2019/08/25 更新

写真b

上原 巌 (ウエハラ イワオ)

UEHARA Iwao

教授

生年

1964年11月20日

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

03-5477-2268

研究室FAX

03-5477-2267

ホームページ

https://blogs.yahoo.co.jp/ueharaiwao/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年03月

    ミシガン州立大学   農学部   林学科   その他

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    東京農業大学   農学部   林学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    信州大学  農学研究科  森林科学専攻  修士課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    岐阜大学  連合農学研究科  生物環境科学専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年04月

    アメリカ・ミシガン州立大学農学部林学科   東京農業大学派米留学生

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   短期大学部   環境緑地学科   非常勤講師  

  • 2004年06月
    -
    2006年09月

    東京農業大学   非常勤講師  

  • 2006年10月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

      長野県立下高井農林高等学校   教諭

  • 1997年09月
    -
    1999年05月

      知的障害者更生施設「親愛の里松川」   ワーカー

  • 2000年10月
    -
    2001年03月

      知的障害者更生施設「緑の牧場学園」   療育指導員

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      長野県軽井沢町長倉地区児童館   館長

  • 2001年04月
    -
    2004年09月

      長野県立高等学校   佐久地区スクールカウンセラー

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本カウンセリング学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本造園学会

  • 1999年02月
    -
    継続中
     

    アメリカ園芸療法協会(AHTA)

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    応用森林学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 危険物取扱者(乙種)

  • 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

論文 【 表示 / 非表示

  • Antibacterial effects of pyroligneous acid of Larix kaempferi

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA

    森林保健研究 ( 日本森林保健学会 )  2   14 - 19   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Abstract:
    Pyloligneous acid (wood vinegar) is produced as by-product in the making of charcoal. It has been utilized as a soil improvement material, agricultural chemical, and deodorant. However, its antibacterial effects are not yet clear and each tree species has different antibacterial effects. Larix kaempferi is only one species which is an autogenous deciduous conifer in Japan. It has a strong aroma and it has been supposed that it has a strong allelopathy effect too. This study focused on the antibacterial effects of the pyloligneous acid of Larix kaempferi and we attempted some basic experiments. 1% and 0.1% solution of pyloligneous acid showed antibacterial effects (p<0.001, 0.01) against Escherichia coli. 1%, 0.1%, 0.01% solutions showed an effect against Staphylococcus aureus. These results suggest that pyloligneous acid of Larix kaempferi has certain antibacterial effects.  
    Key-words: Larix kaempferi, Pyloligneous acid, antibacterial effects

    要旨:
    木炭の製造過程で生じる木酢液(Pyloligneous acid, Wood vinegar)は,土壌改良材や農薬の代替液として,また消臭剤として用いられている。しかしながら,その抗菌作用については,いまだに諸説があり,樹種によってもその効果は様々である。カラマツ(Larix laempferi)は,日本に自生する唯一の落葉針葉樹であり,その芳香も強く,アレロパシー作用を有していることが推察されている。本研究では,そのカラマツの木酢液に着目し,その抗菌効果についての基礎的研究を行うことを目的とした。実験の結果,大腸菌に対する抗菌効果では,1%溶液(100倍希釈)の抗菌作用が強く認められ(p<0.001),次いで0.1%溶液(1000倍希釈)の抗菌作用が認められた(p<0.01)。黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用では,いずれの希釈液でも抗菌作用が認められた(1%溶液:p<0.001,0.1%,0.01%溶液:p<0.01)。これらの結果から,カラマツの木酢液には,1%溶液であれば,明確な抗菌作用が得られることが示された。

    キーワード:カラマツ,木酢液,抗菌効果


  • Natural distribution of Pterostyrax hispida under the tree canopies of

    Iwao UEHARA

    関東森林研究  ( 関東森林学会 )  68 ( 2 ) 217 - 220   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Pterostyrax hispida sometimes grows in colonies under the artificial Larix leotolepis stands in the Kanto districts or Central part of Japan. This study researched the natural distribution of Pterostyrax hispida at artificial Larix leptolepis stands in the 800 to 900 meters altitude in the Okutama Training Forest of Tokyo University of Agriculture. The Pterostyrax hispida colonies were often luxuriant under the Larix leptolepis tree canopies, but they were decreased under the Criptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa canopies. The growth of Pterostyrax colonies also showed proportion with the tree height difference between Pterostyrax and Larix, or growth of the tree canopies of Larix. Those conditions must be suitable for Pterostyrax growth, because the light condition were profitable for them. However, growing in colonies of Pterostyrax restrained the other woody plants under the tree canopies of Larix. At the clay soil stands, the average height of Pterostyrax was low and their colonies decreased, too. It also showed the Pterostyrax has possibility as an indicator of soil condition.

    Keywords: Pterostyrax hispida, Larix leptolepis, colony, tree canopies, indicator

  • Cuttings of Lindera umbellata Thunb. and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea

    UEHARA Iwao

    中部森林研究   65   11 - 14   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Abstract: Lindera umbellata Thunb has a special sweet fragrance. It has been used as tooth picks for Japanese traditional cakes, but recently it has been also utilized as medical liquor and a bath solution. Demands for it as a medical plant have been also increasing. Therefore, producing stocks has another possibility for rural forests. This study attempted to make cuttings of Lindera umbellata Thunb and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama. Each of the cutting materials was collected before leaves bloomed leaves in the middle of April in 2016. The cuttings were two types; 10cm and 20cm long and planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 15 cuttings were planted in each planter for a total of 90 cuttings planted for each of the types. The nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). The percentage of blooming leaves of Lindera umbellata Thunb.was 80 percent and var. membranacea was 70 percent. However, the percentage of rooting for Lindera umbellata Thunb. was only 5 percent and var. membranacea was 15 percent. 15% of var. membranacea had callus. A survival rate of Lindera umbellata was 20% and var. membranacea was 30%. Measurement of data by SPAD of stocks with roots or callus were significantly higher than stocks without them (p<0.005).
    Keywords: cuttings, Lindera umbellata Thunb, Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama

  • Seminar and practice of Silviculture Laboratory of Tokyo University of Agriculture (TUA)

