミッションとしても重要な意義を持っている。  そして、障害者への理解がより深化したノーマライゼーション社会の実現のためには、様々な分野、機会を通じて必要な措置を講ずる努力をしていくことが重要である。
     森林は、木材生産をはじめ、災害防止、水源涵養、生物多様性の保全など、様々な機能を有し、近年はその保健休養機能として、森林浴や森林療法など、人々の健康増進をはじめ、医療、福祉においてもその活用が広がり、人々の関心、ニーズも高まっている。また、近年では、トレイルラン、マウンテンバイクなど、郊外の森林環境を活用したアウトドア・スポーツも同時に人気を高めてきている。
     しかしながら、前述したノーマライゼーション社会の実現のためには、障害等の有無にかかわらず、すべての人が森林を活用し、その保健休養効果やスポーツ、レクリエーションを享受できる環境・施設整備や、利用プログラム・ソフトの開発、そしてそれらをサービス・供給する体制の構築および人材面を育成することが課題である。
     そこで、本事業では、わが国における障害者の森林活用の現状を調査分析するとともに、諸外国における状況と比較検討も行い、わが国における課題を抽出して、今後の展開方向をまず検討する。次に、森林の活用が障害者に及ぼす影響等を調査し、障害者が保健休養やスポーツ、レクリエーションの場として、その積極的な利用のために必要とする施設の整備や、効果的な利用プログラムを開発するとともに、その活動を支援する人材育成および体制づくりを検討する。これらの検討を通じて、障害者の森林を活用した保健休養および森林レクリエーション、スポーツの普及を図ることを目的とした。

    <初年度 2020年度の内容>

    1.わが国における障害者の森林活用の現状調査
     わが国における障害者の森林活用の現状調査として、特に森林林公園等における障害者対応の状況の把握を行った。障害者が保健休養やレクリエーションとして森林公園等を利用するに当たっては、健常者とは異なったニーズや視点に立った施設整備や利用プログラムが必要となるため、まずはその障害者の森林活用の実態を把握することを目的に、全国の主要な31か所の森林公園(レクリエーションの森を含む)の管理者等に対してアンケート調査を実施し、障害者の利用状況、障害者に対応した施設の整備状況、障害者が利用できるプログラムの有無と内容を調査し、そのアンケート結果をふまえ、先進的な事例・モデル等を持つと思われる東京都立砧公園、神戸市立森林植物園、愛知県森林公園の3か所を選択し、現地調査を行った。

    2.森林における障害者への対応の諸外国の現状調査
     障害者が森林での保健休養やレクリエーション活動を行うために必要な施設整備のガイドライン等について諸外国での整備状況の文献調査を行い、その結果から、ベルギーにおける障害者の森林利用についての先進的な優良事例を収集した。

    3.シンポジウムの開催
     上記の1,2の調査結果を報告するシンポジウムを2020年6月2日に東京都内で開催 予定であったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の発生・流行とその対策による緊急事態宣言発令のため、開催は中止となった。
     次年度2021年度以降に開催を期したい。

  • 福岡県八女市の山林での活動 <連載>森林と健康 -森林浴、森林療法のいま- 第18回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  397   4 - 7   2020年06月

    総説・解説(その他)   単著

    福岡県八女市の山林を活用した、地域の森林関係NPOと社会福祉NPOによる協働の森林療法(作業療法)の事例について報告した。

  • 地域の山林を利用した森林療法(埼玉県飯能での事例) <連載>森林と健康-森林浴、森林療法のいま- 第17回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  396   10 - 13   2020年05月

    総説・解説(その他)   単著

    「西川林業」発祥地である、埼玉県飯能市において、地元の森林活動NPOと東京の社会福祉法人の協働により、スギ、ヒノキ林を活用した森林療法を実践した結果を報告した。
     活動を行ったのは、飯能市吾野地区のスギ、ヒノキ林であり、そのうち15年生の若齢ヒノキ林では間伐と搬出リレーによる作業活動も行った。
     休養と活動を組み合わせた日帰りのプログラムであったが、社会福祉施設利用者の保健休養だけでなく、林産物の生産販売の可能性も得ることができた。

