2019/09/10 更新

写真b

Pachakkil Babil (パチャキル バビル)

Pachakkil Babil

助教

研究室電話

03-5477-2404

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士 (国際農業開発学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   国際食料情報学部   国際農業開発学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

      国際農林水産業研究センター   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本熱帯農業学会

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本育種学会

  • 2014年10月
    -
    継続中
     

    東南アジア国際農学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 作物学

  • 細胞遺伝学

論文 【 表示 / 非表示

  • Contribution of biological nitrogen fixation in lesser yam (Dioscorea esculenta) associated with endophytic diazotrophic bacteria

    M. Oyabe, H. Kikuno, N. Tanaka, B. Pachakkil and H. Shiwachi

    Tropical Agriculture and Development   63 ( 3 ) 131 - 139   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Endophytic nitrogen-fixing bacteria of water yam (Dioscorea alata L.) in relation with fertilization practices

    M. Oyabe, H. Kikuno, N. Tanaka, B. Pachakkil and H. Shiwachi

    Tropical Agriculture and Development   63 ( 3 ) 122 - 130   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Cytogenetic and agronomic characterization of intergeneric hybrids between Saccharin spp. hybrid and Erianthus arundinaceus

    Babil Pachakkil, Yoshifumi Terajima, Nobuko Ohmido, Masumi Ebina, Shin Irei, Hisayoshi Hayashi and Hiroko Takagi

    Scientific Reports   9   2019年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Analysis of the source of nitrogen during water yam (Dioscorea alata L.) growth using δ15N observations

    K. Takada, H. Kikuno, P. Babil, and H. Shiwachi

    Tropical Agriculture and Development   62 ( 3 ) 124 - 131   2018年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The relationship between nitrogen (N) absorption and growth in water yam (Dioscorea alata L.) is not clearly understood. A previous experiment suggested that water yam is able to grow under poor soil conditions regardless without nitrogen fertilization; however, the source of nutrition was not identified. This study aimed to identify the source of N and the percentage of plant N derived from atmospheric N2 (% Ndfa) under poor soil conditions. Experiments were carried out on Miyako Island, Okinawa Prefecture, Japan, from April 2014 to December 2015. In experiment 1, water yam growth was compared under urea application (N treatment) and without (control), while in experiment 2 urea (N treatment) or cow manure (CM treatment) application versus without (control) was compared. N and CM treatment had a positive effect on growth and tuber yield. However, while yellowish leaves were observed in control plants, they grew until harvest, and tuber yield was similar between treatments. The δ15N values of the N- and CM-treated plants suggested that N was absorbed from the urea and cow manure; however, in the control plants, the N source seems to have been atmospheric. The δ15N values further suggested that water yam grown without N absorbed 38.04% N from the air.

  • Intra-Specific Genetic Diversity in Water yam ( Dioscorea alata L) Accessions Collected from Myanmar, Papua New Guinea, and Japan

    Favor Olu-Olusegun, Pachakkil Babil, Hidehiko Kikuno, Kenji Irie, Hidekazu Toyohara, and Hironobu Shiwacho

    Journal of International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences   24 ( 1 ) 107 - 117   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    パプア・ニューギニア、ミャンマーおよび日本国内から採取したヤムイモの一種であるダイジョ品種の遺伝的多様性を解明した。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 国際農業開発入門

    中西康博、入江憲治、志和地弘信、弦間洋、パチャキル バビル、真田篤史、夏秋啓子、入江満美、足達太郎、高根務、板垣啓四郎、中曽根勝重、三簾久夫、山田隆一、飯森文平、小塩海平、杉原たまえ (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章 96億人を養うために -熱帯作物育種の役割- )

    東京農業大学国際農業開発学科  2017年04月 ISBN: 978-4-8119-0506-8

    作物育種が熱帯地域における食料問題の解決に果たせる役割について解説した。

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 現代農学概論: 農のこころで社会をデザインする

    パチャキル バビル

    食農と環境   22   62 - 63   2018年11月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本熱帯農業学会論文賞

    2018年03月   日本熱帯農業学会   Nitrogen-fixing Endophytic Bacteria is Involved with the Lesser Yam (#I Dioscorea esculenta#R) Growth under Low Fertile Soil Condition  

    受賞者:  Abdul Qayom Rezaei, Hidehiko Kikuno, Pachakkil Babil, Naoto Tanaka, Young-Jae Park, Michio Onjo, and Hironobu Shiwacho

