Updated on 2023/01/07

写真b

KUNII Yoichi

Professor

Title

Professor

Laboratory Address

東京都世田谷区桜丘1-1-1

Contact information

Contact information

External Link

From School 【 display / non-display

  • Tokyo Denki University   Faculty of Science and Engineering   Graduated

    - 1999.03

      More details

    Country:Japan

From Graduate School 【 display / non-display

  • Tokyo Denki University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Doctor Course   Accomplished credits for doctoral program

    2001.04 - 2004.03

      More details

    Country:Japan

  • Tokyo Denki University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Master Course   Completed

    1999.04 - 2001.03

      More details

    Country:Japan

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 2017.09 - 2018.08   Michigan State University,  

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学) ( 2005.01   東京電機大学 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Landscape Architecture Science   Assistant Professor

    2007.04 - 2011.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Landscape Architecture Science   Associate Professor

    2011.04 - 2019.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Regional Environment Science   Department of Landscape Architecture Science   Professor

    2019.04

External Career 【 display / non-display

  • 芝浦工業大学工学部土木工学科   非常勤講師

    2006.04 - 2007.03

      More details

    Country:Japan

  • 東京電機大学理工学部建設環境工学科   非常勤講師

    2005.09 - 2007.03

      More details

    Country:Japan

  • 社団法人日本測量協会   測量技術センターGIS研究所研究員

    2005.04 - 2007.03

      More details

    Country:Japan

  • 東京電機大学理工学部建設環境工学科   非常勤助手

    2004.04 - 2005.03

      More details

    Country:Japan

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 測量の生産性を向上させるための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクトWG委員

    2019.04

  • 日本測量機器工業会

    2017.07

  • 日本公園施設業協会

    2015.04

  • 国土地理院総合評価委員会

    2014.04

  • 日本イコモス国内委員会

    2011.04

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Civil engineering plan and transportation engineering

  • Environmental Science/Agriculture Science / Horticultural science

Qualification and License 【 display / non-display

  • Certified Surveyor

Papers 【 display / non-display

  • Efficient Spatial Data Acquisition and 3D Modeling in Urban Area by Image Sequential Analysis "doctoral thesis"

    Yoichi KUNII

    doctoral thesis of Tokyo Denki University   2005.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Thesis (other)  

  • A Method for Quantifying Burn Damage to War-damaged Trees and Application to Damage Estimation Using Point Cloud Data by Terrestrial Laser Scanner Reviewed

    Taisei Koga, Takayo Negishi, Yoichi Kunii

    Journal of Applied Surveying   33   47 - 56   2022.08

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Association of Surveyors  

    War-damaged trees have increased historical value and significance as they have a role in conveying the memories of the war. On the other hand, it has been promoted to preserve historically valuable heritage as three-dimensional data in recent years. Terrestrial laser scanner that can record almost complete shapes of features and can acquire non-contact and highly accurate point cloud data was applied in this paper. Therefore, focusing on burn marks, the purpose was to visualize the damage by using reflectance of TLS. As a result, the usefulness of reflectance was shown for the burn marks of the war-damaged tree. The extracted burn marks were confirmed up to the top of the tree. In addition, from the extracted burn, it was also possible to quantify by calculating the burn marks rate. In addition, the method described above allowed us to estimate the damage that the trees had sustained at the time of the disaster.

  • COMPREHENSIVE QUANTITATIVE UNDERSTANDING OF THE LANDSCAPE USING TLS POINT CLOUD DATA Reviewed

    Ryuki TACHIKAWA, Yoichi KUNII

    Int. Arch. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci.   XLIII ( B2 )   297 - 302   2022.05

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The International Society for Photogrammetry and Remote Sensing  

    We also segmented these data into components of the point cloud data and calculated the relationship between the data and the occupancy of the components. On the other hand, focusing on environmental visual information received passively from a wide range of environments, we conducted an analysis based on panoramic images created from point cloud data. As a result, both fractal analysis and VQM showed a high correlation with previous research methods in understanding the landscape using point cloud data. In addition, the analysis of the landscape was made more efficient than the conventional photographic analysis by segmenting the components in advance at the data processing stage, demonstrating the usefulness of landscape analysis from data acquired by laser scanners.