  • 地域の山林を利用した森林療法 -福岡県八女市-

    上原 巌

    現代林業 ( 全国林業改良普及協会 )  2020年5月号   1 - 6   2020年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    福岡県八女市黒木町の山林では、地元のNPO法人「山村塾」と、となりの柳川市のNPO法人「宝箱」が協働で発達障害、精神障害者の方々を対象に、地域の山林を活用した森林療法に取り組んでいる。
    「宝箱」が森林療法をとりいれたのは2008年。2020年現在は、八女市の共有林を借りて、毎月2回のペースで森林療法を継続している。内容は、林地残材の丸太を搬出し、それを長さ1mほどに玉伐って運び、ボイラー資材にするという作業療法を主とするほか、林内のスギの落ち葉集めなども行い、それらはボイラーの焚き付けに使われている。山林での活動は、「見つける」「拾う」「運ぶ」「切る」「集める」などの単純作業に分割され、それぞれの利用者が各自の得意な活動に取り組んでいることがポイントである。山林での活動時間は、2時間程度。柳川市と八女市の往復の時間も入れると、半日がかりの活動である。
    林地から搬出された材をボイラーで燃焼させた熱は、施設内の暖房をはじめ、介護入浴サービスの給湯などに利用されている。ボイラーの利用を始めてからは、さらに近隣の木工所やホームセンター、造園業者などからも木質残材が集まるようになった。
    この地域の山林と福祉との融合は、何の変哲もない、どの地域にも見られる山林の活用であることが特徴だ。いわばどの山林であっても、森林療法の舞台となれることを示している。  
    現在の社会における様々な較差をはじめ、障害、人種、性別などにも左右されず、すべての人に森林療法が広がり、親しまれていくことを願っている。

  • 地域病院、社会福祉施設の事例 <連載>森林アメニティのすすめ -私たちの健康と森林ー 第2回目

    上原 巌

    グリーンパワー ( 森林文化協会 )  2020年2月号   8 - 9   2020年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    「森林は、私たちの心身を癒し、健康を増進する」-そんなキャッチフレーズを新聞や雑誌で時おり目にする。すべての人にそれが当てはまるとは言えないまでも、実際にはどのように森林が心身を癒す事例があるのだろうか?
     本報では、各地の森林を活用した治療やケアの事例を報告した。
     まず治療では、精神疾患の治療や心身のリハビリテーションの一環として、またケアでは、障害者の療育活動の一環として、森林散策や森林での作業活動を展開している事例が各地でみられている。

    1.地域病院での事例
     北海道苫小牧市の植苗病院では、精神疾患の患者さんが、病院隣接のミズナラ林を使って、その林内環境でのカウンセリングや作業療法を実施している。ミズナラ林は病棟のすぐそばにあるため、患者さんは不安感も低く、四季の風致変化を楽しむことができる。この事例では、普段の病室内では聞くことのできない個々の患者さん内面の思いや過去の回想などをこの林内のカウンセリングでは聞くことができたり、森林の中では、医師と患者という関係性や障壁が緩和されたりと、森林という空間、場を共有し、その風致を享受できることも利点であることが報告されている。
     また、静岡県浜松市の天竜病院では、病院隣接の公立森林公園を活用して、散策を中心に、PTSD(精神的外傷ストレス)を抱えた患者さんなどの治療を行っている。この場合、森林が何も言わない、沈黙の環境条件であることが重要であるとされている。過去の辛い場面をフラッシュバックしてしまう重度の患者さんにとって、様々なインストラクションや解説などよりも、森林が無言で受容するそのこと自体が、治療の環境としてまず適切なのである。定期的な森林散策によって、個々の患者さんは、心身のストレスを軽減する効果がはたらいたことが報告されている。 
     次に、鹿児島県霧島市の霧島桜ケ丘病院では、病院隣接のスギ、ヒノキの放置林に間伐、ツル切り等の手入れを行って整備をし、主に認知症の患者さんのリハビリテーションや作業療法の場として森林の活用をしている。患者さんにはご高齢の方が多く、かつての農林業の体験をお持ちの方も多いため、当初予想していたよりも森林環境はスムースにリハビリテーションの場として受け入れられたそうだ。実際、森林内にリハビリテーションの場が設けられてから、それまで室内でのリハビリには参加しなかった患者さんが自主的にその森林空間に出かけるようになったケースも見られ、森林療法の効果としては認知症に伴う障害行動の減少やコミュニケーションの活性化、短期記憶の回復などが報告されている。
     兵庫県の姫路北病院においては、地域の複数の森林に出かけての精神疾患の患者さんの治療を行っており、長野県北相木村の診療所では、認知症の患者さんに、むかしのことをふりかえってもらう「回想法」を地域の山林で行っている。いずれの事例もご高齢の患者さんが中心であるが、それぞれの人生には森林が深くかかわっている場合が多い。各自の人生を振り返る場として、またそれぞれの患者さんを育んだ故郷としての森林は意義を持っており、回想の作用を患者さんにもたらしている。とりわけ長期間、病棟内から戸外に出かけることが少なかった患者さんにとっては、森林のもたらすその作用は、コミュニケーション面にも影響を与え、普段は壁を相手に話をしていた患者さんが、森の中では、ごく普通に他者と会話ができたことなども報告されている。
     また、長野県の鹿教湯温泉病院では、リハビリテーションの一環として80年代より森林浴を取り入れ、温泉浴と組みあわせたこころみを行っている。
     以上、これらの地域病院でのこころみは、いずれもその地域の無名の森林をそのまま活用していることにも特徴がある。様々な自然療法バブルの勃興とともに、一般には、認証を受けた“森林療法用の特別な森林”が必要とされるイメージがあるかもしれないが、決してそうではない。どの森林にも患者さんの症状に治療効果をもたらす可能性がある。また、同時に、転倒、ケガなどをはじめ、リスクやデメリットも同時に存在する。

