2017/09/18 更新

写真b

上原 巌 (ウエハラ イワオ)

UEHARA Iwao

教授

生年

1964年11月20日

研究室住所

東京都世田谷区桜丘1-1-1

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

03-5477-2268

研究室FAX

03-5477-2267

ホームページ

http://www.geocities.jp/ueharaiwao

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年03月

    ミシガン州立大学   農学部   林学科   その他

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

    東京農業大学   農学部   林学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    信州大学  農学研究科  森林科学専攻  修士課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    岐阜大学  連合農学研究科  生物環境科学専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月
    -
    1987年04月

    アメリカ・ミシガン州立大学農学部林学科   東京農業大学派米留学生

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   短期大学部   環境緑地学科   非常勤講師  

  • 2004年06月
    -
    2006年09月

    東京農業大学   非常勤講師  

  • 2006年10月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

      長野県立下高井農林高等学校   教諭

  • 1997年09月
    -
    1999年05月

      知的障害者更生施設「親愛の里松川」   ワーカー

  • 2000年10月
    -
    2001年03月

      知的障害者更生施設「緑の牧場学園」   療育指導員

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      長野県軽井沢町長倉地区児童館   館長

  • 2001年04月
    -
    2004年09月

      長野県立高等学校   佐久地区スクールカウンセラー

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本カウンセリング学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本造園学会

  • 1999年02月
    -
    継続中
     

    アメリカ園芸療法協会(AHTA)

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    応用森林学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 危険物取扱者(乙種)

  • 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

論文 【 表示 / 非表示

  • Seminar and practice of Silviculture Laboratory of Tokyo University of Agriculture (TUA)

    Iwao UEHARA, Megumi TANAKA, Izumi SUGAWARA

    中部森林研究   65   55 - 58   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The Forest Science Department (annual capacity: 140 students) of Tokyo University of Agriculture (TUA) has a special education system which contains 9 laboratories. These 9 laboratories are Silviculture, Forest Ecology, Erosion Control and Revegetation Engineering, Forest Engineering, Forest Products Chemistry, Wood Science and Technology, Forest Management, Forest Policy, and an electron microscope laboratory. In each laboratory students participate in seminars, experiments, filed study, and a graduate thesis research. Junior students are selected and are able to join in one of the laboratories. Silviculture is a subject which consists of various fields such as forest ecology, tree physiology, forest soil, forest aesthetics, and so forth. Therefore, Silviculture Laboratory also includes various field seminars, experiments, and field studies. The studies are mainly practiced in the field which aims to allow the acquisition of multiple viewpoints. The topics include seeds, cuttings, nurseries, tree observations, field trips, studies at Okutama Practice Forest, Fuji experiment forest, and other forest fields. Junior students learn various skills of the studies and decide on their own graduate thesis theme. We surveyed students through a questionnaire in 2015 and 2016 and found vegetation survey is a key aspect among the practices.
    Keywords: seminar, training, Silviculture laboratory, Tokyo University of Agriculture (TUA)

  • Cuttings of Lindera umbellata Thunb. and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea

    UEHARA Iwao

    中部森林研究   65   11 - 14   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    Abstract: Lindera umbellata Thunb has a special sweet fragrance. It has been used as tooth picks for Japanese traditional cakes, but recently it has been also utilized as medical liquor and a bath solution. Demands for it as a medical plant have been also increasing. Therefore, producing stocks has another possibility for rural forests. This study attempted to make cuttings of Lindera umbellata Thunb and Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama. Each of the cutting materials was collected before leaves bloomed leaves in the middle of April in 2016. The cuttings were two types; 10cm and 20cm long and planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 15 cuttings were planted in each planter for a total of 90 cuttings planted for each of the types. The nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). The percentage of blooming leaves of Lindera umbellata Thunb.was 80 percent and var. membranacea was 70 percent. However, the percentage of rooting for Lindera umbellata Thunb. was only 5 percent and var. membranacea was 15 percent. 15% of var. membranacea had callus. A survival rate of Lindera umbellata was 20% and var. membranacea was 30%. Measurement of data by SPAD of stocks with roots or callus were significantly higher than stocks without them (p<0.005).
    Keywords: cuttings, Lindera umbellata Thunb, Lindera umbellata Thunb. var. membranacea (Maxim.) Momiyama

  • Attempts of cuttings utilizing Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa and Larix kaempferi wood for nursery bed.