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA, Izumi SUGAWARA

    中部森林研究   65   55 - 58   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The Forest Science Department (annual capacity: 140 students) of Tokyo University of Agriculture (TUA) has a special education system which contains 9 laboratories. These 9 laboratories are Silviculture, Forest Ecology, Erosion Control and Revegetation Engineering, Forest Engineering, Forest Products Chemistry, Wood Science and Technology, Forest Management, Forest Policy, and an electron microscope laboratory. In each laboratory students participate in seminars, experiments, filed study, and a graduate thesis research. Junior students are selected and are able to join in one of the laboratories. Silviculture is a subject which consists of various fields such as forest ecology, tree physiology, forest soil, forest aesthetics, and so forth. Therefore, Silviculture Laboratory also includes various field seminars, experiments, and field studies. The studies are mainly practiced in the field which aims to allow the acquisition of multiple viewpoints. The topics include seeds, cuttings, nurseries, tree observations, field trips, studies at Okutama Practice Forest, Fuji experiment forest, and other forest fields. Junior students learn various skills of the studies and decide on their own graduate thesis theme. We surveyed students through a questionnaire in 2015 and 2016 and found vegetation survey is a key aspect among the practices.
    Keywords: seminar, training, Silviculture laboratory, Tokyo University of Agriculture (TUA)

  • Attempts of cuttings utilizing Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa and Larix kaempferi wood for nursery bed.

    Iwao UEHARA

    関東森林研究   67 ( 2 ) 259 - 262   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    要旨:育苗の手法、材料には、様々なものが報告されている。本報では、林地残材の有効活用の一環として、林内に放置されたスギ、ヒノキ、カラマツの間伐材より繊維状の木質チップを作製し、それを挿し床として利用して、その活着率を調べた。挿し木の試供木にはポプラ(Populus nigra)を使用し、長さ20cmの挿し穂を作った。上記のスギ、ヒノキ、カラマツの木質チップをそれぞれプランター(縦60×横22×深さ16cm)に入れ、1つのプランターに10本ずつ、計40本(計4プランター)を挿しつけた。なお、対照区として、鹿沼土を挿し床にしたプランターも同数もうけ、それぞれの生長の比較を行った。木質チップの挿し床の含水率はいずれも高く、また苗木の安定性も低かったため、いずれの挿し床においても活着率は著しく低く、スギチップで活着率0%、ヒノキチップ10%、カラマツチップで30%という結果となった。
    キーワード:挿し木、木質チップ、林地残材、活着率

    Abstract: There have been many attempts for cutting methods. This study aimed to research the percentage of cuttings that succeeded utilizing the remaining logs in the forest. We made Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa, Larix kaempferi wood chip from the remaining logs and used them as a nursery bed for the cuttings. The cuttings of Populus nigra cuttings were 20cm long and were planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 10 cuttings were planted in each planter with total of 40 cuttings planted in each of the wood chip varieties. The control nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). Water content of the nursery bed of the wood chips was higher and the survival rate was much lower than the control: 0% in the Criptomeria bed, 10% in the Chamaecyparis bed, 30% in the Larix bed.
    Keywords: cutting, wood chip, remaining log, survival rate

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 森林アメニティ学(韓国語版)

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1、2、3、4、5、7、8、10、12章 )

    全南大学出版会  2019年02月 ISBN: 987-89-6849-617-2

    2017年に出版された「森林アメニティ学」(朝倉書店)の韓国語版。

  • 造林学フィールドノート

    上原 巌 (担当: 単著 )

    コロナ社  2018年03月 ISBN: 978-4-339-05258-9

    森林科学を学ぶ手引書。現在の日本の森林や林業の状況を踏まえた具体的かつ実践的にまとめた。また、随所にコラムをちりばめ,研究の助けとなるノートとしての特性も持たせた。

    1. 樹木のおもな特性 ―樹木の生長,生理,生態の特徴―
    1.1 「樹木」とはなにか
    1.2 樹木の歴史
    1.3 樹木と人間の共通点
    1.4 樹木の種類
    1.5 樹木の生長の特性
    1.6 樹木の耐陰性
    1.7 温度,季節変化の影響
    1.8 休眠
    1.9 紅葉・黄葉・落葉
    1.10 樹木の根系
    1.11 菌類との共生
    1.12 その他の根の形状
    1.13 繁殖
    1.14 樹木のストレス診断
    1.15 アレロパシーとフィトンチッド
    1.16 樹木にまつわるその他の研究トピックス
    引用・参考文献

    2. 森林環境
    2.1 森林とは
    2.2 森林の種類
    2.3 森林を形成する因子
    2.4 森林の変化予測:四次元スケールでの手法
    2.5 森林・林分構造のモデル解析アプローチ
    2.6 「健全な森林」の林学的意義
    2.7 身近な樹木の観察
    2.8 森林・林地に出かける
    2.9 森林の中に入ってみる
    2.10 森林の有機物生産
    2.11 森林の意義
    引用・参考文献

    3. 森林土壌
    3.1 土壌の定義
    3.2 森林土壌
    3.3 森林土壌の性質
    3.4 土壌の生成
    3.5 土壌呼吸
    3.6 リターの分解
    3.7 土壌生物
    3.8 土壌動物
    3.9 土壌微生物
    3.10 土壌の堆積様式と土壌断面
    3.11 菌根菌
    3.12 土壌養分
    3.13 森林土壌の物質循環
    引用・参考文献

    4. 育苗
    4.1 実生苗の育成
     4.1.1 種子
     4.1.2 苗畑
     4.1.3 よい苗木の条件
     4.1.4 育苗容器
    4.2 挿し木苗の育成
     4.2.1 挿し木の長所と短所
     4.2.2 挿し木の容易な樹種と困難な樹種
     4.2.3 挿し木の種類
     4.2.4 挿し木の実際
     4.2.5 挿し木苗育苗上の課題
    4.3 その他の無性繁殖
    引用・参考文献

