2021/01/13 更新

写真b

松林 尚志 (マツバヤシ ヒサシ)

MATSUBAYASHI Hisashi

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

046-270-6575

ホームページ

https://sites.google.com/site/matsubayashihisashi/

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    東京農業大学   農学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年09月

    東京工業大学  生命理工学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    1997年03月

    東京工業大学  生命理工学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(理学)

  • 東京工業大学 -  修士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   農学部   生物資源開発学科   教授  

  • 2016年10月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   農学部   バイオセラピー学科   教授  

  • 2015年04月
    -
    2016年09月

    東京農業大学   農学部   バイオセラピー学科   准教授  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    東京農業大学   地域環境科学部   森林総合科学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

      京都大学   野生動物研究センター   兼任教授

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

      京都大学   野生動物研究センター   兼任准教授

  • 2010年06月
    -
    2013年02月

      マレーシア サバ大学   熱帯生物学保全研究所   准教授

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 第一種銃猟狩猟免状

  • わな猟狩猟免状

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 熱帯雨林

  • 絶滅危惧種

  • 保全生物学、野生動物学、哺乳類学

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ボルネオ産ジャワマメジカの生態と行動に関する研究

    松林尚志

      2002年09月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県東丹沢地域における中大型哺乳類のヌタ場利用

    佐野千尋, 大川智也, 鹿島惇平, 米地梨紗子, 糟屋奈津実, 黒澤亮, 松林尚志

    哺乳類科学   59   37 - 48   2019年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Assemblage structure of Palaeotropical frugivorous bats at mineral licks sites in Deramakot and Tangkulap forest reserve, Sabah, Malaysia.

    BANSA, L.A., AHMAD, A.H. and MATSUBAYASHI, H.

    Journal of Tropical Biology and Conservation   15   121 - 137   2018年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tropical-forest mammals as detected by environmental DNA at natural saltlicks in Borneo.

    ISHIGE,T., MIYA, M., USHIO, M., SADO, T., USHIODA, M., MAEBASHI, K., YONECHI, R., LAGAN, P. and MATSUBAYASHI, H.

    Biological Conservation   210   281 - 285   2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Complete mitochondrial genomes of the tooth of a poached Bornean banteng (Bos javanicus lowi; Cetartiodactyla, Bovidae).

    ISHIGE, T., GAKUHARI, T., HANZAWA, K., KONO, T., SUNJOTO, I., SUKOR, J.R.A., AHMAD, A.H. and MATSUBAYASHI, H.

    Mitochondrial DNA   0000   2015年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • First molecular data on Bornean banteng (Bos javanicus lowi) from Sabah, Malaysian Borneo.

    MATSUBAYASHI, H., HANZAWA, K., KONO, T., ISHIGE, T., GAKUHARI, T., LAGAN, P., SUNJOTO, I., SUKOR, J.R.A., SINUN, W. and AHMAD, A.H.

    Mammalia   78   523 - 531   2014年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Grazing and browsing by large herbivores in South and Southeast Asia. pp. 99-120. [In: AHRESTANI, F.S. and SANKARAN, M. (Eds.) The ecology of large herbivores in South and Southeast Asia]

    AHRESTANI, F.S., HEITKONIG, I.M.A., MATSUBAYASHI, H. and PRINS, H.H.T. (担当: 共著 )

    Springer  2016年 ISBN: 978-94-017-7568-7

  • 消えゆく熱帯雨林の野生動物:絶滅危惧動物の知られざる生態と保全への道

    松林尚志 (担当: 単著 )

    化学同人  2015年 ISBN: 9784759816679

  • 関岡東生 監修 『新版 森林総合科学用語辞典』

    松林尚志ほか30名 (担当: 共著 )

    東京農業大学出版会  2015年

  • 東京農業大学 地域環境科学部 編 『新版 地域環境科学概論』

    松林尚志 (担当: 共著 , 担当範囲: 野生動物と環境 pp.133-138. )

    理工図書  2014年 ISBN: 978-4-8446-0825-7

  • Natural Salt-Licks and Mammals in Deramakot: Their importance and why it should be conserved.

    MATSUBAYASHI, H. and LAGAN, P. (担当: 共著 )

    Sabah Forestry Department  2014年

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 野生動物と塩:ボルネオ熱帯雨林の塩場のはなし

    松林尚志

    「アオバトのふしぎ」神奈川県立 生命の星・地球博物館 2019年度特別展展示解説書   00   80 - 85   2019年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • 熱帯アジアでフィールドワーク!~マレーバク、ヤマアラシ、ジャコウネコ、オランウータンの謎に迫る~

    松林尚志、中島啓裕

    哺乳類科学 ( 日本哺乳類学会 )  57   161 - 162   2017年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 熱帯アジアにおける野生動物の生息地保全

    松林尚志

    新・実学ジャーナル   142   1 - 2   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • ボルネオ熱帯雨林の塩場に集う動物たち

    松林尚志

    academist Journal   5224   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 熱帯雨林フィールドワークレポート

    松林尚志

    子供の科学 ( 誠文堂新光社 )  00   29 - 29   2016年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京農大貢献賞

    2018年06月   東京農業大学   ボルネオ熱帯雨林の野生動物の生態と生息地保全  

  • 日本哺乳類学会奨励賞

    2008年09月   日本哺乳類学会   東南アジア熱帯雨林における哺乳類の保全生態学的研究  

  • 日本熱帯生態学会吉良賞(奨励賞)

    2008年06月   日本熱帯生態学会   ボルネオ島における塩場に着目した哺乳類の生態学的研究  

  • 日本哺乳類学会優秀ポスター賞

    2007年09月   日本哺乳類学会   ボルネオ産サンバーによる塩場利用の季節性と日周性  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大型哺乳動物を考慮した熱帯商業林管理に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年  -  2010年 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 絶滅危惧種マレーセンザンコウの保全に関する研究

    提供機関:  民間財団等  日本自然保護協会プロナトゥーラファンド海外助成

    研究期間: 2011年  -  2012年 

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 学生時代は、フィールドで野生動物とじっくり向き合うことが出来る貴重な時間です。また、現場での様々な交流もフィールドワークの醍醐味の一つです。自然への探究心と現場の声を大事にしながら、フィールドワークに没頭してみませんか。