    Iwao UEHARA

    関東森林研究   67 ( 2 ) 259 - 262   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    要旨:育苗の手法、材料には、様々なものが報告されている。本報では、林地残材の有効活用の一環として、林内に放置されたスギ、ヒノキ、カラマツの間伐材より繊維状の木質チップを作製し、それを挿し床として利用して、その活着率を調べた。挿し木の試供木にはポプラ(Populus nigra)を使用し、長さ20cmの挿し穂を作った。上記のスギ、ヒノキ、カラマツの木質チップをそれぞれプランター(縦60×横22×深さ16cm)に入れ、1つのプランターに10本ずつ、計40本(計4プランター)を挿しつけた。なお、対照区として、鹿沼土を挿し床にしたプランターも同数もうけ、それぞれの生長の比較を行った。木質チップの挿し床の含水率はいずれも高く、また苗木の安定性も低かったため、いずれの挿し床においても活着率は著しく低く、スギチップで活着率0%、ヒノキチップ10%、カラマツチップで30%という結果となった。
    キーワード:挿し木、木質チップ、林地残材、活着率

    Abstract: There have been many attempts for cutting methods. This study aimed to research the percentage of cuttings that succeeded utilizing the remaining logs in the forest. We made Criptomeria japonica, Chamaecyparis obtusa, Larix kaempferi wood chip from the remaining logs and used them as a nursery bed for the cuttings. The cuttings of Populus nigra cuttings were 20cm long and were planted in a planter (60cm long × 22cm wide × 16cm depth). 10 cuttings were planted in each planter with total of 40 cuttings planted in each of the wood chip varieties. The control nursery bed for this experiment was soil for gardening (Kanuma soil). Water content of the nursery bed of the wood chips was higher and the survival rate was much lower than the control: 0% in the Criptomeria bed, 10% in the Chamaecyparis bed, 30% in the Larix bed.
    Keywords: cutting, wood chip, remaining log, survival rate

  • Antibacterial effect of the pyroligneous acid of dumped mushroom bed

    Iwao UEHARA, Magumi TANAKA

    森林応用研究   25 ( 2 ) 9 - 11   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Annually, enormous amounts of mushroom beds are dumped throughout Japan. Dealing with them is one of the difficult problems among mushroom farmers. In addition, the farmers fumble to find effective practical uses for these discarded mushrooms. This research examined the bacterial resistance of pyroligneous acid which is made from dumped mushroom beds. Experiments used Escherichia coli and Staphylococcus aureus subsp.aureus which are common bacteria in daily life. The experiment results showed pyroligneous acid was able to resist the growth of E.coli and Staphylococcus.
    Keywords: dumped mushroom bed, pyroligneous acid, antibacterial effects, Escherichia coli, Staphylococcus aureus

    キノコの人工栽培の際に生じる廃培地の処理は、キノコ農家にとって、大きな問題となっており、毎年膨大な量の廃培地が生じ、その対策や有効活用が模索されている。本研究では、その廃培地の製炭利用にあたり、その製炭化過程で発生する木酢液に着目をし、その抗菌試験をおこなった。抗菌の対象は、日常生活におけるありふれた菌として大腸菌と黄色ブドウ球菌を扱った。試験の結果、廃培地の木酢液には、ある程度の抗菌作用を持つことが認められた。
    キーワード:キノコ廃培地,廃おがオイル,大腸菌,黄色ブドウ球菌

  • "癒しの場”としての都市近郊林の利用の現状と実態 -各地における都市近郊林を活用した保健休養の事例-

    上原 巌

    環境情報科学   45 ( 2 ) 9 - 14   2016年08月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    保健休養の場としての森林環境の特徴をはじめ、保健休養推進における留意点、都市近郊林の特徴、都市近郊林を活用した各地における保健休養の事例などを報告した。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 森林アメニティ学 -森と人の健康科学ー

