2018/11/27 更新

写真b

上原 巌 (ウエハラ イワオ)

UEHARA Iwao

教授

生年

1964年11月20日

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

03-5477-2268

研究室FAX

03-5477-2267

ホームページ

http://www.geocities.jp/ueharaiwao

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年03月

    ミシガン州立大学   農学部   林学科   その他

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    東京農業大学   農学部   林学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    信州大学  農学研究科  森林科学専攻  修士課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    岐阜大学  連合農学研究科  生物環境科学専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年04月

    アメリカ・ミシガン州立大学農学部林学科   東京農業大学派米留学生

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   短期大学部   環境緑地学科   非常勤講師  

  • 2004年06月
    -
    2006年09月

    東京農業大学   非常勤講師  

  • 2006年10月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

      長野県立下高井農林高等学校   教諭

  • 1997年09月
    -
    1999年05月

      知的障害者更生施設「親愛の里松川」   ワーカー

  • 2000年10月
    -
    2001年03月

      知的障害者更生施設「緑の牧場学園」   療育指導員

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      長野県軽井沢町長倉地区児童館   館長

  • 2001年04月
    -
    2004年09月

      長野県立高等学校   佐久地区スクールカウンセラー

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本カウンセリング学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本造園学会

  • 1999年02月
    -
    継続中
     

    アメリカ園芸療法協会(AHTA)

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    応用森林学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 危険物取扱者(乙種)

  • 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

論文 【 表示 / 非表示

  • Antibacterial effects of pyroligneous acid of Larix kaempferi

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA

    森林保健研究 ( 日本森林保健学会 )  2   14 - 19   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Abstract:
    Pyloligneous acid (wood vinegar) is produced as by-product in the making of charcoal. It has been utilized as a soil improvement material, agricultural chemical, and deodorant. However, its antibacterial effects are not yet clear and each tree species has different antibacterial effects. Larix kaempferi is only one species which is an autogenous deciduous conifer in Japan. It has a strong aroma and it has been supposed that it has a strong allelopathy effect too. This study focused on the antibacterial effects of the pyloligneous acid of Larix kaempferi and we attempted some basic experiments. 1% and 0.1% solution of pyloligneous acid showed antibacterial effects (p<0.001, 0.01) against Escherichia coli. 1%, 0.1%, 0.01% solutions showed an effect against Staphylococcus aureus. These results suggest that pyloligneous acid of Larix kaempferi has certain antibacterial effects.  
    Key-words: Larix kaempferi, Pyloligneous acid, antibacterial effects

    要旨:
    木炭の製造過程で生じる木酢液(Pyloligneous acid, Wood vinegar)は,土壌改良材や農薬の代替液として,また消臭剤として用いられている。しかしながら,その抗菌作用については,いまだに諸説があり,樹種によってもその効果は様々である。カラマツ(Larix laempferi)は,日本に自生する唯一の落葉針葉樹であり,その芳香も強く,アレロパシー作用を有していることが推察されている。本研究では,そのカラマツの木酢液に着目し,その抗菌効果についての基礎的研究を行うことを目的とした。実験の結果,大腸菌に対する抗菌効果では,1%溶液(100倍希釈)の抗菌作用が強く認められ(p<0.001),次いで0.1%溶液(1000倍希釈)の抗菌作用が認められた(p<0.01)。黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用では,いずれの希釈液でも抗菌作用が認められた(1%溶液:p<0.001,0.1%,0.01%溶液:p<0.01)。これらの結果から,カラマツの木酢液には,1%溶液であれば,明確な抗菌作用が得られることが示された。

    キーワード:カラマツ,木酢液,抗菌効果


  • Natural distribution of Pterostyrax hispida under the tree canopies of

    Iwao UEHARA

    関東森林研究  ( 関東森林学会 )  68 ( 2 ) 217 - 220   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Pterostyrax hispida sometimes grows in colonies under the artificial Larix leotolepis stands in the Kanto districts or Central part of Japan. This study researched the natural distribution of Pterostyrax hispida at artificial Larix leptolepis stands in the 800 to 900 meters altitude in the Okutama Training Forest of Tokyo University of Agriculture. The Pterostyrax hispida colonies were often luxuriant under the Larix leptolepis tree canopies, but they were decreased under the Criptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa canopies. The growth of Pterostyrax colonies also showed proportion with the tree height difference between Pterostyrax and Larix, or growth of the tree canopies of Larix. Those conditions must be suitable for Pterostyrax growth, because the light condition were profitable for them. However, growing in colonies of Pterostyrax restrained the other woody plants under the tree canopies of Larix. At the clay soil stands, the average height of Pterostyrax was low and their colonies decreased, too. It also showed the Pterostyrax has possibility as an indicator of soil condition.

    Keywords: Pterostyrax hispida, Larix leptolepis, colony, tree canopies, indicator

  • Seminar and practice of Silviculture Laboratory of Tokyo University of Agriculture (TUA)

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA, Izumi SUGAWARA

    中部森林研究   65   55 - 58   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The Forest Science Department (annual capacity: 140 students) of Tokyo University of Agriculture (TUA) has a special education system which contains 9 laboratories. These 9 laboratories are Silviculture, Forest Ecology, Erosion Control and Revegetation Engineering, Forest Engineering, Forest Products Chemistry, Wood Science and Technology, Forest Management, Forest Policy, and an electron microscope laboratory. In each laboratory students participate in seminars, experiments, filed study, and a graduate thesis research. Junior students are selected and are able to join in one of the laboratories. Silviculture is a subject which consists of various fields such as forest ecology, tree physiology, forest soil, forest aesthetics, and so forth. Therefore, Silviculture Laboratory also includes various field seminars, experiments, and field studies. The studies are mainly practiced in the field which aims to allow the acquisition of multiple viewpoints. The topics include seeds, cuttings, nurseries, tree observations, field trips, studies at Okutama Practice Forest, Fuji experiment forest, and other forest fields. Junior students learn various skills of the studies and decide on their own graduate thesis theme. We surveyed students through a questionnaire in 2015 and 2016 and found vegetation survey is a key aspect among the practices.
    Keywords: seminar, training, Silviculture laboratory, Tokyo University of Agriculture (TUA)

