2018/04/20 更新

写真b

小林 朋子 (コバヤシ トモコ)

KOBAYASHI Tomoko

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    酪農学園大学   獣医学部   獣医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    京都大学  医学研究科  医学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(医学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   農学部   畜産学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      動物衛生研究所   ウイルス疫学領域   博士研究員

  • 2012年07月
    -
    2014年03月

      京都大学ウイルス研究所   ウイルス病態研究領域   博士研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Experimental Adaptive Evolution of Simian Immunodeficiency Virus SIVcpz to Pandemic Human Immunodeficiency Virus Type 1 by Using a Humanized Mouse Model.

    Sato K, Misawa N, Takeuchi JS, Kobayashi T, Izumi T, Aso H, Nagaoka S, Yamamoto K, Kimura I, Konno Y, Nakano Y, Koyanagi Y.

    Journal of Virology   92 ( 4 ) e01905 - e01917   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 牛個体識別番号を利用した牛白血病の疫学的解析と家畜育種学的アプローチ

    稲垣靖子, 小林朋子, 須田義人, 今川和彦

    畜産の研究   71 ( 11 )   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Whole-Genome Sequences of Two Closely Related Bacteria, Actinomyces sp. Strain Chiba101 and Actinomyces denticolens DSM 20671T.

    Kanesaki Y, Ishige T, Sekigawa Y, Kobayashi T, Torii Y, Yokoyama E, Ishiwata H, Hamada M, Tamura T, Azuma R, Murakami S.

    Genome Announcements   5 ( 14 )   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ダイレクトPCR法による牛白血病ウイルスの簡易同定法の開発と、本法を用いた疫学調査

    小林朋子, 綿貫園子, 菊池柚衣, 竹嶋伸之輔, 間陽子, 村上覚史

    山口獣医学雑誌   43   21 - 27   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Actinomyces denticolens colonisation identified in equine tonsillar crypts

    Murakami S, Otaki M, Hayashi Y, Higuchi K, Kobayashi T, Torii Y, Yokoyama E, Azuma R.

    Veterinary Record Open   3 ( 1 ) e000161   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀口頭発表賞

    2017年03月25日   日本獣医疫学会   ウイルス遺伝子配列からみた牛白血病ウイルスの流行動態の解析  

  • Young Investigator Award

    2011年02月   18th Conferences on Retroviruses and Opportunistic Infections  

    受賞者:  Tomoko Kobayashi, Hirotaka Ode, Takeshi Yoshida, Kei Sato, Peter Gee, Seiji P. Yamamoto, Hirotaka Ebina, Klaus Strebel, Hironori Sato and Yoshio Koyanagi

    Mutagenesis and Molecular Modeling Studies Reveal Structural Insights into Human Tetherin Recognition by HIV-1 Vpu

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛白血病ウイルス感染牛はなぜ増え続けるのか

    提供機関:  民間財団等  平成28年度学術研究進行資金(若手研究者奨励金)

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

  • 牛白血病ウイルスがコードするmiRNAの機能解析とその病態発現への関与

    提供機関:  民間財団等  住友財団・基礎科学研究助成

    研究期間: 2014年10月  -  2016年09月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Quantification of G-to-A Mutation-dependent and –independent Inhibition of HIV-1 Replication Mediated by APOBEC 3G/3F Based on Experimental-Mathematical Investigation

    Tomoko Kobayashi, Yoshiki. Koizumi, Naoko Misawa, Junko S Takeuchi, Kazuyuki Aihara, Yoshio Koyanagi, Shiongo Iwami, and Kei Sato

    The third International Symposium on Innovative Mathematical Modelling  (Tokyo)  2013年11月  -  2013年11月 

  • Assessment of the Pathogenic Potential of Simian Retrovirus Type 4 in Humanized Mice Model

    Tomoko Kobayashi, Kei Sato, Naoko Misawa, Rokusuke Yoshikawa, Junko S Takeuchi, Yuka Kanemura, Mitsuko Fukuhara, Munehiro Okamoto, Takayuki Miyazawa, Junichiro Yasunaga, Masao Matsuoka, Kazuyuki Aihara, Dong Sung An, Mamoru Ito, and Yoshio Koyanagi.

    The 4th International Workshop on Humanized Mice (IWHM4)  (Seoul)  2013年09月  -  2013年09月 

  • Mutagenesis and Molecular Modeling Studies Reveal Structural Insights into Human Tetherin Recognition by HIV-1 Vpu

    Tomoko Kobayashi, Hirotaka Ode, Takeshi Yoshida, Kei Sato, Peter Gee, Seiji P. Yamamoto, Hirotaka Ebina, Klaus Strebel, Hironori Sato and Yoshio Koyanagi

    18th Conferences on Retroviruses and Opportunistic Infections  (Boston)  2011年02月  -  2011年02月