2019/09/18 更新

写真b

高橋 公咲 (タカハシ コウサク)

-

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    北海道大学  農学研究科  農芸化学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(農学)

  • 北海道大学 -  修士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1997年11月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2009年08月
    -
    継続中
     

    植物化学調節学会

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 高等学校教諭1種免許

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • 生理活性物質

  • ケミカルバイオロジー

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 新規細胞機能調節物質の化学構造と生物活性(博士論文)

    高橋公咲

      2002年03月

    学位論文(博士)   単著

    放線菌Streptomyces spectabilis SNF4435株から新規免疫抑制物質SNF4435CおよびDを単離し、その構造を決定した。両化合物は、多剤耐性がん細胞の耐性克服効果も有していた。放線菌Streptomyces sp. SNA15896株から新規免疫抑制物質としてSW-163AおよびBを、新規抗がん物質としてSW-163CおよびEを単離し、その構造を決定した。

  • 糸状菌Sterile Darkが代謝する生理活性物質(修士論文)

    高橋公咲

      1993年03月

    学位論文(修士)   単著

    連作障害が発生しない圃場の小麦の根から分離された未同定の糸状菌Sterile Darkから、糸状菌Cladosporium herbarumを用いたTLCバイオオートグラフィーを指標として抗菌物質の単離を試みた。その結果、phthalide骨格を有する2種の新規抗菌物質を単離・精製し、その構造を決定した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Wounding stress induces phenylalanine ammonia lyases, leading to the accumulation of phenylpropanoids in the model liverwort Marchantia polymorpha.

    Mayu Yoshikawa, Weifeng Luo, Genta Tanaka, Yuka Konishi, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi

    Phytochemistry   155   30 - 36   2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Jasmonic acid inhibits auxin-induced lateral rooting independently of the CORONATINE INSENSITIVE1 receptor.

    Yasuhiro Ishimaru, Kengo Hayashi, Takeshi Suzuki, Hidehiro Fukaki, Justyna Prusinska, Christian Meester, Mussa Quareshy, Syusuke Egoshi, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi, Nobuki Kato, Erich Kombrink, Richard M. Napier, Ken-ichiro Hayashi, Minoru Ueda

    Plant Physiology   177   1704 - 1716   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Ligand-receptor co-evolution shaped the jasmonate pathway in land plants

    Isabel Monte, Sakiko Ishida, Angel M. Zamarreño, Mats Hamberg, José M. Franco, Gloria García-Casado, Caroline Gouhier-Nicolau, Philippe Reymond, Kosaku Takahashi, José M. García-Mina, Ryuichi Nishihama, Takayuki Kohchi, Roberto Solano

    Nature Chemical Biology   14   480 - 488   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ページ(480-488). 苔類のモデル植物のゼニゴケでは、ジャスモン酸類縁化合物のdn-iso-OPDAがシグナル分子として機能していた。植物進化に伴い、ジャスモン酸シグナル伝達経路も変わっていったことが示唆された。

  • Biosynthesis and in vitro enzymatic synthesis of isoleucine conjugate of 12-oxo-phytodienoic acid from isoleucine conjugate of α-linolenic acid

    Akira Uchiyama, Takaomi Yaguchi, Hiroyuki Nakagawa, Kento Sasaki, Naoshige Kuwata, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   28   1020 - 1023   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    12-oxo-phytodienoic acidとイソロイシンの縮合体 (OPDA-Ile) の酵素合成法を確立した。また、植物におけるOPDA-Ileの生合成を明らかにした。コレスポンディングオーサー。

  • Novel biotin linker with alkyne and amino groups for chemical labelling of a target protein of a bioactive small molecule

    Tomoaki Anabuki, Miu Tsukahara, Masanori Okamoto, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   28   783 - 786   2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ビオチン、アミノ基および末端アルキンが導入されたリンカー、アジド基のみが導入された活性化合物およびタンパク質架橋剤を用いた新たな活性化合物の標的タンパク質同定法を開発した。コレスポンディングオーサー。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2-Methyl-2-butene contributes to generate(Z) olefin in dihydrogenation of alkynes to alkenes using Lindlar's catalyst

    Vera Fitriya Ersalena,Kanji Miyawaki,Kosaku Takahashi,Hideyuki Matsuura

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • 新規なリンカーとタンパク質架橋剤を用いる生理活性化合物の標的タンパク質精製法

    穴吹 友亮、伊藤 祐輔、塚原 美宙、高須賀 太一、岡本 昌憲、松浦 英幸、高橋 公咲

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • 植物の抽苔抑制化合物の構造活性相関研究

    志鎌 駿平、荻原 毅、松浦 英幸、高橋 公咲

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • Evaluation of positive feedback system for jasmonic acid biosynthesis using deuterium-labelled jasmonic acid

    Rishni Masimbula,Katsunari Oki,Norio Kondo,Hideyuki Matsuura,Kosaku Takahashi

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • シロバナムシヨケギクにおけるピレスリンの生合成研究

    滝口 輝澄、松井 稜、大木 克成、天野 就基、高橋 公咲、阪森 宏治、松田 一彦、松浦 英幸

    植物化学調節学会第53回大会研究発表記録集  (北海道大学)  2018年11月  -  2018年11月  植物化学調節学会

全件表示 >>