  • Cuttings of Lindera umbellata Thunb. and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea

    UEHARA Iwao

    中部森林研究   65   11 - 14   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Abstract: Lindera umbellata Thunb has a special sweet fragrance. It has been used as tooth picks for Japanese traditional cakes, but recently it has been also utilized as medical liquor and a bath solution. Demands for it as a medical plant have been also increasing. Therefore, producing stocks has another possibility for rural forests. This study attempted to make cuttings of Lindera umbellata Thunb and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama. Each of the cutting materials was collected before leaves bloomed leaves in the middle of April in 2016. The cuttings were two types; 10cm and 20cm long and planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 15 cuttings were planted in each planter for a total of 90 cuttings planted for each of the types. The nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). The percentage of blooming leaves of Lindera umbellata Thunb.was 80 percent and var. membranacea was 70 percent. However, the percentage of rooting for Lindera umbellata Thunb. was only 5 percent and var. membranacea was 15 percent. 15% of var. membranacea had callus. A survival rate of Lindera umbellata was 20% and var. membranacea was 30%. Measurement of data by SPAD of stocks with roots or callus were significantly higher than stocks without them (p<0.005).
    Keywords: cuttings, Lindera umbellata Thunb, Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama

  • Attempts of cuttings utilizing Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa and Larix kaempferi wood for nursery bed.

    Iwao UEHARA

    関東森林研究   67 ( 2 ) 259 - 262   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    要旨:育苗の手法、材料には、様々なものが報告されている。本報では、林地残材の有効活用の一環として、林内に放置されたスギ、ヒノキ、カラマツの間伐材より繊維状の木質チップを作製し、それを挿し床として利用して、その活着率を調べた。挿し木の試供木にはポプラ(Populus nigra)を使用し、長さ20cmの挿し穂を作った。上記のスギ、ヒノキ、カラマツの木質チップをそれぞれプランター(縦60×横22×深さ16cm)に入れ、1つのプランターに10本ずつ、計40本(計4プランター)を挿しつけた。なお、対照区として、鹿沼土を挿し床にしたプランターも同数もうけ、それぞれの生長の比較を行った。木質チップの挿し床の含水率はいずれも高く、また苗木の安定性も低かったため、いずれの挿し床においても活着率は著しく低く、スギチップで活着率0%、ヒノキチップ10%、カラマツチップで30%という結果となった。
    キーワード:挿し木、木質チップ、林地残材、活着率

    Abstract: There have been many attempts for cutting methods. This study aimed to research the percentage of cuttings that succeeded utilizing the remaining logs in the forest. We made Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa, Larix kaempferi wood chip from the remaining logs and used them as a nursery bed for the cuttings. The cuttings of Populus nigra cuttings were 20cm long and were planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 10 cuttings were planted in each planter with total of 40 cuttings planted in each of the wood chip varieties. The control nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). Water content of the nursery bed of the wood chips was higher and the survival rate was much lower than the control: 0% in the Criptomeria bed, 10% in the Chamaecyparis bed, 30% in the Larix bed.
    Keywords: cutting, wood chip, remaining log, survival rate

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 造林学フィールドノート

    上原 巌 (担当: 単著 )

    コロナ社  2018年03月 ISBN: 978-4-339-05258-9

    森林科学を学ぶ手引書。現在の日本の森林や林業の状況を踏まえた具体的かつ実践的にまとめた。また、随所にコラムをちりばめ,研究の助けとなるノートとしての特性も持たせた。

    1. 樹木のおもな特性 ―樹木の生長,生理,生態の特徴―
    1.1 「樹木」とはなにか
    1.2 樹木の歴史
    1.3 樹木と人間の共通点
    1.4 樹木の種類
    1.5 樹木の生長の特性
    1.6 樹木の耐陰性
    1.7 温度,季節変化の影響
    1.8 休眠
    1.9 紅葉・黄葉・落葉
    1.10 樹木の根系
    1.11 菌類との共生
    1.12 その他の根の形状
    1.13 繁殖
    1.14 樹木のストレス診断
    1.15 アレロパシーとフィトンチッド
    1.16 樹木にまつわるその他の研究トピックス
    引用・参考文献

    2. 森林環境
    2.1 森林とは
    2.2 森林の種類
    2.3 森林を形成する因子
    2.4 森林の変化予測:四次元スケールでの手法
    2.5 森林・林分構造のモデル解析アプローチ
    2.6 「健全な森林」の林学的意義
    2.7 身近な樹木の観察
    2.8 森林・林地に出かける
    2.9 森林の中に入ってみる
    2.10 森林の有機物生産
    2.11 森林の意義
    引用・参考文献

    3. 森林土壌
    3.1 土壌の定義
    3.2 森林土壌
    3.3 森林土壌の性質
    3.4 土壌の生成
    3.5 土壌呼吸
    3.6 リターの分解
    3.7 土壌生物
    3.8 土壌動物
    3.9 土壌微生物
    3.10 土壌の堆積様式と土壌断面
    3.11 菌根菌
    3.12 土壌養分
    3.13 森林土壌の物質循環
    引用・参考文献

    4. 育苗
    4.1 実生苗の育成
     4.1.1 種子
     4.1.2 苗畑
     4.1.3 よい苗木の条件
     4.1.4 育苗容器
    4.2 挿し木苗の育成
     4.2.1 挿し木の長所と短所
     4.2.2 挿し木の容易な樹種と困難な樹種
     4.2.3 挿し木の種類
     4.2.4 挿し木の実際
     4.2.5 挿し木苗育苗上の課題
    4.3 その他の無性繁殖
    引用・参考文献

    5. 造林学とは
    5.1 造林とはなにか
    5.2 「造林学」とはなにか
    5.3 造林学の意義
    5.4 造林の特質
    5.5 造林・育林の成果モデル
    5.6 造林の方法:更新
    5.7 人工更新:人工造林
     5.7.1 人工林の林木の健全な生長
     5.7.2 造林樹種の選び方
     5.7.3 地拵え
     5.7.4 苗木の植栽
     5.7.5 植栽時の留意点
     5.7.6 コンテナ苗
     5.7.7 人工更新,人工造林の課題
    5.8 天然更新
     5.8.1 天然更新の種類
     5.8.2 天然更新における課題
    引用・参考文献

