2017/08/02 更新

写真b

高市 真一 (タカイチ シンイチ)

-

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1970年04月
    -
    1974年03月

    埼玉大学   理工学部   生化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1975年04月
    -
    1977年03月

    東京大学  理学系研究科  生物科学専攻  修士課程  修了

  • 1977年04月
    -
    1981年03月

    東京大学  理学系研究科  生物科学専攻  博士課程  単位取得満期退学

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年07月
    -
    1992年08月

    グラスゴー大学   私立大学等経常費補助金特別補助・海外研修派遣

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(理学)

  • 東京大学 -  修士(理学)

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1989年03月

      学校法人日本医科大学   助手

  • 1989年04月
    -
    1998年03月

      学校法人日本医科大学   講師

  • 1998年04月
    -
    2007年03月

      学校法人日本医科大学   助教授

  • 2002年04月
    -
    2011年03月

      学校法人明治大学大学院   理工学研究科   非常勤講師

  • 2007年04月
    -
    2015年03月

      学校法人日本医科大学   准教授(職名変更)

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1975年
    -
    継続中
     

    日本植物生理学会

  • 1979年
    -
    継続中
     

    日本光合成学会

  • 1987年
    -
    継続中
     

    日本カロテノイド学会

  • 1989年
    -
    継続中
     

    国際光合成会議

  • 1989年
    -
    継続中
     

    日本微生物資源学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 農芸化学

  • 基礎生物学

  • 生体分子科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

  • 機能生物化学

  • 植物分子・生理科学

  • 生物多様性・分類

  • 生物有機化学

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 光合成的に生育した紅色無イオウ細菌Rhodopseudomonas sphaeroidesにおける培養条件による菌体内電子伝達ヘムタンパク質の含有量及び光捕集バクテリオクロロフィルの変動

    高市 真一

    東京大学    1981年05月

    学位論文(博士)   単著

  • 光合成細菌のチトクロム定量法の検討

    高市 真一

    東京大学    1977年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Functional lycopene cyclase (CruA) in the cyanobacterium, Arthrospira platensis NIES-39, and carotenoid synthesis

    Sugiyama K, Ebisawa M, Yamada M, Nagashima Y, Suzuki H, Maoka T, Takaichi S

    Plant Cell Physiol   58 ( 4 ) 831 - 838   2017年04月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    シアノバクテリアArthrospira platensisのリコペンシクラーゼ遺伝子を単離し、大腸菌おいて機能発現をさせた。

  • Carotenogenesis diversification in phylogenetic lines of Rhodophyta

    Takaichi S, Yokoyama A, Mochimaru M, Uchida H, Murakami A

    J phycol   52 ( 3 ) 329 - 338   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    紅藻のカロテノイドを網羅的に分析をして、3タイプに分けられることを見いだし、最近の構造の系統分類に当てはまることを見いだした。

  • New strains of an aerobic anoxygenic phototrophic bacterium Porphyrobacter donghaensis isolated from a Siberian thermal spring and a weakly mineralized lake

    Nuyanzina-Boldareva EN, Akimov VN, Takaichi S, Gorlenko VM

    Microbiology   85 ( 1 ) 77 - 86   2016年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    好気性光合成細菌Porphyrobacter donghaensisをシベリアの温泉から単離し同定をした。

  • Excitation relaxation dynamics and energy transfer in pigment-protein complexes of a dinoflagellate, revealed by ultrafast fluorescence spectroscopy

    Tanaka K, Iida S, Takaichi S, Mimuro M, Murakami A, Akimoto S

    Phothsynth Res   130 ( 1 ) 183 - 191   2016年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    渦鞭毛藻から単離した色素タンパク複合体における励起緩和とエネルギー移動を超高速蛍光分光で調べた。

  • Identification and functional analysis of geranylgeranyl pyrophosphate synthase gene (crtE) and phytoene synthase gene (crtB) for carotenoid biosynthesis in Euglena gracilis

    Kato S, Takaichi S, Ishikawa T, Asahina M, Takahashi S, Shinomura T

    BMC Plant Biol   - ( 16 ) e4   2016年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Euglena gracilis のカロテノイド合成遺伝子crtE, crtBを単離し、機能確認をした。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 光と生命の事典

    高市 真一 (担当: 共著 )

    朝倉書店  2016年02月

    カロテノイド。動植物における光の関係する生理作用をまとめた本。動植物と細菌における光に関係するカロテノイドの生理作用をまとめた。

  • Photosynthesis Research for Food, Fuel and Future

    Takaichi S, Murakami A, Mochimaru M (担当: 共著 )

    Springer & Zhejiang University Press  2013年07月

    Ed. by Kuang T, Lu C, Zhang L, All of α-carotene and its derivatives have a sole stereochemistry?、第15回国際光合成会議会議録、α-カロテンとその誘導体は唯一の立体配置を取るか?

  • Natural Products: Phytochemistry, Botany and Metabolism of Alkaloids, Phenolics and Terpenes

    高市 真一 (担当: 共著 )

    Springer, Berlin  2013年06月

    Ed. By Ramawat KG, Merillon JM, Tetraterpenes: Carotenoids, 天然物化学に関してまとめた6000ページもある壮大な本である。その1章に、細菌、アーキア、光合成細菌、シアノバクテリア、藻類、陸上植物、菌類、動物におけるカロテノイドの分布と生合成経路、機能などをまとめた。

  • 藻類ハンドブック

    高市 真一 (担当: 共著 )

    (株)エヌ・ティー・エス  2012年07月

    カロテノイド, 藻類の基礎と応用に関してまとめた本。最近確立しつつある藻類の系統分類と比較しながら、多様なカロテノイドの分布・生合成経路・機能などをまとめた。

  • The Purple Phototrophic Bacteria

    高市 真一 (担当: 共著 )