    5. 造林学とは
    5.1 造林とはなにか
    5.2 「造林学」とはなにか
    5.3 造林学の意義
    5.4 造林の特質
    5.5 造林・育林の成果モデル
    5.6 造林の方法:更新
    5.7 人工更新:人工造林
     5.7.1 人工林の林木の健全な生長
     5.7.2 造林樹種の選び方
     5.7.3 地拵え
     5.7.4 苗木の植栽
     5.7.5 植栽時の留意点
     5.7.6 コンテナ苗
     5.7.7 人工更新,人工造林の課題
    5.8 天然更新
     5.8.1 天然更新の種類
     5.8.2 天然更新における課題
    引用・参考文献

    6. 森林保育
    6.1 下刈り
    6.2 ツル切り
    6.3 枝打ち
    6.4 除伐
    6.5 間伐
     6.5.1 諸外国における間伐の意義の相違
     6.5.2 欧米諸国における樹型級
     6.5.3 寺崎の樹型級編成に至るまでの経緯
     6.5.4 間伐種の分類
     6.5.5 寺崎の樹型級のモデルとなった浅間山国有林の現況
     6.5.6 寺崎の樹型級における問題点
    引用・参考文献

    7. その他の造林の方法
    7.1 広葉樹造林
     7.1.1 広葉樹の特徴
     7.1.2 広葉樹の樹形
     7.1.3 日本における広葉樹造林
     7.1.4 広葉樹造林の種類と目的
    7.2 省力造林
     7.2.1 省力造林の試験例
    7.3 ゾーニング
    7.4 複層林施業
    7.5 林分施業法
    7.6 森林美学
    引用・参考文献

    8. 新たな造林の手法
    8.1 “多様な森づくり”のニーズと模索
    8.2 人工更新+天然更新+遷移→針広混交林&複層林
    8.3 天然更新の樹木の持つ可能性
    8.4 天然更新の今後
    8.5 日本における造林学の課題
    引用・参考文献

    付録 森林・樹木と数学
    A.樹の形:樹形
    B.森林と数学
    C.「古典造林学」から「現代造林学」へ
    D.まとめ

    引用・参考文献
    索引




  • 森林アメニティ学 -森と人の健康科学ー

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 全12章のうち、 第1章 森林アメニティ学とは、 第2章 地域福祉における森林保健活動、 第3章 カウンセリング、心理分野における森林の活用、 第5章 薬用樹木と樹木のヒーリング文化、 第6章 地域医療における事例、 第7章 海外における森林の保健休養の事例、 第8章 森の幼稚園、 第10章 森林と芸術、  第12章 森林のアメニティ分野における現在の課題と今後の展望 の計9章を担当、執筆した。 )

    朝倉書店  2017年09月 ISBN: 978-4-254-47052-9

    森林の保健休養効果に関する調査研究は数多くなされてきており、その書籍もまた今日までに数多く出版されてきている。しかしながら、そのほとんどのものが、限定された空間における特定の被験者を対象とした単発の実験結果、いわば「閉じた環境設定」での報告が多く、実際の森林を活用した保養・休養・医療面、福祉面、心理面における効果にアプローチしたものは数少ないのが現状のところである。特に地域病院、社会福祉施設など、地域医療、地域福祉の現場における具体的な実例研究や事例報告が依然として欠落している。
    そこで本書では、国内外の様々な地域、森林、対象者における実例、事例研究を中心とし、その具体的な効果や手法、また今後の可能性、展望について記述することを大きな特徴とした。
    執筆者は、いずれも森林の保健休養や森林の持つアメニティについて実際に調査研究を行っている研究者であり、具体的な実例経験が豊富である。
    また、全国各地には健全な森林ばかりではなく、手入れ不足の放置林などの不健全な森林も散在し、地域社会における負の環境問題ともなっている。本書では、「保健休養のための特別な森林」を対象とするのではなく、ごく一般的な、また各地の放置林の活用、活用手法についても対象とし、今後の地域の森林、地域社会における新たなパラダイムを提言することも目的とした。
    以上のことから、本書は、各地域の森林を活用した保健休養に関する具体的な事例を、写真、図表、データ、手法とともにまとめ、医療、福祉、教育、心理関係者をはじめ、学生、主婦、一般の方々のために編集した。

  • 図解 知識ゼロからの林業入門

    関岡東生監修、市川 隆、今井伸夫、上原 巌、江口文陽、大林宏也、武生雅明、橘 隆一、田中 恵、辻井 寛、堀内正樹、前川洋平、宮澤紀子、本橋慶一、桃井尊央、矢部和弘、山﨑晃司、吉野 聡 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章8節、第3章6節、7節、8節、9節、10節、11節、第6章6節、7節、8 節 を執筆した。 )

    家の光協会  2016年11月 ISBN: 978-4-259-51863-9

    第2章8節「管理が必要な人工林」 52-53p.
    第3章6節「樹木を育てる①-苗木の生産-」 74-75p.
    第3章7節「樹木を育てる②-地拵えから植林まで-」76-77p.
    第3章8節「樹木を育てる③-下刈りと蔓切り-」78-79p.
    第3章9節「樹木を育てる④-間伐-」80-81p.
    第3章10節「樹木を育てる⑤-枝打ち-」82-83p.
    第6章6節「森林の持つ癒し効果」148-151p.
    第6章7節「森の幼稚園の教育効果」152-153p.
    第6章8節「ドイツで確立した森林美学」154-155p.
    の計9節を執筆した。

  • 現代における民有林経営の課題と展開方向

    佐藤孝吉監修 東京農業大学大学院農学研究科林学専攻 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章Ⅱ節「これからの造林の一視点」 (pp.19~24) を執筆した )

    東京農業大学出版会  2016年03月 ISBN: 978-4-88694-430-6

    第1章Ⅱ節の「これからの造林の一視点」を執筆した。
    その内容は、
    ・造林の使命・目的
    ・森林=複雑系
    ・森林に対する国民の期待
    ・造林の課題
    ・私有林管理の展望
    ・東京農業大学・造林学研究室

