2022/03/11 更新

写真b

SAVILLE  (サフィル ラマドナ)

Saville Ramadhona

助教

職名

助教

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 国際バイオビジネス ( 2018年03月   東京農業大学 )

  • 修士 ( 2013年03月   東京農業大学 )

  • 博士(学術) ( 2016年03月   東京農業大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   国際食料情報学部   国際バイオビジネス学科   助教

    2018年09月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 三菱電機株式会社   先端技術総合研究所 駆動制御システム部   研究員

    2016年04月 - 2018年09月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • International Economics Development and Research Center (IEDRC)

    2019年09月 - 現在

  • Marine Technology Society

    2019年07月 - 現在

  • International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences (ISSAAS)

    2019年05月 - 現在

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 統計学応用

  • 数値解析

  • スマート農業

  • スマート水産業

  • 消費者行動

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Spatiotemporal macro debris and microplastic variations linked to domestic waste and textile industry in the supercritical Citarum River, Indonesia 査読あり

    Muhammad Reza Cordova, Intan Suci Nurhati, Akihiro Shiomoto, Katsumori Hatanaka, Ramadhona Saville, Etty Riani

    Marine Pollution Bulletin   175   113338   2022年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.marpolbul.2022.113338

  • Recognition of Japanese Sake Quality Using Machine Learning Based Analysis of Physicochemical Properties 査読あり

    Ramadhona Saville, Takayuki Kazuoka, Nina N. Shimoguchi & Katsumori Hatanaka

    Journal of the American Society of Brewing Chemists   80   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/03610470.2021.1939973

  • Mangrove Forest Restoration by Fisheries Communities in Lampung Bay: A study based on perceptions, willingness to pay, and management strategy

    Maulana Firdaus, Katsumori Hatanaka, Ramadhona Saville

    Forest and Society   5 ( 2 )   224 - 244   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.24259/fs.v5i2.12008

  • Determining Crispness Level of Dry Food through Its Compressive Strain Energy 査読あり

    Farid Triawan, Gloria Ellysian Aprilia, Kushendarsyah Saptaji, Ramadhona Saville, Asep Bayu Dani Nandiyanto

    Indonesian Journal of Computing, Engineering and Design (IJoCED)   3 ( 2 )   106 - 118   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.35806/ijoced.v3i2.55

  • Assessing Muslim travellers' preferences regarding food in Japan using conjoint analysis: An exploratory study on the importance of prayer room availability and halalness

    Ramadhona Saville, Akhmad Mahbubi

    Heliyon   7 ( 5 )   e07073   2021年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2021.e07073

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 工具経路修正装置、工具経路修正方法および数値制御装置

    サフィル ラマドナ, 入口 健二, 松原 晋, 金子 弘樹

     詳細を見る

    出願番号:JP2018/138693  出願日:2018年03月

    公開番号:WO/2020/021793   公開日:2020年01月

    出願国:国内  

  • 加工工程生成装置、加工工程生成方法およびプログラム

    若色 譲二, 入口 健二, 松原 晋, 金子 弘樹, サフィル ラマドナ

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2017/025309   出願日:2017年07月

    公表番号:WO/2018/123116  公表日:2018年07月

    出願国:国内  

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストプレゼンテーション表彰 ICFA 2021 悪影響を回避するための予防措置セッション

    2021年08月   The 8th International Conference on Fisheries and Aquaculture (ICFA 2021)   A study on trigger factor of Harmful algal blooms in Lampung Bay, Indonesia

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • Japan National Member Organization Outstanding Contribution Award

    2012年07月   CIGR (International Commission of Agricultural and Biosystems Engineering)   An automatic and cost free method for paddy area classification by the wavelet analysis of NDVI data series

    サフィル ラマドナ、畑中 勝守

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:スペイン

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The importance of low-cost smart technologies application on the primary industry for rural development in Asia 国際会議

    Saville R. and Hatanaka K.

    SEARCA 3rd Faculty Forum -Agricultural Science for a Better World-  2022年01月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年01月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Study on Trigger Factor of Harmful Algal Blooms in Lampung Bay, Indonesia 国際会議

    Saville R., Shimojima H., Muawanah, Puspasari R., Hatanaka K. and Albasri H.

    8th International Conference on Fisheries and Aquaculture 2021 (ICFA 2021)   2021年08月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年08月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • A study on Muslim Consumer Behavior in Japan Prior to Tokyo 2020 Olympic Paralympic 国際会議

    Ramadhona Saville

    2020 the 5th International Conference on Marketing, Business and Trade, Osaka  2020年01月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年01月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trigger Factors on Social Networking Services (SNS) Culinary Activity of Youth Consumer: A Case Study on Indonesian Millennial 国際会議

    Ramadhona Saville, Hardika Widi Satria, Harsono Hadisumardjo, Etty Riani

    The 5th International Conference on Management Studies, Istanbul  2019年05月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年05月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Automatic and Cost Free Method for Paddy Area Classification by The Wavelet Analysis of NDVI Data Series 国際会議

    サフィル ラマドナ、畑中 勝守

    CIGR-EurAgEng Infomation Technology, Automation and Precision Farming. International Conference of Agricultural Engineering-CIGR-AgEng 2012: Agriculture and Engineering for a Healthier Life, Valencia, Spain, 8-12 July 2012  2012年07月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年07月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • バイオビジネス情報システム論

    機関名:東京農業大学

  • バイオビジネス統計学(一)

    機関名:東京農業大学

  • バイオビジネス統計学演習

    機関名:東京農業大学

  • インドネシア実地研修

    機関名:東京農業大学

  • 基礎演習1,2,3,4

    機関名:東京農業大学

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • IEEE/MTS OCEANS 2019 Marseille セッション座長

    2019年06月

  • マリンITワークショップ2019いしがき セッション座長

    2019年03月

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • モット:研究は厳しく楽しく!
    データ分析の研究をしておりますが、分野は幅広く、農業、水産業、マーケティング、消費者の行動等です。
    データがある限り、統計学、機械学習、AIに基づき、数値的に分析することが可能となり、データの裏の現象が新たに発見できるかもしれません。
    また、データ分析を行えば、将来に役立てるような推測と分類ができるかもしれません。
    一緒にデータ分析を使った研究はしませんか?