2021/01/13 更新

写真b

正木 春彦 (マサキ ハルヒコ)

MASAKI Haruhiko

教授

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士 ( 1986年03月   東京大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   生命科学部   分子生命化学科   教授

    2020年09月 - 現在

論文 【 表示 / 非表示

  • Substrate recognition mechanism of tRNA-targeting ribonuclease, colicin D, and an insight into tRNA cleavage-mediated translation impairment. 査読あり

    Ogawa T, Takahashi K, Ishida W, Aono T, Hidaka M, Terada T, Masaki H.

    RNA Biology   17 ( Published online )   1 - 13   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15476286.2020.1838782

  • cMP-CRP acts as a key regulator for the viabl but non-culturable state in Escherichia coli. 査読あり

    Nosho K, Fukushima H, Asai T, Nishio M, Takamura R, Kobayashi-Kirschvink KJ. Ogawa T, Hidaka M. Masaki H.

    Microbiology   164   410 - 419   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/mic.0.000618

  • Isolation of colonization-defective Escherichia coli mutants reveals critical requirement for fatty acids in bacterial colony formation. 査読あり

    Nosho K, Yasuhara K, Ikehata Y, Mii T, Ishige T, Yajima S, Hidaka M, Ogawa T, Masaki H.

    Microbiology   164   1122 - 1132   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1099/mic.0.000673

  • Crystal structure of the central and the C-terminal RNase domains of colicin D implicated its translocation pathway through inner membrane of target cell. 査読あり

    Chang JW, Sato Y, Ogawa T, Arakawa T, Fukai S, Fushinobu S, Masaki H.

    J. Biochem.   164   329 - 339   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvy056

  • Detection of diastereomer peptides as the intermediates generating D‑amino acids during acid hydrolysis of peptides. 査読あり

    Miyamoto T, Sekine M, Ogawa T, Hidaka M, Watanabe H, Homma H, Masaki H.

    Amino Acids   48   2683 - 2692   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-016-2304-2

全件表示 >>