    6. 森林保育
    6.1 下刈り
    6.2 ツル切り
    6.3 枝打ち
    6.4 除伐
    6.5 間伐
     6.5.1 諸外国における間伐の意義の相違
     6.5.2 欧米諸国における樹型級
     6.5.3 寺崎の樹型級編成に至るまでの経緯
     6.5.4 間伐種の分類
     6.5.5 寺崎の樹型級のモデルとなった浅間山国有林の現況
     6.5.6 寺崎の樹型級における問題点
    引用・参考文献

    7. その他の造林の方法
    7.1 広葉樹造林
     7.1.1 広葉樹の特徴
     7.1.2 広葉樹の樹形
     7.1.3 日本における広葉樹造林
     7.1.4 広葉樹造林の種類と目的
    7.2 省力造林
     7.2.1 省力造林の試験例
    7.3 ゾーニング
    7.4 複層林施業
    7.5 林分施業法
    7.6 森林美学
    引用・参考文献

    8. 新たな造林の手法
    8.1 “多様な森づくり”のニーズと模索
    8.2 人工更新+天然更新+遷移→針広混交林&複層林
    8.3 天然更新の樹木の持つ可能性
    8.4 天然更新の今後
    8.5 日本における造林学の課題
    引用・参考文献

    付録 森林・樹木と数学
    A.樹の形:樹形
    B.森林と数学
    C.「古典造林学」から「現代造林学」へ
    D.まとめ

    引用・参考文献
    索引




  • 森林アメニティ学 -森と人の健康科学ー

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 全12章のうち、 第1章 森林アメニティ学とは、 第2章 地域福祉における森林保健活動、 第3章 カウンセリング、心理分野における森林の活用、 第5章 薬用樹木と樹木のヒーリング文化、 第6章 地域医療における事例、 第7章 海外における森林の保健休養の事例、 第8章 森の幼稚園、 第10章 森林と芸術、  第12章 森林のアメニティ分野における現在の課題と今後の展望 の計9章を担当、執筆した。 )

    朝倉書店  2017年09月 ISBN: 978-4-254-47052-9

    森林の保健休養効果に関する調査研究は数多くなされてきており、その書籍もまた今日までに数多く出版されてきている。しかしながら、そのほとんどのものが、限定された空間における特定の被験者を対象とした単発の実験結果、いわば「閉じた環境設定」での報告が多く、実際の森林を活用した保養・休養・医療面、福祉面、心理面における効果にアプローチしたものは数少ないのが現状のところである。特に地域病院、社会福祉施設など、地域医療、地域福祉の現場における具体的な実例研究や事例報告が依然として欠落している。
    そこで本書では、国内外の様々な地域、森林、対象者における実例、事例研究を中心とし、その具体的な効果や手法、また今後の可能性、展望について記述することを大きな特徴とした。
    執筆者は、いずれも森林の保健休養や森林の持つアメニティについて実際に調査研究を行っている研究者であり、具体的な実例経験が豊富である。
    また、全国各地には健全な森林ばかりではなく、手入れ不足の放置林などの不健全な森林も散在し、地域社会における負の環境問題ともなっている。本書では、「保健休養のための特別な森林」を対象とするのではなく、ごく一般的な、また各地の放置林の活用、活用手法についても対象とし、今後の地域の森林、地域社会における新たなパラダイムを提言することも目的とした。
    以上のことから、本書は、各地域の森林を活用した保健休養に関する具体的な事例を、写真、図表、データ、手法とともにまとめ、医療、福祉、教育、心理関係者をはじめ、学生、主婦、一般の方々のために編集した。

  • 図解 知識ゼロからの林業入門

    関岡東生監修、市川 隆、今井伸夫、上原 巌、江口文陽、大林宏也、武生雅明、橘 隆一、田中 恵、辻井 寛、堀内正樹、前川洋平、宮澤紀子、本橋慶一、桃井尊央、矢部和弘、山﨑晃司、吉野 聡 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章8節、第3章6節、7節、8節、9節、10節、11節、第6章6節、7節、8 節 を執筆した。 )

    家の光協会  2016年11月 ISBN: 978-4-259-51863-9

    第2章8節「管理が必要な人工林」 52-53p.
    第3章6節「樹木を育てる①-苗木の生産-」 74-75p.
    第3章7節「樹木を育てる②-地拵えから植林まで-」76-77p.
    第3章8節「樹木を育てる③-下刈りと蔓切り-」78-79p.
    第3章9節「樹木を育てる④-間伐-」80-81p.
    第3章10節「樹木を育てる⑤-枝打ち-」82-83p.
    第6章6節「森林の持つ癒し効果」148-151p.
    第6章7節「森の幼稚園の教育効果」152-153p.
    第6章8節「ドイツで確立した森林美学」154-155p.
    の計9節を執筆した。

  • 現代における民有林経営の課題と展開方向

    佐藤孝吉監修 東京農業大学大学院農学研究科林学専攻 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章Ⅱ節「これからの造林の一視点」 (pp.19~24) を執筆した )

    東京農業大学出版会  2016年03月 ISBN: 978-4-88694-430-6

    第1章Ⅱ節の「これからの造林の一視点」を執筆した。
    その内容は、
    ・造林の使命・目的
    ・森林=複雑系
    ・森林に対する国民の期待
    ・造林の課題
    ・私有林管理の展望
    ・東京農業大学・造林学研究室

  • Agricultural and Forestry Reconstruction After the Great East Japan Earthquake

    Iwao UEHARA, Tomoko SEYAMA, Fumio Eguchi, Ryuichi Tachibana, Yukito Nakamura, Hiroya Obayashi (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 13 : Nuclear Radiation Levels in the Forest at Minamisoma, Fukushima Prefecture, pp.193-202 )

