2022/11/02 更新

写真b

戸塚 護 (トツカ マモル)

Mamoru TOTSUKA

教授

職名

教授

連絡先

連絡先

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   農学部   卒業

    1984年04月 - 1988年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   農学系研究科   農芸化学専攻   博士課程   中退

    1990年04月 - 1990年05月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   大学院農学系研究科   修士課程   修了

    1988年04月 - 1990年03月

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1998年02月   東京大学 )

  • 農学修士 ( 1990年03月   東京大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   生命科学部   分子微生物学科   教授

    2022年04月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医生命科学大学   応用生命科学部   教授

    2017年10月 - 2022年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   大学院農学生命科学研究科 応用生命科学専攻   准教授

    2006年04月 - 2017年09月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 文部科学省   研究振興局   学術調査官(兼任)

    2009年08月 - 2011年07月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻   客員准教授

    1998年06月 - 2006年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   農学部 農芸化学科   助手

    1990年06月 - 1998年05月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

    1988年12月 - 現在

  • 腸内細菌学会

    2006年04月 - 現在

  • 日本食品免疫学会

    2004年04月 - 現在

  • 日本動物細胞工学会

    1990年04月 - 現在

  • 日本免疫学会

    1992年04月 - 現在

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 免疫学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • プロバイオティクス

  • 腸内細菌

  • 腸管免疫

  • 食品免疫学

  • 腸管上皮細胞

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A FRET biosensor for necroptosis uncovers two different modes of the release of DAMPs 査読あり

    Shin Murai, Yoshifumi Yamaguchi, Yoshitaka Shirasaki, Mai Yamagishi, Ryodai Shindo, Joanne M. Hildebrand, Ryosuke Miura, Osamu Nakabayashi, Mamoru Totsuka, Taichiro Tomida, Satomi Adachi-Akahane, Sotaro Uemura, John Silke, Hideo Yagita, Masayuki Miura, Hiroyasu Nakano

    Nature Communications   9 ( 1 )   4457   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06985-6

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41467-018-06985-6

  • Anserine/carnosine supplementation preserves blood flow in the prefrontal brain of elderly people carrying APOE e4 査読あり

    Qiong Ding, Kitora Tanigawa, Jun Kaneko, Mamoru Totsuka, Yoshinori Katakura, Etsuko Imabayashi, Hiroshi Matsuda, Tatsuhiro Hisatsune

    Aging and Disease   9 ( 3 )   334 - 345   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Society on Aging and Disease  

    In a previously reported double-blind, randomized controlled trial (RCT), we demonstrated that daily supplementation with anserine (750 mg) and carnosine (250 mg) improves brain blood flow and memory function in elderly people. Here, we conducted a sub-analysis of MRI data and test scores from the same RCT to determine whether anserine/carnosine supplementation specifically benefits elderly people carrying the APOE e4 allele, which is a risk gene for accelerated brain aging and for the onset of Alzheimer's Disease. We collected data from 68 participants aged 65 years or older who received anserine/carnosine supplementation (ACS) or placebo for 12 months. Subjects were assessed at the start and end of the trial using several neuropsychological tests, including the Wechsler Memory Scale-Logical Memory (WMS-LM). We also collected two types of MRI data, arterial spin labeling (ASL) and diffusion tensor imaging (DTI) at the start and end of the trial. We found that ACS significantly preserved verbal memory (WMS-LM, F[1,65] = 4.2003, p = 0.0445) and blood flow at frontal areas of the brain (FWEcluster level, p &lt
    0.001). Sub-analysis based on the APOE4 genotype showed a significant preservation of blood flow (p = 0.002, by ASL analysis) and white-matter microstructure (p = 0.003, by DTI analysis) at prefrontal areas in APOE4+ subjects in the active group, while there was no significant difference between APOE4- subjects in the active and placebo groups. The effect of ACS in preserving brain structure and function in elderly people carrying APOE4 should be verified by further studies.

    DOI: 10.14336/AD.2017.0809

    Scopus

  • Immunomodulation by food: Impact on gut immunity and immune cell function 招待あり 査読あり

    Hachimura S, Totsuka M, Hosono A

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   82 ( 4 )   584 - 599   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2018.1433017

  • 腸の構造と働き 招待あり 査読あり

    戸塚護

    日本栄養士会雑誌   60 ( 12 )   654 - 656   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anserine/Carnosine Supplementation Suppresses the Expression of the Inflammatory Chemokine CCL24 in Peripheral Blood Mononuclear Cells from Elderly People 査読あり

    Yoshinori Katakura, Mamoru Totsuka, Etsuko Imabayashi, Hiroshi Matsuda, Tatsuhiro Hisatsune

    NUTRIENTS   9 ( 11 )   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Our goal was to determine whether anserine/carnosine supplementation (ACS) suppresses chemokine levels in elderly people. In a double-blind randomized controlled trial, volunteers were assigned to the ACS or placebo group (1:1). Sixty healthy elderly volunteers (active, n = 30; placebo, n = 30) completed the study. The ACS group was administered 1.0 g of anserine/carnosine (3:1) for 3 months. A microarray analysis and subsequent quantitative real-time polymerase chain reaction (qRT-PCR) analysis of peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) showed decreased expression of CCL24, an inflammatory chemokine (p < 0.05). Verbal memory, assessed using the Wechsler memory scale-logical memory, was preserved in the ACS group. An age-restricted sub-analysis showed significant verbal memory preservation by ACS in participants who were in their 60s (active, n = 12; placebo, n = 9; p = 0.048) and 70s (active, n = 7; placebo, n = 11; p = 0.017). The suppression of CCL24 expression was greatest in people who were in their 70s (p < 0.01). There was a significant correlation between the preservation of verbal memory and suppression of CCL24 expression in the group that was in the 70s (Poisson correlation, r = 0.46, p < 0.05). These results suggest that ACS may preserve verbal episodic memory, probably owing to CCL24 suppression in the blood, especially in elderly participants.