    2.社会福祉施設での事例
     長野県の自閉症療育施設「白樺の家」や、発達障害者臨床福祉施設「親愛の里松川」では、地元の山林に出かけ、シイタケ原木の生産活動などの野外療育活動を行っている。各施設の利用者さんは、知的障害、精神障害、そして発達障害などを抱える方々である。森林での活動には、「歩く」「見つける」「運ぶ」「適合させる」「叩く」などの療育要素が含まれ、総合的、全人的な活動となっている。その結果、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五官のリハビリテーションを行うことなり、コミュニケーションが活性化し、感情が安定して、生活能力、社会性が涵養されたという効果が報告されている。
     また、兵庫県の社会福祉施設「かがやき神戸」でも、施設のかたわらにあるアカマツ林の手入れ作業を行い、知的・精神障害者の野外活動としてその森林を活用している。手入れ不足の山林が各地にみられる今日、こうした森林での作業が「作業療法」として活用できることも特長である。
        
    3.今後の森林アメニティの可能性は? 個々のニーズと森林アメニティの合致
     働き盛りの企業人や教員の心の保養づくり、また一般市民を対象とした作業療法と森林散策、リラクセーションをミックスした活動なども各地でもちろん行われている。
     わが国の近未来における「超高齢化社会」における健康づくりや、今なお増え続けている生活習慣病予備軍の予防医療などにおいても、森林の持つ保健休養効果はその意義と重要性を高めていくことだろう。しかしながら、ここで肝心なことは、「万人に効果をもたらす森林」はないということである。つまり、個々の持つニーズに対して合致する森林のアメニティ(恵み)をあてがう、組み合わせることが肝要であるということだ。例えば、何よりも静けさを必要とする人には静かな森林を、身体を動かすことを必要とする人には、アップダウンの地形のある森林環境を、職場でも森林の恵みを享受したいという人には、樹木の香りを、などのように、それぞれのニーズにできるだけ見合ったアメニティを適合させることである。

    (引用文献)
    上原 巌・清水裕子・住友和弘・高山範理(2017)森林アメニティ学.朝倉書店.

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 心身を回復に導く「森林療法」

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴と森林療法との違い、森林療法の実践事例、日本における今後の可能性などについて報告した。

  • 森へ出かけませんか? -森の香り、緑の風景、川の音などを楽しもう

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴の心身に対する効果についてまとめた

  • みどりの癒し (その29 森林美学)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年09月(年月日)
    -
    2013年09月

  • みどりの癒し (その28 古代ギリシャのヒポクラテス)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年07月(年月日)
    -
    2013年07月

  • みどりの癒し(その27 早朝の散策)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年05月(年月日)
    -
    2013年05月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2016年08月27日   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

    大会発表継続賞

  • 日本カウンセリング学会 大会継続発表賞

    2008年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2001年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中山間地域の森林環境を利用したPTSD治療の実証的研究

    萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    住宅地隣接の里山は、福祉関係者、福祉施設利用者のみならず、地域住民にとっても、自己受容を図り、精神的なよりどころとなる存在意義がある。単なる里山整備に加えて福祉利用という目標も付加された場合、さらに具体的な目標設定がしやすくなり、多様な人材が集まることが本研究によって示した。また、対象者の生理検査および行動評価の結果においては、それぞれ約6~8割の対象者に、森林療法の実施前と比較して向上的な効果が認められ、精神的にも安定化していく傾向などがうかがえた。これらの結果から、森林療法には、異常値を健常値に近づけるスタビライザー的な効用があることも示唆された。
    以上、2年間の研究を通して、森林環境は、患者の受容、治療環境としての意義を持つこと、そして森林療法は、長期的な治療時間軸上において、行動療法、精神療法にも適していることが推察された。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 森林を活用した障害者の保健休養およびレクリエーションの今後の展開方向に関する実証的調査事業

