2017/11/27 更新

写真b

望月 洋孝 (モチヅキ ヒロタカ)

MOCHIZUKI Hirotaka

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農業経済学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    東京農業大学   国際食料情報学部   食料環境経済学科   助教  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    継続中
     

    日本農業経済学会

  • 2007年03月
    -
    継続中
     

    日本協同組合学会

  • 2008年03月
    -
    継続中
     

    日本農業市場学会

  • 2010年09月
    -
    継続中
     

    実践総合農学会

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 日本におけるフェアトレードの展開とその推進主体に関する研究

    望月洋孝

      2009年03月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • トキの野生復帰の効果に対する観光客の意識と情報発信に関する考察

    田中裕人、外崎菜穂子、望月洋孝、間々田理彦、原珠里

    農村研究   ( 118 ) 73 - 83   2014年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    本論文は,トキの野生復帰の効果について,観光客に対して行ったアンケートより考察を行った。特にトキ認証米の認知度を重点に置き,その情報発信の視点より分析した。結果としては,おおむね満足しているものの,環境保全型農業とトキの野生復帰との関係も含めてさらに情報発信する必要があることが導かれた。

  • 佐渡市における地域活性化策に関する住民の評価

    望月洋孝、田中裕人、上岡美保

    農村研究   ( 115 ) 82 - 98   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    本論文は,地域活性化に関する具体的な方策の策定では,行政と地域住民の双方の協力・努力が不可欠であるとの観点から,住民参加型の地域活性化策で重要となる佐渡市民の意識について,内発的なアイディアを抽出し,佐渡市の実態に照らし合わせて検討を行うことに主眼を置いた。分析の手法としては,TN法における第1ステップを踏襲し,佐渡市民の地域活性化に関する多くの意見を集め,検討した。

  • 学生による地域再生・活性化の取組み

    望月洋孝、稲毛尚平、森直人、翁長咲恵

    食農と環境   10   181 - 187   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    本論文は,学生による地域再生・活性化の取組みとして,東京農業大学において,平成20年度に,国際食料情報学部で採択された「教育GP」を取り上げたものである。具体的には,長野県長和町において遊休荒廃農地再生実習,伝統文化・歴史資源活用実習,自然資源保護・活用実習,食文化活用実習とそれら全体を考察する場である地域再生プランニング実習の5つの実習を行うことで,学生が地域活性化に貢献し,一定の成果をあげてきたことを明らかにした。

  • 佐渡市における観光産業活性化に関する訪問者の意識調査

    望月洋孝、田中裕人、上岡美保、間々田理彦

    農村研究   ( 114 ) 35 - 45   2012年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    本論文は,佐渡市における観光産業を対象として,活性化のために必要な取組みを明らかにすることを目的とした。佐渡市では観光客誘致のために様々な取組みが行われているにもかかわらず,観光客は減少している。本研究では,このような状況を改善することを一つの目的として,佐渡市の訪問者に対して観光の活性化に対する複数の項目に対して5段階評価を行った。

  • ビオトープ作り体験ツアーに関する支払意志額の推定-新潟県佐渡市の訪問者を対象として-

    田中裕人、間々田理彦、望月洋孝、野口敬夫、上岡美保

    東京農業大学農業経済学会 農村研究   ( 110 ) 70 - 78   2010年03月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    本論文は、農村の生物多様性において、社会的関心が高まりつつある佐渡市のビオトープ作りについて検証した。事例としては、観光客が比較的容易に参加可能なツアーの募集を行うと仮定し、支払意志額と受諾率を推定した。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本における生活協同組合が展開するフェアトレード推進の取組みに関する実証的研究

    提供機関:  全国農業協同組合中央会  平成23年度JA研究奨励費

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Study of Hokkaido Administration expand Fair Trade and Local Revitalization

    望月洋孝

    The Australian Agricultural and Resource Economics Society  2014年02月  -  2014年02月 

  • 佐渡市の観光活性化に関する訪問者の評価

    望月洋孝

    2011年度実践総合農学会第6回地方大会  2011年  -  2011年 

  • 学生による地域再生・活性化の成果と課題-山村再生プロジェクトの活動を事例として-

    望月洋孝

    2011年度実践総合農学会第6回地方大会  2011年  -  2011年 

  • 学生による地域再生・活性化への取組み-東京農大教育GPを事例として-

    望月洋孝

    2010年度実践総合農学会第5回地方大会  2010年  -  2010年 

  • 日本におけるフェアトレードの取組みに関する一考察

    望月洋孝

    第29回日本協同組合学会大会  2009年  -  2009年 

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    国際食料情報学部 山村再生プロジェクト