    DOI: https://doi.org/10.5194/isprs-archives-XLIII-B2-2022-297-2022

  • Application to Deterioration Diagnosis using Near -Infrared data by Ground and Aerial Images Reviewed

    Saki HASEGAWA, Yoichi KUNII

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   85 ( 5 )   427 - 432   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.5632/jila.85.427

  • A Study of the Relationship Between Building Color Analysis and Area Characteristics Reviewed

    Haruka ONO, Yoichi KUNII

    Journal of Agriculture Science, Tokyo University of Agricultre   66 ( 4 )   91 - 103   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 改訂版 空間情報工学概論-実習ソフト・データ付き-

    近津博文,鹿田正昭,佐田達典,熊谷樹一郎,國井洋一,大伴真吾( Role: Joint author ,  第7章デジタル写真測量 pp.169-187)

    公益社団法人 日本測量協会  2020.03  ( ISBN:978-4-88941-121-8

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    空間情報工学の概論を各技術でまとめた書籍

  • 実践 風景計画学

    古谷勝則,伊藤弘,高山範理,水内佑輔,國井洋一,他( Role: Joint author ,  p.31, p.63)

    朝倉書店  2019.03  ( ISBN:978-4-254-44029-4

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    日本造園学会風景計画研究推進委員会の活動を踏まえ、計画の策定や、実現や管理にいたるまでの体系化を図った書籍である。

  • LANDSCAPE ARCHITECTURE of Tokyo University of Agriculture JAPAN "jointly worked"

    Shinpei TAKAHASHI, at el.( Role: Joint author ,  pp.107-109)

    Tokyo University of Agriculture PRESS  2015.08  ( ISBN:978-4-88694-451-1

     More details

    Language:English   Book type:Scholarly book

    造園科学に関する英文によるガイドブックであり、学科現教員により分担執筆した。

  • はかる つくる えがく・そだてる みどりの地域を育む~地域環境科学がわかる本(共著)

    麻生恵,他( Role: Joint author ,  p.34)

    東京農業大学出版会  2015.07  ( ISBN:978-4-88694-450-4

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    地域環境科学部での教育研究分野を紹介した書籍であり、当人は「デジカメ、スマホから3Dレーザスキャナ様々なツールで空間を測る」を担当した。

  • 舗装工学ライブラリー11 歩行者系舗装入門-安全で安心な路面を目指して-(共著)

    竹内 康,他( Role: Joint author ,  第2章 土木学会の取り組み)

    公益社団法人 土木学会  2014.11  ( ISBN:9874810608564

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 深層学習の応用による景観評価手法の提案 Invited

    國井洋一

    写真測量とリモートセンシング   61 ( 5 )   297 - 298   2022.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

    造園空間における景観を評価する場合には,一般的に見た人の感覚によって主観的に判断されることが多い.景観を定量的に解析する手法としては,フラクタル解析等の処理があるが,特定の特徴のみを数値化する手法が大半である。そのため,景観の全般的な特徴を捉えて定量化することができれば,効率的な景観評価が可能になると考えられる.景観の定量化指標の一つとして,Visual and Ecological Environmental Quality Model [1](以下,VQM)と呼ばれる景観評価モデルが提案されている.本研究ではVQMに対してSemantic Segmentationと写真測量をそれぞれ応用し,景観評価を効率化する手法の開発を行った.

  • ICTによる空間情報の取得と造園景観の視覚化 Invited

    國井洋一

    新・実学ジャーナル   ( 168 )   4 - 5   2022.02

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:学校法人東京農業大学経営企画部  

    近年の測量技術はICTが活用されているが、本稿では写真測量およびレーザ測量に焦点を当て、空間情報の取得に関する具体例について述べた。

    Other Link: https://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/?fbclid=IwAR1ZZlpEjWr3NuX03E9eC1CfNIVMZqqbzdaGuWbCm5LDTlWyiT1nyIbXw0c

  • Geoinformatics useful for landscape construction Invited

    Yoichi KUNII

    60 ( 10 )   730 - 734   2021.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • The role of the test field in photogrammetry Invited

    Yoichi KUNII

    Journal of the Japan Society of Photogrammetry and Remote Sensing   60 ( 3 )   104 - 105   2021.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 連載企画 100歳対談

    國井洋一

    月刊「測量」   838 ( 1月 )   8 - 11   2021.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:公益社団法人 日本測量協会  

