2022/11/02 更新

写真b

金嶋 泰 (カネシマ タイ)

KANESHIMA Tai

助教

職名

助教

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   生物産業学研究科   生物産業学専攻   博士後期課程   修了

    2012年04月 - 2015年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京農業大学   生物産業学研究科   食品科学専攻   博士前期課程   修了

    2010年04月 - 2012年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生物産業学) ( 2015年03月   東京農業大学 )

  • 修士(生物産業学) ( 2012年03月   東京農業大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   食品安全健康学科   助教

    2019年04月 - 2021年03月

  • 東京農業大学   生物産業学部   食香粧化学科   助教

    2021年04月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本食品保蔵科学会

    2014年08月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2013年01月 - 現在

  • 日本食品科学工学会

    2010年05月 - 現在

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • ポリフェノール

  • 香気成分

論文 【 表示 / 非表示

  • Antiglycative effect of extract and phenolic compounds from holy basil (Ocimum tenuiflorum) 査読あり

    Kunihiro Kento, Kaneshima Tai, Myoda Takao

    Glycative Stress Research   9 ( 3 )   175 - 185   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society for Glycative Stress Research  

    Aim: Glycation reactions involve the binding of sugars to amino groups of proteins to form advanced glycation end products (AGEs) via glycation intermediates. AGEs induce inflammatory and protein dysfunctions, leading to diabetes and skin aging. The aim of this study was to evaluate the anti-glycation effect of holy basil (<i>Ocimum tenuiflorum</i>) leaf extract and identify the compounds responsible for these effects.
    Methods: The crude extract was obtained by hot water extraction of dried holy basil leaves. The total polyphenol and flavonoid contents and antioxidant activities of the crude extract were determined. Phenolic compounds were isolated from the crude extract using various chromatographic methods. The effect of the crude extract and isolated compounds on the formation of fluorescent AGEs, <i>N<sup>ε</sup></i>-(carboxymethyl) lysine (CML), 3-deoxyglucosone (3-DG), glyoxal (GO), and methylglyoxal (MGO) were examined.
    Results: The crude extract of holy basil was rich in polyphenols, most of which were flavonoids. Luteolin 5-O-glucoside (<b>1</b>), luteolin 7-<i>O</i>-glucuronide (<b>2</b>), (−)-rabdosiin (<b>3</b>), apigenin 7-<i>O</i>-glucuronide (<b>4</b>), rosmarinic acid (<b>5</b>), globoidnan A (<b>6</b>), and salvianolic acid A (<b>7</b>) isolated from the crude extract inhibited the formation of fluorescent AGEs, CML, 3-DG, GO, and MGO. In particular, compounds <b>3, 5, 6</b>, and <b>7</b> were potent antiglycation compounds. The crude extract also showed high antioxidant activities.
    Conclusions: Phenolic compounds of holy basil were found to be the active components endowing antiglycative effects. One of the antiglycation mechanisms of these polyphenols could be related to the antioxidant action of holy basil.

    DOI: 10.24659/gsr.9.3_175

  • アラビカコーヒー香気からのロブスタ臭低減成分の特定 査読あり

    日本食品保蔵科学会誌   48 ( 2 )   59 - 66   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polyphenols of jabuticaba [Myrciaria jaboticaba (Vell.) O.Berg] seeds incorporated in a yogurt model exert antioxidant activity and modulate gut microbiota of 1,2-dimethylhydrazine-induced colon cancer in rats 査読あり

    Fidelis, M., Santos, J.S., Escher, G.B., Rocha, R.S., Cruz, A.G., Cruz, T.M., Marques, M.B., Nunes, J.B., do Carmo, M.A.V., de Almeida, L.A., Kaneshima, T., Azevedo, L., Granato, D

    Food Chemistry   334   127565   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodchem.2020.127565

  • Response surface optimization of phenolic compounds extraction from camu-camu (Myrciaria dubia) seed coat based on chemical properties and bioactivity 査読あり

    Willemann, J.R., Escher, G.B., Kaneshima, T., Furtado, M.M., Sant'Ana, A.S., Vieira do Carmo, M.A., Azevedo, L., and Granato, D

    Journal of Food Science   85 ( 8 )   2358 - 2367   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1750-3841.15327

  • From byproduct to a functional ingredient: Camu-camu (Myrciaria dubia) seed extract as an antioxidant agent in a yogurt model 査読あり

    Marina Fidelis, Stephanie Maiara de Oliveira, Jânio Sousa Santos, Graziela Bragueto Escher, Ramon Silva Rocha, Adriano Gomes Cruz, Mariana Araújo Vieira do Carmo, Luciana Azevedo, Tai Kaneshima, Won Young Oh, Fereidoon Shahidi, and Daniel Granato

    Journal of Dairy Science   103 ( 2 )   1131 - 1140   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Camu-camu果汁残渣に含まれる抗菌活性成分

    金嶋泰,妙田貴生,戸枝一喜,藤森 嶺,西澤信

    日本食品科学工学会第61回大会発表要旨集   2014年08月  日本食品科学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年08月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中村学園大学  

    カムカム種子と果皮から得た抽出物を、グラム陽性菌に対する抗菌活性を指標にして精製し、ロドミルトンとその類縁体を同定した。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対して抗菌活性を示すと報告されているロドミルトンが、カムカム果汁残渣から単離されたことにより、果汁残渣が有用資源であることを示した。

  • Camu-camu種子に含まれる縮合型タンニンとその機能性

    金嶋泰,妙田貴生,戸枝一喜,藤森嶺,西澤信

    日本農芸化学会2014年度 (平成26年度) 大会発表要旨集  2014年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学  

    カムカム種子と果皮より抗酸化活性に関与する縮合型タンニンを分離し、チオリシスによる分解物の構造を特定し、縮合型タンニンがEGCgとECgにより構成され、その結合部位に4位が関与していることを明らかにした。また、消臭効果や酵素阻害活性を有することを示した。