2022/05/06 更新

写真b

福島 穂高 (フクシマ ホタカ)

FUKUSHIMA Hotaka

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(バイオサイエンス)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   バイオサイエンス学科   助教  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    東京農業大学   生命科学部   バイオサイエンス学科   助教  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生命科学部   バイオサイエンス学科   准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 精神疾患

  • マウス

  • 海馬

  • 記憶形成

  • 神経科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Autism-associated ANK2 regulates embryonic neurodevelopment.

    Shotaro Kawano, Masayuki Baba, Hotaka Fukushima, Daiki Miura, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa.

    Biochem Biophys Res Commun.     2022年05月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tumor necrosis factor alpha negatively regulates the retrieval and reconsolidation of hippocampus-dependent memory.

    Takahashi S, Fukushima H, Yu Z, Tomita H, Kida S.

    Brain Behav Immun.     2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Interactions between the amygdala and medial prefrontal cortex as upstream regulators of the hippocampus to reconsolidate and enhance retrieved inhibitory avoidance memory.

    Fukushima H, Zhang Y, Kida S.

    Mol Brain.     2021年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Active Transition of Fear Memory Phase from Reconsolidation to Extinction through ERK-Mediated Prevention of Reconsolidation.

    Fukushima H, Zhang Y, Kida S.

    J Neurosci.     2021年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Hippocampal clock regulates memory retrieval via Dopamine and PKA-induced GluA1 phosphorylation.

    Hasegawa S, Fukushima H, Hosoda H, Serita T, Ishikawa R, Rokukawa T, Kawahara-Miki R, Zhang Y, Ohta M, Okada S, Tanimizu T, Josselyn SA, Frankland PW, Kida S.

    Nat Commun.     2019年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 光遺伝学的手法を用いた想起後の恐怖条件付け文脈記憶制御に対する海馬の役割の解析

    長葭大海、福島穂高、喜田聡

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年03月  -  2017年03月 

  • NMDA受容体阻害剤メマンチン投与による古い恐怖条件づけ記憶の忘却

    石川理絵、福島穂高、喜田聡

    第26回日本健康医学会総会  2016年11月  -  2016年11月 

  • Morphological changes in the hippocampal CA1 neurons by constitutive activation of CREB

    Tatsurou SERITA, Hotaka FUKUSHIMA, Satoshi KIDA

    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2016年07月  -  2016年07月 

  • Molecular mechanism for time-dependent regulation of memory retrieval by forebrain circadian clock

    Shunsuke HASEGAWA, Hiroshi HOSODA, Yue ZHANG, Miho OHTA, Shintaro OKADA, Rie ISIKAWA, Hotaka FUKUSHIMA, Kenji HASHIMOTO, Paul W. Frankland, Sheena A. Josselyn, Satoshi KIDA

    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2016年07月  -  2016年07月 

  • Understanding the mechanism of discriminating novel and familiar mice in the social recognition memory task

    Toshiyuki TANIMIZU, Hotaka FUKUSHIMA, Satoshi KIDA

    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2016年07月  -  2016年07月 

全件表示 >>