    上原 巌、清水裕子、住友和弘、高山範理 (担当: 共著 , 担当範囲: 全12章のうち、 第1章 森林アメニティ学とは、 第2章 地域福祉における森林保健活動、 第3章 カウンセリング、心理分野における森林の活用、 第5章 薬用樹木と樹木のヒーリング文化、 第6章 地域医療における事例、 第7章 海外における森林の保健休養の事例、 第8章 森の幼稚園、 第10章 森林と芸術、  第12章 森林のアメニティ分野における現在の課題と今後の展望 の計9章を担当、執筆した。 )

    朝倉書店  2017年09月 ISBN: 978-4-254-47052-9

    森林の保健休養効果に関する調査研究は数多くなされてきており、その書籍もまた今日までに数多く出版されてきている。しかしながら、そのほとんどのものが、限定された空間における特定の被験者を対象とした単発の実験結果、いわば「閉じた環境設定」での報告が多く、実際の森林を活用した保養・休養・医療面、福祉面、心理面における効果にアプローチしたものは数少ないのが現状のところである。特に地域病院、社会福祉施設など、地域医療、地域福祉の現場における具体的な実例研究や事例報告が依然として欠落している。
    そこで本書では、国内外の様々な地域、森林、対象者における実例、事例研究を中心とし、その具体的な効果や手法、また今後の可能性、展望について記述することを大きな特徴とした。
    執筆者は、いずれも森林の保健休養や森林の持つアメニティについて実際に調査研究を行っている研究者であり、具体的な実例経験が豊富である。
    また、全国各地には健全な森林ばかりではなく、手入れ不足の放置林などの不健全な森林も散在し、地域社会における負の環境問題ともなっている。本書では、「保健休養のための特別な森林」を対象とするのではなく、ごく一般的な、また各地の放置林の活用、活用手法についても対象とし、今後の地域の森林、地域社会における新たなパラダイムを提言することも目的とした。
    以上のことから、本書は、各地域の森林を活用した保健休養に関する具体的な事例を、写真、図表、データ、手法とともにまとめ、医療、福祉、教育、心理関係者をはじめ、学生、主婦、一般の方々のために編集した。

  • 図解 知識ゼロからの林業入門

    関岡東生監修、市川 隆、今井伸夫、上原 巌、江口文陽、大林宏也、武生雅明、橘 隆一、田中 恵、辻井 寛、堀内正樹、前川洋平、宮澤紀子、本橋慶一、桃井尊央、矢部和弘、山﨑晃司、吉野 聡 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章8節、第3章6節、7節、8節、9節、10節、11節、第6章6節、7節、8 節 を執筆した。 )

    家の光協会  2016年11月 ISBN: 978-4-259-51863-9

    第2章8節「管理が必要な人工林」 52-53p.
    第3章6節「樹木を育てる①-苗木の生産-」 74-75p.
    第3章7節「樹木を育てる②-地拵えから植林まで-」76-77p.
    第3章8節「樹木を育てる③-下刈りと蔓切り-」78-79p.
    第3章9節「樹木を育てる④-間伐-」80-81p.
    第3章10節「樹木を育てる⑤-枝打ち-」82-83p.
    第6章6節「森林の持つ癒し効果」148-151p.
    第6章7節「森の幼稚園の教育効果」152-153p.
    第6章8節「ドイツで確立した森林美学」154-155p.
    の計9節を執筆した。

  • 現代における民有林経営の課題と展開方向

    佐藤孝吉監修 東京農業大学大学院農学研究科林学専攻 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章Ⅱ節「これからの造林の一視点」 (pp.19~24) を執筆した )

    東京農業大学出版会  2016年03月 ISBN: 978-4-88694-430-6

    第1章Ⅱ節の「これからの造林の一視点」を執筆した。
    その内容は、
    ・造林の使命・目的
    ・森林=複雑系
    ・森林に対する国民の期待
    ・造林の課題
    ・私有林管理の展望
    ・東京農業大学・造林学研究室

  • Agricultural and Forestry Reconstruction After the Great East Japan Earthquake

    Iwao UEHARA, Tomoko SEYAMA, Fumio Eguchi, Ryuichi Tachibana, Yukito Nakamura, Hiroya Obayashi (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 13 : Nuclear Radiation Levels in the Forest at Minamisoma, Fukushima Prefecture, pp.193-202 )

