2021/06/30 更新

写真b

菱田 敦之 (ヒシダ アツユキ)

HISHIDA Atsuyuki

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(林学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   生物資源開発学科   教授  

論文 【 表示 / 非表示

  • 薬用作物トウキの収穫適期推定プログラムの開発

    井上 聡, 白石 豊, 加藤 晶子, 矢野 孝喜, 菱田 敦之, 甲村 浩之, 五十嵐 元子, 横井 直人, 諸橋 修一, 野本 英司, 由井 秀紀, 田村 隆幸, 安永 真

    生物と気象 ( 日本農業気象学会 )  21 ( 0 ) 21 - 25   2021年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    To evaluate growth and develop a growth model of the medicinal plant <I>Angelica acutiloba</I>, we grew plants of one cultivar in one nursery at nine sites in Honshu and Shikoku, Japan, from 2016 to 2018. The collected data thus reflect differences in growing environment. The model estimates root dry weight and root head diameter from the number of days at the preferred growing temperature range between lower and upper limits based on the daily mean air temperature, and incorporates growth suppression by high temperatures in summer 2018. It was used to develop a program for estimating the optimum harvest date at any location in Honshu and Shikoku from Agro-Meteorological Grid Square Data of NARO.

  • New isoflavone glucosides in yabumame (Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald subsp. edgeworthii (Benth.) H.Ohashi var. japonica (Oliv.) H.Ohashi) and their effect on leukotriene B₄ production in mast cells

    Yang Lifeng, Kirikoshi Jyunichi, Sato Daiki, Takasugi Mikako, Hishida Atsuyuki, Hayashi Shigeki, Kawahara Nobuo, Mizukami Megumi, Wu Maoyu, Yamagishi Takashi, Arai Hirofumi

    Journal of natural medicines ( Springer Japan Production Department )  75 ( 1 ) 28 - 36   2021年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Evaluation of the safety and efficacy of Glycyrrhiza uralensis root extracts produced using artificial hydroponic and artificial hydroponic-field hybrid cultivation systems Ⅲ : anti-allergic effects of hot water extracts on IgE-mediated immediate hypersensitivity in mice

    Nose Mitsuhiko, Tsutsui Riho, Hisaka Shinsuke, Akiyama Hiroshi, Inui Takayuki, Kawano Noriaki, Hayashi Shigeki, Hishida Atsuyuki, Fuchino Hiroyuki, Kudo Tadashi, Kawahara Nobuo, Yoshimatsu Kayo

    Journal of natural medicines ( Springer Japan Production Department )  74 ( 2 ) 463 - 466   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ウラルカンゾウの国内栽培における軽労化技術の開発(第3報)カンゾウの生育量および育苗容器の形状と引抜抵抗値の関係

    五十嵐 元子, 菱田 敦之, 根本 英子, 澁谷 幸憲, 村上 則幸, 川原 信夫

    薬用植物研究 ( 日本センブリ研究会 )  41 ( 1 ) 9 - 13   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 愛媛県におけるウラルカンゾウの生育特性

    白石 豊, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫

    愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部研究報告 = Bulletin of the Ehime Research Institute of Agriculture, Forestry and Fisheries, Department of Planning and Environment, Department of Agricultural Research ( 愛媛県農林水産研究所 )  ( 11 ) 55 - 62,67   2019年03月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    生薬カンゾウの基原植物であるウラルカンゾウについて,愛媛県松山市での生育適応性を判断するために,北海道名寄市と同一条件で3年間据置き栽培し,その生育状況や生薬の原料となる地下部の収穫物(根,ストロン)について評価した。本種の松山市における地上部の生育期間は4月上旬から11月上旬までの7か月以上となり,その間にシュートの発生を2巡させる特徴的な生育様相を示した。定植3年目の10月に収穫した地下部の乾物重を名寄市と比較すると,根で2倍以上,ストロンで6倍程度となった。松山市における乾物収量を10a当りに換算すると,根が150kg,ストロンが450kgとなり,ストロンの生育が特に優れていた。生薬としての評価基準となるグリチルリチン酸含量(2.5%以上: 第16改正日本薬局方)は,2年目で2%近くまでに達したが,その伸びは3年目で停滞し,基準値を満たすことができなかった。

全件表示 >>