2024/05/31 更新

写真b

市川 卓 (イチカワ タカシ)

Ichikawa Takashi

准教授

職名

准教授

研究室住所

北海道網走市196

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(海洋科学) ( 2014年03月   東京海洋大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   生物産業学部   海洋水産学科   准教授

    2019年04月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会

    2003年 - 現在

  • 日本甲殻類学会

    2008年 - 現在

  • 日本水産増殖学会

    2010年 - 現在

  • DNA多型学会

    2022年 - 現在

  • 生物地理学会

    2022年 - 現在

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 魚介類の増養殖

論文 【 表示 / 非表示

  • mtDNA ND5とND6領域の塩基配列によるシシャモの遺伝的手段構造 査読あり

    市川卓,柳本卓,工藤智

    DNA多型   31 ( 1 )   12 - 17   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dietary effects on larval survival and development of three sesarmid crabs 査読あり 国際誌

    Toyota Kenji, Ichikawa Takashi, Suzuki Nobuo, Ohira Tsuyoshi

    Plankton and Benthos Research   18 ( 2 )   84 - 92   2023年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Plankton Society of Japan, The Japanese Association of Benthology  

    <p>Semi-terrestrial brachyuran sesarmid crabs are the most diverse and important faunal components of mangrove forest and temperate coastal communities worldwide. To establish a stable larval rearing method for understanding their larval developmental processes including molecular mechanisms of molting and metamorphosis, we examined the effects of diet on the survival and growth of three sesarmid crabs, <i>Chiromantes haematocheir</i>, <i>Orisarma intermedium</i>, and <i>O</i>. <i>dehaani</i> under larval development. Zoea of each species, immediately after hatching, were reared under different feeding conditions as follows: non-feeding; fed only nutrition-enriched rotifers; fed only Artemia (brine shrimp) nauplii; and fed a combination of both nutrition-enriched rotifers and brine shrimp. Larvae of each species survived almost to megalopa when they were fed both rotifer and brine shrimp, but all <i>C. haematocheir</i> larvae had died by zoeal stage 2 when they were only fed brine shrimp. <i>Chiromantes haematocheir</i> larvae could survive into the megalopa stage when fed only nutrition-enriched rotifer, whereas both <i>O</i>. <i>dehaani</i> and <i>O</i>. <i>intermedium</i> showed 50% or less survival and metamorphosis rates into megalopa. The duration of larval development and survival rates of the three crabs were shorter and higher, respectively, in the mixed feeding group (both rotifer and brine shrimp) than when only fed rotifer or brine shrimp. This study provides baseline knowledge of the interspecific variability in larval survival and duration under different diets for sympatric sesarmid crab species.</p>

    DOI: 10.3800/pbr.18.84

  • A microplate incubation method for assessing egg quality of the barfin flounder: effects of well size and rearing medium on larval viabilit 査読あり

    Tatsuya Unuma, Takashi Ichikawa, Sayumi Sawaguchi, Natsuki Hasegawa

    Aquaculture International   27 ( 1 )   195 - 208   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s10499-018-0316-5

  • Larval survival, development and growth in the horsehair crab, Erimacrus isenbeckii, cultured under different photoperiod condition 査読あり

    Ichikawa Takashi, Hamasaki Katsuyuki, Murakami keisuke.

    Aquaculture Research   49 ( 7 )   2511 - 2517   2018年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/are.13711

  • Determination of the spawning history of Pacific saury Cololabis saira from rearing experiments: identification of post‑spawning fish from histological observations of ovarian arterioles 査読あり

    Satoshi Suyama, Akio Shimizu, Sayoko Isu, Hitomi Ozawa, Taizo Morioka, Mitsuhiro Nakaya, Toru Nakagawa, Naoto Murakami, Takashi Ichikawa, Yasuhiro Ueno

    Fishriese Science   85   445 - 457   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s12562-016-0980-1

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『栽培漁業の変遷と技術開発―その成果と展望』(有瀧真人・虫明敬一編)II 親魚養成と良質卵の確保:2-2-4冷水性甲殻類(ケガニ,ズワイガニ,ハナサキガニ).

    山本 岳男・市川 卓( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2021年09月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 『栽培漁業の変遷と技術開発―その成果と展望』(有瀧真人・虫明敬一編)IV 種苗生産:2-2-6 ハナサキガニ.

    市川 卓・芦立 昌一( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2021年09月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 『栽培漁業の変遷と技術開発―その成果と展望』(有瀧真人・虫明敬一編)IV 種苗生産:2-2-4 ケガニ.

    市川 卓・神保 忠雄( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2021年09月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 北海道根室地方におけるベニザケの海面養殖の試み. 招待あり

    市川卓,泉田大介

    養殖ビジネス2019年3月臨時増刊号   臨時増刊   122 - 125   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ケガニを作り育てる技術. 招待あり

    市川卓

    理大科学フォーラム   405   14 - 17   2018年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 2章遺伝的多様性のモニタリングと保持のための体制作り. 招待あり

    安藤忠,美坂正,市川卓

    沿岸魚介類の資源の増殖とリスク管理-「遺伝的多様性の確保と放流効果のモニタリング (水産学シリーズ)   177   38 - 53   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度日本水産学会論文賞

    2010年03月   日本水産学会   Growth and maturation of Pacific saury Cololabis saira under laboratory conditions

    Mitsuhiro Nakaya, Taizo Morioka, Kyouhei Fukunaga, Naoto Murakami, Takashi Ichikawa, Sachio Sekiya, Satoshi Suyama

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ケガニの短期養殖に関する基礎的研究

    2022年04月 - 現在

    有限会社牛渡水産 

  • ケガニの増殖に関する基礎的研究

    2022年 - 現在

    オホーツク管内栽培漁業協議会  一般受託研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • サケを守り、地域を守る

    市川卓

    『海の豊かさを守ろう』シンポジウム  2023年05月  東京農業大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年05月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • ハナサキガニ幼生の生残および発育に及ぼす給餌密度の影響 国際会議

    藤野琢磨・市川卓

    日本甲殻類学会第59回大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)