2017/10/20 更新

写真b

小島 弘昭 (コジマ ヒロアキ)

KOJIMA Hiroaki

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)

  • 九州大学 -  修士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   農学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

      日本学術振興会   特別研究員DC1

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

      日本学術振興会   特別研究員PD

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

      日本学術振興会特別研究員対象のブリティッシュカウンシル助成金にて英国(自然史博物館)へ訪問研究員として出張   日本学術振興会特別研究員

  • 2000年04月
    -
    2000年10月

      日本学術振興会海外特別研究員としてオーストラリア(連邦科学産業機構昆虫学部門)へ出張   日本学術振興会特別研究員

  • 2000年11月
    -
    2007年03月

      九州大学総合研究博物館   開示研究系助手(→助教)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性・分類

  • 生物資源保全学

  • 植物保護科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Echinomyllocerus, a new genus for three new species of Cyphicerini (Coleoptera, Curculionidae, Entiminae) from Laos and China.

    Takeshi Yoro & Hiroaki Kojima

    Special Bulletin of the Coleopterological Society of Japan   1   291 - 298   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • コガネムシ科食葉群の後翅折りたたみ様式の比較形態学的研究

    金子直樹•小島弘昭

    Sayabane, n. s. ( 日本甲虫学会 )  26   16 - 24   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • First occurrence of the lesser coconut weevil, Diocalandra frumenti (Coleoptera, Dryophthoridae) in the Ogasawara Islands, Japan.

    Kojima, H., H. Kidokoro & T. Tsuru

    Elytra, n. s.   7 ( 1 ) 239 - 240   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A second record of Cyphagogus boninensis, an endemic brentid weevil (Coleoptera, Brentidae) to the Ogasawara Islands, Tokyo, Japan, with description of the male.

    Shimamoto, S., H. Kojima & H. Nagano

    Elytra, n. s.   7 ( 1 ) 235 - 237   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 薩摩黒島からのコガネムシ科甲虫6種の記録(Records of six scarabaeid beetles new to the fauna of Satsuma-Kuroshima Is., southwestern Japan)

    金子直樹・嶋本習介・小島弘昭

    Sayabane, n. s.   - ( 25 ) 33 - 35   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 昆虫ワールド

    小野正人、井上大成、小島弘昭ほか18名 (担当: 共著 )

    玉川大学出版部  2017年05月

  • レッドデータブック2014ー日本の絶滅のおそれのある野生生物ー 5 昆虫類

    小島弘昭・高桑正敏 (担当: 共著 , 担当範囲: ゾウムシ上科甲虫(pp. 50, 51, 301, 410, 474) )

    環境省自然環境局  2015年02月 ISBN: 978-4-324-09899-8

    日本において絶滅のおそれのある昆虫類について全国規模でまとめた最新の情報.多くの生物の生存が人間中心の活動によって脅かされているが,昆虫類についても例外ではなく,かつてないスピードで多くの種が絶滅しつつあり,その現状をまとめたものである.昆虫の多様性とその保全について考える上での基礎資料となる.

  • 学研の図鑑 LIVE 昆虫

    小島弘昭,他 (担当: 共著 , 担当範囲: 甲虫目ハムシ上科,ゾウムシ上科の解説を担当. )

    学研教育出版  2014年07月

    昆虫類の図鑑.岡島秀治(監修)272pp.

  • 昆虫たちのアジア

    緒方一夫、矢田脩、多田内修、高木正見、小島弘昭,荒谷邦雄 (担当: 共著 , 担当範囲: 101-124 )

    九州大学出版会  2006年10月

    九州大学の最近の昆虫学研究を紹介した普及啓蒙書。B6判、200p
    分担部分(単著)は、第4章 東南アジアのゾウムシ 起源と多様性、植物との関わり

  • 森と水辺の甲虫誌

    小島弘昭、他 (担当: 共著 , 担当範囲: 277-295 )

    東海大学出版会  2006年10月

    甲虫学の最新研究を紹介した普及啓蒙書。A5変形判、326p. 分担部分(単著)は第15章 単子葉植物に適応したオサゾウムシ  丸山宗利編著

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 特殊撮影!甲虫の世界

    小島弘昭

    Newton 別冊 ( ニュートンプレス )    60 - 89   2016年07月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 長い”鼻”をもつ奇妙な昆虫 ユニークすぎるゾウムシの世界

    小島弘昭

    Netwon ( ニュートンプレス )  35   76 - 91   2015年09月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ゾウムシ研究の現状

    小島 弘昭

    月刊むし. ( むし社 )  443   17 - 27   2008年01月

    総説・解説(その他)   単著

    海外および国内の近年のゾウムシ研究の動向をまとめた

  • 総合研究博物館特別展示「昆虫展:進化の舞台の主役と脇役」

    湯川淳一

    九州大学研究紹介 ( 九州大学 )  19   143 - 144   2002年03月

    総説・解説(その他)   共著

    大学博物館で行った昆虫学特別展示の紹介

  • 第21回国際昆虫学会議に参加して

    小島 弘昭

    Japanese Journal of Entomology, (N.S.), ( 日本昆虫学会 )  3   186 - 188   2000年12月

    総説・解説(その他)   単著

    国際会議参加記録。pp.186-188

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 象虫 マイクロプレゼンス

    小島 弘昭  その他 

    2009年07月(年月日)
    -
    2009年07月

    本書の解説部分の監修および写真部分の世界のゾウムシの同定を行なった.

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本昆虫学会あきつ賞

    2008年09月   日本昆虫学会  

    受賞者:  小島弘昭,小檜山賢二,森田誠二

  • 日本昆虫学会賞

    2001年09月   日本昆虫学会  

    受賞者:  小島 弘昭

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ゾウムシの魅力 多様性と植物との関わり

    小島 弘昭

    神奈川昆虫同好会(神奈川県立生命の星・地球博物館)  2008年01月  -  2008年01月 

    ゾウムシ類の多様性の実態とその原因について生活史戦略の観点と,体系学的観点から紹介した.

  • Palm flower weevils (Coleoptera, Curculionoidea) in South-east Aisa: replacement and differentiation of taxa from other parts of the world

    Kojima, H., Idris Abd. Ghani and Chandradwwana Boer

    熱帯アジア昆虫インベントリー(TAIIV)研究報告会,九州大学  2007年12月  -  2007年12月 

    東南アジアのヤシの訪花性ゾウムシ:世界の他の地域とは異なる,分類群の入れ替わり.科学研究費を利用した海外調査の成果.

  • ゾウムシデータベース

    小島弘昭,小檜山賢二

    第67回日本昆虫学会大会講演要旨集(於神戸大学)  2007年09月  -  2007年09月 

    ゾウムシデータデースを作成し,インターネットで公開した

  • ハイビスカスが枯れる!ハスオビコブゾウムシによる被害の現状

    金城政勝

    第66回日本昆虫学会大会要旨集(於鹿児島大学)  2006年09月  -  2006年09月 

    一般講演

  • ヤシ類の訪花性甲虫ゾウムシ類を中心とした熱帯アジアでの多様性

    Idris, A. G.

    第65回日本昆虫学会大会要旨集(於岡山大学)  2005年09月  -  2005年09月 

    一般講演

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 積極的に検討します

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 目的を持って進学して来てください
    生き物,とくに昆虫や植物の好きな人,島や山の好きな人,農業や農山村の好きな人は歓迎します