2022/06/09 更新

写真b

井上 順 (イノウエ ジュン)

INOUE JUN

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    大阪大学   薬学部   薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    大阪大学  薬学研究科  応用薬学専攻  博士前期課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    大阪大学  薬学研究科  応用薬学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(薬学)

  • 大阪大学 -  修士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年07月
    -
    2005年05月

      新潟大学医学部   医学部   助手

  • 2005年06月
    -
    2006年02月

      UCSD, Division of Biological Sciences   研究員

  • 2006年02月
    -
    2009年11月

      東京大学大学院農学生命科学研究科   助教

  • 2009年12月
    -
    2012年11月

      東京大学大学院農学生命科学研究科   講師

  • 2012年12月
    -
    2018年03月

      東京大学大学院農学生命科学研究科   准教授

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養・食糧学会

  • 2007年11月
    -
    継続中
     

    日本アミノ酸学会

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

全件表示 >>

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 衛生管理者(第1種)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 食品成分

  • 脂質代謝

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 脂質代謝の制御を担う転写因子SREBPに関する研究

    井上順

      2000年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Brown Rice Inhibits Development of Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Obese Zucker (fa/fa) Rats by Increasing Lipid Oxidation Via Activation of Retinoic Acid Synthesis.

    Matsumoto Y, Fujita S, Yamagishi A, Shirai T, Maeda Y, Suzuki T, Kobayashi KI, Inoue J, and Yamamoto Y.

    J Nutr   151   2705 - 2713   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • MIG12 is involved in the LXR activation-mediated induction of the polymerization of mammalian acetyl-CoA carboxylase.

    Izumi A, Hiraguchi H, Kodaka M, Ikeuchi E, Narita J, Kobayashi R, Matsumoto Y, Suzuki T, Yamamoto Y, Sato R, and Inoue J.

    Biochem Biophys Res Commun   567   138 - 142   2021年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Methionine controls insulin/mammalian target of rapamycin complex 1 activity by modulating tuberous sclerosis complex 2 stability.

    Gen S, Matsumoto Y, Suzuki T, Inoue J, and Yamamoto Y.

    Biochem Biophys Res Commun   541   84 - 89   2021年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • AMP-activated protein kinase regulates β-catenin protein synthesis by phosphorylating serine/arginine-rich splicing factor 9.

    Matsumoto E, Matsumoto Y, Inoue J, Yamamoto Y, and Suzuki T.

    Biochem Biophys Res Commun   534   347 - 352   2021年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Stability of tuberous sclerosis complex 2 is controlled by methylation at R1457 and R1459.

    Gen S, Matsumoto Y, Kobayashi KI, Suzuki T, Inoue J, and Yamamoto Y

    Sci Rep   10   21160   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 食品因子による栄養機能制御,芦田均、立花宏文、原博 編,第11章「ポリフェノール類による転写制御を介した代謝改善効果」

    井上順 (担当: 単著 , 担当範囲: 第11章を全て担当 )

    建帛社  2015年05月

    第68回日本栄養・食糧学会で開催されたシンポジウムで発表した内容について執筆。A5版,全283ページ

  • 分子栄養学(栄養科学イラストレイテッド),加藤久典、藤原葉子 編,第4章「遺伝子の発現(タンパク質合成)」,第5章「遺伝子発現制御と細胞機能」

    井上順 (担当: 単著 , 担当範囲: 第4章,第5章を全て担当 )

    羊土社  2014年07月

    管理栄養士養成課程、農芸化学、生命科学、看護、薬学系の学生向けの教科書。A4版 全229ページ

  • 実験農芸化学,北本勝ひこ、妹尾啓史 編

    井上順 (担当: 共著 , 担当範囲: 複数人での執筆につき担当分抽出不可能 )

    朝倉書店  2013年03月

    東京大学農学生命科学研究科が編集する実験書,A4版 全285ページ

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • フラボノイド「ルテオリン」による生活習慣病予防・改善作用の分子機構

    井上 順、佐藤 隆一郎

    化学と生物 ( 日本農芸化学会 )  54 ( 6 ) 416 - 421   2016年06月

    総説・解説(その他)   共著

    ルテオリンによる生活習慣病予防・改善作用の分子機構についての総説。

  • コレステロール合成・代謝・恒常性維持

    井上 順、佐藤 隆一郎

    バイオインダストリー   31 ( 9 ) 5 - 10   2014年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    生体内でのコレステロール合成・代謝さらに恒常性維持機構についての総説。

  • グルタミンによる細胞維持・増殖調整機構

    清水 誠、井上 順、佐藤 隆一郎

    <最新>動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術       63 - 66   2013年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    グルタミンの作用を中心に、培養細胞の増殖についての総説。

  • コレステロール恒常性に関する分子栄養生化学的研究

    井上 順

    日本栄養・食糧学会誌 ( 日本栄養・食糧学会 )  64 ( 5 ) 297 - 303   2011年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    日本栄養・食糧学会奨励賞受賞内容についての総説。