    巻頭企画「100歳対談」の紹介。

display all >>

Honours, Awards and Prizes 【 display / non-display

  • 日本造園学会関東支部大会 奨励賞

    2022.12   公益社団法人日本造園学会関東支部   TLS及びUAVを用いた3次元測量における造園空間への応用に関する研究

    菅井一樹,國井洋一

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 日本造園学会関東支部大会 奨励賞

    2019.11   公益社団法人日本造園学会関東支部   深層学習を用いた造園空間に対する画像生成

    江藤直輝, 國井洋一

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞

    2017.07   日本学術振興会  

    國井洋一

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Japan

  • 日本造園学会関東支部大会 優秀研究発表賞

    2016.11   公益社団法人日本造園学会関東支部   被爆樹木の3次元測量およびマッピングへの応用 -長崎市を事例として-

    大野琢己, 國井洋一,鈴木雅和

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 日本造園学会関東支部大会 最優秀研究発表賞

    2015.11   公益社団法人日本造園学会関東支部   日本庭園における石造物の写真測量による調査に関する研究

    長島有汰, 國井洋一

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

display all >>

Scientific Research Funds Acquisition Results 【 display / non-display

  • 深層学習と写真測量を用いた景観の点数化に関する研究

    2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究ではまず写真に写っている景観に深層学習を適用し、樹木、建物、人、車両などの要素として詳細に自動分類する。つぎに、撮影写真を用いて写真測量を実施し、深層学習で分類された各要素に対する3次元情報を取得する。以上の情報を本研究で開発予定の景観評価モデルに適用することで、景観の点数化の実現を目指すこととする。

  • 移動式たわみ測定装置を用いた 歩行者系舗装の健全度評価に関する研究

    2018.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    竹内康

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本研究では,安全な生活空間の構築に寄与できるよう歩行者系道路用の移動式たわみ測定装置の開発と路面下空洞発生箇所等の非健全部の評価方法の提案を目的としている。

  • 古写真からの3次元情報取得と拡張現実(AR)技術を援用した原景観再現手法の提案

    2016.04 - 2019.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究は、失われた建造物を含んだ原景観の再現を目指し、申請者が提案した写真測量法による建造物の復元手法によって得られる3次元情報を応用し、建造物およびその周辺の景観を可能な限り現実に近い形で再現することを目的とする。日本における原景観は、都市化や戦災などの人為的な要因によるものや、震災や台風などの自然災害によって失われたものが多い。そのような景観に含まれる構成要素の3次元情報から、拡張現実 (Augmented Reality,以下AR) 技術を援用した景観再現技術の確立を目指すこととする。

  • 文化的資源の復元に向けた過去のデジタル写真による3次元形状把握手法の開発

    2013.04 - 2016.03

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究では、災害や老朽化によって原形が損なわれた寺社・仏閣や庭園などの文化的資源に対する形状の復元を目指し、申請者が提案したデジタルカメラによる写真測量手法を応用し、元の3次元形状を把握する手法の開発を目的とする。文化的資源は、災害等の突発的な事象や、経年による老朽化等によって形状の変化や損壊が発生する。そのような文化的資源に対する元の形状を、形状が変化する以前に撮影されたデジタル写真を用いて、可能な限り正確かつ簡便に把握する手法の開発を目指すこととする。

  • 自然体験からみる都市域の緑地の利用と変遷

    2012.04 - 2015.03

    科学研究費補助金  萌芽研究

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    都市緑地は「生態系サービス」という自然の恵みをもたらしている。都市インフラとして良質な緑地整備を進めていくためには、生態系サービスを指標として、それを最大限活用するような緑地計画技術が望まれる。これまで、都市域の緑地評価では、緑被率や種数、樹木データや不透面積など計測できるデータが利用されてきた。本研究では、4つの生態系サービス(基盤、供給、調節、文化)の中でも最も計測が難しいと言われている文化サービスに着目し、自然体験からみる都市域の緑地の利用と変遷を明らかにすることを目的とした。

display all >>

Other External Funds 【 display / non-display

  • 車載写真レーザ測量システムを用いた街路樹に対する維持管理手法の構築

    2022.04

    東京農業大学 

    趙子健(株式会社CSS技術開発)

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    本研究では,都市部の主要道路における街路樹の状況を簡便に把握し,維持管理できる仕組みを構築することを目的とする.具体的な手法としては,車載写真レーザ測量システム(Mobile Mapping System:以下MMS)による測量を対象とする道路にて実施し,沿道における数十本の街路樹に対する3次元情報を一度に取得する.これにより,得られた3次元情報から沿道を含めた街路樹の3次元モデリングをほぼ自動で実行し,さらに枝葉の伸長や幹の傾斜,損傷といった現況を即座に把握可能とする.加えて,街路樹の無い空間においては,新規に植栽するシミュレーションを可能とし,沿道の最適な空間づくりを支援できるシステムの構築を目指す.