    Springer  2015年09月 ISBN: 978-4-431-55557-5

    Great East Japan Earthquake occurred on the 11th of March, 2011 and 4 days later, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) Fukushima No.1 nuclear power plant accident also happened. The accident caused serious nuclear pollution damage for Fukushima area, and it was reported that the forest area had been especially received severe damage. However, its present situation has not researched yet, and reforestation has not been planned, either. Therefore, we surveyed the amount of nuclear radiation at the forest of Minamisoma city where it was reported the amount of radiation has been extremely high. We set several survey plots in the forest and surveyed the radiation amount of leaves, branches, woods (bark and stem), soil, litter interception, and irrigation water. The surveying results showed nuclear pollution was not spread equality on the Minamisoma forest, but in the several “hot spots”, some litter interception indicated high radiation amounts, the extration rates from bark to xylem were different between conifers and deciduous trees and between standing living tree and mushroom bed logs, and radioactive cesium was not detected from transpiration water.
    Keywords: nuclear radiation, Minamisoma city, Fukushima, forest

  • はかる つくる えがく そだてる みどりの地域を育む~地域環境科学がわかる本

    東京農業大学地域環境科学部教員 (担当: 共著 , 担当範囲: 「地域の森林再生-ネグレクトされていた森林をケアする」(56p) )

    東京農業大学出版会  2015年08月 ISBN: 978-4-88694-450-4

    全国各地域に散在する放置林の再生について、また、その手法の指標としての森林美学、手法の一つとしての作業療法について記述した。

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 保健休養のための森づくりの実践:各地におけるワークショップ

    上原 巌

    森林技術 2017年6月号 ( 日本森林技術協会 )  903   22 - 25   2017年06月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    全国各地に「放置林(人工林、広葉樹二次林を含む)」が増加している今日、それらを活用し、保健休養のための空間づくりのワークショップを全国で展開している。
    本論では、それらのうちから福岡県八女市、長野県筑北村におけるワークショップの事例を紹介し、その整備手法についても報告した。

  • 保健休養の視点からの森づくり

    上原 巌

    森林技術 ( 日本森林技術協会 )  ( 900 ) 28 - 31   2017年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    「生物多様性」の重要性が近年とくに指摘されるようになっており、その動きの中で、「多様性」の価値の重要性もまた指摘をされてきている。森林・林業界においても、森林の「多面的機能」はもとより、生物多様性の重要性が声高にされるようになり、単一的、画一的でない、視点、手法の森林・林業の重要性が指摘され、「多様性」が一つのキーワードともなっている。
     本論では、その多様性の中で、“森づくりの多様性”について、さらにその中でも「保健休養のための森づくり」について、自分が取り組んできた事例から報告を行った。

     2011年12月に林野庁・内閣府が行った「森林と生活に関する世論調査」によると、景観・風景を楽しむ、心身の気分転換、自然の中でのんびりなどの回答割合が過半数を占め、精神的な気分転換、リラックスなど、静的な過ごし方をする国民が多く、登山、森林づくりボランティアなどの動的なアクティビティで過ごすのは少数派であることが示唆されている。かつての登山ブーム、スキーブームなどは現在沈静化し、逆に、のんびり、ゆっくり過ごすことを希望する国民が多いことが現在の趨勢である。
     以上のことから、保健休養を目的とした森林づくりのあり方を検討する必要性が示されている今日、これまで自分が取り組んできた保健休養のための森づくりに関わった北海道および鹿児島県における地域病院での事例を紹介・報告した。
     2003年に林野庁が発表した「高齢社会における森林空間の利用についての調査報告書」によると、病院周辺の森林を活用したいと希望している地域病院が過半数以上にのぼることが明らかにされており、今回の報告事例は、その希望に応える事例となりえたこととも考えられた。
     