    Springer  2015年09月 ISBN: 978-4-431-55557-5

    Great East Japan Earthquake occurred on the 11th of March, 2011 and 4 days later, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) Fukushima No.1 nuclear power plant accident also happened. The accident caused serious nuclear pollution damage for Fukushima area, and it was reported that the forest area had been especially received severe damage. However, its present situation has not researched yet, and reforestation has not been planned, either. Therefore, we surveyed the amount of nuclear radiation at the forest of Minamisoma city where it was reported the amount of radiation has been extremely high. We set several survey plots in the forest and surveyed the radiation amount of leaves, branches, woods (bark and stem), soil, litter interception, and irrigation water. The surveying results showed nuclear pollution was not spread equality on the Minamisoma forest, but in the several “hot spots”, some litter interception indicated high radiation amounts, the extration rates from bark to xylem were different between conifers and deciduous trees and between standing living tree and mushroom bed logs, and radioactive cesium was not detected from transpiration water.
    Keywords: nuclear radiation, Minamisoma city, Fukushima, forest

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 森林と人間の健康を考える国際会議(ドイツ、韓国、台湾)連載 森林と健康 -森林浴、森林療法のいま- 第11回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  376   4 - 7   2018年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    2017年にヨーロッパ、アジアで開催された、森林と人間の健康を考える国際会議について報告した。

    1.ヨーロッパ:ドイツ
     2017年9月13日、14日に、ドイツ:Usedamで開催された「1st International Congress The Forest and its Potential for Health」について報告した。

    2.アジア:韓国
     2017年10月25日~26日に韓国・榮州市で開催された森林療法の国際シンポジウムについて報告した。

    3.アジア:台湾
     台北市の台湾林務局:国際会議場で開催された、森林と人間の健康を考える国際会議「森林療癒 國際検討會 2017 International Conference of Forest Human Health and Well-being 2017」について報告した。

  • ミシガン州立大学森林科での森林療法の講義・実習 連載「森林と健康-森林浴、森林療法のいま-” 第10回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  375   4 - 8   2018年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    2017年8月21日~10月21日の2か月間、アメリカ・ミシガン州立大学農学部林学科において行った講義、実習について、報告した。
     報告内容は、主に、ミシガン州立大学と林学科(Department of Forestry)の歴史、現在の概要、自分の担当した授業・実習「Forest Amenities and forest therapy」の概要、大学演習林などについてである。

  • 森林のアメニティ <連載>森林と健康 -森林浴、森林療法のいま- 第9回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  374   4 - 10   2018年07月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    以下の6つのトピックスについて、各地の事例をふまえながら、記述・報告した。

    1.アメニティとは
    2.現代のストレス社会とアメニティ
    3.健康と森林
    4.ヒーリング
    5.森林のアメニティ
    6.森林アメニティの今後の展望”地森地健:ちしんちけん”

  • 森林・樹木と数学 行列(マトリックス) 連載:サイエンス講座

    上原 巌

    現代林業 ( 全国林業改良普及協会 )  2018年6月号   56 - 63   2018年06月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    数学の行列(マトリックス)を利用した森林・林業の施業のあり方を基本的に紹介し、さらに多次元的な活用の可能性について記述した。
    また、基本的なデータの処理方法として、差の検定(t検定)と相関係数の2つを紹介し、林学と数学とのコラボレーションについて解説した。

  • ドイツにおける森林での保健休養 -森林と健康の国際会議-

    上原 巌

    森林技術 ( 日本森林技術協会 )  915   26 - 29   2018年06月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    ドイツにおける森林を活用した保健休養について、
    ①ドイツの保養地の環境条件
    ②保健休養と木材生産の両立
    の2点について記述し、あわせて、
    ③森林と健康に関する国際会議(1st International Congress The forest and its Potential for Health)の様子をいずれも写真を交えて、報告した。

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 心身を回復に導く「森林療法」

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴と森林療法との違い、森林療法の実践事例、日本における今後の可能性などについて報告した。

  • 森へ出かけませんか? -森の香り、緑の風景、川の音などを楽しもう

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴の心身に対する効果についてまとめた

  • みどりの癒し (その29 森林美学)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年09月(年月日)
    -
    2013年09月

  • みどりの癒し (その28 古代ギリシャのヒポクラテス)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年07月(年月日)
    -
    2013年07月

  • みどりの癒し(その27 早朝の散策)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年05月(年月日)
    -
    2013年05月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2016年08月27日   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

    大会発表継続賞

  • 日本カウンセリング学会 大会継続発表賞

    2008年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2001年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中山間地域の森林環境を利用したPTSD治療の実証的研究

    萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    住宅地隣接の里山は、福祉関係者、福祉施設利用者のみならず、地域住民にとっても、自己受容を図り、精神的なよりどころとなる存在意義がある。単なる里山整備に加えて福祉利用という目標も付加された場合、さらに具体的な目標設定がしやすくなり、多様な人材が集まることが本研究によって示した。また、対象者の生理検査および行動評価の結果においては、それぞれ約6~8割の対象者に、森林療法の実施前と比較して向上的な効果が認められ、精神的にも安定化していく傾向などがうかがえた。これらの結果から、森林療法には、異常値を健常値に近づけるスタビライザー的な効用があることも示唆された。
    以上、2年間の研究を通して、森林環境は、患者の受容、治療環境としての意義を持つこと、そして森林療法は、長期的な治療時間軸上において、行動療法、精神療法にも適していることが推察された。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病の予防医療に寄与する地域放置林の再生

    提供機関:  農林水産省  森林づくり国民運動推進事業助成金

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

    長野県山間部の放置カラマツ林を調査モデル林とし、その整備を行いつつ、地域医療における生活習慣病の予防環境としても位置付け、再生作業を行った。また、再生作業中に生産されたカラマツの間伐丸太は、休養空間のテーブル、ベンチに利用し、端材は木炭化を図るなど、有効利用にもつとめた。
    研究の結果、地域林は、特に認知症患者の治療環境に好適であり、過去の回想効果もあることが明らかになった。

  • 森林の癒し研究に関する研究

    提供機関:  民間財団等  日本林業技術協会 学術研究助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた。

  • 森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益信託富士フィルムグリーンファンド研究活動助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

