2021/06/17 更新

写真b

高橋 公咲 (タカハシ コウサク)

TAKAHASHI Kosaku

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    北海道大学  農学研究科  農芸化学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(農学)

  • 北海道大学 -  修士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1997年11月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2009年08月
    -
    継続中
     

    植物化学調節学会

  • 2019年08月
    -
    継続中
     

    日本食品衛生学会

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 高等学校教諭1種免許

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • 生理活性物質

  • ケミカルバイオロジー

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 新規細胞機能調節物質の化学構造と生物活性(博士論文)

    高橋公咲

      2002年03月

    学位論文(博士)   単著

    放線菌Streptomyces spectabilis SNF4435株から新規免疫抑制物質SNF4435CおよびDを単離し、その構造を決定した。両化合物は、多剤耐性がん細胞の耐性克服効果も有していた。放線菌Streptomyces sp. SNA15896株から新規免疫抑制物質としてSW-163AおよびBを、新規抗がん物質としてSW-163CおよびEを単離し、その構造を決定した。

  • 糸状菌Sterile Darkが代謝する生理活性物質(修士論文)

    高橋公咲

      1993年03月

    学位論文(修士)   単著

    連作障害が発生しない圃場の小麦の根から分離された未同定の糸状菌Sterile Darkから、糸状菌Cladosporium herbarumを用いたTLCバイオオートグラフィーを指標として抗菌物質の単離を試みた。その結果、phthalide骨格を有する2種の新規抗菌物質を単離・精製し、その構造を決定した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Metabolism of airborne methyl salicylate in adjacent plants

    Rishni Masimbula, Katsunori Oki, Kosaku Takahashi, Hideyuki Matsuura

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry     2020年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Jasmonic acid is not a biosynthetic intermediate to produce the pyrethrolone moiety in pyrethrin II

    Ryo Matsui, Kisumi Takiguchi, Naoshige Kuwata, Katsunari Oki, Kosaku Takahashi, Kazuhiko Matsuda & Hideyuki Matsuura

    Scientific Reports     2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 69. Weifeng Luo, Setsuko Komatsu, Tatsuya Abe, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi. Comparative proteomic analysis of wild-type Physcomitrella patens and an OPDA-deficient Physcomitrella patens mutant with disrupted PpAOS1 and PpAOS2 genes after wounding

    Weifeng Luo, Setsuko Komatsu, Tatsuya Abe, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi

    International Journal of Molecular Science     2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Identification of recombinant AtPYL2, an abscisic acid receptor, in E. coli using a substrate-derived bioactive small molecule, a biotin linker with alkyne and amino groups, and a protein cross-linker

    Tomoaki Anabuki, Yusuke Ito, Taichi E Takasuka, Hideyuki Matsuura, Kosaku Takahashi

    Bioorganic Medicinal Chemistry Letters     2019年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Feeding experiment using uniformly 13C labeled alpha-linolenic acid supports the involvement of the decarboxylation mechanism to produce cis-jasmone in Lasiodiplodia theobromae

    Ryo Matsui, Kisumu Takiguchi, Kazuhiko Matsuda, Kosaku Takahashi, Hideyuki Matsuura

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry     2019年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 光親和性標識基を用いない新規な標的タンパク質検出法

    穴吹友亮、高橋公咲

    アグリバイオ     2019年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会北海道支部奨励賞

    2011年11月    

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2-Methyl-2-butene contributes to generate(Z) olefin in dihydrogenation of alkynes to alkenes using Lindlar's catalyst

    Vera Fitriya Ersalena,Kanji Miyawaki,Kosaku Takahashi,Hideyuki Matsuura

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • 新規なリンカーとタンパク質架橋剤を用いる生理活性化合物の標的タンパク質精製法

    穴吹 友亮、伊藤 祐輔、塚原 美宙、高須賀 太一、岡本 昌憲、松浦 英幸、高橋 公咲

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • 植物の抽苔抑制化合物の構造活性相関研究

    志鎌 駿平、荻原 毅、松浦 英幸、高橋 公咲

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • Evaluation of positive feedback system for jasmonic acid biosynthesis using deuterium-labelled jasmonic acid

    Rishni Masimbula,Katsunari Oki,Norio Kondo,Hideyuki Matsuura,Kosaku Takahashi

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京農業大学)  2019年03月  -  2019年03月  日本農芸化学会

  • シロバナムシヨケギクにおけるピレスリンの生合成研究

    滝口 輝澄、松井 稜、大木 克成、天野 就基、高橋 公咲、阪森 宏治、松田 一彦、松浦 英幸

    植物化学調節学会第53回大会研究発表記録集  (北海道大学)  2018年11月  -  2018年11月  植物化学調節学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    2020年10月

    植物化学調節学会   編集委員