    提供機関:  一般財団法人 日本森林林業振興会  森林林業振興助成事業

    研究期間: 2019年07月  -  2022年12月  代表者:  上原 巌

    (1)全体事業計画書 

    1 事業の背景と目的

    障害者を含むすべての人々が同等に生活し活動する社会を目指す「ノーマライゼーション」の理念に基づき、障害等の有無にかかわらず国民の誰もがその人格と個性を尊重し、支え合う「共生社会」の実現が求められている。
    このような社会背景の中、2020年(令和2年)に身体障害者(肢体不自由(上肢・下肢および欠損、麻痺)、脳性麻痺、視覚障害、知的障害)を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会であるパラリンピックが東京で開催されることとなった。1998年(平成10年)の長野パラリンピック冬季大会の際にも同様の現象がみられたが、同大会の開催を契機に一般の障害者スポーツへの関心が現在再び急速に高まりつつある。この機運を障害者全体への理解へと繋げ、さらにノーマライゼーションの普及、定着をはかっていくことが東京パラリンピックの開催趣旨、ミッションとしても重要な意義を持っている。そして、障害者への理解が深化したノーマライゼーション社会の実現のためには、様々な分野、機会を通じて必要な措置を講ずる努力をしていくことが重要である。
    さて、森林は、木材生産をはじめ、災害防止、水源涵養、生物多様性の保全など、様々な機能を有しているが、近年はその保健休養機能として、森林浴や森林療法など、人々の健康増進をはじめ、医療、福祉においてもその活用が広がり、高まりをみせている。また、近年では、トレイルラン、マウンテンバイクなど、郊外の森林環境を活用したアウトドア・スポーツもその人気を高めている。しかしながら、前述したノーマライゼーション社会の実現のためには、障害等の有無にかかわらず、すべての人が森林を活用し、その保健休養効果やスポーツ、レクリエーションを享受できる環境・施設整備や、利用プログラム・ソフトの開発、そしてそれらをサービス・供給する体制の構築および人材面を育成することが課題である。
    そこで、本事業では、わが国における障害者の森林活用の現状を調査分析するとともに、諸外国における状況と比較検討も行い、わが国における課題を抽出して、今後の展開方向をまず検討する。次に、森林の活用が障害者に及ぼす影響等を調査し、障害者が保健休養やスポーツ、レクリエーションの場として、その積極的な利用のために必要とする施設の整備や、効果的な利用プログラムを開発するとともに、その活動を支援する人材育成および体制づくりを検討する。これらの検討を通じて、障害者の森林を活用した保健休養および森林レクリエーション、スポーツの普及を図ることを目的とする。


    2 事業の具体的内容

    (1)わが国における障害者の森林活用の現状調査
    ア 森林林公園等における障害者対応の状況
    障害者が保健休養やレクリエーションとして森林公園等を利用するに当たっては、健常者とは異なったニーズや視点に立った施設整備や利用プログラムが必要となる。そこで、障害者の森林活用の実態を把握するため、全国の主要な森林公園(レクリエーションの森を含む。)の管理者等に対しアンケートにより、障害者の利用状況、障害者に対応した施設の整備状況、障害者が利用できるプログラムの有無と内容を調査する。
    また、そのアンケート結果をふまえ、先進的な事例・モデル等を調査する。
    イ 各アクティビティにおける障害者対応の現状
    森林での休養、散策、スキー、ツリークライミング等、森林を活用した保健休養、レクリエーションにおける障害者対応の現状について、それらを企画運営している事業者等にヒアリング等を行い、障害者の参加の実態を把握し、先進的な事例・モデル等を調査する。
    (2)森林における障害者への対応の諸外国の現状調査
     障害者が森林での保健休養やレクリエーション活動を行うために必要な施設整備のガイドライン等について諸外国での整備状況の文献調査を行うとともに、障害者の利用・参加の先進的な優良事例を収集する。
    (3)森林での保健休養やレクリエーションが障害者に及ぼす影響調査
     障害者(特に知的障害者を主体として)が森林での保健休養やレクリエーション活動、アクティビティを行うことによって、どのような効果、作用があるかを調査し、障害別(レベルを含む)と森林環境条件のそれぞれの収集を行う。
    (4)森林活用プログラムの開発
     障害者が森林を活用した保健休養やレクリエーションを行うためには、施設の整備とともに、そのプログラムが必要となる。このため、上記(1)から(3)までの調査結果を踏まえ、障害の種類、レベルに応じた森林活用プログラムを開発する。
    (5)ワークショップの開催
     森林レクリエーションエリアに障害者をモニターとして招待し、保健休養やレクリエーションを体験していただき、これらの活動を支援する体制づくり、人材養成を検討するとともに、今後の展開方向についての課題を抽出する。
    (6)シンポジウムの開催
     “森林パラレクリエーション”の普及を目的としたシンポジウムを開催し、障害者にも対応した森林レクリエーションエリアにおける施設整備の促進と障害者の森林の保健休養、レクリエーション活用を支援する仕組みづくりの必要性の認識の普及を図る。

