2022/03/04 更新

写真b

岡 大貴 (オカ ダイキ)

OKA Daiki

准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    東京農業大学  農学研究科  農芸化学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農芸化学)

  • 東京農業大学 -  修士(農芸化学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   助手  

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   助教  

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   助教  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      二葉栄養専門学校   非常勤講師

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      公益財団法人 東京都農林水産振興財団 東京都立食品技術センター   研究員

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本食品保蔵科学会

  • 2008年03月
    -
    継続中
     

    日本食品科学工学会

  • 2008年12月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本食品衛生学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    IFT Japan section

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • タンパク質科学(乳・小麦・卵・大豆など)

  • 食品加工学

  • 高分子化学

  • 発酵食品

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 製パン性に及ぼすβ-ラクトグロブリンの影響およびω-グリアジンの役割

    岡大貴

      2013年10月

    学位論文(その他)   単著

    脱脂粉乳の製パン性の阻害について、乳タンパク質のβ-Lgがω-グリアジンと結合することによって、同グリアジンを水溶化させ、生地が硬く伸展性が小さくなり製パン性が低下すること、ω-グリアジンの含量が高い小麦粉ほど製パン性が優れることを明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of the thermal denaturation degree of a whey protein isolate on the strength of acid milk gels and the dissociation of κ-casein

    Daiki Oka, Wataru Ono, Shojiro Tamaki, Tomohiro Noguchi and Katsumi Takano

    Journal of Dairy Research   89 ( 1 ) 1 - 6   2022年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Dry-heat treatment of skim milk powder improves acid-induced gelation due to protein glycation and cross-linking of caseins

    Wataru ONO, Daiki OKA, Yoshimasa TSUJI and Tomohiro NOGUCHI

    Food Science and Technology Research   27 ( 6 ) 923 - 931   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Evaluation of the Acceptability of Cashew Apple Jam in Cambodia

    Sokly Sorm, Yoshiki Muramatsu, Daiki Oka, Yuri Tanikoka, Masataka Uchino, Shuki Muramatsu, Motoe Sekido, Takahiko Nakamura, Toru Nakajima, Eiichiro Sakaguchi, Shotaro Kawakami, Chim Chay, Mari Arimitsu, Machito Mihara

    International Journal of Environmental and Rural Development (IJERD)   12 ( 1 ) 35 - 41   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of suppressing protein structural changes on the excellent gelling properties of dried egg white via dry-heat treatment

    Shota Koyama, Yuko Nemoto, Masahiro Ichikawa, Daiki Oka, Yoshimasa Tsujii, Tomohiro Noguchi, Katsumi Takano, Akihiro Handa

    Food Science and Technology Research   27 ( 2 ) 293 - 300   2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Evaluation of Bacterial Contamination level in Pickles Sold at Wet Market in Cambodia -Part 2- Detection of Several Food-poisoning Bacteria of 48 samples from Phnom Penh

    SHUKI MURAMATSU, MASATAKA UCHINO, SOKLY SORM, YURI TANIKOKA, DAIKI OKA, YOSHIKI MURAMATSU, TORU NAKAJIMA, MOTOE SEKIDO, TAKAHIKO NAKAMURA, MACHITO MIHARA

    International Journal of Environmental and Rural Development   11 ( 1 ) 120 - 124   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 食品化学

    高野克己、岡大貴、他8名 (担当: 分担執筆 )

    実教出版  2020年03月

  • 食べ物と健康 食品学各論・食品加工学

    谷口亜樹子編集、岡大貴他9名 (担当: 分担執筆 )

    光生館  2017年03月

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • カゼインミセルからのκ-カゼイン脱離が乳の酸凝固に及ぼす影響

    玉置祥二郎, 岡大貴

    ミルクサイエンス   67 ( 3 ) 213 - 216   2018年06月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 特集 日本の地域伝統的発酵食品 -対馬の伝統発酵食品「せんだんご」の特徴-

    岡 大貴

    FFIジャーナル   223 ( 2 )   2018年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 分子間相互作用に基づく乳タンパク質の製パン性改良機序の解明

    岡 大貴

    日本食品保蔵科学会誌 ( 日本食品保蔵科学会 )  43 ( 1 ) 29 - 30   2017年02月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • これからのハラール研究

    阿部尚樹、内野昌孝、野口治子、田中尚人、岡 大貴

    食品機械装置 ( (株)ビジネスセンター社 )  53 ( 3 ) 61 - 68   2016年05月

    総説・解説(その他)   共著

  • 製パン性におけるグリアジンの性質およびω-グリアジンの役割

    岡大貴

    平成26年度研究報告書 ( 公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団 )      91 - 98   2015年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

特許等 【 表示 / 非表示

  • ω-グリアジンを利用した麺類の製造方法

    特願 特願2017-246210 

    岡大貴

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 対馬市共同プロジェクト~伝統発酵食品せんだんごの速醸化~