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 森林の癒し効果

    上原 巌

    グリーンパワー ( 森林文化協会 )  2019年9月号   6 - 7   2019年09月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     2019年6月22日(土)午後1時半より、東京農業大学・横井講堂において、日本森林保健学会、東京農業大学、森林文化協会の合同主催による、「森林と健康シンポジウム」が盛況に開催された。
     シンポジュウムの趣旨は、森林の持つ多面的な機能が年々その重要性を増し、森林浴、森林療法をはじめとする市民の保健休養に対する関心、ニーズも高まっている今日、地域医療、メンタルヘルス、学術研究などの視点から、森林と人間とのかかわりの方向性、可能性について再考することを目的とした。また、日本森林保健学会創設10周年の記念開催でもあり、シンポジュウムは一般公開、参加費無料で実施された。

     シンポジュウムの主な内容は、以下の通りである。

    1.基調講演「森林と健康」 上原 巌
     本シンポジュウムのテーマでもある、森林と人間の健康の関係について、国内外における医療、福祉、心理、教育などの実践、事例を主に報告した。特に地域病院、社会福祉施設、学校、森林公園などにおいて、それぞれ認知症、PTSD,会社員、教員などの各対象者とした森の保健休養事例を報告し、
    ①「森林=健康」のイメージが定着しつつあるが、森林も人間も様々であり、その差異は大きく、森林で健康になる場合もあれば、そうでない場合もあること
    ②健康は、森林環境の条件と個人条件がうまく合致した時にもたらされる
    ③万人に対する森林保養のレシピは作り難い
    ④森林別、個人別の事例を重ねていくことが現在は最も大切
    ⑤ムードに乗ったビジネス投資は危険
    などのことを報告し、「森林環境の健全度と人間の健全度は比例する」という仮説の提示で総括した。

    2.研究報告
     次に、日本森林保健学会より、3つの研究報告が行われた。
     はじめに東北医科薬科大学の住友和弘准教授より、「地域医療における森林利用」についての研究報告があった。森林散策と森林内の大気測定による揮発物質との関連性や、地域における森林散策の定期的な実施によって、地域住民の高血圧患者の割合と脳卒中死亡率が減少した事例などが報告され、また、この事例から、地域の森林資源を活用した健康増進は、今後の「人生100年時代」において有効な可能性があることも述べられた。
     次に、東京大学・富士癒しの森研究所の竹内啓恵特任研究員が、「森林環境と心の健康づくり」について報告した。ご自身の経験から、森林におけるメンタルヘルス活用の重要性についてまず述べられ、その後、森林散策カウンセリングの実際の事例を報告された。森林カウンセリングの意義とカウンセラーの役割についても言及され、都市部の緑地を活用したメンタルヘルス対策の可能性についても提案された。
     最後に、森林総合研究所の高山範理ダイバーシティ推進室長が、「森林浴の科学的効果」について発表され、森林浴の国内外における研究の現況や、各評価指標や手法について、また森林浴を中心とした環境づくりや幸福度の向上など、今後の社会における可能性について報告した。
     
     第2部はパネルディスカッション。ディスカッションに先立ち、森林文化協会常任理事の沖浩様よりご挨拶をいただき、森林と健康という古くかつ新しいテーマについての大きな期待と、森林文化協会と大学、学会との連携の強化についてもお話しいただいた。
     パネルディスカッションは、東京農業大学副学長、同大学稲花小学校校長の夏秋啓子教授、同大学森林総合科学科長の佐藤孝吉教授よりご挨拶をいただき、第一部での登壇者4名も加わって、おこなわれた。
     テーマは、参加者全員にわかりやすく、かつ共通認識が持てるように、「幼少期の森林体験」、「自分の人生で印象に残っている森林体験」「今後の森林教育、研究に期待すること」の3つについて討議された。
     登壇者からのご回答はそれぞれ百花繚乱で、ユーモアも時折織り交ぜながら、楽しくディスカッションが進行した。やがて、キーワードは、「多様性と多領域の融合」に集約され、様々な方が、様々な思い、目的で集まることにとって、より豊かな森林の保健休養機能が導き出され、その効果も高まっていくのでは?と、全員の意見が一致した。
     最後に、会場からの質疑応答の時間をもうけたところ、
    ①森林療法が地域医療で定着するには?
    ②野外に出たがらない対象者を森に連れ出すには?
    ③森林での良い就職口はあるか?
    ④森林を活用したコーチングの可能性
    などの質問が参加者から出された。
    ①については、まずは地域での実効数値、事例を重ねていくことが大切であること
    ②については、いきなり屋外に連れ出さず、室内でも緑のイメージを持つなどのステップから始めること
    ③については、就職することを考えるのも一案だが、自分で起業してみるのも一案
    ④については、心身を鍛える場としても森林は好適な環境である
    などの回答が登壇者から回答された。

     1980年代の初頭、「森林浴」という言葉が生まれ、その後、20世紀のおわりに「森林療法」という言葉が生まれた(上原:日本森林学会大会 1999)。これらの言葉は、現在の健康増進ブームと一緒に、さらに「科学的根拠」をキャッチフレーズにもして、再び脚光を浴びている。また、地方創生、地方再生の幟のもと、過疎化、高齢化がすすんだ地域においては、新たなビジネス、起業としての森林活用も声高に叫ばれている。今回の記念シンポジウムでは、各地の森林を活用した健康増進の様々な事例を紹介し、「森林と健康」について、幅広く考えた。その結果、森林は私たちの健康を増進する場所ともなりうるし、そうでない場所ともなりうる、その森林環境と保健休養を望む人の諸条件がうまく合致した時に健康増進、保健休養の効果が得られる、したがって、現在はその合致条件を考究する、個々の事例研究の段階にあることなどが話し合われた。
     自らの健康づくりをはじめ、起業家、学生など、様々な方々がそれぞれの思いを持ってこのシンポジウムにご参加された。ご参加された皆様をはじめ、森林と健康に思いを馳せる一人一人の思いが、それぞれ近い将来、結実していくことを願っている。