  • 点群データおよびDRMデータを用いた街路樹の維持管理に関する研究

    2021.07 - 2022.03

    一般財団法人日本デジタル道路地図協会 

    國井洋一

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    本研究では、街路における沿道の点群データから街路樹を抽出し、DRMデータ上の該当する位置に3次元データとして配置し随時更新する仕組みの構築を目指す。街路樹は、道路および周辺領域における日射の抑制や、景観の向上に対して有用な要素である。また、申請者らはこれまで樹木の点群データによる現況把握を行ってきた。本研究ではその技術を街路樹へ応用することで、維持管理の効率化を目的とする。

Past of Commissioned Research 【 display / non-display

  • 小田原城大久保神社模型および東大模型の3次元レーザ測量および図化に関する研究

    2019.10 - 2020.03

    認定NPO みんなでお城をつくる会  一般受託研究  The General Consignment Study

    國井 洋一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    首都圏直下型地震が危惧されているにも拘らず、科学的な地震予測の観測手段である衛星測位の機能を有する国土地理院の電子基準点は首都圏に設置されているものの、高層ビルや樹木の繁茂などにより信頼性が低下している。本研究の目的は、本大学キャンパス内に独自にリアルタイム型の電子基準点を設置し、近い将来起こりうる首都圏地震を事前に予測する手法を確立することである。従来は2日遅れの1日平均データしか利用できなかったが、本研究ではリアルタイムで1~3時間平均値を利用でき、予測の精度向上が期待できる。

  • Expectation of Earthquake in Capital Region by using Global Navigation Satellite System

    2017.04 - 2020.03

    JAPAN EARTHQUAKE SCIENCE EXPLORATION AGENCY  The General Consignment Study  The General Consignment Study

    Yoichi KUNII, Ayako SEKIYAMA

      More details

    Authorship:Principal investigator 

Presentations 【 display / non-display

  • TLS及びUAVを用いた3次元測量における造園空間への応用に関する研究

    菅井一樹,國井洋一

    令和4年度日本造園学会関東支部大会  2022.12  公益社団法人 日本造園学会関東支部

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:茨城大学阿見キャンパス  

    本研究ではそれぞれ特徴の異なる造園空間であるイタリア大使館日本庭園と水戸市営七ツ洞英国風景式公園を地上型レーザスキャナ(TLS)により計測した。それにより取得したデータで3D空間モデルを作成、さらに等高線等のDEM(数値標高モデル)を構築することにより、定量的に空間の差異を比較する手法を構築した。
    p.110

  • 箱根方面の有料道路における景観分析と快適走行に関する研究

    半沢千,國井洋一

    令和4年度日本造園学会関東支部大会  2022.12  公益社団法人 日本造園学会関東支部

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:茨城大学阿見キャンパス  

    本研究では、有料道路が多く張り巡らされている箱根地域のアネスト岩田ターンパイク箱根・県道75号(椿ライン)・オレンジラインを対象地として、道路の景観をフラクタル解析によって定量的に求め、幅員・曲線半径といった道路の特徴に加え過去に起きた事故件数を含めて総合的に比較・分析した。観的な道路の快適性を求め、事故の少ない安全な道路を明確化させることを目的とし、今後の道路の安全性の指標となるものを検討した。
    p.109

  • 植木販売に対するARとフォトグラメトリの活用

    奥田朋大,國井洋一

    令和4年度日本造園学会関東支部大会  2022.12  公益社団法人 日本造園学会関東支部

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:茨城大学阿見キャンパス  

    本研究ではフォトグラメトリとARを用いて、AR化された植物の3Dモデルを配置し、販売への応用を検討した。
    pp.62-63

  • 代々木公園におけるシーン景観に対する主観評価と定量指標の関連性について

    陳許斗南,國井洋一

    令和4年度日本造園学会関東支部大会  2022.12  公益社団法人 日本造園学会関東支部

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:茨城大学阿見キャンパス  

    代々木公園は,東京都心で最大の都市公園として1),都民に有用な公共レクリエーション空間を提供している。また,公園のルートにおいて立ち止まって撮影する利用者が多いことに注目されるため,本研究では,代々木公園でのシーン景観に対する主観評価と定量指標の関連性を基づいて,定量指標から主観評価への説明の可能性を探究し,都市公園の計画等を策定する際に客観的な根拠を提供することを目的とした。
    pp.56-57

