2021/02/22 更新

写真b

中島 亨 (ナカジマ トオル)

Toru Nakajima

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   生産環境工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京農工大学  農学府  農業環境工学専攻  修士課程  修了

  • 2007年04月
    -
    2010年09月

    東京農工大学  連合農学研究科  農業環境工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学 -  博士(農学)

  • 東京農工大学 -  修士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   生産環境工学科   助教  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   生産環境工学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    2010年12月

      国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構   農村工学研究所    農地基盤工学研究領域研究契約職員

  • 2011年01月
    -
    2011年10月

      The University of Texas at Arlington   Department of Earth and Environmental Science, Hydrogeology Laboratoty   Postdoctoral Researcher

  • 2011年11月
    -
    2014年11月

      The Ohio State University   Carbon Management and Sequestration Center   Postdoctoral Researcher

  • 2014年12月
    -
    2015年03月

      首都大学東京   都市環境学部   特任助教

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      明治大学   研究知財戦略機構   博士研究員

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    農業農村工学会

  • 2011年11月
    -
    継続中
     

    Soil Science Society of America

  • 2014年12月
    -
    継続中
     

    日本土壌肥料学会

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    International Society of Environmental and Rural Development (ISERD)

  • 2019年04月
    -
    継続中
     

    東南アジア国際農学会 (ISSAAS)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域環境工学および農村計画学関連

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 測量士補

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境土壌学

  • 土壌炭素貯留による気候変動緩和・適応策

  • 水環境保全

  • 福島復興

論文 【 表示 / 非表示

  • Cover Crop Mixtures Effects on Soil Physical and Chemical Properties in Japan

    Toru Nakajima, Riku Nakamura, Ryuji Kawamura, Machito Mihara

    International Journal of Environmental and Rural Development   11 ( 1 ) 182 - 187   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Evaluation of Bacterial Contamination Levels in Pickles Sold at Wet Market in Cambodia -Part 2- Detection of Several Food-poisoning Bacteria of 48 samples from Phnom Penh

    Shuki Muramatsu, Masataka Uchino, Sokly Sorm, Yuri Tanioka, Daiki Oka, Yoshiki Muramatsu, Toru Nakajima, Motoe Sekido, Takahiko Nakamura, Machito Mihara

    International Journal of Environmental and Rural Development   11 ( 1 ) 120 - 124   2020年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Evaluation of Bacterial Contamination Levels in Pickles Sold at Wet Market in Cambodia -Part 1- incase of the samples from Kampong Cham and Phnom Penh

    Shuki Muramatsu, Masataka Uchino, Yuri Tanioka, Sokly Sorm, Daiki Oka, Yoshiki Muramatsu, Toru Nakajima, Motoe Sekido, Takahiko Nakamura, Chim Chay, Machito Mihara

    International Journal of Environmental and Rural Development   11 ( 1 ) 114 - 119   2020年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Issues of Disaster Recovery Management and Application of GIS and UAV for Resilience in Agricultural Land and Infrastructure

    Miwa, K., A. Sekiyama, T. Nakajima, T. Kubodera, C. Egami, and H. Okazawa

    International Journal of Environmental and Rural Development ()   9 ( 2 ) 113 - 119   2019年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Carbon Sequestration and Yield Performance of Miscanthus x giganteus and Miscanthus sinensis

    Nakajima,T., T. Yamada, K. G. Anzoua, R. Kokubo, and K. Noborio

    Carbon Management   9 ( 3 ) 1 - 9   2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    北海道大学の圃場内で栽培されているMiscanthus x giganteusとMiscanthus sinensisの土壌への炭素貯留能力と収量に関する調査を行った。その結果Miscanthus x giganteusは収量が高く、Miscanthus sinensis栽培下の土壌で炭素貯留能力が高いと結果を得られた。

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災からの農業復興支援モデルー東京農業大学10年の軌跡ー

    東京農業大学 (担当: 共著 )

    株式会社ぎょうせい  2021年02月

  • Recycle Based Organic Agriculture in a City

    Seishu Tojo (ed.) and Toru Nakajima etc (担当: 分担執筆 )

    Springer Nature Singapore Pte Ltd.  2019年10月

  • 現代農学概論ー農のこころで社会をデザインするー

    東京農業大学「現代農学概論」編集委員会, 森田茂紀, その他多数 (担当: 分担執筆 )

    朝倉書店  2018年04月

  • Encyclopedia of Soil Science Third Edition

    Nakajima, T. and R. Lal (Editor in Chief.)他数十名の共著者 (担当: 共著 )

    CRC Press Taylor and Francis  2016年01月

    土壌の拡散係数は土壌中のガス移動を予測する上の基本的な物性値である。本章では土壌の拡散係数の測定法の一つであるCurrie法の基礎方程式、原理、実験方法について紹介した。また、土壌拡散係数を予測するモデル式(Buckingham式、Penman式、Milington and Quirk式、Moldrup式)のそれぞれの特徴や、同じデータセットを用いた場合での各モデルの結果の比較を行った。
    土壌の肥沃度指数は科学的なプロセスに基づいた土壌の評価法として現在世界中で研究が進められている。土壌の肥沃度指数の算出方法は様々に提案されており、例えばLiner and multiple regression analysis, pedotransfer functions analysis, principal component analysis, scoring function analysis等がある。本章ではそれぞれの算出方法の紹介や優位な点や不利な点等や土壌データの扱い方について総合的に論じている。

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • Soil Quality/Health Index Assessment for On-farm Sites

    Nakajima, T.

