2022/04/02 更新

写真b

煙山 紀子 (ケムリヤマ ノリコ)

KEMURIYAMA Noriko

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科 管理栄養士専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    東京医科歯科大学  医歯薬総合研究科  分子内分泌内科学  修士課程  修了

  •  
    -
    2011年03月

    東京医科歯科大学  医歯薬総合研究科  分子内分泌内科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学 -  博士(医学)

  • 東京医科歯科大学 -  修士(医学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2022年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   食品安全健康学科   助教  

  • 2022年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   食品安全健康学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      筑波大学   筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本内分泌学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本糖尿病学会

  • 2014年01月
    -
    継続中
     

    日本毒性病理学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本毒性学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養・食糧学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

  • 内分泌学

  • 食生活学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 管理栄養士

論文 【 表示 / 非表示

  • CD44 expression in the bile duct epithelium is related to hepatic fibrosis in nonalcoholic steatohepatitis rats induced by a choline-deficient, methionine-lowered, L-amino acid diet.

    Kinuko Uno, Katsuhiro Miyajima, Marika Toma, Noriko Suzuki-Kemuriyama, Dai Nakae

    Journal of Toxicologic Pathology     2021年12月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Influence of trans-fatty acids on non-alcoholic steatohepatitis with hepatic fibrosis induced by a choline-deficient, methionine-lowered, L-amino acid-defined diet in male Harlan Sprague Dawley rats.

    Kinuko Uno, Katsuhiro Miyajima, Marika Matsumoto, Marika Toma, Noriko Suzuki-Kemuriyama, Dai Nakae

    Fundamental Toxicological Sciences   8 ( 7 ) 221 - 228   2021年12月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of excessive sodium chloride loading in the spontaneously diabetic torii (SDT) fatty rats, a preclinical model of type 2 diabetes mellitus.

    Soon Hui Teoh, Katsuhiro Miyajima, Yuichi Shinozaki, Masami Shinohara, Keiichi Ohata, François Briand, Rika Morimoto, Yuka Nakamura, Kinuko Uno, Noriko Kemuriyama, Dai Nakae, Takeshi Ohta, Tatsuya Maekawa

    J Toxicol Sci . 46(12):589-599.     2021年12月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A case of spontaneous Zymbal’s gland carcinoma with lung metastasis in an aged Fischer 344 rat.

    Ai Maeno, Yoshimitsu Sakamoto, Motoki Hojo, Yukie Tada, Jin Suzuki, Akiko Inomata, Takako Moriyasu, Akihiko Hirose, Noriko Kemuriyama, Katsuhiro Miyajima, Dai Nakae.

    J Toxicol Pathol 34: 353–358.     2021年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Extract of Siraitia grosvenorii (Luo Han Guo) protects against hepatic fibrosis in mice on a choline-deficient, methionine-lowered, L-amino acid-defined, high-fat diet without trans fatty acids.

    Noriko Suzuki-Kemuriyama, Akari Abe, Sae Nakane, Kinuko Uno, Shuji Ogawa, Atsushi Watanabe, Ryuhei Sano, Megumi Yuki, Katsuhiro Miyajima and Dai Nakae.

    Fundam. Toxicol. Sci.   8 ( 5 ) 135 - 145   2021年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病の分子標的と治療薬事典

    煙山紀子、矢作直也 (担当: 共著 , 担当範囲: GPR120について )

    羊土社  2013年03月

    糖尿病・代謝性疾患治療の標的となる分子および分子標的治療薬について、分子の生理作用や疾患とのかかわりなどの基礎的な知見から効果や適応などを紹介

  • 慢性炎症と生活習慣病

    煙山(鈴木)紀子、松坂賢、島野仁 (担当: 共著 )

    南山堂  2013年02月

    18章 慢性炎症と栄養:生活習慣病やがんをはじめとする様々な疾患の基盤病態として慢性炎症が注目されているが、本章では、栄養に焦点をあてて、慢性炎症の分子機構に関する最新の知見を紹介した。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会 第1回アジア毒性病理学連盟学術集会 合同開催 「AUTP Student Award」

    2022年01月    

    受賞者:  中根冴、煙山紀子、阿部有加里、渡邉颯人、結城恵美、美谷島克宏、梅村隆志、中江大

  • 第24・25回日本病態栄養学会年次学術集会 若手研究特別賞

    2022年01月    

    受賞者:  煙山 紀子、阿部 有加里、結城 恵美、宇野絹子、中根冴、美谷島克宏、中江大

  • 第75回日本栄養・食糧学会大会 トピックス賞

    2021年07月    

    受賞者:  煙山 紀子、阿部 有加里、結城 恵美、宇野絹子、中根冴、渡邊厚、美谷島克宏、中江大

  • 第35回日本毒性病理学会学術集会 優秀賞

    2019年01月    

    受賞者:  高臨風、煙山紀子、斎藤奈津美、渡邊聖栄子、龍完次郎、宇野絹子、張舜恵、小川秀治、渡邊厚、美谷島克宏、中江大

  • ILSI Annual Meeting Malaspina International Scholar Travel Grant Award

    2018年02月    

    受賞者:  煙山紀子

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脂質エネルギー代謝転写因子SREBPの免疫系干渉を介した生活習慣病制御機構の解明

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月 

  • 転写因子SREBP-1のNASHに対する病態生理的意義解明と新規食事治療法開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

  • 脂肪酸の質的特性とその代謝制御機構の解明

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 生理活性ペプチドホルモンによる摂食・代謝制御機構の解明

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病の分子標的制御に資する甘味料の効果とその背景機構に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人日本食品化学研究振興財団 助成(課題研究)

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

  • Elovl6KOマウスの摂食行動を解析し、摂食調節機構におけるElovl6を介した脂肪酸組成変化の意義を明らかにする

    提供機関:  民間財団等  2013年度 内藤記念特定研究助成金

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月