2022/05/18 更新

写真b

白砂 孔明 (シラスナ コウメイ)

SHIRASUNA Koumei

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   農学部   畜産学科   助教  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   農学部   畜産学科   准教授  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    東京農業大学   農学部   動物科学科   准教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   動物科学科   教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2001年09月
    -
    継続中
     

    日本繁殖生物学会

  • 2014年09月
    -
    継続中
     

    日本生殖免疫学会

  • 2014年09月
    -
    継続中
     

    日本胎盤学会

  • 2017年07月
    -
    継続中
     

    日本DOHaD学会

  • 2021年12月
    -
    継続中
     

    日本生殖内分泌学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生産科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Elevated S100A9 in preeclampsia induces soluble endoglin and IL-1b secretion and hypertension via the NLRP3 inflammasome.

    Ozeki A, Oogaki Y, Henmi Y, Karasawa T, Takahashi M, Takahashi H, Ohkuchi A, Shirasuna K

    J Hypertens   40   84 - 93   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • β-hydroxybutyrate suppresses NLRP3 inflammasome-mediated placental inflammation and lipopolysaccharide-induced fetal absorption.

    Hirata Y, Shimazaki S, Suzuki S, Henmi Y, Komiyama H, Kuwayama T, Iwata H, Karasawa T, Takahashi M, Takahashi H, Shirasuna K

    J Reproductive Immunology   148   103433   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • NLRP3 inflammasome is involved in testicular inflammation induced by lipopolysaccharide in mice.

    Sano M, Komiyama H, Shinoda R, Ozawa R, Watanabe H, Karasawa T, Takahashi M, Torii Y, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K

    American Journal of Reproductive Immunology   87   e13527   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • IL1B triggers inflammatory cytokine production in bovine oviduct epithelial cells and induces neutrophil accumulation via CCL2.

    Nakamura Y, Aihara R, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K

    American Journal of Reproductive Immunology   85 ( 5 ) e13365   2021年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Metabolomic profiles of plasma and uterine luminal fluids from healthy and repeat breeder Holstein cows.

    Funeshima N, Miura R, Katoh T, Yaginuma H, Kitou T, Yoshimura I, Konda K, Hamano S, Shirasuna K

    BMC Veterinary Research   17 ( 54 )   2021年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生殖免疫学会 学会賞

    2018年11月23日   日本生殖免疫学会  

  • 日本胎盤学会 相馬賞

    2016年11月22日   日本胎盤学会  

  • 日本繁殖生物学会 奨励賞

    2008年09月   日本繁殖生物学会  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 妊娠高血圧腎症におけるDOHaD説の分子機構:自然炎症インフラマソーム機構の意義

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  白砂 孔明

  • 加齢に伴う妊娠機構破綻の分子機序:インフラマソーム機構の関与の可能性

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  白砂 孔明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 妊娠機能破綻におけるS100A9-NLRP3インフラマソーム機構の役割

    提供機関:  神澤医学研究振興財団  神澤医学研究振興財団 研究助成

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  白砂 孔明

  • 乳用牛供用期間延長のための新規技術開発事業

    提供機関:  公益財団法人 全国競馬・畜産振興会  日本中央競馬会畜産振興事業

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月  代表者:  白砂 孔明

  • 長期不受胎牛の受胎率向上に向けた単為発生胚追い移植の効果

    提供機関:  公益財団法人 伊藤記念財団  伊藤記念財団研究助成

    研究期間: 2017年10月  -  2018年03月  代表者:  白砂 孔明

  • ウシの受胎率向上に向けた初期胚-卵管の相互作用に関する検討

    提供機関:  民間財団等  畜産ニューテック

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者:  白砂 孔明

  • インフラマソーム制御機構による妊娠高血圧症候群の分子基盤の解明

    提供機関:  民間財団等  神澤医学研究振興財団・研究助成

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本繁殖生物学会   評議員

  • 2022年04月
    -
    継続中

    日本生殖内分泌学会   評議員

  • 2022年04月
    -
    継続中

    日本胎盤学会   評議員