  • 里山林を活用した保健休養の可能性

    上原 巌、大場龍夫、奥 敬一、高橋生志雄、田中 浩、松本康裕、箕輪光博、山本信次

    里山林の持続的利用を通じた再生手法に関する調査 ( 日本林業協会 )    18 - 24   2016年11月

    総説・解説(その他)   共著

    計8名の調査委員会のメンバーによる調査報告書であり、「里山林を活用した保健休養の可能性」の項(18~24頁)を執筆した。

  • 森林保健研究の概況と今後の展望

    上原 巌

    森林保健研究 ( 日本森林保健学会 )  1   9 - 11   2016年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    要旨:昨今は,「健康ブーム」であり,その健康ブームの中心,キーワードになっているのは,「自然」である。「自然の摂理」「本来の自然」に従った暮らし方,生き方が私たちを健康に導き,「自然環境」の中にこそその答えがあり,健康を取り戻すことができるというコンセプト,自然に従った生き方や自然を享受した健康増進は,古今東西で云い伝えられてきている。たとえば,「医学の祖」と云われる古代ギリシャの医師ヒポクラテスは,自然と人間の関係性から健康にアプローチした医学者であった。ヒポクラテスは,天体条件からはじめ,季節変化,気象条件,居住環境の条件,植物環境,そして,各患者の生活習慣,様式,体質,性格,嗜好,毎日の運動状況などから,総合的に治療法を処方していく姿勢をとっていた。人間の病気は,「人間の内にある自然」と「外にある自然」との不調和から生まれると考えるヒポクラテスの姿勢は21世紀の今日でも参考になることが多々ある。現在の日本における身近な森林を活用した保健休養の実践例では,生活習慣病の予防,精神疾患の治療,障害者療育,地域病院における作業療法やリハビリテーション,メンタルヘルスのこころみなどが萌芽し,みられている。ヒポクラテスの時代であっても,現代であっても,人間の健康は自然がもとになっていることは不変であり,普遍である。現在我が国の農山村に放置された森林や里山,休耕田なども地域住民の健康作りや福祉活動,そして医療利用の一環として再生する可能性が潜在しており,特に福祉分野の視点においては,地域の身近な森林での活動を核として,地域コミュニティを再形成していくことが今後の新たな福祉や医療,保健休養の一つの形態,パラダイムにもなり得る可能性を持っている。身近な森林を住民自らが自主的に楽しめる生活が,これから少しずつ市民の手によって全国で萌芽する種まきを今後も継続し,本学会誌は,その役割の一端も担っていくものとする。
    キーワード:森林,保健休養,ヒポクラテス,地域,医療,福祉,メンタルヘルス


    Abstract: Recently, in our 21st century, “health boom” and “health movement” have been taken place. The base and keyword of them is NATURE. In all over the world, the concepts of nature guides us to healthier lives have been known. Then, we have still attempted to follow the nature to promote our health. Hippocrates was an ancient Greek medical doctor and a physician who approached the relationship between human and health and nature. He made his prescription by reconsidering and arranging astronomic matters, climates, dwell environments, vegetative environment, patients’ and clients’ lifestyles, characters, flavors, exercise conditions, and so forth. We can still learn his attitude reconsidering the balance of our inner nature and outer nature to promote our health. In present Japan, some attempts dealing with forest and nature have been sprout up in the social welfare, medical, psychological, educational, mental health fields, and so forth. Especially, in the social welfare field, rural forests have big possibility not only for promoting health, but also for making new community and paradigm “rural health is made by rural forest”. We the Society of Forest Amenity and Human Health Promotion in Japan continue and encourage the new sprout attempts. This journal is also going to act the mission.
    Keywords: forest, health promotion, Hippocrates, rural, medical, social welfare, mental health

  • 研究の視点いろいろ -精緻な林分管理モデルづくりに向けて-

    上原 巌

    現代林業 ( 全国林業改良普及協会 )    24 - 29   2016年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    今後の日本の林分管理における、森林の変化予測(4次元スケールでの手法)、「健全な森林」の林学的意義、樹木の指標性解析、森林・林分構造のモデル解析アプローチなどについて報告、解説した。

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 心身を回復に導く「森林療法」

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴と森林療法との違い、森林療法の実践事例、日本における今後の可能性などについて報告した。

  • 森へ出かけませんか? -森の香り、緑の風景、川の音などを楽しもう

    その他 

    2014年05月(年月日)
    -
    2014年05月

    森林浴の心身に対する効果についてまとめた

  • みどりの癒し (その29 森林美学)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年09月(年月日)
    -
    2013年09月

