2017/09/07 更新

写真b

西尾 善太 (ニシオ ゼンタ)

NISHIO Zenta

准教授

研究室住所

243-0034 神奈川県厚木市船子1737

研究室電話

046-270-6623

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学  農学生命科学研究科  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年12月
    -
    2007年12月

    ワシントン州立大学   コムギ雪腐病抵抗性QTLのマッピングに関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   農学科   准教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本育種学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝育種科学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 技術士(農業)

論文 【 表示 / 非表示

  • 気候変動による北海道におけるワイン産地の確立 -1998年以降のピノ・ノワールへの正の影響-

    広田 知良, 山﨑 太地, 安井 美裕, 古川 準三, 丹羽 勝久, 根本 学, 濱嵜 孝弘, 下田 星児, 菅野 洋光, 西尾 善太

    生物と気象   17   34 - 45   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 北部九州における気象条件との関係に基づいたコムギの収量向上の方策

    西尾 善太, 内川 修, 西岡 廣泰, 杉田 知彦, 岡見 翠, 松中 仁, 塔野岡 卓司, 中村 和弘

    日本作物学会紀事   86 ( 2 ) 139 - 150   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Mapping a QTL conferring resistance to Fusarium head blight on chromosome 1B in winter wheat (Triticum aestivum L.)

    Nishio Z., Onoe C., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K. and Miura H.

    Breeding Science   66 ( 5 ) 668 - 675   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    西尾 善太, 尾上ちひろ, 伊藤美環子, 田引 正, 長澤幸一, 三浦秀穂

    DOI

  • Mapping of a major QTL associated with protein content on chromosome 2B in hard red winter wheat (Triticum aestivum L.)

    Terasawa Y., Ito M., Tabiki T., Nagasawa K., Hatta K. and Nishio Z.

    Breeding Science   66 ( 4 ) 471 - 480   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    寺沢洋平, 伊藤美環子, 田引 正, 長澤幸一, 八田浩一, 西尾 善太

    DOI

  • Analysis of yield-attributing traits for high-yielding wheat lines in southwestern Japan

    Okami M., Matsunaka H., Fujita M., Nakamura K. and Nishio Z.

    Plant Production Science   19 ( 3 ) 360 - 369   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    岡見 翠, 松中 仁, 藤田雅也, 中村和弘, 西尾 善太

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 北海道の気象と農業

    広田知良、西尾 善太、田宮誠司、西中未央、高橋宙之 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章2 なぜ、猛暑で作物が不作になったのか. 日本農業気象学会北海道支部編,p23-26,382pp. )

    北海道新聞社  2012年11月

    近年の北海道における小麦の収量の変動について、生育期間中の気温との関係を詳細に解析し、春の低温と夏の高温の組合せが、北海道の小麦収量を下げる大きな要因となっているとともに、近年の北日本で春と夏の気温の間に有意な負の相関が見られることを明らかにした。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 産学官連携功労者表彰

    2017年09月01日   内閣府   超強力小麦「ゆめちから」とそれを利用した 国内産小麦によるパンの開発にかかる産 学官連携  

    受賞者:  北海道農業研究センター ゆめちから育成グループ

  • 日本育種学会賞

    2014年03月   日本育種学会  

    受賞者:  「ゆめちから」育成グループ

    北海道の秋播栽培に適した超強力小麦品種「ゆめちから」の育成

  • 若手農林水産研究者表彰

    2012年11月   農林水産省  

    受賞者:  西尾善太

    超強力小麦新品種「ゆめちから」の開発及び実用化に関する研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 画期的な北海道産超強力小麦のブレンド粉等を用いた自給率向上のための高品質国産小麦食品の開発

    提供機関:  農林水産省  新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Breeding for improved snow mold resistance in hard red winter wheat at Hokkaido, Japan

    西尾 善太, 伊藤美環子, 寺沢洋平, 田引 正, 長澤幸一, 八田浩一

    植物と微生物の低温適応に関する国際会議  (Motif Seattle)  2016年05月  -  2016年05月  Washington State University