    DOI: 10.3390/nu9111199

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 食品免疫学事典

    日本食品免疫学会編集, 編集委員長:上野川修一, 編集副委員長:南野昌信, 八村敏志, 編集アドバイザー:伊藤裕之, 清野宏, 河野陽一, 清水誠, 高垣洋太郎, 田之倉優, 山本佳弘, 編集委員:市川寛, 北澤春樹, 國澤純, 後藤真生, 志田寛, 下條直樹, 園山慶, 高橋恭子, 高橋毅, 高橋宜聖, 立花宏文, 辻典子, 戸塚護, 永渕真也, 広瀬義隆, 細野朗, 八巻幸二( 担当: 共編者(共編著者))

    朝倉書店  2021年11月  ( ISBN:9784254431261

     詳細を見る

    総ページ数:xviii, 474p   記述言語:日本語  

  • 食品免疫学のプロが書いたウイルスに負けない最高の食事術

    戸塚, 護( 担当: 単著)

    扶桑社  2021年02月  ( ISBN:9784594087081

     詳細を見る

    総ページ数:191p   記述言語:日本語  

  • 牛乳と健康ーわが国における研究の軌跡と将来展望「牛乳・乳製品と免疫調節」

    戸塚 護( 担当: 分担執筆)

    ライフサイエンス出版  2015年02月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 21世紀のバイオサイエンス 実験農芸化学

    戸塚護( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2013年03月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 食品と免疫・アレルギー事典

    戸塚 護( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2011年05月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 免疫力を高める栄養と食事について 招待あり

    戸塚 護

    めいいく(㈱明治の食育情報誌)   10   2 - 3   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 免疫を調節する食品の役割

    戸塚護

    メディアミルクセミナーニュースレター   51   1 - 4   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 免疫機能を整えるための 食生活と牛乳などの役割

    戸塚護

    (一社)Jミルク ウェブサイト   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 食による免疫機能、腸管機能の制御を目指して

    戸塚護

    腸内細菌学雑誌   34 ( 1 )   19 - 22   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • イミダゾールジペプチドを含む剤

    久恒 辰博, 戸塚 護, 薩 秀夫, 金子 順, 片倉 喜範, 佐藤 三佳子, 松本 貴之, 森松 文毅, 今林 悦子, 松田 博史

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-019712  出願日:2019年02月

    公開番号:特開2019-070048  公開日:2019年05月

    出願国:国内  

  • イミダゾールジペプチドを含む剤

    久恒 辰博, 戸塚 護, 薩 秀夫, 金子 順, 片倉 喜範, 佐藤 三佳子, 松本 貴之, 森松 文毅, 今林 悦子, 松田 博史

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 東京大学, 国立大学法人九州大学, 日本ハム株式会社, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

    出願番号:特願2014-142910  出願日:2014年07月

    公開番号:特開2015-193582  公開日:2015年11月

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  • 遅延型過敏症軽減剤

    指原 紀宏, 池上 秀二, 戸塚 護, 吉田 綾子, 清水 誠

     詳細を見る

    出願人:株式会社明治

    出願番号:特願2012-548826  出願日:2011年12月

    特許番号/登録番号:特許第5937015号  登録日:2016年05月  発行日:2016年05月

    出願国:国内   取得国:国内

    J-GLOBAL

  • 遅延型過敏症軽減剤

    指原 紀宏, 池上 秀二, 戸塚 護, 吉田 綾子, 清水 誠

     詳細を見る

    出願人:株式会社明治

    出願番号:JP2011078986  出願日:2011年12月

    公開番号:WO2012-081650  公開日:2012年06月

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  • 免疫賦活用組成物

    茂呂 周, 岩瀬 孝志, 落合 邦康, 矢島 昌子, 寺原 正樹, 中村 吉孝, 戸塚 護, 山田 潔

     詳細を見る

    出願人:株式会社明治

    出願番号:特願2007-503610  出願日:2006年02月

    特許番号/登録番号:特許第5001830号  登録日:2012年05月  発行日:2012年05月

    出願国:国内   取得国:国内

    J-GLOBAL

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020 BBB Most-Cited Review Award

    2021年03月   日本農芸化学会  

    八村敏志, 戸塚護, 細野朗

     詳細を見る

  • 日本食品免疫学会賞

    2015年10月   日本食品免疫学会  

    戸塚 護

  • BBB論文賞

    2010年03月   日本農芸化学会  

    山田潔、佐藤香奈子、森下聡、上野川修一、戸塚 護

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

    機関名:東京農業大学

  • 食品免疫学

    機関名:東京大学

  • 食品化学

    機関名:東京大学

  • 食品機能化学

    機関名:東京大学

  • フードクリエーションサイエンス

    機関名:東京大学

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌学会   理事  

    2021年06月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本食品免疫学会   幹事  

    2004年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本食品免疫学会   広報編集委員長  

    2021年07月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本農芸化学会   代議員  

    2016年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本動物細胞工学会   評議員  

    2003年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Bioscience of Microbiota, Food and Health(BMFH)出版会 Associated Editor

    役割:編集

    2019年11月 - 現在

  • 日本乳業協会 理事

    2018年05月 - 現在

  • 牛乳乳製品健康科学会議 委員

    2012年04月 - 現在

  • 茨城県立並木中等教育学校 スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員

    役割:助言・指導

    2012年04月 - 2017年03月