  • 日本熱帯農業学会賞奨励賞

    2015年03月   日本熱帯農業学会  

    受賞者:  パチャキル バビル

    ヤムイモの倍数性および形態形質の変異に関する研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヤムイモ(Dioscorea spp.)の窒素固定細菌との共生に関する研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  志和地弘信

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ・ 独立行政法人国際協力機構のODA事業「スリランカ国ジャフナ大学農学 部研究施設等建設計画に関するソフトコンポネント業務」

    提供機関: 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル  その他

    研究期間: 2018年02月  -  2019年09月  代表者: 志和地弘信

  • サトウキビとエリアンサスの属間雑種戻し交配第2世代の細胞遺伝学的特性の解析

    提供機関: 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター  一般受託研究

    研究期間: 2016年06月  -  2017年02月 

  • ・ 独立行政法人国際協力機構のODA事業「スリランカ国ジャフナ大学農学 部研究施設等建設計画準備調査」に関するアドバイザリー業務

    提供機関: 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル  その他

    研究期間: 2015年04月  -  2015年12月  代表者: 志和地弘信

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • サトウキビとエリアンサスの属間雑種戻し交配世代等の細胞遺伝学的特性の解析および属間雑種へのGISH-seq法の適用可能性の評価

    提供機関:  国立研究開発法人国際農林水産業研究センター  国内共同研究

    研究期間:  2017年08月  -  2021年03月  代表者:  パチャキル バビル

  • ヤムイモに内生する窒素固定細菌の解明と利用

    提供機関:    学内共同研究

    研究期間:  2017年06月  -  2019年03月 

  • 東京農大宮古亜熱帯農場の熱帯性植物のジーンバンク化構想 ー有用植物遺伝資源の保存と利用の開発-

    提供機関:    学内共同研究

    研究期間:  2015年06月  -  2018年03月 

  • サトウキビとエリアンサスの属間雑種戻し交配第1世代の細胞遺伝学的特性の解析

    提供機関:  国立研究開発法人国際農林水産業研究センター  国内共同研究

    研究期間:  2015年06月  -  2016年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Biological nitrogen fixation in water yam (Dioscorea alata) and lesser yam (Dioscorea esculenta) associated with endophytic diazotrophic bacteria

    Michel Ouyabe, Hidehiko Kikuno, Naoto Tanaka, Pachakkil Babil and Hironobu Shiwachi

    日本熱帯農業学会第125回講演会  2019年03月  -  2019年03月 

  • Response of groundnut (Arches hypogea L.) varieties to drought stress

    Chukwunonso S. A. Ezeah, Kenji Irie and Pachakkil Babil

    日本熱帯農業学会第124回講演会  (京都大学吉田キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本熱帯農業学会

  • Diversity of Nitrogen-fixing bacteria associated with yams (Dioscorea spp.)

    Michel Oyabe, Hidehiko Kikuno, Naoto Tanaka, Pachakkil Babil, Hironobu Shiwachi

    Tropentag 2018 Global food security and food safety: The role of universities  2018年09月  -  2018年09月 

  • SSR marker based genetic diversity in water yam (Dioscorea alata)

    Favor Olu-Olusegun, Pachakkil Babil, Hidehiko Kikuno and Hironobu Shiwachi

    日本熱帯農業学会第122回講演会  (香川大学 (香川県高松市))  2017年10月  -  2017年10月  日本熱帯農業学会

    パプア・ニューギニア、ミャンマーおよび日本国内から採取したヤムイモの一種であるダイジョ品種の遺伝的多様性を解明した。

  • Diversity of endophytic dizotrophs associated with yam (Dioscorea spp.)

    M. Ouyabe, P. Babil, H. Kikuno, N. Tanaka and H. Shiwachi

    日本熱帯農業学会第122回講演会  (香川大学 (香川県高松市))  2017年10月  -  2017年10月  日本熱帯農業学会

    ヤマノイモ属植物に共生する窒素固定細菌の多様性について紹介した。

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   Comparative Food Production Technologies

  • 東京農業大学   作物統計学

  • 東京農業大学   作物育種学

  • 東京農業大学   栽培学入門

  • 東京農業大学   植物とバイテク

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年03月
    -
    継続中

    日本熱帯農業学会   庶務幹事

  • 2014年03月
    -
    継続中

    日本熱帯農業学会   編集委員

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 産学連携により研究成果を社会に還元できる機会があれば積極的に取り組みたい。