  • フィンランドでの森林療法の研修会

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  387   4 - 8   2019年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    現在、森林浴(Shinrin-yoku)、森林療法(Shinrin-ryoho)は、国際的にも広がりを見せ、これらの言葉は、アジアだけでなく、いまやヨーロッパや南北アメリカ、オセアニアにまで拡大している。
    それぞれの地域においては、国際シンポジュウム、セミナーなども活発に行われるようになってきたが、本報では、北欧の国フィンランドで初めて開催された森林療法の国際研修会を報告した。
     国際研修会 International Forest Therapy Days 2018には、地元フィンランドをはじめ、ノルウェー、スウェーデンなどの北法諸国、そしてベルギー、イギリス、アイルランド、ドイツ、ポルトガルなどのヨーロッパの国々だけでなく、アメリカ、カナダ、シンガポール、インドなどからの参加者もみられ、参加は全員、インターネットを通しての申し込みであった。
     研修会の講師は、スウェーデン、インド、アメリカ、シンガポール、そして日本(上原)など、海外からの人員がほとんどであり、研修会の参加者には、看護師、薬剤師などの専門職が多いことも特徴的であった。
     講義内容は、筆者の基調講演に始まり、その後、ヨーロッパにおける薬用植物と伝統的民間療法、フィンランドにおけるサウナの文化、そして流行のマインドフルネスなどであった。筆者は連日、森林におけるワークショップも担当したが、筆者以外のプログラムでも、内観、瞑想、グループ・コミュニケーションなど、精神的で静かなプログラムのものが主体であったことが特徴である。
     

  • 「森林と健康」を再考する

    上原 巌

    日本森林インストラクター協会会報 ( 日本森林インストラクター協会 )  145   1 - 1   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

    現在、森林と関連付けた健康増進、健康づくりがちょっとしたブームとなっている。過疎化や高齢化で悩む地域の山村の振興策としても、森林を活用した健康ビジネスが模索されている。その森林健康ビジネスの基盤、キーワードには、「科学的」という言葉が垣間見られることも特徴である。科学的な手法によって、森林の保健休養効果を明らかにし、それによって、地域の森林はお墨付きや認証を受け、観光客、保養客が地域に来るようになり、地域にお金が落ち、若者の新たな仕事、働き場所としても森林が活用できるという構想であろう。でも、本当にそうなるのだろうか?
     最も私が危惧していることは、その物事の核となっている「科学的手法」が、実は科学的ではなかったとしたら、一体どうだろう?ということである。例えば、地域の方々は、「科学的」という言葉を聞いてもその「科学」はいわばブラックボックスであり、核心のところを知ることがない。地域の方としては、「森林というものは、人が癒される場所であるということが証明されたのだ」と純真に思っているかも知れない。しかし、実際には、それは科学的な手法だったのではなく、「癒さ
    れる場所」ということをいわば導き出すための舞台仕掛けを「科学的」と呼んでいたのだったとしたら、どうなるだろう?
     いま、様々な代替療法、セラピーも一種の流行にある。けれども、その多くは、信頼性よりも利益を優先しているものが数多い。大きな流行を見せ、一見うまくいっているように見えても、やがてその実態から当事者、対象者双方の信頼性を傷つける結果となるかも知れない。また、その流行の立役者には、産業振興企画者、研究者、インターネット、マスコミの宣伝などが絡むことが多いこともこの種のビジネスの特徴である。
     小生の経験もふまえ、森林と健康について総合的にまとめると、
    ①森林を活用して健康になる場合もあれば、そうでない場合もある
    ②森林も人も様々であり、その差異はいずれも大きい。
    ③森林環境と個人条件がうまく合致した時に、健康が増進される
    ④万人に良いレシピは作りにくい
    ⑤個人別の事例を重ねていくことが大切
    ⑥ムードに乗ったビジネス投資は危険
    などのことが上げられる。

  • 海外における森林療法の現況(2)

    上原 巌

    森林科学 ( 日本森林学会 )  86   49 - 53   2019年06月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    現在、森林浴(Shinrin-yoku)、森林療法(Shinrin-ryoho)は、国際的にも拡大し、それぞれの地域と国々において、国際シンポジュウム、国際セミナーなども活発に行われるようになってきた。本報では、前報のアジア編に続き、ヨーロッパにおける現況を、主にドイツ、フィンランドの事例から報告した。
     ヨーロッパでの森林療法の国際会議、研修会の様子を簡単に報告したが、そのほかの世界の数多くの国々においても、森林を活用した健康増進は現在、国際的な共通テーマになりつつある。
     今後の展望としては、ステレオタイプでねずみ講のような形態やプログラム、企画のビジネスが広がっていくのではなく、各国の歴史、風土、文化、森林、そしてそれぞれの国民性、民俗性の特徴が生かされた、森林での健康増進のこころみが、各国、各地域のペース、スタイル、方法で広がっていくことを期待している。

  • 長野県伊那市のカラマツ林での冬季の森林散策 <連載>森林と健康-森林浴、森林療法のいま- 第15回

    上原 巌

    森林レクリエーション ( 全国森林レクリエーション協会 )  385   8 - 11   2019年06月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    本報告では、長野県伊那市において、冬季の森林散策の効果に着目し、伊那市職員を対象に森林散策を行い、その結果を報告した。
    森林散策時の野外気温は0℃、また室内気温は20℃で、散策距離は500m、森林散策時間は30分であった。
    このような条件下において、被験者のストレス値(唾液アミラーゼ)は、森林散策後に低下し、その標準偏差も減少した。
    また、5名の森林散策であっても、散策後には、林床の土壌硬度が増加した。
    これらのことから、冬季においても森林散策の効果は期待できる場合があり、また少人数であっても、その踏圧によって簡易散策路の設定が可能であることの双方の結果が示された。

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 心身を回復に導く「森林療法」

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴と森林療法との違い、森林療法の実践事例、日本における今後の可能性などについて報告した。

  • 森へ出かけませんか? -森の香り、緑の風景、川の音などを楽しもう

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴の心身に対する効果についてまとめた

  • みどりの癒し (その29 森林美学)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年09月(年月日)
    -
    2013年09月

  • みどりの癒し (その28 古代ギリシャのヒポクラテス)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年07月(年月日)
    -
    2013年07月

  • みどりの癒し(その27 早朝の散策)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年05月(年月日)
    -
    2013年05月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2016年08月27日   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

    大会発表継続賞

  • 日本カウンセリング学会 大会継続発表賞

    2008年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2001年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中山間地域の森林環境を利用したPTSD治療の実証的研究

    萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    住宅地隣接の里山は、福祉関係者、福祉施設利用者のみならず、地域住民にとっても、自己受容を図り、精神的なよりどころとなる存在意義がある。単なる里山整備に加えて福祉利用という目標も付加された場合、さらに具体的な目標設定がしやすくなり、多様な人材が集まることが本研究によって示した。また、対象者の生理検査および行動評価の結果においては、それぞれ約6~8割の対象者に、森林療法の実施前と比較して向上的な効果が認められ、精神的にも安定化していく傾向などがうかがえた。これらの結果から、森林療法には、異常値を健常値に近づけるスタビライザー的な効用があることも示唆された。
    以上、2年間の研究を通して、森林環境は、患者の受容、治療環境としての意義を持つこと、そして森林療法は、長期的な治療時間軸上において、行動療法、精神療法にも適していることが推察された。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東京農大 福島イノベーション・コースト研究プロジェクト -大学の専門的知見をフル活用した浜通り地方の復興から地域創生へのシームレスな支援モデル事業ー

    提供機関:  公益財団 福島イノベーション・コースト構想推進機構  2019年度 学術研究活動支援事業:大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業

    研究期間: 2019年05月  -  2020年01月  代表者:  山本祐司、渋谷住男

    福島県の浜通り地方は、阿武隈山地から太平洋にかけて、森林地域、森林と平地の境界地域、農地を中心とする平地地域の3つに分けることができる。これらの地域においては、2011年に発生した東京電力福島第一原発事故に起因する放射性物質汚染からの環境回復に関する課題が異なっている。また、森林からの土砂流亡などだけではなく、民家近隣の田畑にも野生動物の出現数の増加がみられるなど、生物界でも変化が生じてきている。そこで、各地域に応じた環境回復の課題を林学、生産環境工学、土壌学、昆虫学など農業系大学が有する多様な技術を用いて各分野の連携を取りつつ解決していく。

    <技術分野の目的・概要等>
    1)森林環境回復(地域環境科学部 森林総合科学科)
    2)森林・農地境界領域の環境回復(地域環境科学部 生産環境工学科)
    3)地域資源を活用した農地の環境回復(応用生物科学部 農芸化学科)
    4)農村空間の環境回復(国際食料情報学部 国際農業開発学科)
    5)野生動物の環境回復(地域環境科学部 森林総合科学科)

    <経営分野の目的・概要等>
    1)農業経営人材の育成(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)
    2)6次産業化商品開発支援(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)
    3)農産物及び加工品のマーケティング支援(国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科)




  • 生活習慣病の予防医療に寄与する地域放置林の再生

    提供機関:  農林水産省  森林づくり国民運動推進事業助成金

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

    長野県山間部の放置カラマツ林を調査モデル林とし、その整備を行いつつ、地域医療における生活習慣病の予防環境としても位置付け、再生作業を行った。また、再生作業中に生産されたカラマツの間伐丸太は、休養空間のテーブル、ベンチに利用し、端材は木炭化を図るなど、有効利用にもつとめた。
    研究の結果、地域林は、特に認知症患者の治療環境に好適であり、過去の回想効果もあることが明らかになった。

  • 森林の癒し研究に関する研究

    提供機関:  民間財団等  日本林業技術協会 学術研究助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた。

  • 森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益信託富士フィルムグリーンファンド研究活動助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

  • 長野県筑北村東条地区における里山交流促進計画-林福連携による里山の新たな活かし方

    提供機関: 環境省  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    長野県筑北村において、地域の森林を活用し、地元の林業会社および社会福祉施設関係者と協働で、地域林の新たな活用方法を創出することを目的とする。

  • 平成28年度 新たな木材需要創出総合プロジェクト事業

    提供機関: 林野庁  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年04月 

    東京都荒川区の社会福祉施設、福祉作業所を中心に、森林・木材を活用した療育、リハビリテーション、および新規事業開発に取り込むことを目的とする。

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    長野県伊那市の山林における
    ①地衣類を主とした環境指標生物
    ②カラマツ林床における薬用樹木、植物
    の2テーマを中心とし、地域活性化の方策を検討する

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 映画にみるカウンセリング

    上原 巌、竹内啓恵

    日本カウンセリング学会 第52回大会  (北海学園大学)  2019年08月  -  2019年08月  日本カウンセリング学会

    1.はじめに
     今日、カウンセリングは日常のあらゆる場面で見聞きすることが多くなった。それは、文学作品や芸術作品などでも、同様である。本報では、それらの中でも映画におけるカウンセリングの事例を紹介し、現在、カウンセリングが日常の生活の中でどのような意味と意義を持っているかを考察することを目的とする。

    ①グッド・ウィルハンティング(1997年 アメリカ映画)
     スラム街で育った札付きの不良青年が、同じくスラム街で育った男性カウンセラーとカウンセリングを重ね、やがて自己覚醒、自己実現へと変容をしていく物語である。
     この映画におけるカウンセリング(劇中では、「セラピー」と表現されている)の特徴は、クライエントとカウンセラー間の対決、拒絶、疑念、共感、和解というプロセスであり、とりわけ対決カウンセリングの要素が強く垣間見られる。
     また、映画の最後では、最終カウンセリングのあと、お互いにハグし、「こんな関係ありか?」とクライエントがカウンセラーにつぶやく場面がある。両者は一定の距離を保つべきであるという、一般的なカウンセリングのルールも最後に提示されていることも興味深い。

    ②普通の人々(1980年 アメリカ映画)
     長男の事故死をきっかけに離散していく家庭の中で、父、母、次男(クライエント)のそれぞれが、自己覚醒、自己実現していく。その変化の中でのキーパーソンとして、カウンセラーが関与している。
     登場するのは、一見不愛想で、無味乾燥な固い印象のカウンセラーであるが、カウンセリングでは、時として、対決カウンセリングの手法も取りながら、クライエントが自らの内に抑圧されているものを引き出し、自己実現を支えていく姿勢を貫く姿が描かれている。
     また、カウンセリング内容の守秘義務については、クライエントの父親であっても、それを遵守している。
     友人の自死という大きな事件にパニックとなったクライエントが、「あなただけが支えだ。友達になってほしい」と哀願すると、「もちろんだ。それも信頼できる友達だ」と、通常のカウンセリングにおける関係性を超え、しっかりと答える場面が印象的である。その後、クライエントは、妻の家出によって茫然自失となった父親をしっかりと支えていく。