  • みどりの癒し (その28 古代ギリシャのヒポクラテス)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年07月(年月日)
    -
    2013年07月

  • みどりの癒し(その27 早朝の散策)

    上原 巌  芸術活動 

    2013年05月(年月日)
    -
    2013年05月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2016年08月27日   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

    大会発表継続賞

  • 日本カウンセリング学会 大会継続発表賞

    2008年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

  • 日本カウンセリング学会 大会発表継続賞

    2001年11月   日本カウンセリング学会  

    受賞者:  上原 巌

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中山間地域の森林環境を利用したPTSD治療の実証的研究

    萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    住宅地隣接の里山は、福祉関係者、福祉施設利用者のみならず、地域住民にとっても、自己受容を図り、精神的なよりどころとなる存在意義がある。単なる里山整備に加えて福祉利用という目標も付加された場合、さらに具体的な目標設定がしやすくなり、多様な人材が集まることが本研究によって示した。また、対象者の生理検査および行動評価の結果においては、それぞれ約6~8割の対象者に、森林療法の実施前と比較して向上的な効果が認められ、精神的にも安定化していく傾向などがうかがえた。これらの結果から、森林療法には、異常値を健常値に近づけるスタビライザー的な効用があることも示唆された。
    以上、2年間の研究を通して、森林環境は、患者の受容、治療環境としての意義を持つこと、そして森林療法は、長期的な治療時間軸上において、行動療法、精神療法にも適していることが推察された。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病の予防医療に寄与する地域放置林の再生

    提供機関:  農林水産省  森林づくり国民運動推進事業助成金

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

    長野県山間部の放置カラマツ林を調査モデル林とし、その整備を行いつつ、地域医療における生活習慣病の予防環境としても位置付け、再生作業を行った。また、再生作業中に生産されたカラマツの間伐丸太は、休養空間のテーブル、ベンチに利用し、端材は木炭化を図るなど、有効利用にもつとめた。
    研究の結果、地域林は、特に認知症患者の治療環境に好適であり、過去の回想効果もあることが明らかになった。

  • 森林の癒し研究に関する研究

    提供機関:  民間財団等  日本林業技術協会 学術研究助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた。

  • 森林活動による精神発達障害者の療育効果に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益信託富士フィルムグリーンファンド研究活動助成金

    研究期間: 1998年04月  -  2000年03月 

    長野県の山間部に位置する社会福祉施設(知的障害者更生施設)において、施設周辺の森林を活用した森林療法(作業療法、森林散策)を実施した。その結果、作業能力、情緒安定度、基本的生活習慣などで、森林療法以前よりもそれぞれの向上がみられた。また、生理的には、森林環境においては、室内よりも、脳波のα波の発生比率が有意に高まることが、2年間の継続測定の結果示され、パニックや多動行動などの異常行動にも減少が見られた

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

  • 長野県筑北村東条地区における里山交流促進計画-林福連携による里山の新たな活かし方

    提供機関: 環境省  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    長野県筑北村において、地域の森林を活用し、地元の林業会社および社会福祉施設関係者と協働で、地域林の新たな活用方法を創出することを目的とする。

  • 平成28年度 新たな木材需要創出総合プロジェクト事業

    提供機関: 林野庁  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年04月 

    東京都荒川区の社会福祉施設、福祉作業所を中心に、森林・木材を活用した療育、リハビリテーション、および新規事業開発に取り込むことを目的とする。

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    長野県伊那市の山林における
    ①地衣類を主とした環境指標生物
    ②カラマツ林床における薬用樹木、植物
    の2テーマを中心とし、地域活性化の方策を検討する

  • 長野県伊那市山村活性化事業

    提供機関: 長野県伊那市  一般受託研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    長野県伊那市の山村活性化について、主に伊那市郊外のカラマツ林を活用した保健休養、健康増進の効果について検討を行い、カラマツ林床の薬用植物の分布調査、カラマツ材チップおよびカラマツ木炭の育苗効果などについて調査研究を行った。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Therapy in Forest in Japan

    Iwao UEHARA  [招待有り]

    First International Congress The Forest and Its Potential for Health  (Heringsdorf, Usedam, Germany)  2017年09月  -  2017年09月  Kur und Heilwald

