2017/08/02 更新

写真b

白砂 孔明 (シラスナ コウメイ)

SHIRASUNA Komei

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    帯広畜産大学   畜産学部   家畜管理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    帯広畜産大学  畜産学研究科  畜産管理学専攻  修士課程  修了

  • 2005年04月
    -
    2007年09月

    岩手大学  連合農学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   農学部   畜産学科   助教  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2001年09月
    -
    継続中
     

    日本繁殖生物学会

  • 2014年09月
    -
    継続中
     

    日本生殖免疫学会

  • 2014年09月
    -
    継続中
     

    日本胎盤学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生産科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Advanced glycation end products and lipopolysaccharide stimulate interleukin-6 secretion via RAGE/TLR4-NF-kB-ROS pathways and resveratrol attenuates these inflammatory responses in mouse macrophages.

    Ohtsu A, Shibutani Y, Seno K, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K.

    Experimental and Therapeutic Medicine     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Palmitic acid stimulates interleukin-8 via the TLR4/NF-kB/ROS pathway and induces mitochondrial dysfunction in bovine oviduct epithelial cells.

    Ohtsu A, Tanaka H, Seno K, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K.

    Am J Reprod Immunol     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • AGEs and HMGB1 increase inflammatory cytokine production from human placental cells, resulting in an enhancement of monocyte migration.

    Shirasuna K, Seno K, Ohtsu A, Shiratsuki S, Ohkuchi A, Suzuki H, Matsubara S, Nagayama S, Iwata H, Kuwayama T.

    Am J Reprod Immunol   2016 ( 75 ) 557 - 568   2016年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • NLRP3 deficiency reduces macrophage interleukin-10 production and enhances the susceptibility to doxorubicin-induced cardiotoxicity.

    Kobayashi M, Usui F, Karasawa T, Kawashima A, Kimura H, Mizushina Y Shirasuna K, Mizukami H, Kasahara T, Hasebe N, Takahashi M.

    Scientific Reports   6   2648   2016年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Age-dependent changes in inflammation and extracellular matrix in bovine oviduct epithelial cells during post-ovulatory phase.

    Tanaka H, Ohtsu A, Shiratsuki S, Kawahara-Miki R, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K.

    Mol Reprod Dev   2016 ( 83 ) 815 - 826   2016年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本胎盤学会 相馬賞

    2016年11月22日   日本胎盤学会  

  • 日本繁殖生物学会 奨励賞

    2008年09月   日本繁殖生物学会  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 炎症による妊娠高血圧症候群の分子基盤の解明:自然炎症インフラマソーム機構の意義

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

  • 炎症による妊娠高血圧症候群の分子基盤の解明:自然炎症インフラマソーム機構の意義

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

  • ウシ黄体形成を促進する局所の免疫細胞群とその調節機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

  • ウシ黄体形成における血管新生制御機構;VEGF-Vasohibinによる局所調節

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 長期不受胎牛の受胎改善に向けた追い移植および単為発生胚移植の効果の検証

    提供機関:  民間財団等  畜産ニューテック 研究助成

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

  • ナノ粒子による自然炎症を介した妊娠機能異常の惹起機序の解明

    提供機関:  自治医科大学  自治医科大学医学部研究奨励金

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

  • マラリア原虫感染赤血球がマウス妊娠機能に及ぼす影響

    提供機関:  帯広畜産大学  帯広畜産大学原虫病研究センター共同研究助成金

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月 

  • インフラマソーム制御機構による妊娠高血圧症候群の分子基盤の解明

    提供機関:  民間財団等  神澤医学研究振興財団・研究助成

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

  • 繁殖と健常の遺伝的特性を活かした次世代型高泌乳牛の選抜モデル

    提供機関:  民間財団等  財団法人 興農会 研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本繁殖生物学会   広報委員会(幹事)