    ③男が女を愛する時(1994年 アメリカ映画)僕と世界の方程式(2014年 イギリス映画)
     いずれもグループ・カウンセリング(ピア・カウンセリング)が劇中で登場する映画である。
     前者は、アルコール依存症の妻を抱えた夫が、同じ悩みを持つ家族の会のグループ・カウンセリングに参加し、自らの心を解きほぐしていく。後者は、ALS(筋委縮性側索硬化症)を抱えた数学教師が、その患者グループに参加し、自らの病気を受容し、自己変容をしていく。
     それぞれのグループ・カウンセリングでは、クライエントの参加がまず受容され、クライエントの言葉を全員が静かに傾聴し、その言葉を受容していくことが共通している。クライエントが自らの悩みを吐露し、無条件で受容してもらえる場として、グループ・カウンセリングは描かれている。

    2.まとめ
     それぞれの映画において、抱える問題や背景は様々であり、カウンセリングのアプローチや道程も多様だが、問題・課題の克服、自己変容、自己実現の軸には、やはりカウンセリングが関与し、むすびついている。  
     また、それぞれのカウンセリングにおいては、クライエントとカウンセラーの、あるいはグループ・カウンセリングのメンバー同士の揺るがないコミュニケーションと信頼性が基盤となっており、その関係性を超越する場面も時折みられる。
     映画「レナードの朝」(1990年 アメリカ映画)においては、医師が難病の患者とのやりとりの日々から、「なぜ自分はこんなに辛い気持ちになるのか?」と自問すると、傍らの看護師が「それは、彼とあなたが友達だから」と答える場面がある。この言葉は、これらの映画の中のカウンセリングにおいても、時折発せられる言葉である。究極のカウンセリングにおいて、時にはその関係性を超え、「友達」となることもありうることをこれらの映画は示しているともいえるだろうか。
     また、その揺るぎのない関係性、「友達」といえる存在の欠如、自らの悩みを打ち明ける相手と場の欠如に、今日の数多くのクライエントの悩みの根源の一つがあることをこれらの映画は描写しているともいえるのではないだろうか。

    キーワード:映画、対決カウンセリング、友達

  • The effects & possibilities of forest therapy in Finland

    Iwao UEHARA  [招待有り]

    International Forest Therapy Days in Finland 2019  (Evo, Finland)  2019年07月  -  2019年07月  International Forest Therapy Days in Finland 2019

    1. Define of Forest Therapy
    Forest Therapy (Shinrin-ryoho) is promoting the health of both of forests and human beings.
    Forests and the trees within them have many healing properties. They promote our health, prevent illness, provide relaxation opportunities, and a rehabilitation environment, can be a treatment place for disabilities, peaceful counseling space, and so forth. When we arrive in the forest, we sometimes pay more attention to oneself and one’s life. Walking and exercise in the forest also change our attitudes and perspectives. Trees also have many fascinating aspects for medical, art, and care utilization. However, some forests have been ill, depressed, and having stress like us human beings. So, forest therapy is attempting to heal forest and human beings each other.

    2. Examples of Forest Therapy and Forest Amenity Programs
    There have been many examples of forest therapy and forest amenity programs in Japan.
    First of all, Forest Walking. Walking is the simplest rehabilitation method and whole body exercise. Walking can prevent lifestyle related disease. In addition, individuals walking in the forest enjoy the landscape, fresh air, and natural environment.
    Next, relaxation. It is quiet and peaceful in the forest. Relaxation in the forest inspires natural peace in our body and mind. It adjusts our nervous system balance, too.
    Third, rehabilitation. For clients after an operation, accident, and preparing to reintegrate with society, forest walking & working is one possible rehabilitation program.
    Fourth, treatment and occupational activities in the forest. Carrying logs & branches, cutting trees & weeds, and planting trees are typical examples of occupational therapy.
    Fifth, counseling. Counseling in the forest makes clients relax and sensitive. Forest amenities like landscape aesthetics, wind, fragrance, birds singing sometimes give useful hints to solve our problems and provide an ideal setting for traditional counseling approaches.

    3. Case Studies of Forest Amenities in Japan
    There have been already many invaluable case studies utilizing forest amenities in Japan.
    By experiencing forest activities for a long term and constantly, some clients with mental, psychological, and physical disabilities showed positive treatment effects! Their communication has been also changed positively. Some experimental studies suggest that forest walking can reduce stress hormone, enhance immune function, and balance nervous system. Recently, some case studies of the patients with Dementia could recover their communication ability, too.
    Trees also have great possibilities for healing. For example, some trees provide medicine, herb tea, and fragrance which have certain healing effects.
     In addition, trees and forest have been sometimes worshipped as natural god in Japanese culture.

    4. Possibilities of Forest and Tree Amenities in Finland
    What is the special character of people living in Finland and how does it differ from Japan and other parts of the world? Many people prefer to enjoy and exercise in the park and nature. There are beautiful green parks, mountains, and forests in the Finland. Also, there are many fairy tales like concerned with trees or forests in Finland. Therefore, Finland forests have a big potential for forest therapy program.

  • How to start forest therapy in Finnish forest?

