2017/09/11 更新

写真b

三浦 愛香 (ミウラ アイカ)

MIURA Aika

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1995年10月
    -
    1998年07月

    レディング大学(The University of Reading)   言語科学学部(Department of Linguistic Science)   卒業

  • 1998年10月
    -
    1999年09月

    ランカスター大学大学院(Lancaster University)   言語学現代英語学部(Department of Linguistics and Modern English Language)  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    東京外国語大学  総合国際学研究科  言語文化  博士後期課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ランカスター大学(英国) -  修士(言語学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   准教授  

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessing politeness of requestive speech acts produced by Japanese learners of English in a spoken corpus

    Aika Miura

    Language Value   9 ( 1 ) 184 - 217   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    This study aims to investigate whether it is possible to assess learners’ sociopragmatic competence in learner spoken data by examining requests produced by Japanese learners of English. Various pragmalinguistic features of requests in shopping role plays in the National Institute of Information and Communications Technology Japanese Learner English (NICT JLE) Corpus were extracted and the appropriateness of these linguistic features was rated by twenty English language instructors (10 native speakers and 10 Japanese) in terms of their politeness in different shopping situations. A significantly high rate of agreement was only obtained in judging the requests negotiating for a refund or exchange of the purchased item. The Japanese informants showed a relatively lower agreement than the natives especially on requests asking for permission to test an item. The highly rated linguistic features were not frequently used in the corpus. Therefore, annotating the sociopragmatic information in the target corpus seems unrealistic.

  • 学習者コーパスによる中間言語語用論分析:UAM CorpusTool Version 3.2を用いた要求の発話行為のケーススタディ

    三浦愛香

    語用論研究 ( 開拓社 )  18   48 - 59   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    This paper illustrates an annotation scheme for extracting requestive speech acts from a learner corpus, the National Institute of Information and Communication Technology Japanese Learner English (NICT JLE) Corpus, with the use of the Universidad Autónoma de Madrid CorpusTool (UAMCT). UAMCT is a downloadable free annotation software, and can be used for many types of pragmatic analysis. The tool’s stand-off mark-up enables the construction of a multi-layered annotation scheme for requests produced by Japanese learners of English at different proficiency levels, making manual annotations less laborious than XML annotations. This study partly confirms the results of previous research in interlanguage pragmatics: that the use of conventionally indirect strategies increases with a developing proficiency (Kasper and Ross, 2002; Trosborg, 1995).

  • Identifying Senses of a Polysemous Word “Culture” in the “Agriculture Corpus Ver. 1”

    Aika Miura

    Annual Report of JACET SIG on ESP   18   29 - 33   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    This paper documents a case study involving a semantic analysis of the technical senses of the word “culture” in a domain-specific corpus of agriculture, namely the “Agriculture Corpus Ver. 1,” which was compiled using a web-based corpus tool, the Sketch Engine. Compared to the British National Corpus and its subcorpora composed of scientific documents, this corpus was more useful for extracting the concordance lines containing a specific vocabulary, which are important to agriculture students. Further, its small size and domain-specific documents facilitate a classification of the multiple senses of the target technical vocabulary.

  • Compiling Domain-Specific Corpora Using the Sketch Engine

    Aika Miura

    Proceedings of the Joint International Conference of the 8th International Conference on ESP in Asia & the 3rd International Symposium on Innovative Teaching and Research in ESP in Japan, Tokyo, August 19, 2016.   1   44 - 51   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

    This paper aims to describe domain-specific corpora compiled with the Sketch Engine. The author teaches English at Tokyo University of Agriculture and compiled “Agriculture Corpus Ver.1” (Miura, 2015) and “Agriculture Corpus Ver.2,” via WebBootCaT, an online tool that is part of the Sketch Engine. During compilation, WebBootCaT crawls the internet and retrieves the available URLs based on a list of “seed words” that the compiler intends to include within the corpus. The seed words of the former corpus were somewhat random, taken from various sources of topics ranging from “cloning” to “environmental issues,” while the latter specifically focused on agricultural vocabulary drawn from academic keywords given by the final-year undergraduates and academic staff at the Department of Agriculture. It was discovered that a narrow, i.e., more restrictive, domain of seed words resulted in richer corpus content as measured by the size, keyness, and collocational behaviors of genre-specific vocabulary.

  • CEFR A1及びA2レベルの日本人英語学習者による語用論的能力を弁別する基準特性

    三浦愛香

    平成24年度~平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究課題番号24242017 研究成果報告書:学習者コーパスによる英語CEFRレベル基準特性の特定と活用に関する総合的研究     292 - 304   2016年03月  [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • プログレッシブ英和 中辞典 第5版

    編集主幹:瀬戸賢一、投野由紀夫 編集委員:宮畑一範 編集顧問:安井稔、國廣哲彌、池上嘉彦、堀内克明 校閲・執筆:稲永知世、塩田英子ほか18名 執筆:荒川洋平、加藤まきみ、竹下幸男、根之木朋貴、森下教代、三浦愛香ほか53名 (担当: 共著 , 担当範囲: 本文執筆(pp.1552-1567, 1569, 1572-1573)、コーパスコラム執筆(pp.1564, 1568, 1646, 1685, 1741, 1745, 1796, 1820, 1823, 1826, 1841, 1845, 1847, 1884, 1905, 1915, 1957, 1963, 2006) )

    小学館  2012年02月

    ビジネス実務やビジネスパーソンのための英語ツールを念頭に置いた辞書実用重視の英和中辞典の改訂に携わった。コーパスに基づいた連語情報と用例や頻度情報を基に、見出し語の語義や、語義の順番、連語や用例の改訂を行った。さらに、第5版より加わった新しくコーパスコラムの執筆担当者として、専門分野コーパスの情報を基に、文法や類語、日英発想別のコロケーションの違いを示すコラムの執筆を行った。総ページ数:2293ページ

