2017/09/04 更新

写真b

町田 怜子 (マチダ レイコ)

MACHIDA Reiko

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    東京農業大学  農学研究科  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年09月
    -
    2004年02月

    スイスチューリッヒ連邦工科大学(ETH)   アカデミックゲスト

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(造園学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年09月

    東京農業大学   短期大学部   非常勤講師  

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   造園科学科   助教  

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   造園科学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

      財団法人自然環境研究センター   研究員

  • 2012年04月
    -
    継続中

      神奈川大学   人間科学部   非常勤講師

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本造園学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本レジャー.レクリエーション学会

  • 2014年06月
    -
    継続中
     

    日本野外教育学会

  • 2015年05月
    -
    継続中
     

    地域デザイン学会

  • 2016年05月
    -
    継続中
     

    日本観光研究学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 観光学

  • 園芸科学

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 景観認識特性に基づく国立公園阿蘇地域における二次草原の景観計画に関する研究

    猪瀬怜子他

      2005年03月

    学位論文(その他)   共著

    阿蘇くじゅう国立公園の二次草原を対象に、従来の国立公園計画では解決が難しい維持管理の滞りにより発生している課題を解決するため、国立公園の景観管理のための評価軸とその評価手法を提案した。本研究では、「地元住民や二次草原の維持管理に係る多様な主体の認識構造の特性」と、「地形特性からみた草原景観タイプによるゾーニング」の評価手法を提案し、これらの評価軸が国立公園の景観管理計画に適用できるかを検証した

論文 【 表示 / 非表示

  • 吉沢八景選定プロジェクトからみる都市近郊の里地里山地域における子ども達の景観認識

    小島周作・服部勉・田中伸彦・町田怜子・麻生恵

    ランドスケープ研究   80 ( 5 ) 575 - 578   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 観光実業家・油屋熊八の人物史からみる阿蘇くじゅう国立公園観光道路の成立過程

    町田怜子 保田真紀 水内佑輔 田中伸彦

    ランドスケープ研究   79 ( 5 )   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 地域環境科学を学ぶ学生と幼稚園教諭との連携による園庭を活用した幼児期の環境教育プログラム開発―成城幼稚園を事例としてー

    町田怜子、増山信晃、山崎正也、川上桃子、杉田美香、麻生恵

    東京農業大学農学集報   60 ( 3 ) 127 - 136   2015年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 阿蘇地域におけるボランティアの草原再生に対する景観認識に関する研究

    町田怜子・下嶋聖・粕川玉青・麻生恵

    ランドスケープ研究   77 ( 5 ) 655 - 658   2014年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    草原保全活動の重要な担い手であるボランティアが,草原再生上重要と認識している草原景観タイプと,その区域を明らかにし,草原再生を実施する上での優先順位を検討した。その結果、多くのボランティアが草原再生を望む区域を明らかにし、国立公園景観の意思決定支援材料を提示した。また、草原景観の再生に対する景観認識は,ボランティアの活動頻度や,草原保全に対する関心や愛着との関係性が強いことが明らかとなった

  • 阿蘇地域の地形特性からみた草原と樹林地の景観的扱いに関する事例研究

    町田怜子,下嶋聖,三浦南,麻生恵

    ランドスケープ研究   76 ( 5 ) 723 - 726   2013年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    阿蘇くじゅう国立公園を代表する草原景観が、近年、管理の滞った樹林地や藪化した草原によって質の低下を招くようになった。本研究では、現場でスケッチ描画法による調査により、どのような立地にある樹林地(人工林)や藪化した草原が草原景観に影響を及ぼしやすいのか、その景観構造を考察した。そして、草原景観の保全・再生のために、阿蘇地域の地形特性に基づいた草原と樹林地の景観的扱いを提案した

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 野の花図鑑ーなつ・あきー

    監修 瀬井純雄、著者 阿部美香、町田怜子他 (担当: 共著 )

    株式会社マインド  2016年02月

  • はかる つくる えがく・そだてる みどりの地域を育む~地域環境科学がわかる本p.55

    麻生恵,他 (担当: 共著 , 担当範囲: 阿蘇の広大な草原を守り続けるために計画を策定し子どもたちに伝える )

    東京農業大学出版会  2015年07月 ISBN: 978-4-88694-450-4

    阿蘇の草原保全活動に関する研究を高校生等関心のある学生に向けて執筆した。

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 阿蘇くじゅう国立公園復興レポート ランドスケープとふるさと学

    町田怜子

    ランドスケープ熊本だより 日本造園学会熊本地震復興支援ニュースレター   1 ( 1 ) 7 - 7   2017年04月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 阿蘇くじゅう国立公園の変遷と阿蘇の震災復興に向けた ランドスケープの役割

    町田怜子

    日本造園学会 風景計画研究・事例報告会梗概集第1号 ( 日本造園学会 風景計画研究推進委員会 )  1 ( 1 ) 6 - 7   2016年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • ジオパークで考える科学と社会

    町田玲子

    日本地理学会発表要旨集 ( 公益社団法人日本地理学会 )  ( 89 ) 24   2016年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • スイスにおける草原管理

    町田怜子

    雑誌国立公園 ( 財団法人国立公園協会 )  ( 638 )   2005年11月

    総説・解説(その他)   単著

  • ランドスケープ教育の風景-スイス チューリッヒ連邦工科大学-

    猪瀬怜子

    ランドスケープ研究 ( 日本造園学会 )  68 ( 1 )   2004年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本造園学会関東支部大会優秀研究発表賞(口頭発表部門)

