2021/09/30 更新

写真b

黒田 真道 (クロダ マサミチ)

KURODA Masamichi

助教

生年

1990年01月20日

研究室住所

北海道網走市八坂196

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0152-48-3906

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  水産科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生物産業学部   海洋水産学科   助教  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
    -
    継続中
     

    日本水産学会

  • 2018年05月
    -
    継続中
     

    染色体学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 減数分裂

  • クローン

  • 染色体

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 異なる起源のゲノムを持つドジョウの配偶子形成過程における特殊な染色体挙動に関する研究

    黒田 真道

      2020年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Improvement in group identification of dojo loach, Misgurnus anguillicaudatus, using PCR‑restriction fragment length polymorphism

    Masamichi Kuroda,· Takafumi Fujimoto, · Etsuro Yamaha, · Katsutoshi Arai

    Conservation Genetics Resources     2021年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • FISH Identifies Chromosome Differentiation Between Contemporary Genomes of Wild Types and the Ancestral Genome of Unisexual Clones of Dojo Loach, Misgurnus anguillicaudatus

    Masamichi Kuroda, Kiko Shibata, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai

    Cytogenetic and Genome Research   161   178 - 186   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Aberrant meiotic configurations cause sterility in clone-origin triploid and inter-group hybrid males of the dojo loach, Misgurnus anguillicaudatus

    Masamichi Kuroda, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai

    Cytogenetic and Genome Research   158 ( 1 ) 46 - 54   2019年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Clonal reproduction assured by sister chromosome pairing in dojo loach, a teleost fish

    Masamichi Kuroda, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha, Katsutoshi Arai

    Chromosome Research   26 ( 4 ) 243 - 253   2018年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Development of nuclear DNA markers to characterize genetically diverse groups of Misgurnus anguillicaudatus and its closely related species

    Takafumi Fujimoto, Aya Yamada, Yukihiro Kodo, Kohei Nakaya, Michiko Okubo-Murata, Taiju Saito, Kazuto Ninomiya, Michiko Inaba, Masamichi Kuroda, Katsutoshi Arai, Masaru Murakami

    Fisheries Science   83 ( 5 ) 743 - 756   2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀学生講演賞

    2017年12月   日本水産学会北海道支部  

  • 佐々茂雄賞

    2013年03月   北海道大学  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 二倍性配偶子形成メカニズムの解明とその育種展開

    基盤研究(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  藤本貴史

  • 三倍体ドジョウの配偶子形成を可能にする特殊なゲノム挙動の解明

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2020年  -  2021年  代表者:  黒田真道

  • 三倍体ドジョウの配偶子形成過程における特殊な染色体挙動と妊性に関する研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 不妊魚のゲノム構成と倍数性がシナプトネマ複合体形成に与える影響の解明

    提供機関:  民間財団等  秋山記念生命科学振興財団 研究助成(奨励)

    研究期間: 2021年  -  2022年  代表者:  黒田真道

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 染色体の挙動から分かる、クローンドジョウ誕生のメカニズム

    黒田真道・柴田季子・村上賢・山羽悦郎・藤本貴史・荒井克俊  [招待有り]

    第70回染色体学会年会(於神戸大学)   2019年09月  -  2019年09月 

  • Sperm-Fluorescence in situ Hybridization (Sperm-FISH) を用いた精子のゲノム構成と倍数性判別法

    黒田真道・柴田季子・村上賢・山羽悦郎・藤本貴史・荒井克俊

    平成31年度日本水産学会春季大会 (於東京海洋大学)  2019年03月  -  2019年03月 

  • 系統識別プローブを用いたFluorescence in situ Hybridization (FISH)によるクローンドジョウの交雑起源の解明

    黒田真道・柴田季子・村上賢・山羽悦郎・藤本貴史・荒井克俊

    平成31年度日本水産学会春季大会 (於東京海洋大学)  2019年03月  -  2019年03月 

  • Aberrant synapsis in sterile hybrid and triploid males of dojo loach, Misgurnus anguillicaudatus (Teleostei, Cobitidae).

    Masamichi Kuroda, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha,Katsutoshi Arai

    22nd International Chromosome Conference (於チェコ共和国)  2018年09月  -  2018年09月 

  • Sister chromosome pairing leads to clonal gametes in dojo loach, a teleost fish.

    Masamichi Kuroda, Takafumi Fujimoto, Masaru Murakami, Etsuro Yamaha,Katsutoshi Arai

    Genetics Society of AustralAsia, 6th Asia-Pacific Chromosome Colloquium (於オーストラリア)  2018年07月  -  2018年07月 

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   基礎分子生物学

  • 東京農業大学   基礎遺伝学

  • 東京農業大学   水産動物発生学