  • 長野県筑北村東条地区における里山交流促進計画-林福連携による里山の新たな活かし方

    提供機関: 環境省  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    長野県筑北村において、地域の森林を活用し、地元の林業会社および社会福祉施設関係者と協働で、地域林の新たな活用方法を創出することを目的とする。

  • 平成28年度 新たな木材需要創出総合プロジェクト事業

    提供機関: 林野庁  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年04月 

    東京都荒川区の社会福祉施設、福祉作業所を中心に、森林・木材を活用した療育、リハビリテーション、および新規事業開発に取り込むことを目的とする。

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    長野県伊那市の山林における
    ①地衣類を主とした環境指標生物
    ②カラマツ林床における薬用樹木、植物
    の2テーマを中心とし、地域活性化の方策を検討する

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Forest Therapy Outdoor Workshop

    IwaoUEHARA  [招待有り]

    森林療育見習営  (国立台湾大学渓頭実験林)  2018年10月  -  2018年10月  国立台湾大学渓頭実験林

    1. Introduction
    2. Guidance
    3. Forest Walking
    4. Enjoy several spaces (bamboo stand, river, valley, bridge, cedar plantation, cypress stand, geographycal changes)
    5. Find your healing and rest space
    6. Talk your memories
    7. Listen to the natural sounds
    8. Care for the natural vegetation
    9. Effects of the forest environment

  • The Possibilities of Forest Therapy (Shinrin-ryoho) in Taiwan : Taiwan island and people will promote health by the beautiful forest

    Iwao UEHARA  [招待有り]

    森林療育見習営  (国立台湾大学渓頭実験林)  2018年10月  -  2018年10月  国立台湾大学渓頭実験林

    1. What is Forest Therapy and its Healing Effects?
    Forest Therapy (Shinrin-ryoho) is promoting the health of both of forests and human beings! Forests and the trees within them have many healing properties. They promote our health, prevent illness, provide relaxation opportunities, and a rehabilitation environment, can be a treatment place for disabilities, peaceful counseling space, and so forth. When we arrive in the forest, we sometimes pay more attention to oneself and one’s life. Walking and exercise in the forest also change our attitudes and perspectives. Trees also have many fascinating aspects for medical, art, and care utilization. However, some forests have been ill, depressed, and having stress like us human beings. So, forest therapy is attempting to heal forest and human beings each other.

    2. Examples of Forest Therapy and Forest Amenity Programs
    There have been many examples of forest therapy and forest amenity programs in Japan.
    First of all, Forest Walking. Walking is the simplest rehabilitation method and whole body exercise. Walking can prevent lifestyle related disease. In addition, individuals walking in the forest enjoy the landscape, fresh air, and natural environment.
    Next, relaxation. It is quiet and peaceful in the forest. Relaxation in the forest inspires natural peace in our body and mind. It adjusts our nervous system balance, too.
    Third, rehabilitation. For clients after an operation, accident, and preparing to reintegrate with society, forest walking & working is one possible rehabilitation program.
    Fourth, treatment and occupational activities in the forest. Carrying logs & branches, cutting trees & weeds, and planting trees are typical examples of occupational therapy.
    Fifth, counseling. Counseling in the forest makes clients relax and sensitive. Forest amenities like landscape aesthetics, wind, fragrance, birds singing sometimes give useful hints to solve our problems and provide an ideal setting for traditional counseling approaches.
    I hope you will design your own healing or health promoting programs using forests and trees as a setting and as inspiration by my presentation

    3. Case Studies of Forest Amenities
    There have been already many invaluable case studies utilizing forest amenities in Japan.
    By experiencing forest activities for a long term and constantly, some clients with mental, psychological, and physical disabilities showed positive treatment effects! Their communication has been also changed positively. Some experimental studies suggest that forest walking can reduce stress hormone, enhance immune function, and balance nervous system. Recently, some case studies of the patients with Dementia could recover their communication ability, too.
    Trees also have great possibilities for healing. For example, some trees provide medicine, herb tea, and fragrance which have certain healing effects.
     In addition, trees and forest have been sometimes worshipped as natural god in Japanese culture.

    4. Possibilities of Forest and Tree Amenities in Taiwan
    What is the special character of people living in Taiwan and how does it differ from Japan and other parts of the world? Many people prefer to enjoy and exercise in the park and nature. There are beautiful green parks, mountains, and forests in the Taiwan. Also, many invaluable kinds of trees have been in natural and tropical forests. Therefore, Taiwan forest environment has a big potential for forest therapy program.

  • 間伐率の異なるヒノキ林床のクロモジの分布

    上原 巌

    第8回 関東森林学会  (東松山市民文化センター)  2018年10月  -  2018年10月  関東森林学会

    クロモジ(Lindera umbellata)は、クスノキ科の樹木であり、甘い芳香を有することから爪楊枝などに用いられてきた。近年は、薬用酒や入浴剤としての利用度も高まっている。クロモジは、北海道から九州にかけての温帯の丘陵や山地の落葉広葉樹林に自生することが多いが、スギやマツなどの造林地の林床でも見られる。しかしながら、スギ、ヒノキなどの人工林の場合、その立木密度や間伐率の違いによる分布、出現率の違いなどについてはあまりよく知られていない。そこで本研究では、東京農業大学・造林学研究室の富士試験林(標高約900m)の4段階のヒノキ間伐試験林において、その林床のクロモジ分布を調べた。
    調査の結果、無間伐の対照区および30%間伐区では、天然更新樹木に占めるクロモジの出現度は1%、50%間伐区で2%、70間伐区で3%であった。間伐率および相対照度と、クロモジの樹高、地際直径には相関がみられたが、相対照度や、地際からの高さとクロロフィル量との間には相関はみられなかった。
    クロモジは、空間分布では、低~中層を占め、ヒノキ樹冠下にもダイレクトに更新し、また萌芽性もみられた。
    今後は、さらに土壌環境や微地形にも配慮し、林冠下栽培の可能性について検討をしていきたい。

  • 森林療法のこれまでとこれから:世界での可能性

    上原 巌  [招待有り]

