2017/08/02 更新

写真b

小林 朋子 (コバヤシ トモコ)

KOBAYASHI Tomoko

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    酪農学園大学   獣医学部   獣医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    京都大学  医学研究科  医学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(医学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   畜産学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      動物衛生研究所   ウイルス疫学領域   博士研究員

  • 2012年07月
    -
    2014年03月

      京都大学ウイルス研究所   ウイルス病態研究領域   博士研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Cell-to-cell infection by HIV contributes over half of virus infection

    Iwami S, Takeuchi JS, Nakaoka S, Mammano F, Clavel F, Inaba H, Kobayashi T, Misawa N, Aihara K, Koyanagi Y, Sato K.

    eLife   4   2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model

    Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, and Koyanagi Y.

    Scientific Reports   14 ( 5 ) 14040   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Pandemic HIV-1 Vpu overcomes intrinsic herd immunity mediated by tetherin.

    Iwami S, Sato K, Morita S, Inaba H, Kobayashi T, Takeuchi JS, Kimura Y, Misawa N, Ren F, Iwasa Y, Aihara K, Koyanagi Y.

    Scientific Reports   17 ( 5 ) 12256   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • A high excision potential of TALENs for integrated DNA of HIV-based lentiviral vector

    Ebina H, Kanemura Y, Misawa N, Sakuma T, Kobayashi T, Yamamoto T, Koyanagi Y.

    PLoS One   17 ( 10 ) e0120047   2015年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • APOBEC3D and APOBEC3F potently promote HIV-1 diversification and evolution in humanized mouse model.

    Sato K, Takeuchi JS, Misawa N, Izumi T, Kobayashi T, Kimura Y, Iwami S, Takaori-Kondo A, Hu WS, Aihara K, Ito M, An DS, Pathak VK, Koyanagi Y.

    PLoS Pathogens   16 ( 10 ) e1004453   2014年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Young Investigator Award

    2011年02月   18th Conferences on Retroviruses and Opportunistic Infections  

    受賞者:  Tomoko Kobayashi, Hirotaka Ode, Takeshi Yoshida, Kei Sato, Peter Gee, Seiji P. Yamamoto, Hirotaka Ebina, Klaus Strebel, Hironori Sato and Yoshio Koyanagi

    Mutagenesis and Molecular Modeling Studies Reveal Structural Insights into Human Tetherin Recognition by HIV-1 Vpu

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛白血病ウイルス感染牛はなぜ増え続けるのか

    提供機関:  民間財団等  平成28年度学術研究進行資金(若手研究者奨励金)

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

  • 牛白血病ウイルスがコードするmiRNAの機能解析とその病態発現への関与

    提供機関:  民間財団等  住友財団・基礎科学研究助成

    研究期間: 2014年10月  -  2016年09月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Quantification of G-to-A Mutation-dependent and –independent Inhibition of HIV-1 Replication Mediated by APOBEC 3G/3F Based on Experimental-Mathematical Investigation

    Tomoko Kobayashi, Yoshiki. Koizumi, Naoko Misawa, Junko S Takeuchi, Kazuyuki Aihara, Yoshio Koyanagi, Shiongo Iwami, and Kei Sato

    The third International Symposium on Innovative Mathematical Modelling  (Tokyo)  2013年11月  -  2013年11月 

  • Assessment of the Pathogenic Potential of Simian Retrovirus Type 4 in Humanized Mice Model

    Tomoko Kobayashi, Kei Sato, Naoko Misawa, Rokusuke Yoshikawa, Junko S Takeuchi, Yuka Kanemura, Mitsuko Fukuhara, Munehiro Okamoto, Takayuki Miyazawa, Junichiro Yasunaga, Masao Matsuoka, Kazuyuki Aihara, Dong Sung An, Mamoru Ito, and Yoshio Koyanagi.

    The 4th International Workshop on Humanized Mice (IWHM4)  (Seoul)  2013年09月  -  2013年09月 

  • Mutagenesis and Molecular Modeling Studies Reveal Structural Insights into Human Tetherin Recognition by HIV-1 Vpu

    Tomoko Kobayashi, Hirotaka Ode, Takeshi Yoshida, Kei Sato, Peter Gee, Seiji P. Yamamoto, Hirotaka Ebina, Klaus Strebel, Hironori Sato and Yoshio Koyanagi

    18th Conferences on Retroviruses and Opportunistic Infections  (Boston)  2011年02月  -  2011年02月