  • 3次元点群データを用いた定量指標の適用性と心理分析による景観の把握に関する研究

    舘川龍希,國井洋一

    令和4年度日本造園学会関東支部大会  2022.12  公益社団法人 日本造園学会関東支部

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:茨城大学阿見キャンパス  

    本研究においては、点群データを用いた景観定量指標の適用性と景観の景観構成要素と人間の心理的関連性の把握を目的としており、対象空間において地上型レーザスキャナによって取得された点群データを利用し、景観の特徴を定量化する指標として、一般的な定量指標であるフラクタル解析に対する適用性や、景観を総合的に捉える指標である各構成要素が存在する奥行きなどの情報から景観をスコアリングする評価モデルであるVQMに対する適用性の検証を行った。
    pp.46-47

display all >>

Symposium 【 display / non-display

  • G空間社会の近未来を占う

    佐田達典,石井邦宙,國井洋一,黒沼出,布施孝志

    社団法人 日本測量協会  2011.12  -  2011.12

    月刊測量の2年間の巻頭企画「G空間」で述べてきた内容を中心に、G空間の技術や社会の近未来について解説、評論、提言を行った。

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本測量協会   測量CPD認定委員  

    2021.09   

  • 日本写真測量学会   60周年記念誌 小委員会  

    2021.06 - 2022.11   

      More details

    Committee type:Academic society

    2022年11月に発刊された写真測量とリモートセンシング60周年記念誌の委員を担当

  • 日本測量機器工業会   UAVフィールドテスト作業部会(WG)  

    2020.04   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 日本造園学会   企画委員会  

    2019.06   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 日本造園学会   総務委員会・幹事  

    2019.06 - 2021.05   

      More details

    Committee type:Academic society

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 特別セッション「日本からの研究・技術力の発信(持続可能な学会のありかた)」パネリスト

    Role(s): Guest, Commentator, Official expert

    日本写真測量学会  佐賀県佐賀市「アバンセ」およびWEB  2022.11

     More details

    Audience: College students, Graduate students, Teachers, Researchesrs, General

    Type:Lecture

    少子高齢社会に加えて,COVID-19による影響により,国内においては,各学会で 会員数減や論文発表数減が深刻な課題となっています.また,これに連動して, 国際会議においても,日本からの論文発表数減が課題となっています.これらの課題は,学生や若手技術者から見た測量・空間情報分野の魅力度低下のみならず,技術力の低下や,他分野への人材流出と連動している可能性が高いです.そこで,人材育成・研究開発・国際動向などの視点から,測量・空間情報分野の魅力度向上の切り口のひとつとして,持続可能な学会のありかたについて,現状の課題を把握し,学術活動の理想像を共有し,どのようなことをやっていくと良いかについて,大学・企業の視点から,ざっくばらんに討議します.

  • 令和4年度 スペーシャリストの会(SPの会) 特別講演会 講師

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本測量協会   令和4年度 スペーシャリストの会(SPの会) 特別講演会・総会・プレ全国大会  日本測量協会  2022.10

     More details

    Audience: General, Scientific

    Type:Lecture

    スペーシャリストの会において、タイトル「ランドスケープと空間情報」にて講演

  • グリーンエージ オンライン アカデミー 講師

    Role(s): Lecturer

    一般財団法人 日本緑化センター  2022.04

     More details

    Audience: General

    Type:Visiting lecture

    「空間情報技術による造園空間の視覚化」に関する講師

  • 日本技術士会応用理学部会 講演会

    Role(s): Lecturer

    日本技術士会応用理学部会  2020.01

     More details

    Audience: General

    題目「造園空間に対する空間情報技術の応用」として講演を実施した。

  • 埼玉緑友会総会・講演会

    2019.02

     More details

    Audience: General

    題目「ミシガン州立大学における留学報告」として講演を実施した。

display all >>

Basic stance of industry-university cooperation 【 display / non-display

  • 技術面で貢献できることがあれば積極的に取り組みたいと考えております。

Attractiveness of Research 【 display / non-display

  • ものを「測る」ことはすべての基本であり、造園空間・都市空間の形成においても不可欠です。是非一緒に学んで、技術を身につけましょう。