    Springer, Dordrecht  2009年09月

    Ed. by Hunter CN, Daldal F, Thurnauer MC, Beatty JT, Distribution and Biosynthesis of Carotenoids, 国際光合成学会がシリーズで出している本で、紅色細菌の光合成に関する62報の総説集。紅色細菌におけるカロテノイドの分布と生合成経路・遺伝子についての総説を書いた。

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 光合成生物におけるカロテノイド合成系の進化

    高市 真一

    光合成研究   26 ( 3 ) 216 - 221   2016年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    光合成生物(光合成細菌、シアノバクテリア、葉緑体)におけるカロテノイド生合成経路が進化に伴い変化することをまとめた。招待解説。

  • カロテノイドとヒト

    高市 真一

    日本医科大学医学会雑誌   8 ( 4 ) 264 - 267   2012年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    ヒトに対するカロテノイドの機能の解説。招待総説

  • Carotenoids in algae: distributions, biosyntheses and functions

    高市 真一

    Mar Drugs   9 ( 6 ) 1101 - 1118   2011年06月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    藻類の系統分類に対応させてカロテノイドの分布、生合成経路、機能をまとめた招待総説。Scopusによると4年間で92論文に引用されている。

  • カロテノイドの分析

    高市 真一

    低温科学   - ( 67 ) 347 - 353   2009年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    日本光合成研究会が、北海道大学低温科学研究所の協力のもと、低温研の雑誌に「光合成研究法」をまとめた。その中で、カロテノイドの分析を担当した。光合成研究法(北海道大学低温科学研究所・日本光合成研究会共編)

特許等 【 表示 / 非表示

  • 新規微生物、および新規カロテノイドの製造方法

    特願 特願2006-161867  特開 特開2007-330105 

    シャムス タブレス カーン,原山 重明,高市 眞一

作品 【 表示 / 非表示

  • Web版 光合成事典

    高市 真一  データベース 

    2015年03月(年月日)
    -
    継続中

    日本光合成研究会が編集した「光合成事典」第1版(平成15年)の改訂版をWeb版にした。無料公開。全約2500項目中、カロテノイド関係71項目を単著。改訂継続中。

  • Carotenoids: Lipid Bank for Web (生理活性脂質データベース、カロテノイド部門)

    高市 真一  データベース 

    1999年(年月日)
    -
    継続中

    脂質を27種類に分類し(脂肪酸、ミコール酸、糖脂質、カロテノイドなど)、文献を基に化合物毎に、名称・系統名・化学構造式・物理化学的性質・生理活性・分離方法・UV, NMR, MS, HPLCデータなどを収録している。無料公開。カロテノイド部門に関して、当初の編集者から編集長を引き継ぎ、現在287種類のカロテノイドを掲載している。改訂・追加継続中。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • アメリカ藻類学会論文賞

    2012年06月   アメリカ藻類学会  

    受賞者:  高市 真一

  • 第5回日本植物生理学会論文賞

    1998年03月   日本植物生理学会  

    受賞者:  高市 真一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 藻類におけるカロテノイドを用いた化学分類と系統分類

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  高市 真一

  • サンゴの白化耐性における長鎖多価不飽和脂肪酸含有脂質の膜遮蔽効果

    新学術領域研究「サンゴ礁学」

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月 

  • カロテノイド成分・遺伝子から見た光合成細菌からシアノバクテリアへの進化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月  代表者:  高市 真一

  • 光エネルギー変換システムの組織化とその機能解析

    基盤研究C・企画

    研究期間:  2001年04月  -  2002年03月 

  • 植物のネオキサンチンは全て9'-シス型である:系統発生と機能

    基盤研究(C)

    研究期間:  1998年04月  -  1999年03月  代表者:  高市 真一

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 小規模利水地点における分散型水質管理を目的とした重金属検出用微生物センサーの開発

    提供機関:  独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構  産業技術研究助成事業

    研究期間: 2006年01月  -  2008年12月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • はじめに(シンポジウム:カロテノイド研究における再現性と科学倫理)

    高市真一

    2015日本カロテノイド学会若手の会  (首都大学東京)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 微細藻類Euglena gracilisのカロテノイド合成系の温度および光環境応答

    加藤翔太、中林菜月、西村裕一、高市真一、石川孝博、朝比奈雅志、高橋宣収、篠村知子

    日本植物学会第9回大会  (新潟、朱鷺メッセ)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 藻類におけるカロテノイドをもちいた化学分類と系統分類

    高市真一

    日本植物学会第9回大会  (新潟、朱鷺メッセ)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 高度好塩性古細菌Haloarcula japonicaのフィトエンシンターゼ遺伝子のホモログ解析と当該微生物が生産するカロテノイド種の抗酸活性

    八波利恵、楊影、三横伸弘、安藤藍、高市真一、河野雅弘、松村有里子、福居俊昭、中村聡

    第29回カロテノイド研究談話会  (首都大学東京)  2015年09月  -  2015年09月 

  • カロテノイドのデータベース再構築を目指して

    高市真一

    第29回カロテノイド研究談話会  (首都大学東京)  2015年09月  -  2015年09月 

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年05月

    日本カロテノイド学会   第9回カロテノイド国際会議 組織委員

  • 1991年09月
    -
    1992年09月

    国際光合成会議   第9回国際光合成会議 組織委員会専門委員

  • 2000年12月
    -
    2004年03月

    日本植物学会   第11回国際原核光合成生物シンポジウム 組織委員

  • 2002年01月
    -
    2003年12月

    日本植物生理学会   評議委員

  • 2008年01月
    -
    2011年12月

    日本光合成学会   常任幹事

全件表示 >>