    3 期待される波及効果
     障害者のさらなる森林利用の拡大と促進、森林活用におけるノーマライゼ―ションのさらなる普及拡大に寄与することが考えられる。また、健常者に対しても、森林の保健休養、レクリエーションの選択肢が広がり、質の高いサービスの提供が可能となることが予想される。

    (2)申請年度事業実施計画書

    (1)わが国における障害者の森林活用の現状調査
    ①森林林公園等における障害者対応の状況調査
    障害者の森林活用の実態を把握するため、全国の主要な森林公園(レクリエーションの森を含む。)の管理者等に対しアンケート調査を行い、障害者の利用状況、障害者に対応した施設の整備状況、障害者が利用できるプログラムの有無と内容を把握する。また、そのアンケート結果をふまえ、先進的な事例・モデル等も把握する。
    ②各アクティビティにおける障害者対応の現状
    森林での休養、散策、スキー、ツリークライミング等、森林を活用した保健休養、レクリエーションにおける障害者対応の現状について、それらを企画運営している事業者等にヒアリング等を行い、障害者の参加の実態を把握し、先進的な事例・モデル等を調査する。

    (2)森林における障害者への対応の諸外国の現状調査
     障害者が森林での保健休養やレクリエーション活動を行うために必要な施設整備のガイドライン等について諸外国での整備状況の文献調査を行うとともに、障害者の利用・参加の先進的な優良事例を収集する。

    (3)森林での保健休養やレクリエーションが障害者に及ぼす影響調査
     障害者(特に知的障害者を主体として)が森林での保健休養やレクリエーション活動、アクティビティを行うことによって、どのような効果、作用があるかを調査し、障害別(レベルを含む)と森林環境条件のそれぞれの収集を行う。

    (4)ワークショップの開催
     森林レクリエーションエリアに障害者をモニターとして招待し、保健休養やレクリエーションを体験していただき、これらの活動を支援する体制づくり、人材養成を検討するとともに、今後の展開方向についての課題を抽出する。

  • 東京農大 福島イノベーション・コースト研究プロジェクト -大学の専門的知見をフル活用した浜通り地方の復興から地域創生へのシームレスな支援モデル事業ー

    提供機関:  公益財団 福島イノベーション・コースト構想推進機構  2019年度 学術研究活動支援事業:大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業

    研究期間: 2019年05月  -  2020年01月  代表者:  山本祐司、渋谷住男

    福島県の浜通り地方は、阿武隈山地から太平洋にかけて、森林地域、森林と平地の境界地域、農地を中心とする平地地域の3つに分けることができる。これらの地域においては、2011年に発生した東京電力福島第一原発事故に起因する放射性物質汚染からの環境回復に関する課題が異なっている。また、森林からの土砂流亡などだけではなく、民家近隣の田畑にも野生動物の出現数の増加がみられるなど、生物界でも変化が生じてきている。そこで、各地域に応じた環境回復の課題を林学、生産環境工学、土壌学、昆虫学など農業系大学が有する多様な技術を用いて各分野の連携を取りつつ解決していく。

    <技術分野の目的・概要等>
    1)森林環境回復(地域環境科学部 森林総合科学科)
    2)森林・農地境界領域の環境回復(地域環境科学部 生産環境工学科)
    3)地域資源を活用した農地の環境回復(応用生物科学部 農芸化学科)
    4)農村空間の環境回復(国際食料情報学部 国際農業開発学科)
    5)野生動物の環境回復(地域環境科学部 森林総合科学科)

    <経営分野の目的・概要等>
    1)農業経営人材の育成(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)
    2)6次産業化商品開発支援(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)
    3)農産物及び加工品のマーケティング支援(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)




  • 生活習慣病の予防医療に寄与する地域放置林の再生

    提供機関:  農林水産省  森林づくり国民運動推進事業助成金

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

    長野県山間部の放置カラマツ林を調査モデル林とし、その整備を行いつつ、地域医療における生活習慣病の予防環境としても位置付け、再生作業を行った。また、再生作業中に生産されたカラマツの間伐丸太は、休養空間のテーブル、ベンチに利用し、端材は木炭化を図るなど、有効利用にもつとめた。
    研究の結果、地域林は、特に認知症患者の治療環境に好適であり、過去の回想効果もあることが明らかになった。

  • 森林の癒し研究に関する研究

    提供機関:  民間財団等  日本林業技術協会 学術研究助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた。

  • 森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益信託富士フィルムグリーンファンド研究活動助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