  • グランドセンチュリー 和英辞典 第3版

    監修者:小西友七 編者:岸野英治 編集・校閲協力者:井内長俊、山口守、香田禮二、都築郷実 執筆者:井内長俊、岸野英治、香田禮二、都築郷実、山口守 資料提供者:Charles F. Canning、 工藤洋路、三浦愛香、佐々木健 (担当: 共著 , 担当範囲: pp.6, 9, 11, 17, 23, 25, 26, 40, 58, 67, 69, 137, 151, 174, 185, 198, 203, 246, 270, 292, 333, 500, 525, 816, 827, 862, 1123, 1150, 1369, 1370, 1514) )

    三省堂  2010年01月

    本和英辞典では、日常語を強化し、総収録項目数は4万3千に及ぶ。生活を表現する言葉を使った用例や、最新の語法解説、英作文に必要な使い分けやヒントなどの他、語の使い分けの理解に役立つイラストを増強している。筆者は、この類語の使い分けコラムのイラスト原案を担当した。例えば、「会う」の見出し語に掲載される訳語のmeetとseeや「明るい」のlightとbri-ghtなどの違いを示す挿絵の原案を作成した。総ページ数:1733ページ

  • エースクラウン英和辞典 初版

    編著:投野由紀夫 共著者:秋山孝信、石井康毅、内田富男、大羽良、鈴木誠、露木幸雄、本間正巳、三浦愛香 (担当: 共著 , 担当範囲: 筆者の本文執筆や校閲担当箇所は多数頁に及ぶため、担当部分抽出不可能 )

    三省堂  2008年12月

    中学・高校の基礎文法や4スキルに力を入れたコーパス準拠の学習英和辞典の新規出版に伴い、本文執筆及び校閲を担当した。立ち上げメンバーとして定期的に開催される編集会議に出席し、本文執筆においては三省堂コーパスを使った用例の作成、頻度順の語義の提示、高頻度のコロケーションの選出に携わった。また、校閲では他執筆者の担当部分の本文を確認し削除、書き直しに携わった。総ページ数:1780ページ

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析(2)買い物での要求の表現

    三浦愛香

    「研究社WEBマガジン Lingua リレー連載 実践で学ぶコーパス活用術」 ( 研究社 )  19   2015年01月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析(1)談話標識 well, I mean, kind of, likeの使い方

    三浦愛香

    「研究社WEBマガジン Lingua リレー連載 実践で学ぶコーパス活用術」 ( 研究社 )  18   2014年12月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 自由研究発表を聞いて その3(題目:新しい英語教材作成支援システムLEADの紹介とCEFR-Jとの連携、発表者:東京外国語大学 投野由紀夫)

    三浦愛香

    「KATE Newsletter」 ( 関東甲信越英語教育学会編集委員会 )  101   2014年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • リレー連載: 進化する学習者コーパス[10]NICT JLE CorpusとJEFLL Corpusのto不定詞と前置詞 に迫る

    三浦愛香

    「英語教育」2009年1月号 ( 大修館書店 )  57 ( 11 ) 45 - 47   2008年12月

    総説・解説(商業誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本人英語学習者の話し言葉コーパスにおける語用論的能力の基準特性の抽出と分析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 学習者コーパスに見られる語用論的能力の横断的検証:要求の発話行為におけるポライトネスの習得

    提供機関:  外国語教育メディア学会(LET)関東支部  外国語教育メディア学会(LET)関東支部公募プロジェクト 2015年度研究支援プログラム(若手支援の部)

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

  • 話し言葉と書き言葉における談話標識の使用と習得の違い

    提供機関:  外国語教育メディア学会(LET)関東支部  外国語教育メディア学会(LET) 2012年度関東支部公募プロジェクト

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本人英語学習者コーパスにおける要求の発話行為とポライトネス

    三浦愛香

    外国語教育メディア学会(LET)関東支部第137回(2016年度秋季)研究大会  (筑波大学)  2016年12月  -  2016年12月  外国語教育メディア学会(LET)

  • An annotation scheme for identifying types of 'repair' in requestive speech acts produced by Japanese learners of English

    Aika Miura

    ESSE Galway 2016  (National University of Ireland Galway)  2016年08月  -  2016年08月  ESSE (a European federation of national higher educational associations for the study of English)

  • Compiling Domain-specific Corpora with the Sketch Engine

    Aika Miura

    Joint International Conference (8th International Conference on ESP in Asia and 3rd International Symposium on Innovative Teaching and Research in ESP)   (電気通信大学)  2016年08月  -  2016年08月 

  • Extracting criterial features from requests produced by Japanese low-proficiency learners of English

    Aika Miura

    学習者コーパスによる英語CEFRレベル基準特性の特定と活用に関する総合的研究:研究成果報告シンポジウム  (東京外国語大学)  2016年03月  -  2016年03月  科学研究費 基盤研究(A) 課題番号 24242017 (代表:投野由紀夫)

  • Pedagogical Practices Forum 1: Agriculture Corpus and Its Application

    Aika Miura

    The Colloquium on the Current Development in EST Education in Japan  (電気通信大学)  2016年02月  -  2016年02月  電気通信大学・イノベーティブ理工系英語教育研究ステーション

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育が専門になりますが、機会があれば積極的に取り組みたいと思います。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 農学の分野でスペシャリストを目指すみなさんには、英語はコミュニケーションのツールとして大変重要になります。語学は学問ではなくスキルです。若い年代のみなさんは、英語が苦手でもまだまだこれから十分伸ばしていくことができます。自分の活躍の場を広げ、自分自身のアイデンティティーを確立して、自立したスペシャリストになりましょう。