    Forests, trees, and plants have provided many healing elements for our daily lives from ancient time. In addition, trees and forest have been sometimes worshipped as natural gods in Japanese culture. I introduce some interesting case studies of Forest Therapy (“Shinrin ryoho”) which utilized forest amenities in Japan. These studies have showed that experiencing forest activities (forest walking, occupational activities, rehabilitation, counseling, relaxation) for a certain term and constantly, some clients with mental, psychological, and physical disabilities or illness could ease their disabilities or illness commonly. Their communication has been also changed positively. Other case studies of Dementia patients showed they could recover the communication ability, too. Also other case studies of clients were school teachers or public servants with mild-depression showed their communication and moods were positively changed after forest experiences (counseling, relaxation, and working activities). Many German people have traditionally enjoyed and taken a walk (Wanderung) in the forest. Therefore, this kind of therapy has a big possibility in Germany and German forests, too.

  • 中国における森林療法の可能性

    上原 巌  [招待有り]

    第2回 森林療法 研修会  2017年07月  -  2017年07月 

  • 森林の保健休養効果に関する様々な条件の考察 -線形代数の手法の活用-

    上原 巌

    第7回 日本森林保健学会 学術総会  (東京農業大学)  2017年06月  -  2017年06月  日本森林保健学会

    1.はじめに
    現在、森林浴や森林療法など、森林を活用した保健休養機能については、一般市民からの関心も高い。昨今の「健康ブーム」の影響も強く受け、「森林では気持ちが安らぐ」「リフレッシュできる」などの言葉もよく見聞きする。そうした気分や心理的な側面だけではなく、現在では、高血圧の緩和、ストレスの軽減、生活習慣病の予防など、身体的、生理的な「科学的効果」を特に強調した情報がよく見聞されるようになった。“森林に出かけると、ストレスが下がる”といった 一種の「定理」「定石」のような考え方もまた、それらの中から派生し、社会的に拡大している状況もうかがえる。
     しかしながら、言うまでもなく、どのような森林であっても,その森林環境は一定、一様ではない。たとえば、「常緑樹林」と「落葉樹林」でもその環境は大きく異なり、加えて森林の整備状況によってもそれは異なる。同様に,われわれ人間の要素も一様ではない。ある森林は,ある人が,ある状況下において、その心身のストレスを軽減させる場となりうることがあるかもしれないが,別のある人にとっては,ストレスをむしろ増加させる場となることなども当然ながら考えられる。
     これらのことから、森林の保健休養機能を考察する上では、森林と人間の各々の様々な条件の組み合わせをもとに、論理的な考究を行うことが大切である。そこで、本研究では、その幾通りもの組み合わせを、森林と人間の2つの要素に分けて、数学の線形代数(行列)の様式を使って考察することを目的とした。

    2.線形代数:行列について
     線形代数(linear algebra)とは、線形空間(ベクトル空間)や行列で表現される、一次変換に関する理論を研究する代数学の一部門のことである。一般的な行列の形式を図1に示す。数値を横に並べたものを「行」といい, 縦に並べた数値を「列」という。線形空間では、各座標点を結ぶことによって、各ベクトルの大きさを立体的に表現することもできる。本研究は、このように多次元の線形空間を使い、森林の保健休養効果を表現することをこころみた。

     方法は、森林と人間の持つ各要素を下記のように列記し、行列の形式にあてはめ、それによって形作られる線形空間の変化によって、保健休養効果の差異を考察するものである。

    ①森林:樹種(落葉、常緑、針葉樹、広葉樹)、人工林、天然林、里山、気候、標高、立地条件、傾斜、植生、整備・保育状況など
    ②人間:性差,成育歴,体力,体調、生理・代謝機能、森林経験、嗜好など

    キーワード:保健休養、効果、線形代数、行列
    (連絡先:上原 巌 bigrock1964@hotmail.com)

    1. Introduction
    Civil interesting about the health promoting effects of the forests have been annually increased. Especially, the movement has been also inspired by “Health movement”. We sometimes hear these kind of the words and phrases; “When you are in the forest, you can be relaxed”, “you can be refreshed by forest walking”. In addition, in nowadays, many information which emphasizes “scientific effects” concerned with blood pressure, stress hormone, life style diseases, has been increased, too. These movement sometimes produce wrong information; “Your stress can be decreased by going to forest” as a theorem, or a formula. However, the conditions of each forests are not same. There are many variations, cases, and conditions. Also, we human being s have uncountable varieties and conditions. One forest can be effective for one person in some conditions, but the same forest can be stressful environment for other person. This problem shows us that we have to reconsider the importance of combination of forests and human beings. Therefore, this study reconsiders two elements: forest and human beings by linear algebra method.