  • 長野県筑北村東条地区における里山交流促進計画-林福連携による里山の新たな活かし方

    提供機関: 環境省  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    長野県筑北村において、地域の森林を活用し、地元の林業会社および社会福祉施設関係者と協働で、地域林の新たな活用方法を創出することを目的とする。

  • 平成28年度 新たな木材需要創出総合プロジェクト事業

    提供機関: 林野庁  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年04月 

    東京都荒川区の社会福祉施設、福祉作業所を中心に、森林・木材を活用した療育、リハビリテーション、および新規事業開発に取り込むことを目的とする。

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    長野県伊那市の山林における
    ①地衣類を主とした環境指標生物
    ②カラマツ林床における薬用樹木、植物
    の2テーマを中心とし、地域活性化の方策を検討する

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 社会福祉施設における森林療法導入上の課題

    上原 巌

    第131回日本森林学会大会  (名古屋大学)  2020年03月  -  2020年03月  日本森林学会

    世界各国における不況と、地域資源の見直しの中において、森林環境もまた脚光を浴びている。特に地域の森林を活用した森林療法(Forest Therapy)はその名称が急激に国際的に広がり、地域振興ビジネスをはじめ、多種多様な玉石混交の様相を呈している。
     しかしながら、それらビジネス展開が先行し、身近な森林環境を見直し、「森林も人間も共に健康を高めていこう」とする取り組みや、地域の高齢者、障がい者、子どもなど、地域住民の健康増進に関する取り組みは、稀少なのが現状である。なかでも森林療法の本来の目的には、福祉分野における森林の活用があげられる(上原 第110回日本林学会大会 1999)。
     そこで本研究では、都心に位置する障害者福祉施設の利用者および職員が、近郊の私有林に出かけて森林での作業、活動を行い、福祉分野における森林環境の利用についてその利点と不利点を考え、また何が利用にあたっての障壁となっているかを東京と九州の福祉施設で考察した。
     活動の結果、日頃の様子、行動とは異なる利用者の変化がみられることが最も大きな利点としてあげられ、同時に森林関係者との仲介、協働なしには成立が難しいことが示された。

  • 森林環境の回復

    上原 巌

    東京農大 東日本支援プロジェクト 2019年度成果報告会  (福島県相馬市 JAふくしま未来 研修センター)  2020年01月  -  2020年01月  東京農業大学

    森林再生班 報告 “放置林の再生”

    【これまでの経過と活動趣旨】
     福島県の森林では、2011年3月の福島第一原発の事故以来、放射線量が高いことが報告されているが、その実情はいまだに明らかにされていないことが多く、地元、近隣住民からの精査の要望が高い。そこで、同年より継続的に特に南相馬市を中心とした森林に定点観測地を設け、継続的に放射線量の測定を行ってきた。

    ①林床におけるサンプルの採集 
     2018年2月の時点では、森林のリター層(落葉層)の放射線量の減少がみられ、リター分解の進行とともに放射性物質が森林土壌に移行していることがうかがえている。また、シイタケ原木の萌芽枝からは、2016年より継続して、Cs134,137ともに放射線量は検出されておらず、クロモジ(クスノキ科)、ヤマグワ(クワ科)、クリ(ブナ科)、コナラ(ブナ科)、イヌシデ(カバノキ科)、アサダ(カバノキ科)、ミズキ(ミズキ科)、サンショウ(ミカン科)、コクサギ(ミカン科)、ヤマフジ(マメ科)、アセビ(ツツジ科)、若齢スギ(ヒノキ科)、ウワバミソウ(イラクサ科)などの採集サンプルからは、Cs134は非検出であった。また、若齢のスギや遷移上のパイオニア種であるアカメガシワなどからは、Cs134、Cs137ともに非検出であった。

    以上の結果から、
    ・放射性降物質の被害を受けた森林では、セシウム134が激減している。
    ・林床リターの放射線量は減少し、森林土壌の表層部に移行中。
    ・自然の広葉樹、針葉樹の実生では、ともにセシウム134、137の双方が検出されない個体も増加している。
    ・切り株の萌芽更新では、萌芽枝からの放射線量は検出されなかった。
    ・森林からの流出水から、放射線量は検出されなかった。
    の5点が現段階までにうかがえている。
     さらに今後の森林再生の施業方策としては、間伐、除伐により、林内空間をあけ、林床照度を高めることによって樹木の天然更新(風散布、動物散布)を促進し、従来の針葉樹人工林との天然広葉樹との「針・広混交林」化をすすめることが現実的であり、かつ将来の展望を持てるものであると考えられる。そのため、2019年度では、間伐、除伐などの適切な森林保育がなされないまま放置されている民有林に着目して、その林地において間伐、除伐を実施し、森林の新陳代謝をはかることを主目的とした。