    日本、中国、韓国による森林空間における保養活動推進フォーラム  (長野県信濃町)  2018年10月  -  2018年10月  林野庁

    はじめに
     長期間にわたる不景気の世相の影響を受けてなのだろうか、現在は、世界的に「健康」と「癒し」といった言葉が一種のブームとなっている。皆様方も日常の様々なところで、この健康、癒しという言葉をよく見聞きされていることだろう。そして、その言葉とならんで自然への回帰志向が示されていることも多い。例えば、緑の樹々の写真や、森林の風景を背景にした“癒し系”、“さわやか系”と呼ばれるパンフレットやホームページ、雑誌特集などを数多く目にすることがある。 
    そして、その「健康」「癒し」の言葉の中に、「○○療法」「〇〇セラピー」という言葉もまたよく見聞きする。現在はこの療法、セラピーもまさに百花繚乱の様相を呈しており、自然物であれば、何でもその言葉の後に療法の文字をつけることができそうな勢いである。現在はそれだけ一般市民が広く健康づくりに関心を持ち、また幅広く「自然」「みどり」に対してそれを求める時代であるとも言える。

    「森林療法」とは何か?
    こうした社会的な状況の中、「森林療法」も脚光を浴びている。森林療法とは、森林環境を活用して、病気になりにくい身体や心をつくる自然療法の一つを指す。その森林療法に用いられる環境は、雄大かつ荘厳な高齢の天然林をはじめ、霊験あらたかな奥山の社叢林、あるいは身近な里山、また手入れ不足の放置林であってもよい。何も特別な森でなくてもよい。世界の各地域にあるそれぞれの森林でよいのである。
    自分の身近な森林に出かけ、森の道を歩く。時折、木漏れ日のある場所で静かにたたずみ、あるいは座り、その環境のもとに自分の心身をゆだねながら、日頃の生活や自分自身をゆっくり振り返る。荒廃した放置林の場合であれば、その自らの身体を動かして森林を整備し、少しずつ「森林の健康」を回復させ、その整備作業自体が作業療法となっていく。「療法」「セラピー」というと、一般には脚光を浴びた華やかなもののような、あるいは営利、商業的なイメージがあるかもしれないが、森林療法とは本来、静かな森林で人間が過ごす、地味で、また個々のペースやリズムに合わせた個人的でささやかなものである。
     
    これまでの森林療法の経緯と現況
     東北、上越新幹線が開通した1982年(昭和57年)、緑の森林の中を歩いて心身をリフレッシュしようという「森林浴」という言葉が時の林野庁長官秋山智英氏によって提唱された。この時期には樹木から発散される揮発物質、いわゆるフィトンチッドも一つのブームとなり、1980年代前半の「現代用語の基礎知識」には森林浴やフィトンチッドは重要単語として掲載されている。
     それからバブル期、すぐ後のバブル崩壊期を経て、日本は長期の経済低迷期に入り、世紀末と前後した頃、この「森林療法」という言葉が登場した。長期にわたる不景気下において、身近な自然環境に健康作りを求めるという風潮は、20世紀初めのイギリスでもみられているが、イギリスではその時期に公的な散策路である「フットパス」が飛躍的に国内全土に整備され、いわゆるウオーキングが人気を博するようになった。こうした動きと今日の我が国における昨今の森林療法の取り組みには共通している部分もみられる。
    1999年(平成11年)4月に愛媛大学で行われた第115回日本林学会大会の風致部門において、「森林療法の構築を目指して」という演題で、初めて「森林療法」が公式に定義された。その際の森林療法の定義とは、「個人あるいは複数の健常者、罹病者、高齢者、障害者などを対象に、リハビリテーション、風致作用の享受、心理的な癒し、作業療法、環境形成などを目的にし、多様な地形、面積、散策路を持つ針葉樹林、広葉樹林、混交林において、定期的、あるいは不定期、季節毎などにレクリエーション、作業活動、休養、カウンセリング(悩みや問題についての相談)などを行い、リハビリテーション効果、保健休養効果、心理的効果、障害者療育効果などを得ることを目指す療法」(上原)であった。また、樹種や林相、地形、季節などの各環境条件は療法を受ける個人によって、森林療法の意味あいや嗜好が異なり、多様であることも同時に発表された。
    行政機関では、その4年後に林野庁でも、2003年(平成15年)3月に報告された「高齢社会における森林空間利用についての調査報告書」の中で、「森林環境を総合的に利用した健康増進のセラピーのことを森林療法と呼称する」として発表している。
    これらの時期と前後して、「森林・林業基本法」が施行されたタイミングも重なり、森林の「総合的利用」や「多面的機能」などのキーワードの一環としても、森林療法の企画を行う各地方自治体が増えてきた。しかしながら、ここで注意、留意しなければならないことは、森林療法の実践は今なお揺籃期にあり、その企画や事業となると、さらに玉石混交の段階にあるということである。中には、休閑地再利用のリゾート開発のような事業や、トップダウン形式による企画もあることだろう。けれども、そういった形でただ安易に看板を先に掲げても、実際にはその内容が曖昧な地域振興的な企画であったため、結果的に漠然とした試みとして停滞してしまう地域もみられる。かつての安易なスキー場、ゴルフ場、キャンプ場などの利用開発が辿った道とそっくりそのまま踏襲するパターンである。また、一方的な森林利用、営利目的ばかりが主となり、身近な森林環境を見直し、森林に対する働きかけをせず、「森林も人間も共に健康を高めていこう」とする取り組みや、地域の高齢者、障がい者、子どもなどをはじめ、地域住民の健康づくりに関する本来の「森林療法」の肝心かなめの取り組みは、残念ながら実は置き去りにされてしまっているのが現状のところである。
    森林療法の本道としては、地域の高齢者、障がい者、子どもなど、まずは地元住民が、そして来訪者が各々のニーズに応じて森で定期的に、森も人も共に健やかになっていく一つのモデルを提示することである。けれども、この点においてもまた、「地域住民の健康づくり」「保養のまちづくり」などの言葉を標榜しながらも、実はそれは結局のところそれを企画する特定団体、企業の営利事業であって、地域はあたかもその植民地、提供地のような事態に陥っていく危険性もはらんでいる。都市部企画者などの巧みな言葉にしたがったものの、いい思いをしたのはその都市部の団体であって、結局地域の方は泣き寝入りだったという悪質な保養企画の事例も報告されている。

