2021/06/10 更新

写真b

坂田 洋一 (サカタ ヨウイチ)

SAKATA Yoichi

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    北海道大学  農学研究科  農芸化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(農学)

  • 北海道大学 -  修士(農学)

  • 北海道大学 -  農学士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年09月

    東京農業大学   農学部農芸化学科   助手  

  • 1996年10月
    -
    1998年03月

    東京農業大学   農学部農芸化学科   講師  

  • 1998年04月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   バイオサイエンス学科   講師  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   バイオサイエンス学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   バイオサイエンス学科   教授  

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • CATALASE2 plays a crucial role in long-term heat tolerance of Arabidopsis thaliana

    Masaaki Ono, Kazuho Isono, Yoichi Sakata, Teruaki Taji

    Biochemical and Biophysical Research Communications   534   747 - 751   2021年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • An ER-Golgi Tethering Factor SLOH4/MIP3 Is Involved in Long-term Heat Tolerance of Arabidopsis

    Kazuho Isono, Ryo Tsukimoto, Satoshi Iuchi, Akihisa Shinozawa, Izumi Yotsui, Yoichi Sakata, Teruaki Taji

    Plant & Cell Physiology   62 ( 2 ) 272 - 279   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Activation of SnRK2 by Raf-like kinase ARK represents a primary mechanism of ABA and abiotic stress responses

    Mousona Islam, Takumi Inoue, Mayuka Hiraide, Nobiza Khatun, Akida Jahan, Keiko Kuwata, Sotaro Katagiri, Taishi Umezawa, Izumi Yotsui, Yoichi Sakata and Daisuke Takezawa

    Plant Physiology   185 ( 2 ) 533 - 546   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Decoding ABA and osmostress signalling in plants from an evolutionary point of view

    Kenji Komatsu, Daisuke Takezawa, Yoichi Sakata

    Plant, Cell & Environment   43 ( 12 ) 2894 - 2911   2020年12月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Genome-Wide Association Study and Genomic Prediction Elucidate the Distinct Genetic Architecture of Aluminum and Proton Tolerance in Arabidopsis thaliana

    Yuki Nakano, Kazutaka Kusunoki, Owen A Hoekenga, Keisuke Tanaka, Satoshi Iuchi, Yoichi Sakata, Masatomo Kobayashi, Yoshiharu Y Yamamoto, Hiroyuki Koyama, Yuriko Kobayashi

    Frontiers in Plant Science   11 ( 405 ) 1 - 16   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Progress in Botany 75

    Y. Sakata, K. Komatsu, D. Takezawa (担当: 共著 , 担当範囲: 57-96 )

    Springer-Verlag  2014年01月 ISSN: 0340-4773

    植物ホルモンであるアブシジン酸(ABA)は種子植物において種子成熟や気孔の閉鎖に重要な働きを持つ。一方、ABAシグナル伝達系は種子や機構を持たないコケ植物にも見出されている。ABAの陸上植物における生理作用、合成経路、輸送、シグナル伝達機構、およびABAシグナル伝達系と関連の深いカルシウムシグナリングについて概説し、植物の陸上化とABA関連遺伝子の進化的考察を加えた総説である。

  • Abiotic Stress Adaptation in Plants: Physiological, Molecular and Genomic Foundation

    Rock CD, Sakata Y, Quatrano R (担当: 共著 , 担当範囲: 33-73 )

    Springer  2009年12月

    植物の環境ストレス応答の分子レベルの知見を世界の一線で活躍する研究者がまとめた教科書である。
    A4判 全521頁
    編者:Ashwani Pareek, S K Sopory, Hans J Bohnert, and Govindjee
    共著者:Hans J. Bohnert, Jonathan Gressel, Yu Kanesaki, Susan R. McCouch, Norio Murata, Girdhar K. Pandey, Ralph S. Quatrano,Yoichi Sakata 他 

    本人担当部分:「Capter III: Stress signaling I: The Role of Abscisic Acid」を共著。
    本総説は、ABAがどのようにして植物の非生物的ストレス応答に関与しているかを、1)ストレス感知からシグナル分子を介して遺伝子発現に至るプロセス、2)ABAの合成・代謝および輸送、という2つのポイントに焦点を当てて解説した総説である。このうち、ABAシグナル伝達に関わるタンパク質脱リン酸化酵素・リン酸化酵素、翻訳後修飾、遺伝子発現制御に関わるシスエレメントおよび転写因子群に関する知見をまとめた。
    Rock CD, Sakata Y, Quatrano RS.

  • プラントミメティクス-植物に学ぶ-

    田中重雄、坂田洋一、太治輝昭、山本千草 (担当: 共著 , 担当範囲: 646-653 )

    NTS社  2006年08月

    本書は植物を一つの複雑システムと捉え、理工農を越えて学際的に様々な階層レベルに存在する様々な研究ニーズ・技術ニーズの基礎と応用、さらには初学者の知的好奇心までも満足させることを目標に編集された。
    B5判 720頁
    監修:甲斐昌一、森川弘道
    共著者:塚谷裕一、渡辺雄一郎、榊原均、仲下英雄、森川弘道、柳澤修一、横田明穗、坂田洋一 他

    本人担当部分「第8章第8節 植物センサー」を共著。
    植物の環境認知機能、すなわち光や接触、重力に対する感受とその応答について、その分子メカニズムに関する最新の知見をまとめた総説である。その中で、植物センサーとして機能しうるタンパク質について、その構造と作用機序に関してまとめ、その応用について考察した。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「マメ科植物種子におけるプロテアーゼインヒビター遺伝子の発現制御に関する研究 」

    科学研究費補助金(奨励研究A)

    研究期間:  1998年04月  -  2000年03月 

  • 「栄養貯蔵器官特異的遺伝子のプロモーターに結合するホメオドメイン型タンパク質の解析」

    科学研究費補助金(奨励研究A)

    研究期間:  1996年04月  -  1997年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 成長とストレス耐性のクロストーク:アブシジン酸シグナル伝達機構の進化の視点から

    坂田 洋一、梅澤泰史、竹澤大輔

    第56回日本植物生理学会年会  (東京(東京農業大学))  2015年03月  -  2015年03月  日本植物生理学会

  • Dissection of ABA-signaling pathway in Physcomitrella patens by a phosphoproteome analysis

    Yoichi Sakata, Yoshimasa Honda, Mayuri Kuwamura, Akihisa Shinozawa, Daisuke Takezawa, Yasushi Ishihama, Taishi Umezawa

    第17回国際Mossミーティング 2014  (中国 北京)  2014年09月  -  2014年09月  中国 首都師範大学

  • Evolution of ABA signaling pathway in land plants.

    Yoichi Sakata

    国際植物生長物質協会  (中国 上海)  2013年06月  -  2013年06月  The International Plant Growth Substances Association

  • 日本植物生理学会講演要旨集

    中村敦子、市川和樹、小嶋和明、大野豊、小林泰彦、田中重雄、坂田洋一

    第48回日本植物生理学会年会(松山)  2007年03月  -  2007年03月 

    シロイヌナズナの新規Cd高感受性変異体cds1の解析

  • 日本植物生理学会講演要旨集

    竹中章人、岡聖奈子、太治輝昭、田中重雄、坂田洋一

    第48回日本植物生理学会年会(松山)  2007年03月  -  2007年03月 

    ヒメツリガネゴケにおけるABI3/VP1相同遺伝子PpABI3の機能解析

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    授業におけるミニテストの実施