    ②間伐対象地の調査:2019年9月
     本プロジェクトの間伐対象地として選定された相馬市今田字権現182の鎌田重昭氏の所有林において、林分状況を調査した。
     林分は、1983年(昭和58年)に植栽されたスギ林であり、コナラが混交している。立木密度は2000本~2400本前後であり、樹高はスギ、コナラともに8~14m、胸高直径(DBH)は、スギ、コナラともに15~25㎝であった。
     林床の植生調査を行ったところ、主な下層植生として下記の木本植物が確認された。
    エンコウカエデ、ヤマザクラ、アカマツ、コナラ、クロモジ、シロダモ、ウラジロノキ、ウルシ、アオダモ、ツクバネ、モミ、イヌツゲ、ハリギリ、コクサギ、シャリンバイ、ガマズミ、オトコヨウゾメ、ミツバアケビなど。その他、ササ類が繁茂している。
     林分の土壌は、砂質壌土~埴質壌土である。なお、スギ立木には、間伐、除伐不足による風通しの悪さによって発生したと思われるコブ病が認められた。
     林内の平均相対照度は7.4%(±13.8)であった。

    ③間伐の実施(2019年10月)
     間伐種は本数間伐で、15%、30%、50%の3段階であり、間伐前後の比較検討も行った。間伐後、相対照度を再度測定したところ、間伐率の段階ごとに、照度が回復していることがうかがえた。

    今後の予定
     林分の今後の施業として、
    1.スギ植栽林を、スギ・コナラ混交林を主体とした針・広混交林に仕立てていく。
     スギ林に混交するコナラを残存しながら、林床における天然更新を促進し、種の多様性の増加をはかり、土壌流亡などを抑止する森林を形成していく。いわば、「人工植栽+天然更新」による森林の再生をはかる。
    2.林床に芽生え、生育しているクロモジ、ハリギリ、アオダモなどの有用広葉樹を育成する。林床には有用広葉樹も数多く分布しており、それらのモニタリング、分布密度を調べながら、有用広葉樹も育成も同時に行っていく。
     の二案を提案した。

     福島各地の森林では、いまなお、放射性降下性物質による影響は残存しているが、森林の保育作業を促進することにより、森林自体の新陳代謝を活性化させていきたい。

  • 東京農業大学・奥多摩演習林における学生実習

    上原 巌

    第9回 中部森林学会大会  (岐阜大学)  2019年12月  -  2019年12月  中部森林学会

     東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科(1998年改称 旧名:林学科 1947年創設)では、1、2年次に「演習林実習(1年次:1単位,2年次:2単位)を必修実習として行っており、2019年現在、130~140名の学生が演習林実習に参加している。
     本報では、そのうちの2年次の演習林実習(2泊3日)を取り上げる。実習は、45名前後ずつの3日程に分けて実施し、毎木調査、樹冠投影図、土壌断面図の作成、樹木検索、間伐などを行っている。
     実習後に全参加学生対象にアンケートを行ったところ、特に印象に残った実習では間伐作業、難しかった実習では樹木検索が上げられ、また性差では、男子は樹木検索が、女子では林分計算を苦手とする傾向がうかがえた。自由回答では、日頃の体力不足と、虫類を苦手とするものが多かった。これらの点をふまえ、現在の大学演習林における実習の課題と展望を考察した結果を報告した。
    キーワード:奥多摩演習林、実習、造林学、学生

    Department of Forest Science (former name: Forestry established in 1947) practices “Forest training” for freshman and sophomore students every year. About 140 students annually attend on each training. Forest training consisted of silviculture curriculum. The training is practiced by dividing three schedules (3 days 2 nights each) and groups (45 students each) in summer vacation. Students study every tree survey (tree height, diameter at breast height: DBH), canopy projection drawing, soil cross section drawing, tree identification, and thinning during the training days. Questionnaire results showed the most impressive training for students was thinning and the most difficult training was tree identification. Male students tended to weak at tree identification and female students tended to weak at calculation on gender difference. Many students recognized their lack of physical strength and being insect weak.