    森林療法の対象と目的
    「森林療法」とは、改めて言うまでもなく、それを必要とする人のためのものである。心身に障がいや疾患を抱えている方をはじめとしたリハビリテーション、治療、保養、気分転換の一環としても、森林療法には新たな可能性がある。最近では特に各地山間部で、「ぜひ新しい試みとして実践してみたい」「うちの病院の特色として取り入れたい」という地域病院も現れてきており、「うちでは昔から野外散策は行ってきている」という社会福祉施設などもみられる。
    2001年に行われた先の林野庁の調査では全国の医療機関のうち、高齢者の保養・療養環境として森林に期待している医療機関が半数以上にのぼることが明らかになった。実際、今後65歳以上の高齢者が総人口の1/4以上になることが予測されている我が国にあたっては、森林療法の対象には高齢者もしくは中年、壮年がさしあたって考えられ、それら対象者の健康作りや生活習慣病の予防が当面の活用目的である。 
    また、現在病院などに受診・通院はしていないものの、さりとて健康とも言えないという境界領域の人々も大きな対象である。来る日も来る日も満員電車に乗らなければならず、また、職場も一日中ビルの室内でOA機器を相手に仕事をし続けているなどという生活習慣が健康的でないことは誰にも明らかである。こうした環境下におかれている職業人の心身の休養、充電や、心の健康づくりの一手段としても森林療法には効果が期待される。

    現在の森林療法の内容
     現在、国内の各地で実践されている森林療法の内容には、どのようなものがあるのだろうか?実践されている内容は、「ケア・治療・療育」「地域住民の健康増進」の2つに大別できる。
     まず、治療・ケア・療育としては、特には精神疾患の治療の一環として、また障がい者の療育活動の一環として、森林散策や森林での作業活動を展開しているところが全国にみられる。例えば、東海地域のある病院では、定期的に森林散策や簡単なレクリエーションを行い、PTSD(精神的外傷ストレス)を受けた入院患者の治療を行っている。また、中部や関西の社会福祉施設では、山林の保育作業を知的・精神障がい者のケアの一環として行っているところもある。手入れ不足の山林が全国に増えてしまった今日、こうした山林での作業が作業療法」として活用できることも森林療法の一つの特長である。また、認知症患者の回想法として森林散策を取り入れている山間部の病院や、地域の高血圧症の高齢者の患者を対象にして、森林散策を取り入れている地域病院、リハビリテーションの一環として野外散策を取り入れている温泉病院などもある。
    住民の健康増進では、地域の高齢者が定期的、継続的に地域の森林散策を行っている事例や、働き盛りの企業人や教員の心の保養づくり、また一般市民を対象とした作業療法と森林散策、リラクセーションをミックスした活動などが各地で行われている。
    今後は、森林の環境要因と保健休養効果の関連性をさらに明らかにしながら、我が国の近未来における「超高齢化社会」における健康づくりや、今なお増え続けている生活習慣病予備軍の予防医療、また心理的保養や代替療法の一環としての森林療法のプログラムなどについても、その効果と意義をより多角的なアプローチによって継続し、かつ調査研究していくことが望まれる。

    森林療法の現在の課題
     森林療法の現時点における根底的な課題としては、短時間における実験アプローチの研究は増加してきているものの、地域における長期的な実践や、実際の症例データが依然として不足している。こうした中、森林療法への実際のニーズや目的を考慮せずに、観光的、村おこし的な計画、看板のみを先行させてしまっている地域なども見受けられる。しかしながら、前述した森林の環境要因と保健休養効果の関連性をさらに明らかにし、地域の高齢者の健康づくりをはじめ、子どもたちの健全な成長、働き盛りの方々の生活習慣病予備群の予防医療、また精神面での保養や、代替療法の一環としての森林療法プログラムなどのそれぞれについて、その効果と意義を多角的なアプローチから継続的に、実証研究していくことがまずもって重要である。
    以上のことから、森林・林業関係者のみならず、医療、心理、福祉、教育、他の療法関係者、そして地域住民の方々によって、多様なコラボレーションを図っていくことが、日本国内だけではなく、世界各地における、魅力的な森林療法の構築に必要不可欠であり、望まれるところである。
    1. What is Forest Therapy and the healing effects ?
    Forest and tree have many healing amenities. They promote our health, preventing illness, producing relaxation place, rehabilitation environment, treatment place for disabilities, peaceful counseling space, and so forth. When we come in the forest, we sometimes notice one’s self and one’s life. Walking and exercise in the forest also make us refresh. Tree also has many fascinating aspects for medical, art, and care utilization. All these things are forest and tree amenities. General horticultural therapy is also sometimes concerned with trees, but forest is more dynamic and three-dimensional place comparing farm or garden as two-dimensional place.

    2. Healing programs of forest
    Forest has provided many healing programs from ancient our lives.
    First of all, Forest Walking. Walking is the simplest rehabilitate method and whole body exercise. Walking can prevent lifestyle related disease. In addition, walking in the forest enjoy the landscape, fresh air, and natural environment.
    Next, relaxation. It is quiet and peace in the forest. Relaxation in the forest gains natural peace in our body and mind. It adjusts our nerve system balance, too.
    Third, rehabilitation. For the clients need certain rehabilitation: after the operation, accident, and prepare to back to the society, forest walking & working is one of the good rehabilitation.
    Fourth, treatment and occupational activities. Carrying logs & branches, cutting trees & weeds, and planting trees. So to speak, treatments and occupational therapy in the forest.
    Fifth, counseling. Counseling in the forest makes clients relax and sensitive. Forest amenities which are landscape, wind, fragrance, birds singing sometimes give useful hints to solve our problems.

