2017/09/25 更新

写真b

相根 義昌 (サガネ ヨシマサ)

SAGANE Yoshimasa

教授

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2011年09月

    Sars International Centre for Marine Molecular Biology   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(生物産業学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    東京農業大学   生物産業学部   食品科学科   副手  

  • 2011年09月
    -
    2014年03月

    東京農業大学   生物産業学部   食品香粧学科   准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生物産業学部   食品香粧学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2011年09月

      Sars International Centre for Marine Molecular Biology   研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

  • 構造生物化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ボツリヌス菌

  • ボツリヌス毒素複合体

  • 分子生物学

論文 【 表示 / 非表示

  • Data on the weights, specific gravities and chemical compositions of potato (Solanum tuberosum) tubers for food processing from different areas of Hokkaido, Japan

    Hiroaki Sato, Ryosuke Koizumi, Yozo Nakazawa, Masao Yamazaki, Ryuichi Itoyama, Megumi Ichisawa, Junko Negichi, Rui Sakuma, Tadasu Furusho, Yoshimasa Sagane, Katsumi Takano

    Data in Brief   11   601 - 605   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Building-block architecture of botulinum toxin complex: conformational changes provide insights into the hemagglutination ability of the complex

    Tomonori Suzuki, Yoshimasa Sagane, Takashi Matsumoto, Kimiko Hasegawa, Akihito Yamano, Koichi Niwa, Toshihiro Watanabe

    Biochemistry and Biophysics Reports   9   67 - 71   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ナノカプセルを処方したエミューオイル含有保湿剤「エミュランスEEセラム」の安全性検討

    伊藤実、南和広、高野圭司、西谷美雪、相根義昌、渡部俊弘、丹羽光一

    皮膚の科学     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Flow-mediated vasodilation response to ingestion of omega-3-rich Sacha-inchi oil: A noninvasive evaluation of a functional food that improves human vascular health

    Kazuhiro Minami, Osamu Kashimura, Yuji Maezaki, Noriko Kiyoyanagi, Koichi Niwa, Yoshimasa Sagane, Toshihiro Watanabe

    Food Preservation Science   43 ( 4 )   2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Sensory evaluation of potatoes (Solanum tuberosum) from different areas of Hokkaido, Japan, performed by untrained young adults

    Hiroaki Sato, , Ryosuke Koizumi, Yozo Nakazawa, Masao Yamazaki, Ryuichi Itoyama, Megumi Ichisawa, Junko Negichi, Rui Sakuma, Tadasu Furusho, Yoshimasa Sagane, Katsumi Takano

    Data in Brief   in press   2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Botulinum Toxin Complex: A Delivery Vehicle of Botulinum Neurotoxin Traveling Digestive Tract

    Sagane, Y., Inui, K., Miyashita S, -I., Miyata, K., Suzuki, T., Niwa, K., Watanabe, T. (担当: 共著 )

    InTech  2012年08月

  • Structure and function of the Clostridium botulinum serotypes C and D toxin complex. In: Current Topics in Food Science and Technology.

    Watanabe, T., Sagane, Y., Mutoh, S., Suzuki, T., Hasegawa, K., Kouguchi, H., and Ohyama, T. (Nagai, T., Suzuki, N., and Nagashima, T. eds) (担当: 共著 )

    Research Signpost  2005年

    ボツリヌスCおよびD型毒素の構造と機能に関する研究成果をまとめた

  • 初歩からのバイオ実験

    大山徹、渡部俊弘 編著 石井正治、鎌口有秀、川崎信治、川本尋義、相根義昌、高野克己、中川智行、新村洋一、西澤信、桃木芳枝、山川隆、横田博、横浜道成 共著 (担当: 共著 )

    三共出版  2002年05月

    分子生物学研究に必要な基礎実験のプロトコールを図入りでまとめた解説書

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ボツリヌス神経毒素結合タンパク質NTNHAの体内侵入に寄与する生体分子の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

  • ボツリヌス神経毒素結合タンパク質NTNHAの細胞層透過メカニズム

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Small-angle X-ray scattering revealed a structural dynamics of botulinum neurotoxin-associating protein, nontoxic nonhemagglutinin.

    Sagane, Y., Miyata, K., Matsumoto, T., Inui, K., Miyashita, S. -I., Hayashi, S., Kano, S., Kurihara, S., Kawane, T., Suzuki, T., Hasegawa, K., Yamano, A., Niwa, K., Watanabe, T.

    22nd IUBMB and 37th FEBS  (Seville, Spain)  2012年  -  2012年 

  • Structural dynamics of hemagglutinin complex in botulinum serotype D toxin complex

    Inui, K., Sagane Y., Matsumoto, T., Miyashita, S. -I., Miyata, K., Hayashi, S., Kawane, T., Kurihara, S., Kano, S., Suzuki, T., Hasegawa, K., Yamano, A., Niwa, K., Watanabe, T.

    22nd IUBMB and 37th FEBS  (Seville, Spain)  2012年  -  2012年 

  • Transport of the botulinum neurotoxin-associating protein, nontoxic nonhemagglutinin, across the intestinal epithelial cell layer

    Miyashita, S. -I., Sagane, Y., Miyata, K., Inui, K., Kurihara, S., Kano, S., Hayashi, S., Kawane, T., Suzuki, T., Niwa, K., Watanabe, T

    22nd IUBMB and 37th FEBS  (Seville, Spain)  2012年  -  2012年 

  • Molecular Scaffolding of the Oikopleura house

    Hosp, J., Sagane, Y., Thompson E. M.

    The 5th International Tunicate Meeting  (Naha, Japan)  2009年  -  2009年 

  • Cellulose-based extracellular structures in appendicularia Oikopleura dioica

    Sagane, Y., Hosp, J., Thompson E. M.

    The 5th International Tunicate Meeting  (Naha, Japan)  2009年  -  2009年 

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学生物産業学部食品香粧学科   生物化学

  • 東京農業大学生物産業学部食品香粧学科   生物化学実験