    Keywords: silviculture, sophomore, thinning, tree identification

  • 健康作りの諸法 地域の森林を活用する

    上原 巌  [招待有り]

    第17回 健康予防医療勉強会  (SRL港ラボ:麻布十番ビル)  2019年11月  -  2019年11月  未病予防医療勉強会

     これまで地域の放置されていた地域の山林に目を向け、「森林での健康づくり」を企画する地方自治体が増えてきている。しかしながら、その中にはトップダウン形式による企画や、ただ安易な看板を掲げた地域振興的な曖昧な企画、漠然とした試みの地域も数多く、また、観光や地域振興を主とした認定事業も登場している。一方で、身近な森林環境を見直し、森林に対する働きかけをしながら、「森林も人間も共に健康を高めていこう」とするような取り組みや、地域の高齢者、障がい者、子どもなどをはじめ、地域住民の健康づくりに関する取り組みは、意外なほど稀少であることが現状である。 
     けれども、障害者の療育活動やケアの一環として、また精神疾患の治療に森林散策や森林での作業を取り入れた実践活動などは草の根のこころみとして、各地で増えてきている。例えば、東海地域のある病院では、定期的に森林散策や簡単なレクリエーションを行い、PTSD(精神的外傷ストレス)を受けた入院患者の治療を行っている。また、中部や関西の社会福祉施設では、山林の保育作業を知的・精神障がい者のケアの一環として行っているところもみられる。手入れ不足の山林が全国に増えてしまった今日、こうした山林での作業が作業療法として活用できることにも新たな可能性を有している。また、認知症患者の回想法として森林散策を取り入れている山間部の診療所や、地域の高血圧症の高齢者の患者さんを対象にして、森林散策を取り入れている地域病院、リハビリテーションの一環として野外散策を取り入れている温泉病院などもある。
     しかしながら、臨床研究のデータは依然として大きく欠落しており、今後は医療、福祉、心理、教育関係者などとのコラボレーションを図った共同研究による森林の保健休養効果の解明が進んでいくことが期待される。

  • スギ・ヒノキ林冠下におけるアブラチャンの分布と樹形の特性

    上原 巌

    第9回 関東森林学会 大会  (栃木県青年会館 コンセーレ (宇都宮市))  2019年10月  -  2019年10月  関東森林学会

     アブラチャン(Lindera praecox)は、クスノキ科クロモジ属の樹木であり、特有の芳香を持ち、薪炭のほか、その実から採れる油は読書灯などに用いられてきた。
     アブラチャンは、本州~九州にかけての温帯に自生し、スギ、ヒノキなどの造林地の林縁、林床でもよく見られる。とりわけ林床の植生が貧弱になりやすいスギ・ヒノキ人工林の場合、アブラチャンの発生、分布は、土壌流亡抑制などの意味においても重要な意義を持っている。しかしながら、その林冠下の発生密度や分布の状況、また樹形の変化などについてはあまりよく知られていない。
     そこで本研究では、奥多摩源流の山梨県小菅村のスギ・ヒノキ人工林(標高約500m)において、その林床のアブラチャンの分布状況と樹形の特徴を調べた。
     調査の結果、アブラチャンはスギ・ヒノキ林冠下に二層目となる低林冠を形成し、地形の傾斜に適応して樹冠を階段状に連ねて発達させていること、また受光のために柔軟に樹形を変化させていることなどが示唆された。アブラチャンは、スギ、ヒノキの樹冠下および樹間に生育し、樹形は垂直型と水平型の2タイプに大別された。葉のSPAD値(クロロフィル量)の測定も行ったが、樹冠下、樹間の枝葉、また地際からの上部までの部位による差異は見られなかった。
    これらのことから、スギ・ヒノキ林冠下のアブラチャンは除伐をせずに残存させ、土壌流亡抑止などに供すること、またその樹冠、樹形の形態から、林冠下の照度状況の指標ともなりうることなどが考えられた。

    キーワード:ヒノキ林冠下、アブラチャン、分布、樹形特性

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 長野県軽井沢中部小学校、宮城県立仙台西高等学校など 複数校   農大出前講座

  • 静岡県立天竜高等学校、埼玉県立与野高等学校、私立大成高等学校、東京都立世田谷泉高等学校、東京都立青梅総合高等学校、東京都立三鷹高等学校、東京農業大学第一高等学校など複数校   農大出張講義

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本森林保健学会   理事長 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 長野県自閉症療育施設「白樺の家」療育スタッフボランティア

    1995年05月
    -
    1997年08月

  • 長野県自然観察インストラクター

    1995年05月
    -
    継続中

  • 長野県通訳トレーニングセミナー伊那地区代表責任者

    1996年04月
    -
    1998年03月

  • 長野県環境教育研究会会員

    1997年04月
    -
    継続中

  • 長野冬季オリンピック通訳ボランティア(エム・ウエーブ会場)

    1998年02月
     
     

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 地域の森林資源を大切に保育管理しながら、森林環境の持つ多面的効用がより発揮できるような手法を考察していきたい。特に全国各地の「放置林」の再生手法に力を注ぎたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 身近な自然環境に興味を持ちながら、自分自身も見つめてみていってください。
    東京農業大学には多様な選択肢があります。