2017/08/02 更新

写真b

谷本 佳子 (タニモト ヨシコ)

-

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    青山学院大学  文学研究科  英米文学専攻  博士前期課程  修了

  •  
    -
    2017年03月

    青山学院大学  文学研究科  英米文学専攻  博士後期課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 青山学院大学 -  修士(文学)

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

学位論文 【 表示 / 非表示

  • A Study of E. M. Forster’s Italian Novels.

    谷本 佳子

    青山学院大学    2007年03月

    学位論文(修士)   単著

    フォースターのItalian novelsを取り上げて、二作品とイタリアの関係を、第1章ではイタリアという土地とイタリア人、第2章ではイタリアの音楽(オペラ)、第3章ではイタリア美術との関わりから論じた。

論文 【 表示 / 非表示

  • MiddlemarchからThe Lost Girlへ―イタリアと、解放されたイギリス人のヒロインたち

    谷本 佳子

    テクスト研究学会『テクスト研究』   - ( 9 ) 35 - 48   2013年02月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    テクスト研究学会第12回大会での口頭発表の内容に加筆・修正を施したものである。イタリアを舞台にした小説の中でも、「イギリス人のヒロインの解放」というテーマを扱っている、ジョージ・エリオット、ギッシング、フォースター、ロレンスの五作品の比較を通して、作品間の関連性を探った。

  • A Study of Italy and Art in the Novels of G. Gissing and E. M. Forster.

    谷本 佳子

    青山学院大学文学部『紀要』   - ( 53 ) 23 - 35   2012年03月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    フォースターのItalian novels (Where Angels Fear to Tread, A Room with a View)と、ギッシングのThe Emancipatedを取り上げ、三作品におけるイタリアと美術作品の扱いについて論じた。

  • イタリアと、解放されたイギリスの女たち―G. GissingとE. M. Forsterの小説に見るイタリア

    谷本 佳子

    青山学院大学英文学会『英文学思潮』   84   117 - 134   2011年12月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    日本英文学会関東支部第4回大会での口頭発表の内容に加筆・修正を施したものである。フォースターのItalian novelsとギッシングのThe Emancipatedを比較し、三作品において、イギリス人のヒロインたちを解放させる力を持つイタリアとはどのようなものであるかを考察した。

  • イタリアに嫁いだイギリスの女たち―『ロスト・ガール』と『天使も踏むを恐れるところ』における結婚

    谷本 佳子

    青山学院大学英文学会『英文学思潮』   82   183 - 201   2009年12月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    ロレンスの『ロスト・ガール』とフォースターの『天使も踏むを恐れるところ』におけるイギリス人女性とイタリア人男性の国際結婚をめぐる問題について考察し、この問題に対するロレンスとフォースターの姿勢を探った。

  • 『天使も踏むを恐れるところ』における絵画表象―聖デオダータのフレスコ画を中心に

    谷本 佳子

    青山学院大学大学院文学研究科英米文学専攻院生会『論集』   - ( 33 ) 35 - 50   2009年03月

    研究論文(学術雑誌)   単著

    フォースターの『天使も踏むを恐れるところ』に登場する、聖デオダータのフレスコ画を取り上げ、このフレスコ画と作品との関わりについて論じた。

著書 【 表示 / 非表示

  • イギリス文学と文化のエートスとコンストラクション 石田久教授喜寿記念論文集

    莵原美和、小田夕香理、片山美穂、清水伊津代、馬渕恵里、谷本佳子、他共著者38名 (担当: 共著 , 担当範囲: ジョージ・ギッシングの短編小説「くすり指」―女とイタリアと、男― )

    大阪教育図書  2014年08月

    ギッシングの短編小説「くすり指」を取り上げ、ローマのホテルを舞台に展開されるイギリス人の男女のすれ違う恋愛模様とイタリアという土地の関係性について論じた。

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • わたしの好きなヒーロー(6)―シャーロック・ホームズ―

    谷本 佳子

    青山学院大学文学部英米文学科同窓会会報Aoyama Sapience   ( 31 ) 3   2014年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    英米の文学作品等から「わたしの好きなヒーロー」を紹介するコラムを担当した。本コラムでは、シャーロック・ホームズを取り上げた。

  • イタリアと、解放されたイギリスの女たち―G. GissingとE. M. Forsterの小説に見るイタリア

    谷本 佳子

    日本英文学会第83回大会Proceedings(付 2010年度支部大会Proceedings)     181 - 183   2011年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    日本英文学会関東支部第4回大会での口頭発表の内容をまとめたものである。フォースターのItalian novelsとギッシングのThe Emancipatedを比較し、三作品において、イギリス人のヒロインたちを解放させる力を持つイタリアとはどのようなものであるかを考察した。

  • Brontë Words

    谷本 佳子

    日本ブロンテ協会Brontë Newsletter of Japan   ( 79 ) 4   2010年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    ブロンテ姉妹の作品から一部を引用し、それにコメントを加えるコラム“Brontë Words” を担当した。本コラムでは、Jane Eyre 25章の一部を取り上げた。