2022/03/10 更新

写真b

平山 博樹 (ヒラヤマ ヒロキ)

HIRAYAMA Hiroki

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    東京農業大学  生物産業学研究科  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(獣医学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年09月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   准教授  

  • 2016年10月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生物産業学部   北方圏農学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

      株式会社新薬開発研究所   薬理研究部   研究員

  • 2000年04月
    -
    2010年03月

      北海道立畜産試験場   畜産工学部   研究員

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      北海道立総合研究機構畜産試験場   基盤研究部   研究主任

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

      北海道立総合研究機構畜産試験場   基盤研究部   主査

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1998年01月
    -
    継続中
     

    日本畜産学会

  • 2000年09月
    -
    継続中
     

    北海道草地畜産学会

  • 2001年01月
    -
    継続中
     

    日本動物遺伝育種学会

  • 2002年06月
    -
    継続中
     

    日本繁殖生物学会

  • 2004年06月
    -
    継続中
     

    Society for the Study of Reproduction

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

  • 動物生産科学

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Embryo sexing by loop-mediated isothermal amplification of trace target DNA sequences in cattle and water buffaloes

    Hiroki Hirayama

      2008年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Impaired placentomal interferon signaling as the possible cause of retained fetal membrane in parturition-induced cows.

    1. Inaba R, Kawahara-Miki R, Shinozawa A, Yasuhara T, Fujii T, Koyama K, Murata-Okubo M, Souma K, Hirayama H.

    J Reprod Dev   68 ( 1 ) 30 - 37   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Expression of C-C motif chemokines and their receptors in bovine placentomes at spontaneous and induced parturition.

    Hirayama, Hiroki Sakumoto, Ryosuke Koyama, Keisuke Yasuhara, Taichi Hasegawa, Taito Inaba, Ryo Fujii, Takashi Naito, Akira Moriyasu, Satoru Kageyama, Soichi

    The Journal of reproduction and development     2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mitochondrial DNA variations in Japanese farmed emu populations.

    Koshiishi, Yuichi Ukita, Misuzu Murata-Okubo, Michiko Fujisawa, Shin-Ichiro Shimoi, Gaku Hirayama, Hiroki Kameyama, Yuichi Souma, Kousaku Wada, Kenta

    The Journal of veterinary medical science     2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development and characterization of ten novel microsatellite loci for the emu (Dromaius novaehollandiae) and genetic diversity of Japanese farm populations.

    Koshiishi, Yuichi Murata-Okubo, Michiko Fujisawa, Shin-Ichiro Shimoi, Gaku Hirayama, Hiroki Kameyama, Yuichi Souma, Kousaku Wada, Kenta

    Molecular biology reports     2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development of 49 novel microsatellite markers from Next-generation sequencing data and a robust method for parentage tests in the emu (Dromaius novaehollandiae).

    Koshiishi, Yuichi Uchiyama, Hironobu Murata-Okubo, Michiko Tanaka, Keisuke Kameyama, Yuichi Hirayama, Hiroki Wada, Kenta

    Gene     2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • Embryo sexing and sex chromosomal chimerism analysis by loop-mediated isothermal amplification in cattle and water buffaloes

    Hirayama H, Kageyama S, Moriyasu S, Sawai K, Minamihashi A

    J Reprod Dev   59   321 - 326   2013年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Sexing of bovine preimplantation embryos using loop-mediated isothermal amplification (LAMP)

    Kageyama S, Hirayama H

    J Mamm Ova Res   29   113 - 118   2012年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 新しい遺伝子増幅法(LAMP法)の応用と展開

    平山博樹

    日本胚移植学雑誌   27   21 - 22   2005年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 新しい遺伝子増幅法(LAMP法)による牛胚の性判別

    陰山聡一, 平山博樹

    日本胚移植学雑誌   25   2003年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 牛および水牛初期胚における迅速遺伝子診断に関する研究

    2012年09月07日   日本繁殖生物学会  

    受賞者:  平山博樹

  • 新規遺伝子増幅法(LAMP法)による牛受精卵性判別キットの研究開発

    2004年01月16日   中央畜産会  

    受賞者:  北海道立畜産試験場 遺伝子診断応用研究グループ

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウシ抗ミューラー管ホルモンの繁殖生理制御分子としての役割

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • 牛の精漿蛋白質による子宮機能調節機序の解明と受胎性改善技術への応用

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月 

  • 牛の分娩時胎盤節における炎症誘導機構の解明と胎盤成熟誘導型分娩誘起技術開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

  • 牛における胎盤成熟メカニズムの解明と分娩誘起法の改良

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

  • X染色体不活化機構を介した核リプログラミングの機構解明とクローンウシ作出の効率化

    特定領域研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウシ二次卵胞の発育制御におけるTNFα受容体の役割

    提供機関:  民間財団等  伊藤記念財団研究助成

    研究期間: 2021年06月  -  2022年03月 

  • 牛の小型ピロプラズマ病に対する感染抵抗性遺伝子の同定

    提供機関:  民間財団等  伊藤記念財団研究助成

    研究期間: 2019年06月  -  2020年03月 

  • 牛伸長胚を用いた受精卵ゲノム選抜による高効率種雄牛造成技術

    提供機関:  民間財団等  ノーステック財団研究開発助成事業 発展・橋渡し研究補助金

    研究期間: 2015年08月  -  2016年02月 

  • 牛伸長胚を利用した現場でできる性判別技術の開発

    提供機関:  民間財団等  ノーステック財団研究開発助成事業 発展・橋渡し研究補助金

    研究期間: 2014年08月  -  2015年02月 

  • 牛の生理機能を活かした安定的過剰排卵技術の開発

    提供機関:  民間財団等  財団法人旗影会 一般助成

    研究期間: 2008年04月  -  2009年03月 

全件表示 >>