    Crops Soils Agronomy News   61 ( 8 )   2016年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • American Society of Agronomy (ASA), Crop Science Society of America (CSSA), Soil Science Society of America (SSSA) 2015 Annual Meeting, Synergy in Science: Partnering for Solutions 参加報告

    中島亨

    日本土壌肥料学雑誌   87 ( 3 )   2016年06月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ミスカンサスを使ったセシウム汚染地復興

    中島亨

    明治大学科学技術研究所シンポジウム   1 ( 1 ) 17 - 18   2015年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 「エコプロダクツ 2014」出展報告

    和崎淳, 木村園子ドロテア, 高田裕介, 藤井一至, 伊ヶ崎健大, 森圭子, 一ノ瀬侑理, 中島亨, 田中治夫, 小崎隆

    日本土壌肥料学雑誌   86 ( 4 ) 339 - 339   2015年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Establishing a Sustainable System for Recycling Vinasse

    Miyamoto, T., K. Kameyama, and T. Nakajima

    Crops Soils Agronomy News   58 ( 3 ) 13 - 15   2013年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 除染後の農地におけるバイオエタノール生産のためのエネルギー作物に関する研究

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2015年09月  -  2017年03月  代表者:  中島亨

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大学の専門的知見をフル活用した浜通り地方の復興から地域創生へのシームレスな支援モデル構築

    提供機関:  公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構  東京農大福島イノベーション・コースト研究プロジェクト

    研究期間: 2019年04月  -  2021年01月  代表者:  渋谷往男

  • 東京農業大学 東日本支援プロジェクト

    提供機関:  東京農業大学 総合研究所  東京農業大学

    研究期間: 2018年04月  -  継続中  代表者:  渋谷往男

  • カンボジア王国コンポンチャム州におけるバイオマスエネルギーを活用した農産物の加工条件および加工システムの構築

    提供機関:  東京農業大学 総合研究所  東京農業大学 戦略研究プロジェクト

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月  代表者:  村松良樹

  • 自然災害による農業基盤施設の復旧を目指したGIS構築法の確立

    提供機関:  東京農業大学 総合研究所  東京農業大学 戦略研究プロジェクト

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月  代表者:  関山絢子

  • バイオエタノール生産のための多収量植物の温室効果ガス排出、土壌炭素貯留の評価

    提供機関:  明治大学  明治大学新領域創成型研究・若手研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月  代表者:  中島亨

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Cover Crop Effects on Soil Physical and Chemical Properties in Japan

    Nakajima, T., R. Nakamura, R. Kawamura, and M. Mihara

    International Conference on Environmental and Rural Development  2019年02月  -  2019年02月 

  • On-farm Assessment of Soil Health in Kumamoto Japan

    Nakajima, T.

    The 21st World Congress of Soil Science (Rio de Janeiro, Brazil)  2018年08月  -  2018年08月 

  • Soil Health Assessment of Soil under Miscanthus x giganteus Cultivation

    Nakajima, T., A. Sekiyama, T. Kubodera, C. Egami, K. Miwa, and H. Okazawa

    The 9th ICERD-International Conference on Environmental and Rural Development (Yezin Agriculture University, Myanmar)  2018年02月  -  2018年02月 

  • Soil Health Assessment of Land under Bioenergy Crop

    Nakajima, T.

    ASA-CSSA-SSSA International Annual Meeting (Tampa, Florida, USA)  2017年10月  -  2017年10月 

  • Potential of Bioenergy Crop Production in Decontaminated Farmlands in Fukushima

    Nakajima, T. and K. Noborio

    JpGu-AGU Joint Meeting (Makuhari Messe, Chiba, Japan)  2017年05月  -  2017年05月 

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストレクチャー賞

    2019年06月   東京農業大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
     
     

    東京都府中市教育委員会プロジェクト 熊野神社遺跡の地盤学的遺跡調査

  • 2008年04月
     
     

    東京農工大学大学院博士課程特別プロジェクト採用

  • 2012年04月
     
     

    The Ohio State Univeristy, Under Graduate Student Mentor

  • 2012年08月
     
     

    US of Department Agriculture-NIFA projectAnnual Meeting the Climate and Corn-based Cropping Systems

  • 2015年04月
     
     

    South Dakota State University, Ph.D. Student Mentor