    3. Some cases of forest and tree amenities promoting health in Japan
    There have been already some invaluable cases utilizing forest amenities in Japan.
    By experiencing forest activities for a long term and constantly, some clients with mental, psychological, and physical disabilities eased their disabilities commonly. Their communication has been also changed positively. Some experimental studies have showed that forest walking can reduce stress hormone, enhance immune function, and make the balance of the nerve system. Recently, some case studies of the patients with Dementia could recover the communication ability, too.
    Tree also has great possibilities for healing. For example, some trees provide medicine, herb tea, and fragrance which have certain healing effects.
     In addition, trees and forest have been sometimes worshipped as natural god in Japanese culture.
    4. Possibilities of forest and tree amenities in the world
    Many people have traditionally enjoyed and taken a walk in the forest. The tradition and custom have been popular world-wide. There are many beautiful forests, green parks, mountains in all over the world. Even some big cities have forests near the city area. Therefore, forest environment has a big possibility to promote our health.


  • 冬季の森林散策によるストレス変化

    上原 巌

    日本カウンセリング学会 第51回大会  (松本大学)  2018年09月  -  2018年09月  日本カウンセリング学会

    1.はじめに
    現在、職場におけるストレス軽減やメンタルヘルス対策に様々な方策がとられている。その方策の一つに自然環境の利用がある。本研究では、長野県の伊那市内の森林を活用した散策による気分転換をこころみ、そのストレス軽減の効果を考察した。

    2.方法
    対象者は、伊那市役所耕地農林課職員4名。2018年1月5日(金)の午後1時に、まず市役所同課の職場にて、血圧とストレス指標の唾液アミラーゼの測定を行った。室内の気温は20℃であった。その後、市役所から乗用車を運転し、約30分離れた同市高遠・藤沢地区の千代田湖周辺(標高約1200m)の森林に出かけた。森林到着後に再び、血圧と唾液アミラーゼの測定を行い、その後、千代田湖周囲の散策を約400m、約20分行いながら、散策途中では持参したポットでお茶を楽しんだ。散策後に再度 血圧と唾液アミラーゼを測定した。測定後、乗用車を運転し、市役所帰着後に再び血圧、唾液アミラーゼの測定を行った。

    3.結果と考察
    (1)血圧、脈拍数の変化
     最高・最低血圧の変化を図1,2に示す。血圧の変化では、散策後のお茶を飲むまでは上昇する傾向がみられ、また個人差のばらつきが大きかった。
    (2)ストレス(唾液アミラーゼ)の変化        
     唾液アミラーゼの数値も、血圧同様に個人差が大きかったが、散策後、お茶後には、ストレスが軽減する傾向がうかがえた。市役所内、森林内では、マイナス20℃もの気温差がありながらも、散策、お茶には、ストレス軽減の効果があることがうかがえた。また、散策後、お茶後には標準偏差が小さくなる傾向もみられた。市役所に戻ると、再びストレス値が上昇したことも特徴的であった。

    (3)会話の変化
     森林到着後から散策中は、職場での会話とは異なり、思い出や感性、年暦などの会話が中心であり、短時間の森林散策であっても、転地効果がうかがえた。

    キーワード:森林散策, 血圧, ストレス、唾液アミラーゼ

    1. Introduction
    Nowadays, various workplaces have attempted various methods to reduce workers’ stress and promote their mental health. One of the methods, utilizing natural environment and outdoor recreation are popular and attractive. This study surveyed the effects of reducing stress by forest walking. Forest walking is popular in spring time or autumn season. However, this study practiced in winter time in Ina city, Nagano Prefecture.

    2. Method
    ①Participants: 4 males of Ina city hall officials in Nagano Prefecture.
    ②Date and time: 13:00 to 16:00 of Friday of 5th of January 2018.
    ③1st measuring systolic and minimal blood pressure was done at the city office.
    ④Moved to Chiyoda Lake from the city office by a car. It took a half hour.
    Ina city office was located in 630 m high from sea level and Chiyoda Lake was in 1200m high. 2nd Measuring was done.
    ⑤Forest walking around the lake for 20 minutes (400m).
    The temperature was 0℃. 3rd Measuring was done.
    ⑥Tea break in the forest for 10minutes and 4th Measuring was done.
    ⑦Driving back to the city office and 5th Measuring was done.
    Considered the effects of reducing stress by winter forest walking from above surveys.

    3. Results and discussions
    (1)Changing of blood pressure
    Figure 4 shows the average changes of systolic blood pressure and Figure 5 shows the average changes of pulse of participants. As those figures show, each personal equation was quite big, even the participants were only four. Blood pressure and pulse increased after forest walking and tea break.
    (2)Changing of stress (salivary amylase)
    Figure 6 shows the average changes of stress (salivary amylase) . Even temperature difference was 20 degree, after forest walking and tea break, the stress of participants were decreased.
    Also, after forest walking and tea break,standard deviation decreased greatly. In addition, the personal equation of pulse was bigger after the tea break, but personal equation of stress became very less. Those special changes suggest that forest walking and tea break in the forest might have effects of reducing stress.
    (3)Changing of conversation
    The topics and contents of conversations of the
    participants were greatly changed at the forest. It
    suggested that forest walking has change of air effects.
    Keywords: Forest walking, Blood pressure, Stress (salivary amylase




全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 静岡県立天竜高等学校、東京都立三鷹高等学校、東京農業大学第一高等学校など複数校   農大出張講義

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本森林保健学会   理事長 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 長野県自閉症療育施設「白樺の家」療育スタッフボランティア

    1995年05月
    -
    1997年08月

  • 長野県自然観察インストラクター

    1995年05月
    -
    継続中

  • 長野県通訳トレーニングセミナー伊那地区代表責任者

    1996年04月
    -
    1998年03月

  • 長野県環境教育研究会会員

    1997年04月
    -
    継続中

  • 長野冬季オリンピック通訳ボランティア(エム・ウエーブ会場)

    1998年02月
     
     

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 地域の森林資源を大切に保育管理しながら、森林環境の持つ多面的効用がより発揮できるような手法を考察していきたい。特に全国各地の「放置林」の再生手法に力を注ぎたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 身近な自然環境に興味を持ちながら、自分自身も見つめてみていってください。
    東京農業大学には多様な選択肢があります。