    2. Merit of utilization of linear algebra
    Linear algebra can express the various elements by matrix and vector space. The health promotion effects of the forest include various elements, so utilizing linear algebra is very useful and suitable to consider and grasp the effects. Also, three dimensional shapes can show the three dimensional changes of and it produces us the variety of forests and human beings combinations and conditions.


  • 伊那市のカラマツ林における地衣類の分布

    上原 巌

    第128回 日本森林学会大会  (鹿児島大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本森林学会

    1.はじめに
    地域の森林環境を保養地として活用,利用することが全国で企画されている。しかしながら,その環境指標については明確な基準や評価がまだ未整備であり、特に保養地の空気の清浄度などについての基準は欧米などと比較した場合、ほとんど省みられていない。
    硫黄酸化物(SOx)のなどに弱いとされる地衣類は,公害の環境指標として用いられることもある。そこで本研究では,地衣類の種類、出現度,被度からその大気の清浄度を考察する試みを伊那市のカラマツ林にて行った。

    2.方法
    調査地は、伊那市高遠地区の標高約800~1200mに位置する3つのカラマツ林分。各林分内に10m×10mの調査区を設け、林分内の立木の地際から1~2mまでの高さの樹幹の東西南北の4方向から地衣類の付着の有無、種類、被度、出現率を調べた。被度は、目視により,①10%未満②10~25%③25~50%④50~75%⑤75%以上の5段階とした。また,同時に,測定値の樹種,樹高,胸高直径も測定した。

    3.結果と考察
    ①水環境、空中湿度の高いところでは、サルオガセの出現度が高くみられた。
    ②サルオガゼは土壌の栄養度の高いところで多くみられた。
    ③ウメノキゴケ科の出現度は、林道沿いでも高かった
    ④ウメノキゴケの出現度には、日照条件、林分密度も影響をしており、このことから間伐実施の指標にもなりうる可能性も示唆された
    ⑤樹種,樹皮による着生の困難さの差異も認められた
    ⑥胸高直径,樹高による出現度の差異は、本調査では認められなかった。

  • 認識 森林療癒

    上原 巌

    擁抱緑自然工作坊 認識 森林療癒  (台湾基督長老教會聖書学院)  2017年03月  -  2017年03月  台湾森林保健学会、台湾基督長老教會

    台湾新竹市の台湾基督長老教會聖書学院において、基調講演、事例紹介、ワークショップ、体験会を実施した。
    その主な内容は、以下のとおりである。
    ①森林療法概論
    ②事例紹介(高齢者対象、労働者対象)
    ③森林カウンセリング(大学生、不登校、労働者、障害者)
    ④幼稚園におけるワークショップ
    ⑤森林公園におけるワークショップ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 静岡県立天竜高等学校、東京都立三鷹高等学校、東京農業大学第一高等学校など複数校   農大出張講義

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本森林保健学会   理事長 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 長野県自閉症療育施設「白樺の家」療育スタッフボランティア

    1995年05月
    -
    1997年08月

  • 長野県自然観察インストラクター

    1995年05月
    -
    継続中

  • 長野県通訳トレーニングセミナー伊那地区代表責任者

    1996年04月
    -
    1998年03月

  • 長野県環境教育研究会会員

    1997年04月
    -
    継続中

  • 長野冬季オリンピック通訳ボランティア(エム・ウエーブ会場)

    1998年02月
     
     

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 地域の森林資源を大切に保育管理しながら、森林環境の持つ多面的効用がより発揮できるような手法を考察していきたい。特に全国各地の「放置林」の再生手法に力を注ぎたい。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 身近な自然環境に興味を持ちながら、自分自身も見つめてみていってください。
    東京農業大学には多様な選択肢があります。