    その他 

    2018年04月
    -
    継続中

    製造期間が長く煩雑な作業であることから担い手がおらず衰退が危惧されている長崎県対馬市の伝統発酵食品せんだんごの特徴および発酵過程中での微生物挙動、成分変化を解明し、その知見を基に短期間で簡便に出来る速醸法を開発した。現在は現地対馬で速醸実証試験を進めている。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品保蔵科学会奨励賞 「分子間相互作用に基づく乳タンパク質の製パン性改良機序の解明」

    2016年06月   日本食品保蔵科学会  

  • 日本食品保蔵科学会 第61回大会優秀賞 「デンプン粒の被アミラーゼ分解性に関与するデンプン粒表層タンパク質の解析」

    2012年06月21日   日本食品保蔵科学会  

    受賞者:  岡 大貴, 金子昌史, 野口智弘, 高野克己

  • 日本食品科学工学会 第57回大会優秀ポスター賞 「小麦粉-乳タンパク質間相互作用に及ぼす乳タンパク質疎水性度の影響」

    2010年08月   日本食品科学工学会  

    受賞者:  菊池千尋, 岡 大貴, 入澤友啓, 野口智弘, 高野克己

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • κ-カゼインの解離がミセル構造特性に与える影響およびチーズの新規製法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年  -  2019年 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 製パン性におけるグリアジンの性質およびω-グリアジンの役割

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 エリザベス・アーノルド富士財団 学術研究助成

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

  • 小麦粉生地形成におけるグリアジンの特性に及ぼすβ-ラクトグロブリンの影響解析

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団 学術研究助成

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

  • Effect of Heat-denaturation of Milk Protein on the Baking Quality

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 学術研究助成

    研究期間: 2011年06月  -  2011年06月 

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 発酵乳の組織に及ぼすホエイタンパク質の影響に関する研究

    提供機関: 雪印メグミルク株式会社  一般受託研究

    研究期間: 2014年04月  -  継続中 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • バターミルク素材等に代表される製パン改良用素材を用いた製パン機構の解明に関する研究

    提供機関:  株式会社ADEKA  国内共同研究

    研究期間:  2021年10月  -  継続中 

  • 食品の冷凍保存による品質変化の機序の解明とその改善策の検討 に関する研究

    提供機関:  日清製粉グループ本社  国内共同研究

    研究期間:  2019年04月  -  継続中 

  • フェルラ酸による小麦粉生地の物性改良効果およびタンパク質との相互作用に関する研究

    提供機関:  日清製粉グループ本社  国内共同研究

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月 

  • 卵白タンパク質のゲル化性向上に関する研究

    提供機関:  キユーピー株式会社  国内共同研究

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 冷凍パン生地におけるグルテン構造解析手法の構築及べたつき、冷凍障害との相関性に関する研究

    提供機関:  味の素株式会社  国内共同研究

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • バターミルク素材のリン脂質-タンパク質会合体による製パン改良効果について

    岡大貴,小松耕平,山﨑秀将,髙野克己, 野口智弘

    日本食品科学工学会第68回大会  2021年08月  -  2021年08月 

  • パン生地の伸展性に関わるグリアジン分子種の役割

    岡 大貴, 西堀史也, 野口智弘, 高野克己

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月  -  2019年03月 

  • グリアジン性状に関わるグリアジン分子種の機能

    岡 大貴, 濵川旺久, 西堀史也, 野口智弘, 高野克己

    日本食品科学工学会65回大会(東北大学)  2018年08月  -  2018年08月 

  • Effect of omega-gliadin on softness of bread crumb

    Daiki Oka, Tomohiro Noguchi, Katsumi Takano

    Institution of Food Technologist 2018 Annual Meeting (Chicago)   2018年07月  -  2018年07月 

  • ダイジョ (Dioscorea alata) の粘性特性と各処理が粘性に与える影響

    岡 大貴, 野口智弘, 菊野日出彦, 志和地弘信, 高野克己

    日本食品保蔵科学会67回大会(山梨大学)  2018年06月  -  2018年06月 

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
     
     

    日本食品科学工学会   第57回大会役員

  • 2014年09月
    -
    継続中

    IFT Japan section   幹事

  • 2015年06月
     
     

    日本食品保蔵科学会   創立40周年記念大会役員

  • 2016年
    -
    継続中

    日本食品科学工学会   関東支部 役員

  • 2019年03月
     
     

    日本農芸化学会   2019年度大会実行委員

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 東農大三高公開市民講座「味噌を造ろう」

    2014年10月
    -
    2018年03月

  • 東京農業大学オープンカレッジ「家庭で出来る食品加工」

    2014年10月
    -
    継続中

  • 東京都教職員専門性向上研修

    2016年07月
    -
    2017年07月