  • SREBPの翻訳後修飾ーリン酸化、ユビキチン化、アセチル化、SUMO化ー

    井上 順、有戸 光美、佐藤 隆一郎

    内分泌・糖尿病科   27 ( 6 ) 552 - 557   2008年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    SREBP活性の翻訳後修飾による制御についての総説。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アミノ酸学会 第12回学術大会 優秀ポスター賞

    2018年10月   日本アミノ酸学会   メチオニンの代謝産物SAMによって制御される TSC2のメチル化とリン酸化のクロストークの解析  

    受賞者:  玄成秀、鈴木司、井上順、山本祐司

  • 日本農芸化学会2018年度大会トピックス賞

    2018年03月   日本農芸化学会   胆汁酸受容体TGR5は骨格筋を肥大化し筋力の増大を誘導する  

    受賞者:  佐々木崇、久保山文音、村田翔太朗、清水誠、井上順、佐藤隆一郎

  • 日本農芸化学会2016年B.B.B.論文賞

    2017年03月   日本農芸化学会   Allyl isothiocyanate suppresses the proteolytic activation of sterol regulatory element-binding proteins and de novo fatty acid and cholesterol synthesis.  

    受賞者:  Miyata, S., Inoue, J., Shimizu, M., and Sato, R.

  • 第37回日本肥満学会ビジョナリーアワード

    2016年10月   日本肥満学会   胆汁酸受容体TGR5は骨格筋を肥大化し筋力の増大を誘導する  

    受賞者:  佐々木崇、久保山文音、村田翔太朗、清水誠、井上順、佐藤隆一郎

  • 第89回日本生化学会大会 若手優秀発表賞

    2016年09月   日本生化学会   骨格筋における胆汁酸受容体TGR5の機能解析  

    受賞者:  佐々木崇、三田萌子、清水誠、井上順、佐藤隆一郎

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 機能性食品成分の腸管における標的分子の同定と腸内細菌叢への作用の解析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  井上順

  • 脂肪酸合成律速酵素ACCのポリマー化による活性制御機構の解明と阻害剤開発への応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2020年07月  -  2023年03月  代表者:  井上順

  • 機能性食品成分の腸管シグナル制御を介した作用機構の解明に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  井上順

  • エピゲノム制御を介した生体内エネルギー状態に応じた遺伝子発現調節機構の解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  井上順

  • 転写抑制因子 Bcl11bによる脂肪細胞分化・脂肪蓄積の制御機構の解析

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  井上順

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 摂食応答遺伝子MIG12による脂肪酸合成制御の解析と脂肪肝治療標的としての検討

    提供機関:  民間財団等  内藤記念科学奨励金・研究助成金

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  井上順

  • 抗動脈硬化作用を有する機能性食品成分の探索とその機構解明

    提供機関:  民間財団等  東洋食品研究所・研究助成金

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月  代表者:  井上順

  • 新規摂食応答遺伝子MIG12による脂肪酸合成制御機構の解明と脂肪肝の治療標的としての検討

    提供機関:  民間財団等  持田記念医学薬学振興財団・研究助成金

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月  代表者:  井上順

  • 植物由来フラボノイドによる脂質・糖代謝制御機構の解析

    提供機関:  民間財団等  飯島記念食品科学振興財団・学術研究助成金

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月  代表者:  井上順

  • 植物由来フラボノイドによる脂質・糖代謝制御機構の解析

    提供機関:  民間財団等  飯島記念食品科学振興財団・学術研究助成金

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月  代表者:  井上順

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 機能性をもつ食品成分の探索 〜基礎研究との両立〜

    井上 順

    栄養学若手研究者の集い 第52回サマーセミナー<シンポジウム>  2018年08月  -  2018年08月 

  • 転写制御を介した食品成分の抗メタボリックシンドローム作用

    井上 順

    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー<シンポジウム>  2017年05月  -  2017年05月 

  • 食品成分の転写制御を介した抗メタボリックシンドローム作用

    井上 順

    第70回日本栄養・食糧学会大会<シンポジウム>  2016年05月  -  2016年05月 

  • 転写制御を介した食品成分の抗メタボリックシンドローム作用

    井上 順

    第97回日本栄養・食糧学会関東支部シンポジウム  2016年03月  -  2016年03月 

  • ポリフェノール類による転写制御を介した代謝改善効果

    井上 順、佐藤 隆一郎

    第68回日本栄養・食糧学会大会<シンポジウム>  2014年05月  -  2014年05月 

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    2019年10月

    日本栄養・食糧学会   代議員

  • 2014年05月
    -
    2018年04月

    日本栄養・食糧学会   関東支部・常任幹事

  • 2018年05月
    -
    2020年04月

    日本栄養・食糧学会   関東支部・監事

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    日本アミノ酸学会   評議員