2017/09/11 更新

写真b

宮澤 紀子 (ミヤザワ ノリコ)

MIYAZAWA Noriko

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   地域環境科学部   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 木質科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 管理栄養士

論文 【 表示 / 非表示

  • アブラナ科野菜漬物(カブ,ハクサイ)のイソチオシナネート生成に関する塩化ナトリウム(NaCl)およびアスコルビン酸の影響

    宮澤紀子・阿部雅子・木村典代・松岡寛樹・田中 進・森光康次郎・中村宜督・綾部園子・小澤好夫

    日本調理科学会雑誌   49 ( 2 ) 138 - 146   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of Agaricus spent compost on the productivity and soil environment for low-input cultivation of forage rice.

    Hiroaki Yoshimoto, Noriko Miyazawa, Ryo Sumi, Kazuhiko Kimura, Tomoko Seyama and Fumio Eguchi

    日本きのこ学会誌   23 ( 4 )   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    低投入二毛作水田にヒメマツタケ廃菌床を施用し飼料用水稲モミロマンを栽培した。 ヒメマツタケ廃菌床の水田への施用は、飼料用水稲の生産性と品質を向上させることが示唆された。

  • Nutrient Composition and Functional Activity of Different Stages in the Fruiting Body Development of Philippine Paddy Straw Mushroom, Volvariella volvacea (Bull.:Fr.) Sing

    Fumio Eguchi, Sofronio P. Kalaw, Rich Milton R. Dulay, Noriko Miyasawa, Hiroaki Yoshimoto, Tomoko Seyama and Renato G. Reyes

    Adv. Environ. Biol   9 ( 22 )   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    森林微生物、特に菌類の生育に伴う有効成分の変化を明らかにするために、フクロタケの生育ステージによる一般成分および呈味性成分の変化、血小板凝集抑制試験やケモカイン遺伝子発現抑制試験、ACE阻害活性試験から機能性の差異を検討した。

  • Antihypertensive Activities of a Philippine Wild Edible White Rot Fungus (Lentinus sajor-caju) in Spontaneously Hypertensive Rats as Models

    Fumio Eguchi, Rich Milton R. Dulay, Sofronio P. Kalaw, Hiroaki Yoshimoto, Noriko Miyazawa, Tomoko Seyama and Renato G. Reyes

    Adv. Environ. Biol   8 ( 24 )   2014年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    森林資源の利用拡大を図るため、フィリピン原産きのこの高血圧症に対する有効性を検討した。Lentinus sajor-cajuの顕著な血圧降下作用を明らかにした。

  • Effects of a Hot-Water Extract of Porcini (Boletus aestivalis) Mushrooms on the Blood Pressure and Heart Rate of Spontaneously Hypertensive Rats

    Naoki Midoh, Noriko Miyazawa and Fumio Eguchi

    Biosci. Biotechnol. Biochem   77 ( 8 )   2013年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    樹木植物根との共生体である菌根を形成する菌根性きのこポルチーニの薬理効果を検討した。ポルチーニ子実体熱水抽出物の連続投与は自然発症高血圧ラットの血圧を顕著に抑制することが分かった。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • きのこの生理機能と応用開発の展望

    江口文陽、吹春俊光、高畠幸司、有馬忍、川村倫子、前澤憲雄、宮澤紀子 他59名 (担当: 共著 )

    S&T出版  2017年09月

  • きのこの教科書

    宮澤紀子、古岸里恵 (担当: 共著 )

    株式会社枻出版社  2016年11月

  • 2016年度版 きのこ年鑑

    赤羽弘文、鮎澤澄夫、大竹俊充、風間宏、加藤健一、木村栄一、小山智行、徐健植、宮澤紀子、林野庁林政部経営課特用林産対策室 他11名 (担当: 共著 )

    株式会社プランツワールド  2016年08月

  • 図解 知識ゼロからの林業入門

    市川 隆、今井伸夫、上原 巌、江口文陽、大林宏也、関岡東生、宮澤紀子 他11名. (担当: 共著 )

    家の光協会  2016年08月

  • からだがよろこぶ エノキ氷健康レシピ

    江口 文陽、木田 マリ、宮澤 紀子 (担当: 共著 , 担当範囲: 共同のため担当分抽出不可能 )

    株式会社メディアファクトリー  2012年04月

    特用林産物であるエノキタケ由来の加工品(エノキ氷)に関する研究成果(機能性)を一般人にも分かりやすく解説するとともに、エノキ氷を使った料理本としてまとめた。B5判, 79p

全件表示 >>