    2014年11月08日   公益社団法人日本造園学会関東支部  

    受賞者:  町田怜子、山中麻衣、麻生恵

    地域住民の吉田口登山道における文化的資源の認識に関する研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 熊本地震における地域文化を活用した防災教育と観光振興による復興マネジメント

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2019年  代表者:  町田怜子

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 比々多地区周辺における農・文化資源を活用した地域活性化

    提供機関:  伊勢原市民協働事業  伊勢原市市民協働事業

    研究期間: 2017年06月  -  継続中  代表者:  町田怜子

  • 農村地域における未来の担い手であるこどもを育てる小学校・保護者・大学・NPOによる学習支援体制構築に向けた研究

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人上廣倫理財団 平成26年度研究助成<継続研究採択〉

    研究期間: 2015年02月  -  2017年02月 

  • 生物多様性、景観保全の観点から、農村整備計画に対する地域住民の合意形成手法に関する研究

    提供機関:  公益財団法人 自然保護助成基金  第25期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成

    研究期間: 2014年10月  -  2015年09月 

  • 阿蘇地域における二次草原と人工林の景観計画に関する研究ー阿蘇豪雨被害の教訓を生かした草原再生による国土保全を目指してー

    提供機関:  民間財団等  平成25年度笹川科学研究助成 学術研究部門

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 阿蘇国立公園の震災復興手段としての草原再生と観光への展開

    町田怜子、原智美、金子晶、市川実柊

    第31回日本観光研究学会全国大会  (江戸川大学)  2016年12月  -  2016年12月  日本観光研究学会全国大会

  • 阿蘇草原再生協議会の10年間の変遷からみる多様な主体との持続的マネジメント手法

    町田怜子・中澤里奈・麻生恵

    平成28年度日本造園学会九州支部大会  (九州大学)  2016年11月  -  2016年11月  日本造園学会九州支部大会

  • 「熊本県阿蘇地域における中学生を対象とした草原学習(輪地切体験)の地形条件と防災教育への展開

    町田怜子・土肥賢太郎・麻生恵

    日本レジャー・レクリエーション学会第46回全国大会  2016年11月  -  2016年11月  日本レジャー・レクリエーション学会

    114-117

  • 富士山北麓の宗教的文化資源に対するランドスケープ的アプローチ

    小林昭裕,町田怜子

    第31回日本観光研究学会全国大会  2016年12月  -  2016年12月  日本観光研究学会全国大会

  • 水系からみた山梨県富士吉田市上吉田の御師町の特性

    吉田めぐみ、小林昭裕、町田怜子

    第31回日本観光研究学会全国大会  2016年12月  -  2016年12月  日本観光研究学会

全件表示 >>

座談会等 【 表示 / 非表示

  • 日本造園学会 熊本地震復興支援調査報告会

    日本大学  2017年05月  -  2017年05月

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ポスター発表部門研究奨励賞理事長賞

    2014年12月   日本レジャー・レクリエーション学会  

    受賞者: 風間咲気・中澤里奈・山口善貴・下嶋聖・町田怜子・栗田和弥・麻生恵

    石川県三井町の農村景観の変遷に関する研究

  • ポスター発表部門研究奨励賞会長賞

    2014年12月   日本レジャー・レクリエーション学会  

    受賞者: 橋本和枝・町田怜子・麻生恵

    水と空気の循環に配慮した自然再生工法に関する研究

  • 平成28年度日本造園学会関東支部大会最優秀研究発表賞(口頭発表部門)

    2016年11月   日本造園学会関東支部  

    受賞者: 小島周作・服部勉・町田怜子・麻生恵

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    わかりやすい授業媒体の作成とレポートや卒業論文の採点

  • 2008年04月
    -
    継続中

    フィールドワークによる研究・教育活動

  • 2008年04月
    -
    継続中

    レポートや卒業論文の親身な指導

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    継続中

    日本造園学会   熊本地震復興支援研究推進委員会委員

  • 2017年09月
    -
    2018年09月

    日本造園学会   学術委員会委員

  • 2017年09月
    -
    2018年09月

    日本造園学会   技術報告集委員

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 阿蘇草原再生協議会草原学習小委員会委員

    2017年01月
    -
    継続中

  • 阿蘇地域の小中学校での草原学習実施

    2014年04月
    -
    継続中

  • 東京都内、神奈川県の幼稚園・保育園での環境学習プログラムの開発と実施

    2014年04月
    -
    継続中

  • 阿蘇草原再生協議会平成26年度活動計画 草原学習(麻生・町田)

    2014年04月
    -
    継続中

  • 平成26年度里地里山等地域の自然シンボルと共生した低炭素地域づくりのための事業化計画策定・FS調査専門委員会(山梨県富士吉田市)慶應義塾大学SFC研究所

    2014年10月
    -
    2015年02月

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 多くの皆様と、自然風景地の保全や、人との共生により成り立つ二次的自然の景観保全に向けた活動を広げるため、積極的な連携を希望しています。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 地域創成科学科の魅力は環境や地域に関する専門知識や技術を学べるだけでなく、演習や研究活動を通じて、仲間と一緒に、地域づくり、環境計画の面白さや、そのやりがいを共有することができます。あなたが興味を持っている環境や地域づくりについて、素晴らしい仲間と一緒に、より深く専門的に学びませんか?