    Iwao UEHARA  [招待有り]

    International Forest Therapy Days in Finland 2019  (Evo, Finland)  2019年07月  -  2019年07月  International Forest Therapy Days in Finland 2019


    1.Indoor group session
    2.Counseling workshop
    3.Making aroma water from variou kinds of trees
    4.Points of starting forest therapy
    ①Purpose: Why do clients need it?
     For Rehabilitation, Treatment, Care, Counseling, Exercise, Recreation, and so forth
    ②Method: Appropriate programs for the purpose
    ③What kind of forests ?
    Conifer, Deciduous, Artificial, Natural, Blight, Dark, tended, untended,……
    ④Clients’ reaction
    Very important ! You must estimate appropriately.
    5.Possibilities of Finland are;
    ①Escape, Recreation & Relax from city life 
    ②Care & treat your body & mind 
    ③Wilderness experience for people need to reset life style
    ④Tourists from other countries
    ⑤Treatment for disabilities and illness

  • ドイツとフィンランドにおける国際森林療法シンポジウムの違い

    上原 巌

    第9回 日本森林保健学会 学術総会  (東京農業大学)  2019年06月  -  2019年06月  日本森林保健学会

    1.はじめに
    現在、森林浴(Shinrin-yoku)、森林療法(Shinrin-ryoho:Forest Therapy)は、国際的にも広がりを見せ、アジアだけでなく、ヨーロッパや南北アメリカ、オセアニアにまで拡大し、それぞれの地域において、国際シンポジュウムなども活発に行われるようになってきた。しかしながら、その内容は、各国々、地域によって様々である。
    そこで本報は、ドイツ、フィンランドの2国で最近開催された森林療法の国際シンポジュウムに着目し、現在の国際的な趨勢とその特徴について考察することを目的とした。

    2.ドイツにおける国際シンポジウム
    ドイツは、ヨーロッパ諸国の中でも、森歩きがとりわけ好きな国であると言われ、伝統的な自然療法や健康法も数多い。そのドイツで、2017年9月に、バルト海の島のUsedamにおいて、ヨーロッパ初の森林と健康の国際会議「1stInternational Congress The Forest and its Potential for Health”が開かれた。会議には、ヨーロッパ全土から約20カ国、200名余の参加者が参集した。ドイツでは、「森林浴」は「Waldbaden」、「森林療法」は「Waldtherapie」と訳され、これらの言葉を中心に、「Kurwald:保養の森」「Heilwald:健康の森」「Green care:みどりの治療」など、様々な言葉も生まれていた。会議では、数多くの研究報告があったが、「~ということが報告されている(氏名、発表年)という紹介が大半であり、実際の具体的な事例報告などはほとんどみられなかった。参加者は、医師やセラピストのグループと、保養ビジネス、観光事業者のグループ、そして学生の3つに大別された。開催地でのブナ林を中心とした森林体験も行われたが、新たな遊具や、運動、エクササイズなど、動的なものの紹介が多いことが特徴的であった。

    3.フィンランドにおける国際シンポジウム
    2018年8月に、北欧では初めてとなる、森林療法の国際研修会「International Forest Therapy Days (IFTD) in Finland 2018」が、フィンランド南部のエロントゥーリ村で開催された。開催の主催は、主婦2名が始めた市民組織である。地元フィンランドをはじめ、ノルウェー、スウェーデン、ベルギー、イギリス、アイルランド、ドイツ、ポルトガルなどのヨーロッパ諸国のほか、アメリカ、カナダ、シンガポール、インドなど、ヨーロッパ以外の国々の参加者もあり、この点が前述のドイツでの国際シンポジウムとは異なる点であった。参加者は全員インターネットを通しての申し込みである。研修会講師は、スウェーデン、インド、アメリカ、シンガポール、そして日本(筆者)など、海外からの人員がほとんどであり、参加者には、看護師、薬剤師などの専門職が多いことも特徴的であった。内容は、ヨーロッパにおける薬用植物と伝統的民間療法、フィンランドの自然文化、マインドフルネスなどであった。ワークショップでは、森林の中での内観、瞑想、グループ・コミュニケーションなど、精神的で静かなプログラムのものが主体であり、この点もドイツでの運動型の体験プログラムとは大きく異なるものであったことが特徴である。

    4.まとめ
     同じ森林療法の名称でも、ドイツ、フィンランドの2国では、森林療法の内容や趣は大きく異なっていた。現在は様々な形態がみられているが、理に適わないものは、今後利用者によって取捨選択され、淘汰されていくものと思われる。

    キーワード:森林療法、ドイツ、フィンランド、ビジネス、研修会
    (連絡先:上原 巌 bigrock1964@hotmail.com)

  • 森林と健康

    上原 巌

    森林と健康 シンポジュウム  (東京農業大学)  2019年06月  -  2019年06月  日本森林保健学会、東京農業大学、森林文化協会

    現在、長引く不景気の影響も受け、数多くの人たちが自らの将来や生活に不安を抱えて過ごしている。その不安の一つに、「健康」の問題があり、手軽に身近な環境を活用した健康増進へのニーズや関心も高まっている。
     1980年代の初頭、「森林浴」という言葉が生まれ、その後、20世紀のおわりには「森林療法」という言葉が生まれた。これらの言葉は、現在の健康増進ブームと一緒に、さらに「科学的根拠」をキャッチフレーズにもも伴い、再び脚光を浴びている。また、地方創生、地方再生の幟のもと、過疎化、高齢化がすすんだ地域においては、新たなビジネス、起業としての森林活用も声高に叫ばれている。
     しかしながら、本当に、森林は私たちの健康を増進する場所なのだろか?それは、Yesとも言えるし、Noであるとも言える。
     本講演では、自らの健康づくりをはじめ、起業家、学生さんなど、様々な方々のそれぞれの思いの一つ一つが熟し、結実していくことを願いつつ、各地の森林を活用した健康増進の様々な事例を紹介しながら、「森林と健康」について、幅広く考えることをまず提言した。

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 静岡県立天竜高等学校、東京都立三鷹高等学校、東京農業大学第一高等学校など複数校   農大出張講義

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本森林保健学会   理事長 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 長野県自閉症療育施設「白樺の家」療育スタッフボランティア

    1995年05月
    -
    1997年08月

  • 長野県自然観察インストラクター

    1995年05月
    -
    継続中

  • 長野県通訳トレーニングセミナー伊那地区代表責任者

    1996年04月
    -
    1998年03月

  • 長野県環境教育研究会会員

    1997年04月
    -
    継続中

  • 長野冬季オリンピック通訳ボランティア(エム・ウエーブ会場)

    1998年02月
     
     

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 地域の森林資源を大切に保育管理しながら、森林環境の持つ多面的効用がより発揮できるような手法を考察していきたい。特に全国各地の「放置林」の再生手法に力を注ぎたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 身近な自然環境に興味を持ちながら、自分自身も見つめてみていってください。
    東京農業大学には多様な選択肢があります。